2012年02月09日

カーソン・クレスリー 「テキサス州の知事になる」

アメリカン・ダンシング・スター/Dancing with Stars
FOXサイト[こちら]
 BSFOXで放送されているアメリカン・ダンシング・スター。アメリカではDancing with StarsのタイトルでABCで放送されている人気シリーズで、日本で放送中なのは昨年秋に放送された最新のシーズン13。いろいろな分野の著名人がプロのダンサーと組んで毎週ダンスを披露し、視聴者投票によって脱落者が決まるリアリティ番組。過去にはクリスティ・ヤマグチさんやダニー・オズモンドさんなど日本でおなじみのセレブが優勝したりしていますが、どちらかというと忘れかけられた芸能人が再起をかけて出演してきたり、スポーツ選手など他分野で成功した人がテレビタレントに転身するきっかけをつかむべく出演するパターンが多く、日本ではあまり馴染みのない「スター」も多いですね。
 今シーズンはJRと呼ばれる体の40パーセントを火傷するという重傷から手術を重ねて社会復帰を果たしたイラク帰還兵が常に話題の中心。植皮手術を受けたと思われる顔はやはり通常とは異なり気持ちの弱いひとならテレビどころか人前に出るのも厳しい状態ではないでしょうか?彼の前向きな姿勢は多くの同じような境遇の方に勇気を与えていると思います。実は私も子供のころに体の1/4の火傷する事故に遭い、当時の医療技術では1/3の皮膚を失えば命が危ないと言われていましたので、お医者様にも「あと手のひらの大きさ分、皮膚を失っていれば助からなかった」と言われました。幸いにも三度熱傷と言われる重傷箇所が、服を着ていれば他人の目には触れることのない場所に集中していたのですが、それでも学校の水泳の授業などで水着にならなければない時などは見られたくないという気持ちと、酷い傷跡を晒して申し訳ないという気持ちとで居心地の悪い思いをしたものです。彼の場合は戦争でですからもっと複雑な気持ちがそのバックグラウンドにはありそうですね。

続きを読む
posted by Alex at 20:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リアリティ | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

ダイアナ・ロスグラミー賞 Lifetime Achievement Award 受賞決定

Grammy official site [site] 
グラミー初受賞
 ダイアナ・ロスが今年のグラミー賞でなんらかの表彰を受けることは報道されていたので日本で授賞式を中継するWOWOWを契約するなどして準備していたのですが、なかなか正式なアナウンスメントがなくやきもきさせられていましたが、正式にLifetime Achievement Award受賞が決定しました。Lifetime Achievement Awardも創設されたころは毎年ひとりの表彰でしたが、90年代以降は複数の受賞者、時には10組にも及ぶことがあったので「今さらですか?」「遅きに失する」感は否めませんが、ダイアナ・ロスはご存じのように12回もノミネートされていながらグラミー賞を受賞したことは無かったので、ノミネートから選ばれる正式な部門ではありませんがレコードアカデミーにようやく認められたという大きな意味のある受賞となりました[関連ニュース]。おめでとうございます!
 Lifetime Achievement Award創設当時はグラミー賞の授賞式の中で栄誉をたたえたパフォーマンスとともに表彰され受賞スピーチがあったのですが、複数受賞者になって久しい現在では授賞式に先んじて別に表彰が行われ、テレビ中継の中でその様子が紹介されるスタイルのようです。日本ではWOWOWで午前9:30から生中継で、午後10:00から録画版が放送される予定です。

posted by Alex at 05:56| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイアナ・ロス | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

ティナ・ターナー 70歳のプラウド・メアリー

アメリカ人の魂に点火する歴史的ナンバー
 今夜、JSPORTSで放送されたフィギュアスケート全米選手権エキシビションを駆け足気味に追っかけ再生してたら、ジュニアのアイスダンスカップルがアイク&ティナ・ターナーの「プラウド・メアリー」All the Best - The Hits - ティナ・ターナーを使って演技を始めたのでそこはゆっくり見てしまいました。イントロが流れるだけで観客がわーっと盛り上がる、そんな曲なんですね「Proud Mary」って。オリジナルはCCRが1969年にヒットさせますが、アメリカ人の心に火をつけるのはなんといってもアイク&ティナ・ターナーの炎のパフォーマンスが強烈に印象的に残っているからなんでしょうね。ティナのモノローグとスローなティナの爆発的なボーカルとアイケッツと呼ばれるバックダンサーを従えた川を泳ぐことをイメージしたダンスはエド・サリバンショーなどで全米に放映され人々を熱狂させました[YouTube]。ちょうど洋楽を聴き始めた1984年に「愛の魔力/What's Love Got To Do With It」でティナ・ターナーが復活して彼女のアルバムをカセットテープで買って繰り返し聞いたものですが当時はYouTubeももちろんなく、「"プラウド・メアリー"のティナ・ターナーが復活」と言われてもその「プラウド・メアリー」を知るすべがなかったわけですが、今はYouTubeで見られるからいいですね。今のように光や映像による演出なしに、歌とサウンドとダンスだけでここまでのスペクタクルを見せるなんて素晴らしい。ティナ・ターナーとアイケッツのパフォーマンスはアメリカの歴史のひとつとして教科書に載っててもおかしくないです。最近では「glee」の中でメンバーのパフォーマンスがありましたしProud Mary (Glee Cast Version) - Single - Glee Cast[YouTube]、懐かしいところでは日本でも人気となった海外ドラマ、アーリー・マイ・LOVEでも主人公のアリーがアイケッツのメンバーになるのが夢だったというエピソードがあってティナ・ターナーのバックダンサーとして踊ったエピソードがありましたが、未だにアメリカ人に心に火をつけるナンバーなんだなと今日のエキシビションの放送を見ながら思いました。肝心の演技のほうはまだジュニアのダンサーということもあってか消化不良でしたでしょうか。やはりこの曲にはこの振付というお約束があるわけですからそれを取り入れてないとお客さんも不満なんじゃないですか?良い例えかどうかわかりませんが日本でいえばピンクレディーの「UFO」みたいなものでしょうか。

続きを読む
posted by Alex at 22:04| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする

ケリー・クラークソン、スーパーボウルでアメリカ国歌を斉唱

ニューアルバムも好調なケリー・クラークソン
 今年のスーパーボウルはラスト1分の大逆転劇に1秒間に最大1万回以上のつぶやきがツイッターに投稿されたとその熱狂ぶりが伝えられました。テレビ視聴率でなくツイート回数で語られるのが実に現代的ですね。ちなみに瞬間最大ツイートは昨年末に日本テレビで「天空の城ラピュタ」が放送された際に名場面「バルス」の瞬間に1秒間に2万回以上のツイートが投稿されて世界記録なんだそうです。ツイッターのサーバーを落としそうなほど日本人が世界で一番ツイッター好きみたいですよ。
 さてエンタメ系の話題ではハーフタイムショーのマドンナの素晴らしいパフォーマンス[YouTube]と共演者の中指に話題をすっかり奪われましたが、試合前にアメリカ国歌を斉唱したのはアメリカンアイドル初代優勝者のケリー・クラークソンでした[YouTube]。アメリカンアイドル出身者がスーパーボウルで国歌斉唱するのは2008年のジョーダン・スパークス、2009年のジェニファー・ハドソン、2010年のキャリー・アンダーウッドに続いて4人目。最近は一時の勢いがないというアメリカンアイドルですがこうして並べてみると番組10年の歴史がアメリカのエンターテイメント界に大きな影響を及ぼしていることがわかります。ケリー・クラークソンは一時所属レコード会社との対立が伝えられ、アメリカンアイドル出身者の出世頭としての順調な活躍に暗雲が垂れこめてきたと思われましたが、和解するると2009年に「My Life Would Suck Without You」[YouTube]All I Ever Wanted - ケリー・クラークソンの全米No.1ヒットで復活、昨年秋にリリースされたアルバム「Stronger」Stronger (Deluxe Version) - ケリー・クラークソンからも現在「Stronger (What Doesn't Kill You)」[YouTube]がヒット中、今回のスパーボウル登場でアルバムのセールスを伸ばしていくのではないでしょうか?現在29歳とボーカリストとして文字通り脂ののった時期を迎えるケリー・クラークソンの今後の活躍に期待したいですね。

posted by Alex at 17:48| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

アメリカンアイドル S6 ブルック・ホワイト新曲

ジャック&ホワイト名義の第2弾
 デヴィッド・クックとデヴィッド・アーチュレッタのデヴィッド対決で盛り上がったシーズン7。このシーズンはほかにもタレントぞろいで再出発組のマイケル・ジョンズ、カーリー・スミッソンをはじめジェイソン・カストロやクリスティー・リー・クックなどがデビューを果たしました。ブロンドのベビーシッターとして登場したブルック・ホワイトも番組終了後デビューを飾ることができました。このシーズンからコンテスタンツがステージで楽器を使用することが許されたことでアドバンテージを得たひとりがキャロル・キング風にピアノを弾きながら歌うブルックでした。優等生キャラと思いきや、ジャッジから批判を浴びると鬼の形相で反論するなどエキセントリックな一面がシーズン6でいい味出していたのも終わってしまえば何もかも懐かしい。昨年からはイケメンシンガーソングライター、ジャック・マトランガと組んでJack&Whiteの名義で活動していますが彼らの第2弾ミニアルバム「Winter」がiTunesでリリースされましたWinter - EP - Jack and White。収録された「Night After Night」をYouTube[こちら]でチェックするとアメリカンアイドルの頃と変わらない甘酸っぱいフォーク調の世界で安心しました。
 彼女はもともとインディーズからのデビューでしたが、現在のリリース元June Baby Recordsは彼女とアメリカンアイドルのジャッジであるランディ・ジャクソンが共同で設立したレコード会社というのもおもしろいですね。

Jack and White公式サイト[こちら]

posted by Alex at 17:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

今日のSuper Bowl ハーフタイムショーはマドンナ

第46回スーパーボウル
 今年の「ニューヨーク・ジャイアンツ 対 ニューイングランド・ペイトリオッツ」なんてことには興味が無くて、試合開始前の国歌は誰が歌うの?とか、ハーフタイムショーは誰?とかってことがメインの興味になってしまいますが、今年のハーフタイムショーのメインアクトはマドンナ。全米で中継するNBCのコマーシャルも気合は気合十分[YouTube]。もちろんマドンナ自身も来月ニューアルバムがリリースされるということでそのプロモーションのために気合の入ったステージになりそう。新曲「Give Me All Your Luvin'」[YouTube]で共演してるニッキー・ミナージュもステージに上がるほか、あのシルク・ド・ソレイユも演出に加わって大がかりなものになりそうです。iTunesではこれに合わせるかのように今日まで特別価格でマドンナのニューアルバム「MDNA」の先行予約を受け付けてますGive Me All Your Luvin' (feat. Nicki Minaj & M.I.A.) - Single - Madonna。先行予約すると最新シングル「Give Me All Your Luvin'」がすぐにダウンロードできるほか、Pre-order Onlyのボーナストラックがおまけでついてくるようです。商売上手ですね。
 日本ではNHK BS1で朝8時から生中継されます。

(あっ、それで新曲はチアガールがテーマなのか、やっとのこと理解した。遅い?)



続きを読む
posted by Alex at 06:34| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

American Idol season11 Week2 #3 San Diego Auditions

アメリカンアイドル11 #3 サンディエゴオーディション
アメリカ初回放送2012年1月22日
日本初回放送2012年2月5日

オーディション3都市目
 アメリカではイレギュラーで日曜日夜に放送されたエピソード3はサンディエゴオーディション。日本のFOXチャンネルではエピソード2と連続放送となりました。
 サンディエゴは太平洋艦隊の基地があり退役軍人の多くがこの町で余生をすごす気候の穏やかな街。今シーズン初の西海岸での地方オーディションですので、カリフォルニア中からアメリカンアイドルを夢見る若者が集まってくるんでしょう。エンタテイメントの本場、ロスアンジェルス/ハリウッドが控えるエリアだけに才能溢れる応募者の登場に期待したいですね。
 退役した空母ミッドウェイの艦上、トップガンのBGMとともに戦闘機の前でオーディションがはじまりました。このあたりが保守的なFOXらしい演出。かつては軍人さんがオーディションに登場したりしましたが、今シーズンはあるのでしょうか?

続きを読む
posted by Alex at 19:10| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

American Idol season11 Week1 #2 Pittsburgh Auditions

アメリカンアイドル11 #2 ピッツバーグオーディション
アメリカ初回放送2012年1月19日
日本初回放送2012年2月5日
全米視聴率 10.3パーセント

シーズン第2夜
 視聴率がアメリカでドンと落ちてますが、最初の30分が人気絶好調の「ビッグバンセオリー」に重なってたんだそう。視聴者層もかぶってますね。1時間枠で今夜はピッツバーグオーディション。学生のころに地理でピッツバーグは鉄鋼が斜陽産業なため町が衰退しつつあると習ったのですが、その後、ハイテク産業や金融業が町を復興させたのだとか。そんなピッツバーグでの初のオーディションとなりました。ジャッジ審査は昨年9月の28と29日に行われました。

続きを読む
posted by Alex at 23:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

American Idol season11 Week1 #1 Savannah Auditions

アメリカンアイドル11 #1 サバンナオーディション
アメリカ初回放送2012年1月18日
日本初回放送2012年2月4日
全米視聴率 12.3パーセント

シーズン7スタート
 またこの季節が巡ってきました。いよいよ日本でもアメリカンアイドルシーズン11のスタートです。シーズン9、10では早々に視聴放棄してしまいました。シーズン10はバラエティーに富んだファイナリストが残っていて期待が膨らんでいましたが、個性があふれ魅力的な人から順番に消えて行ってしまい途中から見なくなってしまいました。シーズン11はデヴィッド・アーチュレッタやアダム・ランバート、エリオット・ヤミンの時のようにテレビの前で手に汗握りながら最後まで結果を見届けたくなるコンテスタンツの登場を期待してます。メンターも昨シーズンはレディーガガやビヨンセと旬ではあるもののありがたみにかけ、コンテスタンツが「キャー」とはしゃいでお祭りで終わってしまいまった印象。今シーズンは以前のように自他ともに歌のうまさを認める実力派重鎮の登場を願っております。
 司会は今シーズンが最後という噂のライアン・シークレスト、ジャッジは先シーズンと同じメンバー、ランディー・ジャクソン、スティーブン・タイラー、ジェニファー・ロペス。

真夜中のサバナ
 今回は全米7都市で行われた地方オーディション。昨年の7月22日に第一次、8月17−18日にジャッジによる審査が行われたサバナが最初の地となりました。イーストウッド監督の「真夜中のサバナ」の舞台でしたのでコロニアル様式の歴史的建造物が美しいこじんまりとした街という印象があるジョージア州のサバンナ。
 歴代の王者たち誕生シーンを子供のころに見守った若者たちのホームビデオをフィーチャーした感動的なオープニング。番組10年の歴史は子供たちが次の挑戦者に挑戦するには十分な時間。ここでBGMは私の大大大好きな「Forever Young」。OCのサントラバージョンかな?
 高額なギャラで再契約したジャッジ達が今シーズンへの期待を語り、いよいよオーディションがスタート。1万人の参加者が大集結しました。

続きを読む
posted by Alex at 18:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

アメリカンアイドルS5ファイナリスト達は今? ケリー・ピックラー ビルボード最高位獲得

初登場7位
 久々にアメリカンアイドル系のニュースを検索していたら、うれしいニュースをキャッチ。今週のビルボードのアルバムチャートに7位で初登場したのはアメリカンアイドルシーズン5でTOP6まで残ったケリー・ピックラーの久々のアルバム「100 Proof」。驚きですね。すでに優勝したテイラー・ヒックスや準優勝のキャサリン・マカフィーがメインストリームから姿を消す中、シーズン5ではおバカブロンドキャラだったケリー・ピックラーがこうしてしっかりセールスを上げているというのは、彼女のデビューしてからの地道な努力と活動の成果なのでしょう。今では大親友だというテイラー・スイフトのオープニングアクトを務めたりしていましたね[YouTube]。
 デビューした頃は「Red High Heels」(この曲が好きで当時はヘビロテしてました)[YouTube][懐かしいエントリー]のようなアイドル路線だった彼女も、最新のテレビ出演を見ると[こちら]すっかり大人のカントリーシンガーに成長しています。
 2006年リリースのデビューアルバム「Small Town Girl」が最高9位、2008年リリースのセカンドアルバム「Kellie Pickler」も同じく最高9位でしたから、4年ぶりの「100 Proof」の7位は初登場で自己最高位を更新しました。個人的に自分が聞かない音楽の方向性ではありますが、彼女の活躍はやはりうれしいです。地方オーディションシーンをYouTubeで久々に見ながら彼女のおじいさんになった心境で目がうるうるしてしまいました[YouTube]。お父さんが刑務所を出たり入ったりしていて彼女の明るいキャラクターからは想像できない苦労人でもありました。
 ケリー・ピックラーの動画を見ていると懐かしくなってシーズン5、ほかのファイナリストの現在の活躍を知りたくて久々にネットサーフィン(死語)してしまいました。テイラーやキャサリンはどうしているのでしょうか?



続きを読む
posted by Alex at 04:36| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする