2012年04月15日

ダイアナ・ロス セントラルパークコンサート 初映像ソフト化

長生きしてたらいいこともあるものですネ
 以前にもHPかブログかもしくは両方かもしれませんが、ダイアナ・ロスを好きになるきっかけであり、洋楽を聞き始めるきっかけが、1983年のダイアナ・ロスのセントラルパークでのコンサート。30万人とも言われた観客[YouTube]の注目を一身に集める姿をテレビを通じてですが見て、衝撃を受けました。ダイアナ・ロスの名前は実は当時、岩崎宏美さんが憧れの歌手として名前を挙げ、初めて彼女のコンサートを観た時には腰を抜かして他人の手を借りないと立ち上がれなくなったほど感動したとラジオで話しているのを聞いて知っていたのですが、なるほどと納得したものです。洋楽をほとんど知らなくても「Endless Love」はちょうど宏美さんがテレビで歌ったりライブ盤に収録したりして聞いていましたし、「Stop In The Name Of Love」はそれよりさらに5年ぐらい前かな?本当に子どものころにピンクレディーが歌ったのを聞いてとても気に入ってずっとわけのわからない英語で歌ったりしていた曲だったりしたので、これらもダイアナのだったのかとうれしくなったりもしました。そして初めて聞く「マホガニーのテーマ」や「Ain't No Mountain High Enough」のダイアナ・ロスの魂がほとばしるような歌声に魅了され、すぐにレコード店に走りベスト盤を買ったのが何もかもの始まりでした。

続きを読む
posted by Alex at 15:34| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

American Idol season11 Week10 #22 Top 10 Results

アメリカンアイドル11 #22 Top 10 結果発表
アメリカ初回放送2012年3月22日
日本初回放送2012年4月8日
全米視聴率 9.3パーセント

メンター
 ジミー・アイオヴィンも今回のゲストメンターのディディも超一流のプロデューサーですが、昔のアメリカンアイドルでアーティストの特集を組んだ時にはそのアーティストが来て直接コンテスタンツを指導したものですよね?スティービー・ワンダーやバリー・マニロウ、ダイアナ・ロスやマライア・キャリーといった錚々たるトップアーティストが登場して番組をより一層華やかに盛り上げました。そういう意味では今シーズン、故ホイットニー・ヒューストンは仕方ないにしても、スティービーもそしてビリー・ジョエルも登場せずさびしい限りです。

続きを読む
posted by Alex at 03:56| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

American Idol season11 Week10 #21 Top 10 Perform

アメリカンアイドル12 #21 Top 10パフォーマンス
アメリカ初回放送2012年3月21日
日本初回放送2012年4月7日
全米視聴率 10.4パーセント

ビリー・ジョエル Week
 ツアーメンバーの10人が決まった先週。ここからはまともな投票行動が行われることに期待したいですね。あまりにも実力不足な人が残りすぎてる。どんどん落としてって欲しいですね。
 今週はビリー・ジョエルがテーマ。シンガーソングライターの曲というのはご本人が歌ってこその特別なリアリティがあったりしますが、果たしてコンテスタンツはどのようにして癖の強いビリー・ジョエルの曲を歌いこなしてくれるでしょうか?そしてあの問題児はまた無難なバラード歌っちゃうのでしょうか?
 メンターはジミー・アイオヴィンにディディ、さらにファッションアドバイザーのトミー・ヒュルガーが参加。ファッションアドバイザーのせいでますます音楽からテーマが離れていきそうで怖い展開。

続きを読む
posted by Alex at 00:22| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

岩崎宏美ファン必聴 きだまさしとTake It All Japan 「大変なンすからもォ。」

さ〇まさしまさしさんのファンの方はネタバレ含まれますので読まないで!
 今朝のスポーツ新聞などでも報道されますが、さ〇まさしさんの40周年記念で本日発売されましたきだまさしとTake It All Japan 「大変なンすからもォ。」。さだまさしさんとは無関連の商品(笑)ですのでさだまさしファンの方は内容は買ってご確認下さいね。ネタバレを含みますのでこの先は読まないでくださいね。
 岩崎宏美さんファンの方には大切な連絡事項がありますのでこの先を読むか、読まずに即買うかどちらかお願いします。そしてさだまさしさん作詞作曲の「いのちの理由」、CD買うのはもちろんですが、地元のラジオ局や有線へのリクエスト、CD店に行ったら目立つ場所に目立つように置きなおすとかいろいろしましょう。お友達にテレビ局のお知り合いがいましたら、いい曲なのでぜひ番組で紹介するようにプッシュしてください。お願いします。

続きを読む
posted by Alex at 18:51| 大阪 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

American Idol season11 Week9 #20 Top 11 Results

アメリカンアイドル11 #20 Top 11 結果発表
アメリカ初回放送2012年3月15日
日本初回放送2012年4月1日
全米視聴率 9.4パーセント

一夜明けて
 TOP11のパフォーマンスよりジェーメインの衝撃的な脱落の放送から一夜が明けて結果発表。ゲストはどートーリーということで楽しみですね。そういえばコルトンはドートリーのファンで一緒に食事したなんて話が前日でてましたが、アーティスト目指す人がドートリーファンってのはいかがなものかと。ドートリーがアメリカンアイドル出身者の中で勝ち組なのはあきらかですけどね。
 そしてトミー・ヒルフィガーがコンテスタンツ達のイメージアドバイサーとなりコンテスタンツ達を今後偏しさせていくことも発表されました。

続きを読む
posted by Alex at 08:31| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

岩崎宏美 「いのちの理由」発売

4年ぶりの新曲
 4月4日、岩崎宏美さんのたぶん63枚目のシングルになると思うのですが「いのちの理由」が発売されました。63枚には数えていない、THE★THREE SOUL PIGREES名義の「ピンクと呪文」が昨年リリースされていますが、岩崎宏美名義としてはなんと「始まりの詩、あなたへ」以来、4年ぶりのシングルになります。岩崎宏美さんの間もなく37年目に突入するキャリアの中でもこんなにインターバルが開いたのは初めて。仕事の量をセーブされてた時期でさえも3年とあけたことはなかったので、今回の新曲にはファンも期待するものがありますし、岩崎宏美さん自身もいろいろ悩んだ上であえてこのささまさしさんのバージョンがすでにリリースされている「いのちの理由」のカバーに挑戦されたのでは思います。
 2月のファンミーティングで会場で音源が初公開されて、ライブハウスツアーでは観客の前でのお披露目もすでに済ませてますが、残念ながらまだテレビなどでファン以外の方に聞いていただける機会がないのが残念です。インペリアルレコードのサイトで試聴できますので、もし興味を持たれましたらお聞きください[こちら]。個人的にこの曲を聞くと、自分の命を大切にすることが他人への思いやりや優しさにつながっていくのかなと思いました。ほかの方がどんな気持ちで聞かれているのかとても興味があります。
 今年は宏美さんが大ファンのさだまさしさんの還暦イヤーということでいろいろなイベントがあるようですが、宏美さんはそれとは別で非公式にお祝いするために、「さだまさしトリビュート」となる全曲さだまさしさんのナンバーのカバーで「Dear Friends Y」を制作中。先日、歌入れが終了したことが宏美さんのHPにてご報告されていました[YouTube]。
 宏美さんがDear Friendsシリーズの中で歌ってこられた「夢」「秋桜」「人生の贈り物」「虹」はステージなどで歌い重ねてきて宏美さんの歌も変化してきているということで、ボーカルを録音しなおしたそうですし、ライブハウスツアーで歌われた「Birthday」「案山子」もほぼ収録されるのではないかと思います。そし宏美さんのHPで「道化師のソネット」をレコーディングしたことをお話しされています。ほかにどんな曲が収録されるのか楽しみですね。新しいツアーが始まる5月には発売予定です。
 そしてファンミでは秋には宏美さんとまさしさんから素敵な贈り物がありそうなお話をちらっとされていましたので、それも楽しみに待ちたいです。

続きを読む
posted by Alex at 23:38| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

American Idol season11 Week9 #19 Top 11 Perform

アメリカンアイドル11 #19 Top 11パフォーマンス
アメリカ初回放送2012年3月14日
日本初回放送2012年3月31日
全米視聴率 10.7パーセント

ツアーメンバー10人が今週決定
 ファイナルラウンドもなんとかここまで順調についてきてまいりました。昨シーズンはこのあたりでリタイアしてたかな?今週でいよいよTOP10が決まります。おなじみとなったアメリカンアイドルツアーをその10人でまわりますのでコンテスタンツ達にとってはここはなんとしても乗り越えたいところでしょう。
 でも、先週12人残ってませんでしたっけ?と思ったら、特別な事情でひとりが番組から退場させられてしまっていたようです。その事情も番組内で紹介されます。
 今週のテーマは生まれた年のヒット曲。80年代中ごろから90年代生まれなんですか?ジェニファー・ロペスじゃなくてもやんなっちゃいますね。あと数シーズン続けば、このテーマで初代アメリカンアイドルのケリー・クラークソンの歌を取り上げる出場者もでてくるかもしれませんね。今週のメンターはウィル・アイ・アム。


 続きを読む
posted by Alex at 23:59| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

2012年 世界フィギュアスケート選手権 男女シングル SP


 世界フィギュアスケート選手権のJSPORTSでの生中継が無いと知った時は悲鳴を上げましたが、地上波が一部ライブ中継を交えながらのリアルタイムに近いディレイ放送でしたので、思っていたほどストレスを感じずにテレビ観戦を楽しんでおります。放送されないスケーターは後でJSPORTSで確認できますしね。

 男子も女子も特に上位を狙うことができるスケーターになればなるほど、ノーミスで演技をまとめられず、失敗が目立つショートプログラムになってしまいましたが、現在の採点方式に対応するためにスピンやステップの難度を上げて、プログラム構成などをより複雑なものにするために、一時的にジャンプの難度を犠牲にしても致し方なしな流れがソルトレークオリンピックの後、トリノオリンピックからバンクバーオリンピックまでは無きにしも非ずで、スポーツとして見た場合、本当にこれで良かったのかな?と疑問を感じることもありましたが、先シーズンから現在の採点方式に対応した上で、男子は4回転、女子は3回転3回転のコンビネーションジャンプをプログラムに入れてくるスケーターが急激に増えたため、やはりそれだけミスをするリスクも高まった結果かなと思いました。はらはらどきどきするスリリングな展開は時には応援しているスケーターに大きな失敗が続いてがっかりすることもありますが、難しいジャンプを成功させながら、プログラムを滑り切った選手を観た時のエキサイティングな興奮が増したように思います。

 フリーも楽しみですね。



2012年03月26日

American Idol season11 Week8 #18 Top 13 Results

アメリカンアイドル11 #18 Top13 結果発表
アメリカ初回放送2012年3月8日
日本初回放送2012年3月26日
全米視聴率 10.2パーセント

視聴者投票の男女最下位からジャッジが脱落者を決定
 まったくシステムを理解していませんでした。てっきり下位二人が脱落すると思っていたら、男女それぞれの最下位を発表した上でジャッジが最終的にどちらか二人を脱落させるとライアン・シークレストから紹介されました。
 前日のパフォーマンスではシャノン、エリーズあたりが失敗したなと感じさせたのと、ひとりでのど自慢やってるジェシカ以外は一長一短だったように思えたので、今回の投票はどちらかと言えば人気投票的要素が強くてそれぞれのコンテスタンツが持ってるファンベースを知ることができるのかな?という目線で観たいと思います。今回、無難にこなしたのにボトムに入るひとたちは持ってる基礎票が少ないということで、素晴らしいパフォーマンスを繰り出さない限りはボトムに入るもしくは脱落の危機が毎週訪れるということになりそうです。

グループパフォーマンス
 まずは13人全員でスティービー・ワンダーの「As」を披露[YouTube]。難しい歌なんだろうけど酷いでき、リレーでつなぐときに女性陣がことごとく歌いだしのリズムをはずしてるのがある意味すごい。これでまさかリップシンクってことないですよね?こういうグループパフォーマンス、最近は「glee」のせいで視聴者の目も肥えてしまって、短いリハーサル時間で付け焼刃的にやるのにもう無理があるのかもしれません。「glee」っていうより、昔懐かしいレッツゴーヤングのサンデーズののりに近いと思って優しい目で見てあげるべきなのかもしれませんね。オリジナルのスティービー・ワンダー[YouTube]ベスト・コレクション - スティーヴィー ワンダーや、ジョージ・マイケルのカバー[YouTube]As - Reflections - A Retrospectiveはさすがにお金獲れるだけの作品に仕上がってますね。特にジョージのカバーが収録されたベストアルバムはよく聞いたし、街のあちらこちらで流れていたので強く印象に残っています。


続きを読む
posted by Alex at 19:36| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

American Idol season11 Week8 #17 Top 13 Perform

アメリカンアイドル11 #17 Top 13パフォーマンス
アメリカ初回放送2012年3月7日
日本初回放送2012年3月25日
全米視聴率 10.9パーセント

スティービー・ワンダー&ホイットニー・ヒューストン
 いよいよ本選スタート。先週も視聴者投票がありましたが、ジャッジのワイルドカードという何シーズン見ても不可解な制度のために結果にエキサイティングさが欠けていましたから、今週からが本番。TOP13が臨むのは男子はスティービー・ワンダー、女子がホイットニー・ヒューストンというテーマ。男女でテーマが違うのも微妙に影響があるでしょうか?どちらも素晴らしいパフォーマーなので素人が挑むには難しいテーマですね。スティービーはメンターとしてアメリカンアイドルに出演したこともありましたが、今週のメンターは、メアリー・J・ブライジ。ジミー・アイオヴィンも今週からコンテスタンツの指導に乗り出します。

続きを読む
posted by Alex at 20:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする