2006年02月14日

中国ペアは感動と同情で銀メダルを獲ったわけではない!

ペアフリー、驚きの結末
結果サイト(ISU/NBC)
 トリノオリンピック、フィギュアスケートの最初のメダリストが決まりました。
 ロシアのタチアナ・トットミアニナ&マキシム・マリニンがノーミスの素晴らしい演技をし、あと1組を残してほぼ金メダルを手中に収めたあとにとんでもないドラマがまっていました。最終滑走の中国ダン・ジャン&ハオ・ジャン組(張丹&張昊組)が大逆転を狙ってスロー4回転サルコウの大技に挑戦、女性が開脚姿勢のまま氷に叩きつけられるような激しい転倒があり、演技を中断。思わず、ジャオフィシャルも音楽をとめてしまいました。これはもう棄権だろうと思っていたら、コーチなどと相談し、女性は演技の続行を希望したらしく、なんと演技を再開しました。スロージャンプの後ろの部分から演技を再会すると最初にダブルアクセルトリプルトウループの難しいコンビネーションジャンプを成功させるとその後もほぼノーミスの演技で滑り終えました。観客がスタンディングオベーションだったのはもちろんですが、高い得点を得て、なんとトトマリペアに次いで銀メダルを獲得しました。
高い技術力とミスを最低限に抑えた精神力で稼いだ技術点
 私はこの銀メダルにそんなに違和感を感じませんでした。ひとつひとつの技に対して得点がつく新採点方式では、大きなミスであっても最大で実施点で-3、転倒のディダクションの-1の合計-4しか点数がひかれないのです。昨日も書きました(こちら)が彼らの演技の技術点の基礎点は、参加した全部のカップルの中で最高得点の64.2点もあり、-4減点されても、彼らを越えた基礎点があるのはトトマリペアぐらいで、ミスのあった他の中国やロシアのペアには技術点では追いつけなくて当然なのです。
 芸術面も、彼らが望んで音楽をとめたのではなくオフィシャルが音楽を先に止めたので、この部分も特に得点で減点されるといったルールはなかったと記憶しています。ですから演技中断部分はなかったものとして採点されますから、影響は最小限ですみ旧ルールの芸術点にあたるPCSは全体の7位でしたが技術点の高さでフリーでも2位を確保したわけです。
 私はむしろ同情点というかジャッジの主観が点数に反映されてしまったの銅メダルのシュー・シェン&ホンボー・ツァオ組(申雪&趙宏博組)ではなかったかと思います。たしかに振り付けなどは凝っていましたが、ミスがいくつか続きましたし、肝心のスケーティングが全盛期のスピードや歯切れの良さなどがなかったにもかかわらず、あの頃と変らない高いPCSがでてしまったことが残念でなりません。ですから、最初の大きなアクシデントがあったにもかかわらず、しっかりとした技術で高難度の技を次々と成功させ、大きなミスを他に出さずに滑りきったダン・ジャン&ハオ・ジャンが銀メダルを獲得できたことにジャッジの良心が感じられました、シュー・シェン&ホンボー・ツァオの高得点で曇っていた心が晴れた重いでした。ダン・ジャンのスポーツマンらしい熱い闘志にジャッジの目が覚めて、もう一度、フィギュアスケートがスポーツであることを思い出させたのではないでしょうか。それぐらいジャッジの変わり身ははやかった。
 かなりセンセーショナルなできごとでしたので、この結果に違和感を感じて、フィギュアスケートの採点に対して「これだから主観が入る採点競技は!」などといった論争が起こるかもしれません。しっかり採点法や彼らの獲得した得点の中身を正しく理解した上での批判や議論になってほしいと願います。全日本選手権直後にあったような感情的な批判などがネット上などでされないことを願っています。
得点内訳
ソロジャンプ
張丹張昊 12.58 2アクセル・3トウループ/3サルコウ
申雪趙宏博04.33 3トウループ・2トウループ/1アクセル
スロージャンプ
張丹張昊 07.00 スロー4サルコウ(3にグレードダン)/スロー3ループ
申雪趙宏博12.20 スロー3サルコウ/スロー3ループ
リフト
張丹張昊 16.64 Level4*2 Level3*1
申雪趙宏博16.86 Level4*1 Level3*2
ツイストリフト
張丹張昊 16.64 3ツイストLevel4
申雪趙宏博16.86 3ツイストLevel4
ソロスピン
張丹張昊 03.30 Level3
申雪趙宏博02.83 Level3
ペアスピン
張丹張昊 04.71 Level4
申雪趙宏博04.07 Level3
デススパイラル
張丹張昊 08.80 Level4*2
申雪趙宏博09.20 Level4*2
スパイラルシークエンス
張丹張昊 08.80 Level4
申雪趙宏博09.20 Level3
ステップシークエンス
張丹張昊 03.10 Level3
申雪趙宏博03.46 Level3
TES(技術点合計)
張丹張昊 66.19 Level3
申雪趙宏博62.24 Level3
PCS(旧芸術点)
張丹張昊 59.82 (7.64 7.36 7.46 7.54 7.39)
申雪趙宏博62.35 (7.71 7.71 7.82 7.86 7.86 )
デダクション(転倒などによる減点)
張丹張昊 -1.00
申雪趙宏博00.00
TSS(PCS+PCS-デダクション)
張丹張昊 125.01
申雪趙宏博124.59
論争になると思われる部分
1.音楽の中断は選手が求めたのか、レフリーの指示なのか
 これは放送を見た限りですが、確かに演技は中断してますが、音楽をとめるように選手からは求めていません。ご存知のように、先月、織田選手がアメリカで行なわれた4大陸選手権のフリーで壁に激突し、しばらく演技ができなかったときはレフリーは音楽をとめませんでした。織田選手はなにもせずにただ滑っていましたが、途中で演技を再開しました。今回の場合も選手が演技が続行不可能になっても音楽をレフリーが判断して音楽を止めるべきではなかったのではないかという議論はあるかもしれません。しかしあまりにも衝撃的な転倒だったので、レフリーが独自判断で演技続行不可能と判断し音楽をとめさせたのだと思います。結局、このことが彼らを助けることになったことに異論はありません。
2.演技を再開する場所
 彼らは演技再開をスロージャンプが転倒した場所から行ないました。しかし、最初の演技の中断が確定したのは音楽が止まったところだとするなら、そこからはじめなくてはならなかったのではないかという意見があってもおかしくないと思います。であれば演技再開直後のコンビネーションジャンプはできなかったと判断され得点から除外されるべきだったかもしれません。このコンビネーションジャンプは8.01点も稼いでいるので、この点数がなければ大幅に順位を落としています。
3.新ルールの盲点
 これは以前から指摘されていましたが、新ルールでは技のひとつひとつに細かく点数が付くために合計してみると受けた印象と違った採点結果になるということが多々あるということです。以前のフリーであれば全体のできや流れが得点に大きく反映されていましたが、現在の採点方式では細かいところばかり採点して大きな部分を評価から除外してるのではないかといった批判もあると思います。今回の採点に違和感を覚えた方の多くの原因はこれに起因してるのではないかと思いますがいかがでしょうか。

以上のような細かいことはさておき、あのアクシデントから演技を再開してその後大きなミスをしなかった彼らの闘志が大きな感動を呼んだことは間違いないでしょう。私も朝から勇気をもらいました。
関連リンク
JSPORTS 世界選手権放送 ペア編
トリノオリンピック 今夜のみどころ ペアフリースケーティング
nifty特集「ペアショートプログラム 彼女たちの微笑み」
nifty特集「ペアショートプログラム終了 トットミアニーナ&マリニン首位」
トリノオリンピック 井上怜奈&ジョン・ボールドウィン大健闘 ペアSPの結果
トットミアニーナ&マリニンと韓国演歌の関係は!?
オリンピック放送予定
トリノオリンピック 今夜注目の選手 ペアショートプログラム
レナ・イノウエ、全米選手権優勝 3度目のオリンピック出場手中に!
nifty特集「トリノ五輪 種目別見どころガイド(1)ペア」
梅田香子ジャーナル
スポーツライターの梅田香子さんの娘さんが、トトマリペアと同じシカゴでフィギュアスケートのトレーニングを受けていらっしゃるので、梅田さんの日記にもたびたび・らが登場します。今は過去ログ置き場になってる旧ジャーナル(こちら)からずっと読むと、要所要所でトトマリペアやワシリエフコーチの話がでてきますので、・らのアメリカでの練習の様子が伝わってきますよ。(「フィギュアスケートトリノ五輪完全ガイド」(こちら)のトトマリペアのパートは梅田さんのご執筆(予想)です)
TOTMIANINA & MARININ photo site
トトマリペアの写真がいっぱいファンサイトです。

荒川静香選手 パバロッティの歌に運命をかんじる -記者会見-

記事
静香「カーブ・イナバウアー」表現点UPへ nikkansports_com(こちら)
開会式で歌われた「誰も寝てはならぬ-トゥーランドット-」
 荒川静香選手がクールマイヨールで記者会見をした映像が昨日はニュースで多く取り上げられていたので情報を整理。(実はペアの放送が遅れてるので暇だったのです。)
13Shizuka1.gif
 クールマイヨールのロッジみたいな宿舎でみなさんで楽しくお食事してる風景もありましたが、その段階では選手は荒川選手だけだったので完全に女王様待遇でした。リンクでは地元の子供達にサイン入りのポートレートを配るなどファンサービスも堂々としていてリラックスムード。オリンピックの開会式でパバロッティが荒川選手がフリーで滑る「誰も寝てはならぬ-トゥーランドット-」を歌ったことに関して「運命を感じる」と発言。荒川選手の中では盛り上がるものがあるようですね。
パバロッティが歌う「誰も寝てはならぬ」収録CDはこちら!
イナバウアーは一番いい場所で入れます
13Shizuka1.gif
 今シーズンはスケートファン以外にも、荒川選手の十八番としての知名度が高まったイナ・バウアー。「私がプログラムに入れたいと思っていて、今できる中で、一番いい場所に入れている」だそうですので期待して待ちたいと思います。
曲変更・・・果たして大丈夫なのか?
13Shizuka3.gif
 フリーの曲を直前になってから「トゥーランドット」に変更したことに不安はないかとの質問に対しては、「プログラムを変えずに、曲を変えて、(曲の)雰囲気を変えないようにするにはどうしたらいいか、(モロゾフコーチは)はわかっていて、私の動きに合わせて曲を編集してしまう」と、以前からこのブログで書いているニコライ・モロゾフコーチの曲のカットのしかたへの信頼が裏切られなかったことで、まったく問題ないという自信を持った回答をしてました。
 「目指すなら最高のメダル。そのためには最高の出来があってこそ」という言葉で会見を締めくくったようなので、来週の女子シングルの競技がはじまるのを楽しみにして待ちましょう。
amazon.co.jpで荒川選手の使うバージョン収録CDの情報を見る/購入する(こちら)
現在「China Girl」は品薄で入荷まで少し時間がかかるようです。「classical ever! Best-energy&emotion-」(こちら)「マイ・フィギュア・スケート・アルバム 」(こちら)にも収録されてるので比較検討をおすすめします。
荒川選手の「トゥーランドット」収録CD「China Girl」出荷状況

関連リンク
トリノオリンピックのDVD発売 荒川静香選手関連の新撮映像あり
荒川静香選手 競技生活に区切り
トリノオリンピック 荒川静香選手のフリー演技を振り返る
荒川静香選手 トゥーランドットCD(比較的入手しやすいもの)
タチアナ・タラソワ 荒川静香選手の元コーチが語る
金メダリスト 荒川静香爆笑会見 金メダルを引き寄せた魔法の呪文
荒川静香選手 金メダル
トリノオリンピック 今夜最終決戦 女子シングルフリー滑走順&選手紹介
トリノオリンピック やっぱりオリンピックは最高峰の試合 女子シングルSP感想など
トリノオリンピック 女子ショートプログラム 滑走順と注目選手紹介
トリノオリンピック 女子滑走順決まる
荒川静香選手 SPも曲変更 「幻想即興曲」に!
トリノオリンピック 開会式 あなたは何人見つけましたか?
荒川静香選手 「3回転3回転3回転」のジャンプは封印
荒川静香選手 高橋大輔選手 フランスグルノーブルで調整中
荒川静香選手 トゥーランドットでトリノオリンピックへ! フリー曲変更
フィギュアスケートオリンピック代表 新春テレビ出演 荒川静香 NHKニュース10 1月4日
荒川静香/安藤美姫 トリノオリンピックへ向けてプログラム変更!? 大きな賭け その1
「全日本選手権 女子シングル おそろしい選手達」
nifty特集「全日本選手権女子シングルショートプログラム 」
フィギュアスケート オリンピック代表候補 荒川静香選手
nifty特集「全日本選手権女子シングル 選ばれた3人(1)荒川静香」

2006年02月13日

トリノオリンピック 今夜のみどころ ペアフリースケーティング

滑走順はこちら(ISUサイト/Olympicサイト/NBCサイト
フリープログラムで行なわれるエレメンツ
 フリープログラムは4分30秒。以前はかなり自由な構成ができましたが新ルールになって下記の14の技で上位カップルは必ず構成してくるので時間が長いだけでショートプログラムのようになりました。
1.ソロジャンプ
男女が別々に跳ぶジャンプ。
上位グループはトリプルトウ(基礎点4.0)やトリプルサルコウ(基礎点4.5)を入れてきます。
2.ソロジャンプ コンビネーションまたはシークエンス
男女が別々に2つ以上組み合わせて跳ぶジャンプ
1と同じジャンプを重複することはできません
二つのジャンプを続けて跳ぶコンビネーションは2つのジャンプの合計が基礎点になり間にホップジャンプなどの動作が入るシークエンスは2つの合計の0.8倍が基礎点になります。
3&4.スロージャンプ×2回
同じ種類のスロージャンプをすることはできません
上位カップルが予定してるスローの種類と基礎点は下記の通り
・スローダブルアクセル 4.0
・スロートリプルトゥループ 4.5
・スロートリプルサルコウ 4.5
・スロートリプルループ 5.0
・スロートリプルフリップ 5.0
・スロートリプルアクセル 7.5
(・スロークワドサルコウ8.0 )
5&6.デススパイラル×2回
男性がピボットポジションで女性をコンパスのように氷上で回します。
女性が滑ってる方向、エッジで4種類あり、その中から2種類選択します。
以前は2回転と決められていましたが今は回転数によりレベルわけされますので最高4回転させるカップルがいます。
7.ツイストリフト
女性を上空に投げ上げ、回転させてキャッチするリフト。
以前は上位はトリプルをやるカップルがほとんどですが、今季からレベル分けされレベルの高いダブルの方がレベルの低いトリプルより基礎点が高くなったこともあり、ダブルを実施する上位ペアも少なくありません。
8,9&10.オーバーヘッドリフト×3回
女性を高く持ち上げ男性が回転しながら氷上を滑ります。
フリーでは3回できるので技術点で大きなウエイトをしめます。
6つのグループ(グループ5がラッソウリフトとアクセルラッソウに分けられているので実質6グループ)に分けられていてそれそれ1度ずつしかできません。
1番難度の高いアクセルラッソウリフトでレベル4を取ると基礎点が6.5あり、見た目に分かりやすいスロージャンプに比べても高得点が得られます。
持ち上げ方、おろし方、ポジションの変化の数、ポジションの難しさなどによりレベル分けされます。
男女それぞれ両手より片手のほうがレベルが上がります。
以前は男性が片足になることは禁止されていましたが、新ルールでは片足になるとレベルが上がります。
以前は男性の回転を伴わないキャリーリフトは禁止されていましたが、現在は1度に限りキャリーリフトを入れることができます。
男性の腕が方より上に上がらないダンスリフトはリフトの数にははいらず、基礎点がつきません。トランジッションやコレオグラフィーで評価されます。
11.ステップシークエンス
リンクをまっすぐ横切るストレートライン、円を描くサーキュラー、S字を描くサーペンタインから選択します。基礎点はどれも同じですが、レベル3だと3.1、レベル4だと3.4になります。
12.スパイラルシークエンス
足を腰より高く上げるスパイラルを組み合わせ氷上に円やS字を描きます。
今シーズンから男女ともに足を上げた状態で3秒キープしないとスパイラルとして認められなくなったので、どのカップルも慎重に行なっているように見受けられます。
13.ソロスピン
男女別々に行なうスピン。
回転速度やポジションの同調性が求められます。
14.コンビネーションスピン
二人が組んで行なうスピン。
変化の数やポジションの難しさでレベル分けされます。
途中で回転方向を変えるとレベルが上がります。

カップル別のみどころ
 上に書いたエレメンツを中心にそれぞれのカップルの見所をまとめてみます。
タチアナ・トットミアニナ & マキシム・マリニン
予想される構成での基礎点:60.7点
曲:ロミオとジュリエット
彼らがポイントが取れるのはジャンプ。2種類のトリプルジャンプを安定して跳べるので、ソロジャンプとジャンプシークエンスの両方でトリプルジャンプを跳ぶことができます。そしてスロージャンプも高難度のトリプルループとトリプルサルコウの両方安定しています。問題は中盤のアクセルラッソウリフト。最高難度のレベル4を取れる構成ですが、昨シーズンのスケートアメリカで失敗したリフトで、今シーズンもこのリフトだけは異様に慎重になりスピードも落ちるので見ていてはらはらします。
ダン・ジャン&ハオ・ジャン
予想される構成での基礎点:64.2点
曲:The Offspring of Dragons 竜の子孫
予定されてる構成での基礎点は最も高い。彼らは大きなスロージャンプやツイストリフトでは加点も期待されます。中国が苦手にしてるリフトも3本のうち2本がレベル4。不安があるのはソロスピンでの同調性とダブルアクセルとの組み合わせで入れてるトリプルトウループの安定感。
マリア・ペトロワ&アレクセイ・ティフォノフ
予想される構成での基礎点:60.7点
曲:(フェデリコ)フェリーニ映画からのセレクション
ツイストリフトをダブルに押さえて手堅くまとめているのに、金メダル候補のトトマリと同じ基礎点の構成にしてるのはさすがです。中盤のレベル4のアクセルラッソウリフトが見せ場。課題はティフォノフの後半の体力で、プログラム構成も難度の高いものが前半に集まってしまっているのが残念。今シーズンから取り組んでいるサイドバイサイドのトリプルサルコウの成功率も低いように感じます。
クィン・パン&ジャン・ トン
予想される構成での基礎点:57.4点
曲:オペラ座の怪人
技術的にはどこといって穴も無い代わりにこれといった決め技も無いので上位グループでは一番低くなってしまいました。スロージャンプなどで実施点での加点も取れますが、この組は今シーズンはプログラムがいいので、以前の芸術点にあたるPCSで稼ぎたいところ。スピンでの同調性の課題がどこまで克服できているかも注目。
シュー・シェン&ホンボー・ツァオ
予想される構成での基礎点:???点
曲:Madame Butterfly 蝶々夫人
今シーズンまったくフリーを滑ってないので未知数。男性の足の怪我の治り具合が果たして完全なのかどうかに注目が集まります。SPではデススパイラルのピボットがずれたりと不安を残しました。ソルトレークオリンピックで滑った「トゥーランドット」のプログラムは彼らの最高傑作といわれましたが、今回同じプッチーニの歌劇をテーマに滑るのはとても楽しみ。彼らが素晴らしい演技をしてしまうと、同じマダムバタフライで滑る予定の安藤さんはよっぽどがんばって滑らないとかすんでしまいますからそこも注目ですね。
井上怜奈(レナ・イノウエ)&ジョン・ボールドウィン 
予想される構成での基礎点:63.5点
ジャン&ジャン組に次ぐ2番目の高い基礎点でフリーは挑戦します。基礎点の高いスロートリプルアクセルを10パーセントのボーナスポイントがつく後半で実施しそれだけで8.3を稼いでいます。フリーでもこれが決まれば滑走順もいいのでさらに上位進出が可能です。問題は最初のソロジャンプ。彼らは男性のジャンプの成功率が低いので、以前はトリプルルッツ(基礎点6.0)に挑戦していたときもありましたが、全米では安全策のトリプルトウループ(基礎点4.0)と手堅い構成にしましたが、それでも男性のジャンプが非常に危ないランディングでした。今夜のフリーでは男性のジャンプとスロートリプルアクセルがキーポイントになりそうです。
アリオナ・サフチェンコ&ロビン・ショルコビー
予想される構成での基礎点:59.5点
曲:ヴァンゲリスの"「Oceanic」から「Bon Voyage」
  映画「1492;コロンブス」サウンドトラック(ヴァンゲリス)
今伸び盛りのカップルですが意外にも基礎点では50点台にとどまりました。ソロジャンプのトリプルが1種類だったり、ツイストがダブルだったり、あとリフトでレベル4が取れなかったりと難度的には中国やロシアには劣る構成になります。ただし、ひとつひとつの完成度が高いので実施点の加点によっては逆転も充分可能になります。いろいろトラブルがあったせいか、SP終了後、コーチのインゴ・シュトイヤーの疲れ具合が気になるところ。フリーではSPの失敗を取り返して欲しいですね。
ドロタ・ザゴロスカ & マリウス・シュデク
予想される構成での基礎点:58.6点
曲:映画「ミッション」サウンドトラック
井上組とともに私が応援してるカップルはとにかくリフトが素敵。最初のリフトは一番難しいとされているアクセルラッソウリフトを女性が男性の足の間を通り抜けてからやるというウルトラCで実施していて最大の見所。もちろんレベル4でこれだけで基礎点は6.5で彼らはさらに加点が取れるでしょう。リフトを3本ともレベル4でそろえているのは彼らだけなのでそのほかのリフトも見所です。しかしソロジャンプとスロージャンプの成功率が低いので、これらを失敗するとどうしても印象が悪くなってしまいます。プログラムは先シーズンから引き続いてのミッションでこれも素晴らしいです。ただ、ルールのマイナーチェンジに合わせて一部業を入れ替えなくてはいけなかったのでそこの部分はユーロでの演技でもまだしっくりいっていなかったので、オリンピックまでに修正できてるといいのですが。
希望をこめての今夜の予想
1.トトマリ
2.パントン
3.井上組かペトティフォ
みなさんの予想は?
関連リンク
JSPORTS 世界選手権放送 ペア編
中国カップルは同情で銀メダルになったわけではない!
nifty特集「ペアショートプログラム 彼女たちの微笑み」
nifty特集「ペアショートプログラム終了 トットミアニーナ&マリニン首位」
トリノオリンピック 井上怜奈&ジョン・ボールドウィン大健闘 ペアSPの結果
トットミアニーナ&マリニンと韓国演歌の関係は!?
オリンピック放送予定
トリノオリンピック 今夜注目の選手 ペアショートプログラム
レナ・イノウエ、全米選手権優勝 3度目のオリンピック出場手中に!
nifty特集「トリノ五輪 種目別見どころガイド(1)ペア」
梅田香子ジャーナル
スポーツライターの梅田香子さんの娘さんが、トトマリペアと同じシカゴでフィギュアスケートのトレーニングを受けていらっしゃるので、梅田さんの日記にもたびたび・らが登場します。今は過去ログ置き場になってる旧ジャーナル(こちら)からずっと読むと、要所要所でトトマリペアやワシリエフコーチの話がでてきますので、・らのアメリカでの練習の様子が伝わってきますよ。(「フィギュアスケートトリノ五輪完全ガイド」(こちら)のトトマリペアのパートは梅田さんのご執筆(予想)です)
TOTMIANINA & MARININ photo site
トトマリペアの写真がいっぱいファンサイトです。

村主章枝選手が新しいコスチュームで本番へ

記事
nikkansports_com
Yahoo!スポーツ×スポーツナビ トリノオリンピック特集 - 写真ニュース
クールマイヨールで記者会見
 国内で調整を行なってた村主章枝選手がクールマイヨールに到着。練習を公開して記者会見を行ないました。
 最終の順位が一番期待できるという意味ではないですが、大きな試合で力を発揮するという意味では一番安心してみていられるのが村主選手だと思います。よく「周りの人が」「コーチが」「声援を送ってくださるファンの方が」「神様が」と口にされますが、この選手ほど努力の裏打ちによる自信を持っているスケーターは他にいないのでしょうか。
 によって感じ方はいろいろだと思いますが、荒川静香選手が一見、クールでタフそうに見えて、内面が複雑で繊細、他から見るとなんでそんなことに?と思うようなことにこだわったり、練習でどんなに調子よくても本番であれ!っと思うような失敗があったりするのに対して、村主章枝選手は神経質そうに見えて精神的にタフで、か細い体に見えるけどタフ、試合では練習通りの演技は確実にできて、時にはそれ以上のことができる、もちろん怪我があったり不調だったりするときもありますが、そのときは練習のときも調子悪いのであって本番だけ崩れるといった可能性が少ないスケーターのように思います。
 技の豊富さや身体能力の高さなどに目を奪われて…私もですが…マスコミは荒川静香選手が一番メダルに近いのではないかという報道をよく見ますが、本番で力を発揮するという意味では村主章枝選手にも同じくらい可能性があると私が思うのは村主選手のタフさなんですね。
新しいコスチューム
 村主章枝選手は演技する曲を変更するといった情報はないので、もちろん小さなプログラムの修正などはあると思いますが、今シーズンこれまで滑ってきたSPがスパニッシュナンバー、フリーがラフマニノフのピアノ協奏曲2番で滑ることになります。しかし、コスチュームは新しくするので期待してくださいとのことです。
 個人的にはSPはボレロを羽織ったようなカナダのSPのコスチュームが良い印象でしたが、フリーはカナダで使用した青/紫系のもその後のゴールド系のもどちらも曲のイメージや村主選手のイメージにあったないと思っていたので、本番のフリーは期待したいと思います。
関連リンク
村主章枝選手のフリーを振り返る -カルガリー/バンクーバーへの期待-
最高のパフォーマンスを最高の舞台で発揮した村主章枝選手
トリノオリンピック やっぱりオリンピックは最高峰の試合 女子シングルSP感想など
トリノオリンピック 女子ショートプログラム 滑走順と注目選手紹介
トリノオリンピック 女子滑走順決まる
村主章枝選手 トリノ冬季五輪日本選手団の副将有力
トリノはチョコレートの街
金メダルへのこだわり?おしゃれ? 中野ゆかり選手 村主章枝選手 
niftyフィギュアスケート特集「選ばれた3人(2)村主章枝」(こちら)
「村主章枝・荒川静香――揃い咲く二輪の花 」(こちら)
「NHK杯女子シングル出場 中野友加里インタビュー」(こちら)



トリノオリンピック 高橋大輔選手は1番滑走!

ISUオフィシャル「XX Olympic Winter Games 2006」滑走順結果ページ(こちら)
高橋大輔は1番滑走、プルシェンコ選手が2番滑走
 日本時間の14日火曜日深夜からはじまる男子シングル、ショートプログラムの滑走順が発表されました。これは抽選で決まりますが、高橋選手は1番滑走でした。採点種目は演技順が遅いほど有利といわれていますので、本人も「ひいちゃったよ!」ってなかんじではないかと想像します。
高橋大輔選手のコメント(スポニチ Sponichi Annex 速報
「前に誰も滑っていないので、プレッシャーなく楽しく滑れる。プルシェンコと一緒でよかったかなと思う。激しく最後まで勢いある滑りをしたい。」

 しかし、第1グループには2番滑走にエフゲニー・プルシェンコ選手、5番滑走にジェフリー・バトル選手と金メダルを争う選手達がいますので、極端に不利な採点にはならないのではないでしょうか。逆にいい演技をすれば後続の選手にとってプレッシャーになるはず。
 ただ、ブライアン・ジュベール選手やステファン・ランビエール選手、ステファン・リンデマン選手まだまだ数多くの競り合いが予想される選手達が後ろに控のは気になりますね。大変力が接近してるのでSPだと3位もあるけど12位くらいもあるかも・・・ってのが高橋大輔選手のポジションかなと思います。1992年のアルベールビルオリンピックでは佐藤有香選手がショートプログラム1番滑走でしたが、素晴らしい演技をして、最終的には6位入賞へ結び付けていますので、日本にとってはそんなに縁起が悪い滑走順ではないと、言い聞かせて、落ち着いて応援したいと思います。
主な選手の滑走順
第1グループ
1 高橋大輔 日本
2 エフゲニー・プルシェンコ ロシア
4 チェンジャン・リー 中国
5 ジェフリー・バトル カナダ
第2グループ
9 フレデリック・ダンビエール フランス
11 ステファン・ランビエール スイス
第3グループ
13 ジョニー・ウィアー アメリカ
18 ケヴィン・ヴァンダー・ペレン ベルギー
第4グループ
19 ステファン・リンデマン ドイツ
23 ブライアン・ジュベール フランス
第5グループ
26 エヴァン・ライサチェック アメリカ
27 イリア・クリムキン ロシア
30 エマニュエル・サンデュ カナダ
他にも注目したい選手もいますが見所!などはまた当日に書ければ思います。


購入する!
COLORS
フィギュアスケート男子シングルフォトブック

amazon.co.jpで購入する(こちら)

インタビュー・ストーリー収録選手
氷の支配者 エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)
ピュアなアーティスト ジェフリー・バトル(カナダ)
さわやかなそよ風 ジョニー・ウィアー(アメリカ)
真のパフォーマー ステファン・ランビエール(スイス)
パワーと品格 ブライアン・ジュベール(フランス)
華麗なるエネルギー エヴァン・ライサチェック(アメリカ)
天性のエンタテイナー エマニュエル・サンデュー(カナダ)
氷上の情熱 高橋大輔
若き戦士 織田信成
よみがえる輝き 本田武史
2006年2月3日発売
定価1900円+税
B5判オールカラー112ページ


関連リンク
トリノオリンピック  ザヤックルールに助けられ、そして敗れた高橋大輔選手
トリノオリンピック 男子シングルフリー 滑走順&選手紹介
トリノオリンピック 高橋大輔選手、最終グループに踏みとどまる
トリノオリンピック 男子シングル注目の選手
2月フィギュアスケートテレビ放送予定
トリノオリンピック 開会式 あなたは何人見つけましたか?
荒川静香選手 高橋大輔選手 フランスグルノーブルで調整中
nifty特集 トリノ五輪開幕直前  『COLORS―フィギュアスケート男子シングルフォトブック』
関西大学 高橋大輔選手 織田信成選手 壮行会に揃って出席
高橋大輔選手 「2月14日は何の日?」
高橋大輔選手エキシビションで使用してる曲情報



2006年02月12日

ミシェル・クワン選手欠場 エミリー・ヒューズ選手繰り上がり出場か?

大どんでん返し
Click to Yahoo! News Pictures アメリカNBCのサイト(こちら)読売新聞のサイト(こちら)によると出場辞退を示唆してから一夜明けた12日にミシェル・クワン選手がが欠場することが正式に決まった模様・・・。エミリー・ヒューズ選手(こちらで紹介)が繰り上がりで出場することになりそうです。
その他の記事
Yahoo!スポーツ×スポーツナビ
「クワンが出場を辞退 現地練習で故障を悪化」

「クワンが五輪を断念 代替選手にヒューズ妹」
関連記事
トリノオリンピック 青い弾丸 エミリー・ヒューズ選手 大健闘!
トリノオリンピック やっぱりオリンピックは最高峰の試合 女子シングルSP感想など
トリノオリンピック 女子ショートプログラム 滑走順と注目選手紹介
トリノオリンピック 女子滑走順決まる
エミリー・ヒューズという選手
ミシェル・クワン、棄権の可能性を示唆
ミッシェル・クワン選手 「エミリー・ヒューズの状況は理解できる」
サーシャ・コーエン選手 フリー「ロミオとジュリエット」 新旧バーション徹底比較
全米選手権 記録より記憶に残ったステファニー・ローゼンタル選手
新アメリカチャンピオン サーシャ・コーエン選手 「パレードに雨を降らせないで」
ミッシェル・クワン選手オリンピックへ出るかどうかは1月28日に最終決定。
全米選手権終了 女子シングルオリンピク代表の行方は?(クワンに決定か)
nifty「オリンピックスペシャルレポートスタートします 」

トリノオリンピック 井上怜奈&ジョン・ボールドウィン大健闘 ペアSPの結果

予・通りトットミアニナ&マリニンが一歩リード
 まずはフィギュアスケート最初の競技、ペアのSPが終了しました。
 トトマリペアは完璧なでき。他のカップルとは実力が属うことを証明しました。ユーロよりもさらに気合の入った演技で、SP終った時点で金メダルに片方の手が届いてしまったのではないでしょうか。あとは以前のようなリフトでのトラブルなどよほどのことがないかぎり、金メダルを両手で握り締めることになるのではないえしょうか。
1位タチアナ・トットミアニナ & マキシム・マリニン
2位ダン・ジャン&ハオ・ジャン
3位マリア・ペトロワ&アレクセイ・ティフォノフ
4位クィン・パン&ジャン・ トン
5位シュー・シェン&ホンボー・ツァオ
6位井上怜奈(レナ・イノウエ)&ジョン・ボールドウィン 
7位アリオナ・サフチェンコ&ロビン・ショルコビー
============================================
9位ドロタ・ザゴロスカ & マリウス・シュデク
得点詳細は通常の試合だとO競技終了まで公開されませんが、オリンピックはアメリカNBCのサイトで詳細得点が公開されています(こちら)。ライブ更新だったので、それぞれの演技終了後に確認できて大変便利でした。
井上怜奈(レナ・イノウエ)&ジョン・ボールドウィン大健闘
 イノウエ&ボールドウィン組はSPからスロートリプルアクセルを入れてくる意欲的な構成で大健闘。スロートリプルアクセルをオリンピックで成功させたのは初めてですので、・人の名前は永遠に刻まれることになるでしょう。全米SPでボールドウィンが村敗したソロジャンプをトリプルジャンプではなくダブルアクセルにして安全策にしてきました。他の上属カップルがトリプルジャンプを用意してたのでここはハンディになりましたが、これもいい作・だったと思います。フリーではオープニングがソロのトリプルジャンプになると思いますが、造造決めて、後半でまたスロートリプルアクセルを決めて欲しいと思います。5位の中国カップルのできが正直あまりよくなく、いつもの切れがなかっただけに、過去のチャンプという知名度で高得点がでてしまって・けてしまいましたが、イノウエ組は実際には4位以上でもよかったという素晴らしいできでした。スローアクセルを成功させてた瞬間は夜中であることを忘れて拍手してしまいました。その後はもう涙目で、演技を見逃さないように必死になってテレビにへばりついていました。
ポーランド夫妻もいい演技
 順属は9位でしたが、ドロタ・ザゴロスカ & マリウス・シュデクも演技は素晴らしかったです。課題のソロのトリプルトウループも綺・に成功させ、持ち味であるリフトで観客を魅了しましたが、衣装のトラブルでコンビネーションスピンで躓きがあったのだけが残念です。動きは良かったのでフリーでも素晴らしい演技を期待します。
インゴ・シュトイヤー無事に登場
 いろいろごたごたのあった(こちら)、7位のドイツ組のコーチ、インゴ・シュトイヤーが無事オリンピックに参加して姿を見せてくれていました。しかし、今回のトラブルのせいか心なしかやつれた表情で、せっかくの色男なのにさえない表情でした。選手達にミスがでてしまったせいかもしれませんが。
ペアSPの感・を書かれてるフブログ
アイスステージ 青く輝く炎〜ペアSP〜
関連リンク
JSPORTS 世界選手権放送 ペア編
中国カップルは同情で銀メダルになったわけではない!
トリノオリンピック 今夜の見所 ペアフリースケーティング
nifty特集「ペアショートプログラム終了@トットミアニーナ&マリニン首位」
トットミアニーナ&マリニンと卒国演歌の関揃は!?
オリンピック放送予定
トリノオリンピック 今夜注目の選手 ペアショートプログラム
レナ・イノウエ、全米選手権優勝 3度目のオリンピック出場手中に!
nifty特集「トリノ五輪 種目別見どころガイド(1)ペア」
梅田香子ジャーナル
スポーツライターの梅田香子さんの娘さんが、トトマリペアと同じシカゴでフィギュアスケートのトレーニングを受けていらっしゃるので、梅田さんの日記にもたびたび・らが登場します。今は過去ログ置き場になってる旧ジャーナル(こちら)からずっと読むと、要所要所でトトマリペアやワシリエフコーチの話がでてきますので、・らのアメリカでの練習の様子が伝わってきますよ。(「フィギュアスケートトリノ五輪完全ガイド」(こちら)のトトマリペアのパートは梅田さんのご執・(予・)です)
TOTMIANINA & MARININ photo site
トトマリペアの写真がいっぱいファンサイトです。

荒川静香選手 「3回転3回転3回転」のジャンプは封印

記事kansports.com「静香、3連続3回転を回避」
荒川静香選手 合宿地クールマイヨール入り
 日本チームの事前合宿地、イタリアクールマイヨール入りした荒川静香選手が会見して「3回転3回転3回転」のジャンプを回避し、後半に「3回転2回転2回転」を入れることにしたと明かしました。荒川静香選手の場合はジャンプの回転不足によるグレードダウンが心配されていましたので、今回の決定になったのではないかと思います。トゥーランドット後半は曲が大変盛り上がりますので、そこで3連続を入れればかなり盛り上がるのではないかと思います。おそらくイタリアのカロリーナ・コストナー選手が3回転3回転連続を行なってくると思いますので、表彰台争いで彼女と競り合うと予想される荒川静香選手ですが、全体の演技の完成度で勝負する作戦にでたようです。これが吉とでるか凶とでるか、ファンがやきもきできるのも残り2週間。このどきどきを楽しみましょう。
 荒川選手が使っているのはヴァネッサ・メイのバージョンで「Violin Fantasy on Puccini's "Turandot"」というタイトル。
amazon.co.jpで収録CDの情報を見る/購入する(こちら)
現在「China Girl」は品薄で入荷まで少し時間がかかるようです。「classical ever! Best-energy&emotion-」(こちら)「マイ・フィギュア・スケート・アルバム 」(こちら)にも収録されてるので比較検討をおすすめします。

関連リンク
トリノオリンピックのDVD発売 荒川静香選手関連の新撮映像あり
荒川静香選手 競技生活に区切り
トリノオリンピック 荒川静香選手のフリー演技を振り返る
荒川静香選手 トゥーランドットCD(比較的入手しやすいもの)
タチアナ・タラソワ 荒川静香選手の元コーチが語る
金メダリスト 荒川静香爆笑会見 金メダルを引き寄せた魔法の呪文
荒川静香選手 金メダル
トリノオリンピック 今夜最終決戦 女子シングルフリー滑走順&選手紹介
トリノオリンピック やっぱりオリンピックは最高峰の試合 女子シングルSP感想など
トリノオリンピック 女子ショートプログラム 滑走順と注目選手紹介
トリノオリンピック 女子滑走順決まる
荒川静香選手 SPも曲変更 「幻想即興曲」に!
荒川静香選手 パバロッティの歌に運命をかんじる -記者会見-
荒川静香選手 高橋大輔選手 フランスグルノーブルで調整中
荒川静香選手 トゥーランドットでトリノオリンピックへ! フリー曲変更
フィギュアスケートオリンピック代表 新春テレビ出演 荒川静香 NHKニュース10 1月4日
荒川静香/安藤美姫 トリノオリンピックへ向けてプログラム変更!? 大きな賭け その1
「全日本選手権 女子シングル おそろしい選手達」
nifty特集「全日本選手権女子シングルショートプログラム 」
フィギュアスケート オリンピック代表候補 荒川静香選手
nifty特集「全日本選手権女子シングル 選ばれた3人(1)荒川静香」

ミシェル・クワン、棄権の可能性を示唆

記事
nikkansports.com「クワン故障で直前出場辞退も」
特例措置で出場も故障が癒えず
 ペアの競技中ですがみんな見てますか?わーい(嬉しい顔)
 驚いたニュースですが、開会式翌日の公式練習後の会見でミッシェル・クワン選手が棄権の可能性を示唆しました。注目を集めるための広報活動の一環なのか、本気なのか記事だけは判断できませんが、補欠のエミリー・ヒューズ選手はトリノ入りしてるのでしょうか?もし出場枠を無駄にするようなことがあると批判も高まりそうですちっ(怒った顔)
ミッシェル・クワンがSPで使用予定「死の舞踏/Totentanz」収録CDの詳細を見る/購入する(こちら)
関連記事
トリノオリンピック 青い弾丸 エミリー・ヒューズ選手 大健闘!
ミッシェル・クワン選手欠場 エミリー・ヒューズ選手繰り上がり出場か?
エミリー・ヒューズという選手
ミッシェル・クワン選手 「エミリー・ヒューズの状況は理解できる」
サーシャ・コーエン選手 フリー「ロミオとジュリエット」 新旧バーション徹底比較
全米選手権 記録より記憶に残ったステファニー・ローゼンタル選手
新アメリカチャンピオン サーシャ・コーエン選手 「パレードに雨を降らせないで」
ミッシェル・クワン選手オリンピックへ出るかどうかは1月28日に最終決定。
全米選手権終了 女子シングルオリンピク代表の行方は?(クワンに決定か)
nifty「オリンピックスペシャルレポートスタートします 」

2006年02月11日

トリノオリンピック 今夜注目の選手 ペアショートプログラム

ショートプログラム
 さっそく今夜(深夜3時三日月)からフィギュアスケートの競技が行なわれます。
 最初はペアからはじまりますが、残念ながら日本からの出場はありません。そのかわり、アメリカ代表として井上怜奈(レナ・イノウエ)選手が出場します。。「レナ・イノウエ、全米選手権優勝 3度目のオリンピック出場手中に!」(こちら)でもご紹介させていただきましたが、先日、日本テレビ系の番組でも大々的に紹介されて(韓国でのユニバーシアードの映像など、珍しい映像も多く素敵なドキュメンタリーでした)、あらためて知名度が上がったのでグッド(上向き矢印)、ご存知の方も多くなったのではないでしょうか。
ショートプログラム
 ペアはショートプログラムとフリープログラムの2回の演技の点数の合計で争います。
 古い順位点を競う方法ではショートはフリーの50パーセントの配点でした、新採点でも、たとえばヨーロッパ選手権で優勝したトットミアニーナ&マリニンのショート68.04点はフリーは127.83点でやはりショートはほぼフリーの50パーセントの得点になるように設定されてるようです。順位点を競う前回までのオリンピックに比べて、絶対点を競う新採点方式ではショーからフリーでの大逆転が可能にはなりましたが、ショートの成績でフリーのグループ分けをすることなどを考えると、メダル獲得には有利になる最終組入りをめざして、上位の選手達は4位以上を目標にしていると思います。ショートの滑走順はすでに発表されています(こちら)が、ショートの滑走順は抽選で決まるので本来なら有力ペアがばらけるはずですが、Hiroさんがブログ(こちら)で指摘されている通り今回はヨーロッパの強豪が最終組にかたまり、ライバルとなる中国の3組が前半にかたまってしまいましたので、これは勝負の影響に大きな影響があるかもしれません。
 フィギュアスケートの試合はとにかく長丁場時計、ペアの場合は4組ずつグループ分けし、それぞれグループごとに氷上でのウォームアップ時間はありますし、2グループごとに、ザンボニーとよばれる整表者がでてきて、氷を削って綺麗にするので、全体の競技が間延びしてしまうかもしれません。最終組のヨーロッパ勢だけを見るつもりで5時に起きるもよし、日曜日夕方のBSでの再放送で勝負どころを編集されたバージョンで見るのもよし・・・ですがそれでも結果が分からずはらはらしながら見る生中継がファンには一番ですね!今日も早めに寝て3時おきしたいと思いますわーい(嬉しい顔)
注目選手
第1グループ
2番ソパソーワ&トドロフ ブルガリア
女性は17才の若いペアですが、ヨーロッパ選手権を見て、伸び盛りだなと思いました。うまく強化されれば右斜め上次のオリンピックではメダル争いができるかもしれません。
4番井上怜奈&ジョン・ボールドウィン アメリカ
ご存知、井上怜奈さんはアルベールビルとリレハンメル、2回のオリンピックで日本代表として出場した選手。今回はアメリカ国籍を獲っての出場です。一番応援したいペアのうちのひとつです黒ハート。正直なところメダルは厳しいかなという位置ですが、スロートリプルアクセルを取り入れたフリーの基礎点の高い構成になってますので、ショートプログラムをなんとか無難に乗り切って、がんばって欲しいところえです。
第2グループ
5番 クィン・パン&ジャン・ トン 中国
現在は新興ペア王国中国3番手になるのかな?今まであまり魅力をかんじなかったんですが眼鏡、今シーズンのSPの「パガニーニ」、LPの「オペラ座の怪人」、どちらも音楽の選択がよいこともあってか、注目してます。
6番 シュー・シェン&ホンボー・ツァオ 中国
かつての世界チャンピオン。今シーズンは男性の足の怪我で一切試合にでていません。果たしてどれぐらいの仕上がりになっているのか、今夜最大の見所です。
第3グループ
ダン・ジャン&ハオ・ジャン 中国
シュー・シェン&ホンボー・ツァオが今シーズン活躍してないこと考えれば実質的には中国1番手なのかな?正直、今シーズンのプログラムは苦手。先シーズンまでは中国で一番好きなカップルだったのですが…右斜め下
第4グループ
14番 マリア・ペトロワ&アレクセイ・ティフォノフ ロシア
かつて日本代表で世界選手権に出たこともあるアレクセイ・ティフォノフは28歳のベテラン選手。このカップルで世界チャンピオンになったこともありますが、ここのとろこは後輩のトトマリペアに押されています。今季は特にSPの仕上がりがいいので、なんとかSPで得点を稼ぎたいところですね。
15番 ドロタ・ザゴロスカ & マリウス・シュデク ポーランド
井上ペアとともに私が一番応援してるペアです。男性34歳、女性が30歳の超ベテランカップル。好調だった昨シーズン途中で女性が試合中に怪我をするアクシデントがありどんっ(衝撃)、今シーズンもイマイチ元気じゃないのが心配ですが、昨シーズンから滑っているフリーの「Mission」は素敵なプログラムです。フリーでジャンプやリフトでルールのマイナーチェンジがあったのですが、実はこのペアが一番それで損をしてしまってるのも痛いふらふら。井上ペアとの競り合いになるのは応援してて胸が痛みますが、どちらかのペアがメダル獲ってくれないかなと野望を抱いています。このオフシーズンに男性の方がネット上で自分達の動画を探していて、そのとき少しですがチャットする機会があっとので余計に親近感が湧いてしまって応援に熱が入ります黒ハート
第5グループ
19番 タチアナ・トットミアニナ & マキシム・マリニン
憎らしいほど強くなってしまった現在の王者でもちろん金メダル最有力候補であることはすでに「トットミアニーナ&マリニンと韓国演歌の関係は!?」(こちら)でご紹介済みです。SPはとにかく見てその迫力を堪能してください。
20番 アリオナ・サフチェンコ&ロビン・ショルコビー ドイツ
めきめき力を上げて、ロシア中国に割って入ってきたドイツのカップル。直前にはコーチのトラブルがありました(こちら)が、がんばって欲しいですね。
ペアの予想があるブログ
フィギュアスケートニュース 「このペアに注目 トリノ五輪」
海外ドラマ★☆---WHAT A BLAST---★☆≡「トリノ開幕」
Bliss On Ice:トリノ五輪−フィギュアスケート予想
新体操・フィギュアスケートファンの超多趣味な日々
プラネット・ルビーblog「お題バトン【フィギュアスケート】」
なつこのつぶやき「オリンピックが始まる」
読書日記&つぶやき「 いよいよトリノ! 」
あかねこブログ フィギュアスケート館「トリノオリンピックメダル予想・フィギュアスケートペア」
ブランカ*ランカ 「メダル予(妄)想〜」
フィギュアスケートと漫画日記「トリノ展望つづき」
資料室ノート「トリノ五輪予想・ペア」
トミーのKISS&CRY「トリノ五輪間近!予想レビュー!!!」
『脱★ぐうたら生活』「トリノオリンピック展望・・・フィギュアスケート」
世界悠々「フィギュアスケート」
mairiの旅行記「寝不足に注意?」
関連リンク
トリノオリンピック 男子シングル注目の選手
中国カップルは同情で銀メダルになったわけではない!
トリノオリンピック 今夜の見所 ペアフリースケーティング
トリノオリンピック 井上怜奈&ジョン・ボールドウィン大健闘 ペアSPの結果
オリンピック放送予定
nifty特集「トリノ五輪 種目別見どころガイド(1)ペア」

トリノオリンピック 開会式 あなたは何人見つけましたか?

日本時間午前4時からスタート
 時計超早起きしてしっかり生中継を見ました。トリノオリンピックの開会式、いろいろ面白い趣向もありましたが長い!テレビの前でも感じてしまうんですから、寒空で待たされる選手も大変だなと思いました雪
入場行進に登場したスケーター達
 それにどんなにおもしろい出し物をやっても一番必死でみてしまったのはやはり入場行進目。スケーターを何人みつけられるかがんばってみましたがなかなかみつけられませんでした。皆さんは何人見つけられましたか?
 私が見つけたのは次の人たちですが?わかりますかexclamation&question
openingceremony.gif
これはおまけ・・・偉い人(大会委員長)がお話してるのにとことこ前にビデオ撮影に来たケヴィン・ヴァンダー・ペレン君。
kevin.gif
最悪なNHKの放送
 全体的にスケジュールが押していたのですが、ハイライトだったパバロッティの「トゥーランドット」熱唱中に生中継が終了。東京のスタジオからにニュースに切り替わってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)。地上波もBSも両方とも。この曲で滑る荒川静香選手の活躍を祈りながら見ていたのにあまりにもデリカシーがないというか酷かったです。
 切り替わった番組で一切その件に関する釈明はなく、ずうずうしくも「先ほどまで行なわれいていました開会式の模様を・・・」などと言い出すします。「まだやってますが!」とつっこみをいれてしまいました。視聴者をまったく無視するNHKの放送姿勢バッド(下向き矢印)・・・最低、最悪でしたちっ(怒った顔)
関連リンク
トリノオリンピック やっぱりオリンピックは最高峰の試合 女子シングルSP感想など
トリノオリンピック 女子ショートプログラム 滑走順と注目選手紹介
トリノオリンピック 自分がなにを見ているのか分からなくなっていった朝 オリジナルダンス
トリノオリンピック 今夜はオリジナルダンス 滑走順と選手紹
トリノオリンピック アイスダンス今夜からスタート
トリノオリンピック  ザヤックルールに助けられ、そして敗れた高橋大輔選手
トリノオリンピック 高橋大輔選手、最終グループに踏みとどまる
トリノオリンピック 男子シングル注目の選手
中国カップルは同情で銀メダルになったわけではない!
荒川静香選手 パバロッティの歌に運命をかんじる -記者会見-
トリノオリンピック 今夜の見所 ペアフリースケーティング
2月フィギュアスケートテレビ放送予定
niftyフィギュアスケート特集でも現地からのレポがあるそうです(こちら)



2006年02月09日

伊藤みどりさんが銀メダルを獲った日 みなさんはなにをされてましたか?

Yomiuri On-Lineで当時の新聞紙面が見られます
 明日の深夜には開会式がはじまります。信じられますか?あっという間にきちゃいましたね。なにをしていてもニュースや情報や・・・なにもかもが気になって上の空。こういうときに大失敗をしがちなうかつ人間なので、気を静めないとと思いつつ、胸は高鳴るばかりグッド(上向き矢印)。参加する選手の興奮はこんなもんじゃないでしょうが、すっかり参加する気分です。
 Hiroさんのブログでフィギュアのエントリーを整理してくださってます(こちら)スケート連盟主催試合じゃないのでオリンピックの方はISUの結果サイトはできないのかな?スコア詳細などはどこで公開されるのかいまから気になるところ。
 テレビや新聞、それにニュース関連のサイトもすっかりオリンピック一色。いろいろな企画があって楽しませてくれますが、全部をチェックしていたら、いくら時間があっても足らないような、幸せな悩みまででてきました。Yomiuri On-Lineでは過去の冬季オリンピックでの日本人選手の活躍を伝える読売新聞の紙面をネットで読めるというナイスな企画を実施中(こちら)。もちろん、真っ先にアルベールビルオリンピックをチェックしてしまいました。

「本物のオリンピックのメダルを見るのは初めてなので、表彰台で思わず見つめてしまいました。オリンピックでトリプルアクセル(三回転半)をどうしても跳びたかったのでんです。だから、跳べたときにはうれしくて…。オリジナルプログラム、それにフリーの前半は苦しかったけど、後半は思い切ってできました」
 
 伊藤みどりさんのコメントもうやだ〜(悲しい顔)。読みながら、いまだに目頭が熱くなってしまいます。こんな昼間からふらふら。今以上に冬のオリンピックで日本人のメダル獲得が厳しかった時代、伊藤みどりさんにかかるプレッシャーは想像を絶するものだたに違いありません。「苦しかった」という言葉が重いです。
 当時、下宿してたんですが、テレビ塔の立ってた山のすぐ麓だったので、難試聴地区っていうんですか?テレビ電波が入らないので、当時としてはめずらしくケーブルテレビだったんですよ、だからアンテナやチューナーなしでBSが受信できたので、狭い下宿だったんですが、女子フリーの日は友達が集まって、小さいテレビをみんなで固唾を呑んで生観戦していた思い出がよみがえりました。BSのせいかな?って書いてはみたけど、当時も地上波で女子フリーは生放送してましたから、みんな、ひとりでは見ていられなくて集まったのかもしれませんね…珍しくあの日はうちがかたづいてたわーい(嬉しい顔)。書きながら、あんときの実況アナは昇ちゃん(杉林昇さん、友達でも知り合いでもないですが)だったなとか、解説の五十嵐さんの言葉まで思い出して、またわけのわかんない熱い思いが昼間からこみ上げてきてしまいました黒ハート。みなさんはあの日、なにしてましたか?生まれてない人がこのブログ読んでいてくれそうなことに、時間の流れの早さを感じます。テレサ・テンの歌みたいな書き込みになってしまいましたふらふら

追記
 最近またメディアへの露出が増えている伊藤みどりさんですが、今夜フジテレビ系で放送される「クイズミリオネア」にご出演されます。

2006年02月08日

ミッシェル・クワン選手 「エミリー・ヒューズの状況は理解できる」

ミッシェル・クワン選手 最新インタビュー
 いつもブログ(こちら)を読ませていただいてるスポーツライターの梅田香子さんがミッシェル・クワン選手へインタビューをされています。Voice Of Torino(こちら)に掲載されてるので、ぜひご一読ください。今回の特例措置についてや、新しいプログラム、オリンピックへの意気込みを語っています。
 一通りよんで思ったのはなによりミッシェル・クワンという人間はいつも自信たっぷりなんだなということが分かりました。今のような状況でここまで自信を持っているのも、今まで努力してきた裏づけと実績があるからなんでしょうね。
 ただ、今回の件でリレハンメルのときのナンシー・ケリガン選手を引き合いにだすのは卑怯だなと思います。ナンシー・ケリガン選手はあのシーズンは順調に試合をこなしてきて、全米のときだけ避けようのないアクシデントで出場できなかったのですから、今季、一試合も公式試合に出ないでそれでもオリンピック出場をアピールしたクワン選手とはまったく状況が違うと思います。それなのに「エミリー・ヒューズの気持ちはよく分かる」というのは個人的に理解しかねました(「おこがましい」って書いてたんですが、読んでて自分のがおこがましと思えたので文章変えさせてもらいました。不快にされた方、ごめんなさい。)
 それと「あとはレイバック。もっと後半スピードを上げて、途中でビールマンスピンを入れたら、レベルが上がるそうです。」は思いっきり笑いました。ビールマンできるの?いえいえこれでトリノでクワン選手が足を高々と上げてビールマンしてたらもう尊敬するしかないですが…。
ミッシェル・クワンがSPで使用する「死の舞踏/Totentanz」収録CDの詳細を見る/購入する(こちら)
関連記事
トリノオリンピック 青い弾丸 エミリー・ヒューズ選手 大健闘!
ミッシェル・クワン選手欠場 エミリー・ヒューズ選手繰り上がり出場か?
ミシェル・クワン、棄権の可能性を示唆
サーシャ・コーエン選手 フリー「ロミオとジュリエット」 新旧バーション徹底比較
全米選手権 記録より記憶に残ったステファニー・ローゼンタル選手
新アメリカチャンピオン サーシャ・コーエン選手 「パレードに雨を降らせないで」
ミッシェル・クワン選手オリンピックへ出るかどうかは1月28日に最終決定。
全米選手権終了 女子シングルオリンピク代表の行方は?(クワンに決定か)

サーシャ・コーエン選手 フリー「ロミオとジュリエット」 新旧バーション徹底比較

Voice Of Torino サーシャ・コーエンインタビュー:聞き手は梅田香子さん
コーエンのキャラクターや生い立ちが分かるような素敵なインタビューです(こちら)

全米選手権でお披露目した新バージョン
 トリノオリンピックでの金メダル争い本命イリーナ・スルツカヤ選手、対抗サーシャ・コーエン選手、波乱があれば日本女子選手、こういう予想を多く見かけるような気がしますが、皆様の予想はいががでしょうか。
 サーシャ・コーエン選手、今シーズンのフリーはオリビア・ハッセイが主演した映画の「ロミオとジュリエット」の愛のテーマ(ニノ・ロータ作曲)をフリーに選んできました。ご存じない方でも、聞けば「あ、この曲」とわかるほどポピュラーでいろいろな演・家が取り上げています。フィギュアスケートでもいままでに多くの選手が取り上げてきてます。ロミオとジュリエットはイタリアを舞台にした物語ですので、トリノオリンピックを意識した選曲ということになりますが、コーエン選手はタラソワコーチ時代に一度この「ロミオとジュリエット」でフリーを作ったことがあり、長らくエキシビナンバーとして滑っていたので、「新しい演技」を期待していたファンにとってはちょっと肩透かしをくらったかんじではなかったでしょうか。今シーズンは荒川静香選手や高橋大輔選手の振り付け師としてすっかり日本のテレビニュースなどでもおなじみになったロシア人のニコライ・モロゾフの振り付けのフリープログラムをシーズン当初は滑っていましたが、グランプリシリーズのフランス大会で浅田真央選手に敗れて2位になったことや、フリーだけならオリンピックでライバルとなる荒川静香選手にも負けて3位だったことがきっかけになったのかもしれませんが、12月になって、カナ_人のデビッド・ウィルソンのもとを訪ねて、プログラムを修正しました。そして1月の全米選手権で新しいバージョンの披露となったわけです。
収録CDの情報/購入(こちら)
試聴(こちらこちらの9曲目をご参考に)
新旧バージョンでの変更点
 先日、日本でも全米選手権がテレビ放送されたので、11月のフランス大会のときの演技とじっくり比較することができたので、気づいた変更点など。
音楽
 ニノ・ロータの「ロミオとジュリエット」は変っていないのですが、曲のカットや構成はかなり変更してきました。旧バージョンはいきなり一番有名な大サビから入ってそれが何度も何度も繰り返されるために、途中で退屈してしまうのは否めなかったのですが、新バージョンは最初に別のドラマティックな展開のあるパートをもってきたので、これから物語がはじまるわくわくした感じが演出できててなかなか、いい構成になったと思います。最初と、曲が変るところに、小サビというかブリッジにあたる甘いメロディーを効果的につかってるのもいいです。そして盛り上がるところでまってましたとばかり、旧バージョンでも存分に使ってた大さびを持ってきているので、いい演技ができればここで観客もヒートアップすることでしょう。
ジャンプの構成
旧 3Lz-2T-2Lo 3F-2T 3Lo 3F 3T 2A-3S(SQE) 3S
新 3Lz-2T-2Lo 3F 3Lo 3F-2T 3T-3S(SQE) 2A 3S
(A=アクセル Lz=ルッツ F=フリップ Lo=ループ S=サルコウ T=トウループ)
 ジャンプだけの基礎点を比較すると旧が42.3、新が42.9と少しですが新バージョンのほうが点数が高くなるようになっています。フリーの場合後半のジャンプが基礎点が1.1倍されることになっているのですが、旧バージョンでは5つ目のトリプルトウループからが加点対象でしたが、新バージョンでは4つ目のトリプルフリップジャンプからが加点対象になったので、1.1倍されるジャンプが一つ増えたのと、トリプルフリップのコンビネーションを後半の加点が付くほうのジャンプにずらしたのが基礎点が増えた要因です。ただし、後半で行なっていたジャンプシークエンスをダブルアクセルからのシークエンスからトリプルサルコウのシークエンスに変えたのは基礎点が若干ですが減ってしまいました。これはシークエンスだと0.8倍されると新ルールはされているので、価値の高いジャンプを入れると帰って損となってしまう新ルールの問題点に見事にひっかかってしまったからです。結局差し引きで0.6だけ増えています。
 気になったのはコーエン独特のジャンプシークエンスのつなぎ部分。全米選手権ではシークエンスの最初のジャンプのトリプルトーループのランディングでバランスを崩してしまったのをなんとか間にバニーホップ(正面にちょんと跳ぶジャンプ)を入れてトリプルサルコウにつないでいます。あきらかに一連の動きではつながっていないので、ここは国内大会でなければ、厳しくジャッジされて、トウループとサルコウは別々のジャンプとみなされるのではないでしょうか?そうなってくると最後の単独のサルコウは余分な要素として得点に加算されなかったと思います。フランス大会ではダブルアクセルのシークエンスでこちらは成功させていますが、やはり間はバニーホップでつなぐという独特のもの。正直バニーホップの前後に余分な動きが入ってるので、これが他のホップターンだけでつないだシークエンスなどと同等に評価されていいものかどうかと思います。いずれにしても全米選手権のようなトラブルがあった場合は、オリンピックでは厳しくジャッジされると考えられますので点数でもめることがあるとすればここかなと思います。
スピンの構成
 コーエン選手は柔軟性を生かして難しいポジションのスピンができますし、回転軸のしっかりした回転の速いスピンを持っていますので、彼女にとってはスピンはライバル選手より多く点数を取っていきたいところ。フランス大会では4つのスピンのうちひとつしか最高難度のレベル4が取れませんでしたが全米選手権では4つのうち3つが最高難度のレベル4残りひとつもレベル3と難度をあげてきました。これでスピンだけの基礎点は10.3から11.9と1.6ポイント上げています。
 これは国内だから認定があまかったのではありません。まずレイバックスピンですが、フランス大会ではレベル3でしたが、全米選手権では従来彼女は体を後ろに倒すノーマルなレイバックスピンだけを行なっていたのを、最初に斜め横に倒すサイドウェイズのポジションで回ってからノーマルのレイバックに変化するように変更したのがレベルアップ要因になりました。ジャンプスピンではフランス大会ではフライングキャメルでレベル2しか取れなかったところを、よりレベルアップが可能なデスドロップスピンに変更してレベル4に上げています。
 最後のコンビネーションスピンもフォアアウトのキャメルでの回転数が不足していたのでレベル3になりましたが、しっかりフォアアウトで2回転以上できてれば、レベル4になるスピンを持ってきています。スピンに関してはフランス大会以降、新採点対応がかなりすすみました。
ステップの構成
 柔軟性のあるコーエン選手の真骨頂(某贈HKアナウンサーの口癖ですね)が足を高く上げて滑走するスパイラルシークエンス。これは新旧バージョンで変更点なし。ただ、最初のバックアウトスパイラルでスプリットしたあと手を離したポジションがフランス大会では3秒に満たなかったとされてレベル3しか取れていませんでしたが、全米選手権ではここでしっかりキープ時間をとって観客を魅了、レベル4を取っています。オリンピック本番でも一番の盛り上がりどころになることは間違いないでしょう。
 サーキュラーステップは内容は変更して、コーエン選手得意のロシアンスプリットがなくなったのは残念でしたが、新旧ともにレベル3。女子ではスパイラル以外のステップシークエンスでレベル4を取った選手はいない(男子も高橋大輔選手だけだと思います)ので実質的にはレベル3が最高難度となってるのではないでしょうか?コーエン選手と荒川選手はステップシークエンスでもレベル4に挑戦する内容にはなっていますが、スピードや上体の使われ方など、客観的に判定しにくいものがレベル判定要素になっているためになかなかレベル4を取るのは難しいようです。
コーエン選手メダル獲得のキーポイント
 以上を総合するとコーエン選手の基礎点は58.0から61.3まで3.3ポイント上げることに成功しています。音楽のつなぎは断然新しいバージョンのほうがスムーズですので、芸術点にあたるPCSの評価もさらに得やすくなっていると思います。コーエン選手のキーポイントはやはりジャンプですね。スルツカヤ選手、荒川選手、安藤選手のマックスの構成に比べるとジャンプの構成が弱い。今シーズン大崩していないスルツカヤ選手は別格にして、荒川選手や安藤選手はその分ミスがでやすくなっているので、コーエン選手は今の内容でうまくまとめなくてはなりません。ただ、この選手、前半の難しいルッツやフリップをちゃんと決めても後半のトウループやサルコウという比較的難度の低いジャンプでぽかミスをいままで大きな大会ではかならずやってきているので(今回の全米でも後半のトウループでバランス崩してしまってる)、オリンピクでその悪癖が修正できてるかどうかがポイントになると思われます。
 コーエン選手がフリーで使ってるロミオとジュリエットはボストンポップスの演奏バージョンをメインに他のバージョンを継ぎ足しているようです。

フィギュアスケートトリノ五輪完全ガイド
 現在、アマゾンでは在庫がなくて次回入荷は4-6週間後ということになっていてオリンピックには間に合わないのですが、この本、あまりマニアックになることなく、競技の特徴や新ルールについても広く浅く理解できるような非常に親切なつくりで、オリンピック観戦ガイドとしてだけでなく、フィギュアスケートの入門書として現在出版されてるものの中では一番おすすめできるので、毎回ご紹介させていただいてます。書店などに残っていれば買いです!
 以前は、平松純子先生や五十嵐文男さんが書かれたちゃんとした初心者向けの入門書があったのですが、いずれも絶版になってしまっています。オリンピック前の一過性の出版ブームではなく、ちゃんとした入門書がそろそろ新刊で欲しいところですね。
関連記事
アントン・イェルチン(ハフの子供役)とサーシャ・コーエンの意外な関係
トリノオリンピック サーシャ・コーエン選手のフリーを振り返る
ショートプログラム1位 サーシャ・コーエン選手 サーシャタイマーの解除成功するか!
トリノオリンピック やっぱりオリンピックは最高峰の試合 女子シングルSP感想など
トリノオリンピック 女子ショートプログラム 滑走順と注目選手紹介
ミッシェル・クワン選手欠場 エミリー・ヒューズ選手繰り上がり出場か?
ミシェル・クワン、棄権の可能性を示唆
ミッシェル・クワン選手 「エミリー・ヒューズの状況は理解できる」
全米選手権 記録より記憶に残ったステファニー・ローゼンタル選手
新アメリカチャンピオン サーシャ・コーエン選手 「パレードに雨を降らせないで」
ミッシェル・クワン選手オリンピックへ出るかどうかは1月28日に最終決定。
全米選手権終了 女子シングルオリンピク代表の行方は?(クワンに決定か)



荒川静香選手 高橋大輔選手 フランスグルノーブルで調整中

記事(こちら)
大黒将志選手が激励
 コネチカット州でニコライ・モロゾフとトリノへ向けてトレーニングしていた荒川静香選手、高橋大輔選手ですが、トリノと時差のないフランス、グルノーブルへ移動しての調整を始めたようです。もちろん、ニコライ・モロゾフと同行しており、彼が教えているアイスダンスメダル候補のウクライナのグルシナ&ゴンチャロフなども一緒。そしてフランスからはモロゾフが振り付けしているブライアン・ジュベールも合流。ジュベールと高橋選手はオリンピックでも競り合いが予想されますので良い刺激になっているのではないでしょうか?
 また、TBSの夜のニュースによると、サッカーのグルノーブルに移籍したばかりの大黒将志選手が激励にスケートリンクを訪れたそうです。
 しかし、もう目の前ですよ、目の前。気持ちがどんどんあせってきます。怪我と風邪だけには気をつけて万全のコンディションで日本の選手達が試合に臨めることを祈るばかりです。


購入する!
COLORS
フィギュアスケート男子シングルフォトブック

amazon.co.jpで購入する(こちら)

インタビュー・ストーリー収録選手
氷の支配者 エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)
ピュアなアーティスト ジェフリー・バトル(カナダ)
さわやかなそよ風 ジョニー・ウィアー(アメリカ)
真のパフォーマー ステファン・ランビエール(スイス)
パワーと品格 ブライアン・ジュベール(フランス)
華麗なるエネルギー エヴァン・ライサチェック(アメリカ)
天性のエンタテイナー エマニュエル・サンデュー(カナダ)
氷上の情熱 高橋大輔
若き戦士 織田信成
よみがえる輝き 本田武史
2006年2月3日発売
定価1900円+税
B5判オールカラー112ページ

関連リンク
トリノオリンピックのDVD発売 荒川静香選手関連の新撮映像あり
荒川静香選手が大黒将志選手を応援する理由
荒川静香選手 競技生活に区切り
トリノオリンピック 荒川静香選手のフリー演技を振り返る
荒川静香選手 トゥーランドットCD(比較的入手しやすいもの)
タチアナ・タラソワ 荒川静香選手の元コーチが語る
金メダリスト 荒川静香爆笑会見 金メダルを引き寄せた魔法の呪文
荒川静香選手 金メダル
トリノオリンピック 今夜最終決戦 女子シングルフリー滑走順&選手紹介
トリノオリンピック 女子滑走順決まる
トリノオリンピック  ザヤックルールに助けられ、そして敗れた高橋大輔選手
トリノオリンピック 男子シングルフリー 滑走順&選手紹介
トリノオリンピック 高橋大輔選手、最終グループに踏みとどまる
荒川静香選手 SPも曲変更 「幻想即興曲」に!
トリノオリンピック 男子シングル注目の選手
トリノオリンピック 高橋大輔選手は1番滑走!
荒川静香選手 「3回転3回転3回転」のジャンプは封印
トリノオリンピック 開会式 あなたは何人見つけましたか?
nifty特集 トリノ五輪開幕直前  『COLORS―フィギュアスケート男子シングルフォトブック』
荒川静香選手 高橋大輔選手 フランスグルノーブルで調整中
荒川静香選手 トゥーランドットでトリノオリンピックへ! フリー曲変更
フィギュアスケートオリンピック代表 新春テレビ出演 荒川静香 NHKニュース10 1月4日
荒川静香/安藤美姫 トリノオリンピックへ向けてプログラム変更!? 大きな賭け その1
「全日本選手権 女子シングル おそろしい選手達」
nifty特集「全日本選手権女子シングルショートプログラム 」
フィギュアスケート オリンピック代表候補 荒川静香選手
関西大学 高橋大輔選手 織田信成選手 壮行会に揃って出席
高橋大輔選手 「2月14日は何の日?」
高橋大輔選手エキシビションで使用してる曲情報

2006年02月04日

全米選手権 記録より記憶に残ったステファニー・ローゼンタル選手

全米選手権 男女ショートプログラムを見て
 昨夜からスカパー!スポーツアイESPNで1月に行なわれた2006年全米選手権の日本での初回放送がはじまりました。昨日は男女シングルのショートプログラムが放送されました。気になるのはやはり日本代表選手のライバルとなる、アメリカのオリンピック代表選手たちの仕上がり具合。 女子シングルではサーシャ・コーエン選手はインフルエンザがようやく治った直後ということでやや元気がないかなと思いましたが、身体能力を生かしたスパイラルシークエンスの美しさなどはさすがの貫禄。2シーズン連続で滑っている「黒い瞳」ですが、今まで赤いコスチュームを着ていたのに、全米ではほぼ同じデザインの青のコスチュームを着て登場しました。過去のオリンピックの金メダリストはショートプログラムで青いコスチュームをきたスケーターが多いというジンクスは知られています。カタリーナ・ビット選手が華やかな青いドレスでブロードウェイのメドレーで滑ったカルガリー、最後のタップダンスを取り入れたストレートラインステップで使ってた曲が「タップ&ブルー」からの選曲だったので青を選んでいました。アルベールビルオリンピック金メダリストのクリスティー・ヤマグチ選手のショートプログラムは「美しき青きドナウ」でもちろん青いコスチュームで登場。前回のソルトレークではそのジンクスを気にしてか、ミッシェル・クワン選手、イリーナ・スルツカヤ選手、マリア・ブッティルスカヤ選手、サラ・ヒューズ選手と金メダルをねらえる選手は軒並みショートプログラムに青いコスチュームで登場しました。今回はコーエン選手がどうやら青いコスチュームをショートプログラムで選んだようです。
 私はオリンピック代表から漏れたエミリー・ヒューズ選手の勢いある演技がショートプログラムでは1位でもよかったかなと思いました。コーエン選手に比べて荒削りですし、国際的評価も低いですが、全体のスピードといい、最近の選手では珍しくフリップとルッツの跳びわけがきっちりでてますし、厳密に採点してれば、コーエン選手より上ではなかたかと思いました。コーエン選手の場合厳密に採点すれば同じジャンプを2回跳んでるってことで、片方は0点の評価になるはずですからね。もちろんコーエン選手に現状ではそんな採点はできませんが。(長野オリンピックの予選となった全米選手権では、タラ・リピンスキー選手がそれが減点となってミッシェル・クワン選手に負けたとも言われてますね。)
記録より記憶に残ったステファニー・ローゼンタル(Stephanie Rosenthal)
 今回、全米選手権の女子ショートで一番ユニークな演技を披露して、観客を沸かせ味方につけたのはコーエン選手でもヒューズ選手でもなくて、ステファニー・ローゼンタル(ローゼンタール?)選手と言う、過去に大きな試合に出たことのなかった地区予選から勝ち上がってきた無名の選手でした。
 まずテレビが映したのは彼女が大学受験の際に自己推薦のために添付したDVDに収録したブレイクダンスのシーン。もちろん高校の成績が良かったんでしょうが、これでスタンフォード大学に入学を許可されたそうです。スタンフォードといえばスケートファンにはデビ・トーマス選手が通ったことでも知られていますが西海岸では一番の難関私立大学。
 一昔前の宇宙モノのSF映画で女性が着てそうなクラシックサイバーな衣装で登場したステファニーが選んだ曲は、なつかしのハービー・ハンコックの「Rock It」。今さらブレイクダンス?といった感は否めませんが、競技プロでこういうのをするスケーターってめったにいないので、オリジナリティーが発揮されていて観客も大喜び。私もテレビにぼーっと引き込まれてしまいました。コマ送りで見てるようにカクカクカクとあのブレイクダンスの動きをうまく取り入れていて、とにかく動く動く。体のまわりの空間を広く使えてなくて、手足が短く見えてしまったのは残念ですが、観客は大喜び。ジャンプが失敗したにもかかわらず、彼女も観客の声援にエキサイト、大満足してリンクを後にしました。とってもさわやかでしたね。
 http://www.unseenskaters.com/に全米選手権に臨む彼女にインタビューしています(こちら)。ピンクパンサーを滑る彼女も見てみたかった気がします。
ハービー・ハンコックの「Rock It」収録CDを購入する(こちら)
AMGで視聴する(こちら)
関連リンク
ステファニー・ローゼンタル 国際大会出場への道
荒川静香さんの記憶にも残ったステファニーって?
ミッシェル・クワン選手欠場 エミリー・ヒューズ選手繰り上がり出場か?
ミシェル・クワン、棄権の可能性を示唆
ミッシェル・クワン選手 「エミリー・ヒューズの状況は理解できる」
ミッシェル・クワン選手 テストスケート合格 トリノへ
エミリー・ヒューズという選手
新アメリカチャンピオン サーシャ・コーエン選手 「パレードに雨を降らせないで」
ミッシェル・クワン選手オリンピックへ出るかどうかは1月28日に最終決定。
全米選手権終了 女子シングルオリンピク代表の行方は?(クワンに決定か)



2006年02月02日

トットミアニーナ&マリニンと韓国演歌の関係は!?

トリノでの最初のフィギュアスケート金メダリスト?
 オリンピックには確実はないと言われますが、この人たちの金メダルは確実?今シーズンのタチアナ・トットミアニーナ&マキシム・マリニン(以下トトマリ)の強さはそれほど他とはレベルが違う。カルガリーオリンピックの金メダリストゴルデーワ&グリンコフとまでとは言いませんが、技をせずにただふたり揃って滑っている部分だけを見ても、他のカップルとの力の差がわかるくらい、まずスケーティングの質がいい。
 もともと、シングルスケーターとして能力が高い二人が組んだので二人が並んで跳ぶサイド無いサイドのジャンプの切れ味、安定感に定評があったふたりで、4年前のソルトレークではまわりがこってりとした演出のプログラムを滑る中、やたらあっさり風味のウエストサイド・ストーリーを滑って4位となったこのカップル。2004年に世界チャンピオンになるとカップルとしての風格が増して、昨シーズンはシーズン中にトラブルがあったにもかかわらず、あっさりとタイトルを防衛して世界選手権2連覇中。故障のために今シーズンまったく試合に出ていないライバルの中国ペアの動向は気になるところですが、先日、ヨーロッパ選手権でも優勝して、穴が見当たりません。
 唯一気になるのは、フリープログラムの中盤に入るアクセルラッソウリフトのところで女性を持ち上がる男性の滑ってるスピードががくっと落ちるので、失敗したんじゃないかって毎回ひやひやしてしまいます。昨シーズンのトラブルもこのアクセルラッソウリフトで女性が落下してしまうという事故だっただけに、余計にそう思ってしまうのかもしれません。
 しかし、今のところ彼らを脅かすような選手も見当たりませんのでいつもの演技ができれば(これが難しいかもしれませんが)、ペアはフィギュアスケートで最初の競技となりますので、トリノでフィギュアスケート部門の最初の金メダリストになるはずです。
スノーストーム(吹雪)
 ソルトレークの時には男子金メダルのアレクセイ・グディンが「ウィンター」というまさに冬のイメージの曲でショートプログラムを滑りましたが、トトマリペアがショーとプロフラムで選んだのは「スノーストーム」というこちらも冬のイメージの曲。今シーズンのグラプリシリーズフランス大会の放送ではじめてこの音楽を聴いたとき「これは!」と思いました。というのも、彼らのコーチであるワシリエフ氏が1988年のカルガリーオリンピックでワロワ&ワシリエフとしてペアで出場したときにフリーで滑った曲だったからです。ワロワ&ワシリエフがオリンピックで使った曲を、その生徒であるトトマリペアがまたオリンピックで使うのは、明らかに狙ってますね。
 なぜ、私がすぐにこの曲にピンときてしまったかというと、この曲に変な誤解があったからなんです。私はゴルデーワ&グリンコフが好きでその後もビデオで何回もこのカルガリーオリンピックのペアの試合を繰り返し見たのですが、ワロワ&ワシリエフがフリーの中盤で使ってる曲はてっきりチョー・ヨンピルの「釜山港へ帰れ」だと思ってたのです。当時、アジア全域で大ヒット!という触れ込みで日本でもけっこう売れてたと記憶してまして、近所の商店街の優先などでやたら流れていました。その程度のことなので、厳密に比べてしまうとまったく違うのかもしれませんが、私が完全に「あー、この曲、ソ連でもはやってるんだ」とか「今年はソウルオリンピックだから韓国音楽を取り入れたのか」などかってに妄想を膨らませて、すっかりワロワ&ワシリエフは「釜山港へ帰れ」で滑ったカップルとして記憶されることとなったのです。
 今シーズンになってトトマリペアが滑ったときにNHKの実況アナがこの曲を「スノーストーム(吹雪)」と紹介されたので、ようやくその誤解が解けたのでした(ってことは18年間も間違っていたことになります)。ペアのショートプログラムは日本時間2月12日の午前3時から生放送です。もし、覚えてくださってたら、これが私が韓国演歌と間違えてた曲かと思い出してもらえれば…って違いますか。でもユーロのマリニンの髪型がオールバック?で昔の演歌歌手っぽいのでやっぱり表現したいのは「釜山港へ帰れ」?っていまだ混乱中だったりします。
関連リンク
中国カップルは同情で銀メダルになったわけではない!
トリノオリンピック 今夜の見所 ペアフリースケーティング
トリノオリンピック 井上怜奈&ジョン・ボールドウィン大健闘 ペアSPの結果
トリノオリンピック 今夜注目の選手 ペアショートプログラム
オリンピック放送予定
梅田香子ジャーナル
スポーツライターの梅田香子さんの娘さんが、トトマリペアと同じシカゴでフィギュアスケートのトレーニングを受けていらっしゃるので、梅田さんの日記にもたびたび彼らが登場します。今は過去ログ置き場になってる旧ジャーナル(こちら)からずっと読むと、要所要所でトトマリペアやワシリエフコーチの話がでてきますので、彼らのアメリカでの練習の様子が伝わってきますよ。(「フィギュアスケートトリノ五輪完全ガイド」(こちら)のトトマリペアのパートは梅田さんのご執筆(予想)です)
TOTMIANINA & MARININ photo site
トトマリペアの写真がいっぱいファンサイトです。


2006年02月01日

2月フィギュアスケートテレビ放送予定

全米選手権
スカパー!スポーツ・アイESPN
男子・女子シングル ショートプログラム
2月3日(金)午後6:30-9:30 初回放送 ほか
ペア フリー/アイスダンス フリーダンス
2月4日(土)午後8:00-10:00 初回放送 ほか
女子シングル フリー
2月4日(土)午後10:00-12:00 初回放送 ほか
男子シングル フリー
2月5日(日)午後8:30-10:00 初回放送 ほか

欧州選手権(ユーロ)
スカパー!J SPORTS 1
ペア
2月6日(月)午後6:00-10:00 初回放送 ほか
アイスダンス
2月8日(水)午後6:00-10:00 初回放送 ほか
女子シングル
2月9日(木)午後6:00-10:00 初回放送 ほか
男子シングル
2月10日(金)午後6:00-10:00 初回放送 ほか
エキシビション
2月11日(土)午後8:00-10:00 初回放送 ほか

トリノオリンピック
再放送はダイジェスト版になりますご注意ください。
ペア
ショートプログラム
2月12日午前3:00-6:15 生放送 NHK地上波
2月12日午後4:00-5:55 再放送 NHK BS1
フリープログラム
2月14日午前2:50-6:50 生放送 NHK地上波 
2月14日午後2:05-3:45 再放送 NHK BS1
男子シングル
ショートプログラム
2月15日午前2:55-8:00 生放送 NHK BS1 
2月15日午前3:00-7:30 生放送 TBS系地上波 
フリープログラム
2月17日午前2:55-8:00 生放送 NHK BS1 
2月17日午前2:30-7:15 生放送 TBS系地上波 
アイスダンス
コンパルソリーダンス
2月18日午前2:55-6:00 生放送 NHK BS1
放送予定変更になりました。
NHKHPでご確認ください(こちら)。
オリジナルダンス
2月19日午前2:55-6:30 生放送 NHK BS1 
フリーダンス
2月21日午前2:55-7:00 生放送 NHK BS1 
地上波、同時間帯にジャンプ団体などと合わせて
テレビ朝日系で地上波放送
2月21日午前8:35-10:00 再放送 NHK地上波
女子シングル
ショートプログラム
2月22日午前2:50-7:25 生放送 NHK地上波
2月22日午後4:10-5:30 再放送 NHK BS
フリープログラム
2月24日午前2:50-6:50 生放送 NHK地上波
2月24日午後4:10-5:30 再放送 NHK BS
エキシビション
2月25日午前2:55-6:00 生放送 NHK BS1 
2月25日午前3:00-5:30 生放送 フジ系地上波 

四大陸選手権
スカパー!J SPORTS 1
ペア
2月27日(月)午後7:00-10:00 初回放送 ほか
アイスダンス
2月28日(火)午後7:00-10:00 初回放送 ほか

関連リンク
トリノオリンピック 今夜注目の選手 ペアショートプログラム
トリノオリンピック 開会式 あなたは何人見つけましたか?

特別企画(終了) 織田信成選手 スーパーマリオに変身する前

動画の公開は終了しました。ご協力ありがとうございました。
今週限りの企画
 これからフィギュアスケートを楽しみたい方のための初心者入門のつもりでスケートのエントリーを追加しだしたところ、11月後半からフィギュアスケートファンの方が数多くブログをご訪問いただいたので、アクセス数が大変増えて、こんな手作りのブログにしてたくさんのヒット数を記録しました(web版Evergreenの3年分ぐらいのヒット数をこの1ヶ月間で記録)。大変驚きつつ、オリンピックまでは読んでくださる方が楽しんでいただけるようなブログを維持しようとプレッシャーを感じながら更新しています。あとしばらくおつきあいいただければと思います。
 今回は感謝の気持ちをこめて、以前少しお話していた織田信成選手のお宝動画(って自分で書いちゃだめですね)を今週末まで期間限定で公開したいと思います。
 ぜひ見てみたいという方だけこのエントリーをよく読んでから、アップローダー(動画ファイルを置いてあるサイト)へ移動してください。必ずこのエントリーをすべて読んでから進んでください。
織田信成選手 2003年 全日本選手権 フリー
 動画は2003年の全日本選手権のフリーです。カナダ留学でリー・バーケルコーチやデヴィッド・ウィルソンに出会ってスーパーマリオで大ブレイクする前ですが、ジャンプの着地の柔らかなタッチなどに現在の織田選手の活躍に通じる能力の高さを感じさせます。表現方法がまったく今とは違うのですが、これはこれで新しい(こっちのほうが過去ですが)織田選手を発見出来るのではないでしょうか?
 このときはSP8位からフリー4位と追い上げて総合5位でした(いい演技でしたのでフリーが最終組で滑れていればもう少し順位が上がったかもしれません)。私はこの頃は織田選手の存在は知らなかったのですが、ウォームアップの動きが良かったので撮影しました。
 上位がジャンプに苦しむ中、織田選手の内容はルッツまでのトリプルジャンプはほぼ成功させ、その中に3−3−2のコンビと3−3のコンビを入れるなど意欲的な構成でした。前半のトリプルアクセルはフェンスで見えませんがおそらく2フットだったのではないでしょうか。そして驚いたことにこの当時から中盤にクワッドトウ(4回転)を入れていてこれは惜しくも座り込んで手をつきましたが、男子らしい充実した構成だと思います。
 そして細かい見所はスピンですね。今のようなシットスピンでの変化技や高速回転はなく、スピン得意とまではいかないのですが、キャメルでドーナツを入れてみたり、コンビネーションでレイバックを入れてみたりと回転数不十分ながら今はやってないポジションにトライしています。今後これらを復活させればさらにスピンは高得点を稼げそうです。
 終盤のアクセルすっぽ抜けは先週末の四大陸の再現のようで見たらひやっとしますよ。
 織田選手のコーチであるお母様のインタビューがnifty特集で公開されています(こちら)。こちらをあわせて読むと、織田選手の技術や表現の基礎がしっかりしていたからカナダ留学をきっかけに大きく成長できたことがわかります。
 nifty特集を運営されてるスタッフが編集にかかわった「日本フィギュアスケート トリノ五輪&世界選手権応援ブック」(詳細/購入はこちら)には織田信成選手のインタビューが掲載されています。
動画の公開は終了しました。ご協力ありがとうございました。
動画情報/お約束を読む

2006年01月31日

インゴ・シュトイヤーコーチ 裁判所はチームへの参加OK

記事 こちら こちら(いずれもドイツ語です)
ベルリン地方裁判所が決定
 ドイツオリンピック委員会からオリンピックチームへの参加を拒否されていたドイツのメダル候補ペア、サフチェンコ&ゾルコウィーのコーチ、インゴ・シュトイヤーさんのオリンピックチームへの参加を認めるようにベルリン地方裁判所が決定しました。
 ドイツオリンピック委員会はこの決定に対して弁護士と相談して不服を申し立てるかどうか数日間検討するとコメントしていますので、まだまだ先は長そうです・・・といってる間にオリンピクまであと10日間。選手は雑音をなんとかシャットアウトして練習がんばって欲しいですね。
関連リンク
トリノオリンピック 井上怜奈&ジョン・ボールドウィン大健闘 ペアSPの結果
ドイツの国際ペアのオリンピック出場に暗雲
Excited & Delighted!!「アリオナ&ロビン、五輪出場に暗雲」
監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆
トリノオリンピック 今夜注目の選手 ペアショートプログラム