2008年05月02日

F1スペインGP 氷を溶かす男マッサ2位


フェラーリ1&2フィニッシュ
 フリー走行からフェラーリの穴あきノーズの投入を上回るインパクトのホンダのうさぎ耳フロントウィングの登場など話題が多かったスペインGP。予選では地元の英雄、フェルナンド・アロンソが戦闘能力が劣るマシンで渾身のアタック、2番グリッドを獲得すると、決勝レース前は観客スタンドは超満員と盛り上がりました。
 しかし、決勝が始まってみるとコース上では抜きにくく、また1周が短くマシンの性能やドライバーのテクニック差がでにくいコース特性のため、ヘイキ・コヴァライネンがタイヤバリアーに激突して緊急搬送されるという大きなアクシデントがありながらも、コース上でのバトルが少ない見所に欠けるレースとなり、とどめは2度のペースカー導入でアロンソのルノーエンジンが悲鳴を上げて最後は炎上リタイアするスタンドに詰め掛けた観客には残念な展開。
 そんな中でも着実に1&2フィニッシュを飾ったフェラーリの強さが光りました。応援しているフェリペ・マッサは2位だったわけですが、このレースは予選からチームメイトのキミ・ライコネンがひとつ抜けた速さを見せていましたので、マッサがきちんと2位に入ったことで仕事はきっちりこなせたとファンとしては胸をなでおろしました。

スカパー! レンタルサービス


続きを読む
posted by Alex at 02:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

今夜の「こちアグ」はどうなるの?



 経営悪化のためシーズン当初から参戦すら危ぶまれたスーパーアグリF1、主要部品の不足によりマイレージ制限がありテストの参加を見送るなど苦しい状況ではありますが、ここまで3戦はなんとか戦ってきました。先週のF1ニュースでは出資先を得て新しい体制で再出発できる方向が決まり、あとは発表を待つだけ…といったニュアンスで紹介されていたので安心していたました。今日深夜0時からはフジテレビ739chにて「こちらスーパーアグリF1広報室」が生放送で予定されていて、いよいよ発表かと思っていた矢先、「スーパーアグリ 売却交渉決裂により危機的状況に」というニュースを目にして呆然としてしまいました。すでに今シーズンは1度放送がキャンセルになっていましたが、今夜はどうなるのでしょうか?マッサ=フェラーリを応援しながらも、もちろんスーパーアグリF1や佐藤琢磨選手を応援しているのは大前提でF1を楽しんできただけに今夜の「こちアグ」の放送を見るのが怖いです。

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)






ラベル:スカパー! F1
posted by Alex at 16:55| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

F1グランプリ ようやく開幕! -バーレーンGPでマッサ今季初優勝-

F1 バーレーングランプリ
 なに寝ぼけたこと言ってるんだと怒られそうですが、ここまで長かった。フェリペ・マッサ優勝でようやく私にとってのF1が開幕しました。先シーズンが最後の2戦が中国GP3位表彰台&ファステストラップ、ブラジルGPは終始トップを走りながらも最後にチームメイトのライコネンに優勝をゆずってチャンピオンシップ獲得に貢献するという素晴らしい終わり方だったけに、3月のオーストラリア&マレーシアの開幕2戦連続リタイアはつらかった。とりわけ熱いファンが多いフェラーリだけに、メディアやファンの総攻撃を受けている上、日本の実況放送では解説の川井ちゃんのマッサ嫌いがヒートアップしてつらい放送が続き、マレーシアGPは最後までテレビ中継を見ずにふて寝するといった具合でしたので、今夜のこの喜びは言葉には表せません。途中でシートを奪われるのでは?みたいな論調も少なくなかったので、今季は楽しめないF1になるかもと落ち込み気味。昨夜はとうとう予選はライブ放送を見ず(AI優先させましたわーい(嬉しい顔))、決勝直前の予選再放送でチェック。もし予選がだめだったら決勝も見ずにAI優先するつもりでしたが・・・予選2位、これはテレビの前で応援せねばとそのままフジテレビ721でライブ観戦。決勝ではスタート第1コーナーに入る前にトップに立つと、そのまま危なげない走りで最後までポジションを守って今季初優勝を飾りました!おめでとう!




続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 23:17| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

佐藤琢磨、スーパーアグリに残留決定

【F1】佐藤琢磨、スーパーアグリ残留決定も「状況は厳しい」[こちら]
残るシートは1
 先シーズンが最後までチャンピオンシップがもつれたせいか、例年以上に短く感じるF1のオフシーズン。最後までドライバーが確定していなかったスーパーアグリですが、とりあえず佐藤琢磨の残留が決定しました。もともと厳しかったチーム運営のスーパーアグリ、先シーズン途中にスポンサーの離脱があり、ますます先行きが見えてこない中、来季参戦予定の11チームのうち最後までドライバーが決まっていないわけですが、とりあえず、佐藤琢磨の残留が決まったことはこのチームにも新シーズンが「くる」方向が見えてファンとしては安心材料。現在はデビッドソンが仮登録されているもう一人のドライバーはできれば持参金を持ってこられるドライバーが欲しいところなのではないでしょうか?引き続き資本参加できるスポンサー探しと平行して、シーズン開幕までに経営基盤を安定させることができるのかどうか、見守っていきたいと思います。

続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 22:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

バレーボール W杯 今夜はアルゼンチンを応援

超攻撃チームは応援してて楽しい
 バレーボールワールドカップ、女子のゲームは視聴率が良かったそうですが、男子も引き続き好調なのでしょうか?全日本女子は3位に入ってここでオリンピック出場を決める可能性がなかったわけではなかったようなので真剣勝負というのが伝わってきましたが、全日本男子は最初から1勝できるかどうかと言われていましたし、ここで3位以内に入ってオリンピック出場を決めるというより、若い選手に国際経験をつませてチームをまとめる場として使って、最終予選へ臨む…といったプランのように伺えます。試合の中で清水選手が多少調子を落としても使い続ける辺りに監督も覚悟ができちるのかなと。でも、そうなると応援しててもつまらない!
 CSではほぼ24時間体制で再放送なども交えながら日本戦以外の試合を含めた全戦を放送する力の入れようで、日本以外のチームを目にする機会も多いのですが、その中で今、私のお気に入りは今夜日本と対戦するアルゼンチンチーム。ミリンコビック選手やガルシア選手を中心とした超攻撃型のチームで、強力なサーブにはじまって、最近には珍しく外から外から打ってくるスタイルもちょっと懐かしくて、そんな懐かしさも手伝ってかテニスで言うとイワニセビッチ選手やベッカー選手を髣髴させるチームなんです。攻撃型なだけに守勢に回ったところのもろさもあったりして、F1ドライバーで言えばフェリペ・マッサかな。後ろを振り向かず結果を恐れず前へ前へと進む姿は、個人的に琴線に触れるものがあり、応援せずにはいられなくなります。




続きを読む
posted by Alex at 12:36| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

マクラーレン、アロンソと契約解除

マクラーレン、アロンソと契約解除=元世界王者、在籍1年で−自動車F1(時事通信) - Yahoo!ニュース
 アロンソが来季マクラーレンのシートにいないことは誰もが想定してたことですが、こうして正式に発表されると重いです。レッドブルやルノーなどが移籍候補に挙がっているようですが、どちらも戦闘力不足は否めず、マクラーレンを出ることはチャンピオンシップの奪還を考えればマイナス以外のなにものでもないですが、チームのポチにはならないというところにアロンソのプライドを感じます。ディフェンディングチャンピオンをここまで追い込んだチームの姿勢には大きな疑問が残りますし、スペインのファンが自国にF1チームがないことを悲しむのも当然かなと思いました。

続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 23:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

キミー・ライコネン年間王者で確定…じゃないの?場外乱闘に突入

【F1】マクラーレン、ブラジルGPでの審議結果に正式控訴(ISM) - Yahoo!ニュース
「王座逆転も!? マクラーレンが控訴」スポーツ‐その他ニュースイザ!
シューマッハが祝福コメントを発表する一方で…
 21日に行われたF1第17戦・ブラジルを制し、劇的な大逆転でドライバーズチャンピオンシップを獲得し初の年間王者の座についたキミー・ライコネンに、チャンピオンに7度輝いた元F1ドライバー、現在はフェラーリチームで特別顧問も務める皇帝ミハエル・シューマッハが、自身のホームページ上で祝福のコメントを発表。中で「あの場にいられず、皆と勝利を喜び合えなかったのは残念でならない」とありますが、きっとフェラーリ関係者にサーキットへの来場を止められたのではないかと思います。なぜなら、シューマッハがサーキットに来たレースではキミー・ライコネンが勝てないというジンクスが今シーズン前半にありましたので、フェラーリチームとしてはあらゆる手を尽くすという意味でミハエルの来場を死守したのではなでしょうか。別にスイスの豪邸でテレビ観戦していたわけではなくて、10月20日にはチャリティーサッカー大会に参加するためにブラジルのサン・パウロにいるんですよ…なのにサーキットには来なかったなんて、しかも妹のラルフ・シューマッハはすでにTOYOTAを去ることを発表していて、もしかするとこのブラジルGPが最後のグランプリになったかもしれないという家族の大事でもあったのですから、サーキットに現れなかったのが不思議です。
 しかし、まだライコネンがチャンピオンだということが認められずに、延長戦に打って出ようとしている人たちが…



続きを読む
posted by Alex at 12:53| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

2007 F1 最終戦 ブラジルGP

大波乱の最終戦、フェリペ・マッサ最高!
 F1ブラジルGP、時差を考えると日本からの生中継観戦は一番きついし、始まった時点で眠たさが頂点に達して録画に逃げようとする寸前でしたが…スタート早々に目が覚めました。とんでもないことが起きない限りチャンピオンシップを獲るだろうと予想していた2番グリッドスタートのハミルトンが大きくコースアウトして順位を落とし、そしてギアボックストラブルもあり一時はポイント圏外、リタイアもありえるんじゃないかという展開。逆にフェラーリのキミー・ライコネンにチャンピオンシップの芽がでてきたため、PPスタートで2年連続優勝目前だったチームメイトのマッサがトップを譲らなければならないというつらい状況になってしまって、マッサファンとしてはとても複雑な思い。天気はマッサの大好きな晴れ、しかも得意の時計と逆周りのサーキット…と彼の十八番であるPPからスタートして逃げ切り優勝のパターンへ舞台は整っていて実際、ファステストラップを何度も塗り替える展開で一時は3秒近くライコネンとの差を広げていましたが、あざといミスをしてライコネンに差をつめさせ、2回目のピットインで順位を入れ替え、ライコネンの初タイトル獲得を演出しました。サーキット外で仲間とつるんでる時以外、サーキットでは寡黙で、最初はフェラーリチームになじめてるのか心配なライコネンでしたが、最後の最後、レース終了後にはマッサへ最大限の感謝を表し、ふたりで抱き合っているシーンでは思わず泣いてしまいました。マッサ、空気が読めずにぶっちぎりで優勝してしまうんじゃ…なんて陰口も叩かれていましたが、マッサはやればできる子であることを証明してくれました。ライコネンおめでとう!マッサ最高!



続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 04:01| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

F1 マクラーレン、今季のポイントをすべて剥奪

Yahoo!ニュース - 時事通信 - スパイ疑惑のマクラーレン厳罰=製造者部門争いから除外、罰金115億円−FIA
 F1グランプリ、今シーズン中ごろからくすぶっていたマクラーレンのスパイ疑惑に対して裁定が下されました。コンストラクターズ部門でトップを走るマクラーレンの今季獲得ポイントがすべて剥奪され、成績によって分配される賞金やテレビ放映料の配当金など1億ドル(約115億円)の没収処分も科せられるという厳しいもの。ドライバーズポイントで上位を争う所属ドライバー2人、フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンのポイント没収は免れたものの、来シーズン、マクラーレンが参戦できるかどうかも現在白紙ということで、F1ファンとしては大激震、このニュースに唖然としてしまいました。
 先週のイタリアGPでは応援しているフェリペ・マッサがリタイアでレース結果のエントリーを書く気力もありませんでしたが、このニュースは取り上げないわけにはいかないでしょう。

続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 11:31| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

フェリペ・マッサ、ポール・トゥ・ウィン@F1トルコGP


長かった夏休み
 3週間の夏休みだったF1、休み前のハンガリーGPでは応援してるフェリペ・マッサが13位に沈んでしまったために、ずっとくらーい気持ちでGP再開をただただ待ち焦がれていましたが、昨シーズン初優勝を飾ったトルコGPで見事優勝!ピットインの順番で一時的にトップを譲ったことはあったものの完勝と言っていいポール・トゥ・ウィンでした。マッサの勝ちパターンってこれしかないと、陰口叩かれようがなにしようが、うれしいです。
 おそらくマッサファン以外にはハミルトンのパンク以外、大きな波乱もなく、上位の順位変動がほとんどなかったレースは退屈きわまりなかったかもしれませんが、マッサファンとしてはチェッカーフラッグが振られるまでなにかトラブルが起きないだろうかとはらはらどきどきさせられる、楽しいレースでした!
続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 00:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

アロンソPP剥奪、どうもFIAはハミルトンびいきのような気がして…もにょもにょ

Yahoo!ニュース「アロンソのPPはく奪=マクラーレン、チーム得点も失う−F1ハンガリーGP予選」
今シーズンのF1
 今シーズンはフェラーリのフェリペ・マッサを応援しながらF1グランプリをここまで見てきましたが、第11戦ハンガリーグランプリ、昨日の予選ではトラブルがあってまさかのQ2でノックアウト。TOP10に残れずQ3へ進めませんでした。そういうわけで、個人的には予選で一番エキサイトするはずのQ3は消化試合モード、せめてGPのポイント争いで大きく先行するハミルトンが少しでも低い順位ならぐらいのさめた気持ちでテレビを見ていましたが…アロンソ様がやってくれました。
 アロンソは最後のアタックのためのタイヤ交換で、残り時間が4分を切っており、早くスタートしなければチェッカーフラッグが振られる前にタイム計測をスタートできないぎりぎりのタイミング。しかし、なかなか車を発進させない。よく見ると後ろにはやはり最後のタイムアタックへタイヤ交換の順番を待つチームメイトのハミルトンの姿が、そして今からタイヤ交換していては間に合わないというタイミングでようやくハミルトンへ場所を譲ってスタート。アロンソはそこから怒涛の攻めでハミルトンが最初のアタックで出したタイムを破ってポールポジションを獲得、憐れハミルトンは最後のアタックができないというドラマチックな予選Q3の幕切れとなりました。
 今シーズン、強すぎる新人ドライバーハミルトンの躍進でGPの勝負の行方がつまらなくなりかけてるところだったので、アロンソのヒールになることもいとわない、勝負にかける作戦に、「アロンソ最高!」と胸躍らされたわけですが、一夜明けてみるとFIAの裁定によりアロンソのPPは剥奪、ハミルトンがPPということになっておりました。
続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 15:59| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

F1グランプリ、来シーズンのカレンダー発表される

Yahoo!ニュース

2008年 F1カレンダー(日付は決勝日)
3月16日 開幕戦 オーストラリアGP
3月23日 第2戦 マレーシアGP
4月6日 第3戦 バーレーンGP
4月27日 第4戦 スペインGP
5月11日 第5戦 トルコGP
5月25日 第6戦 モナコGP
6月8日 第7戦 カナダGP
6月22日 第8戦 フランスGP
7月6日 第9戦 イギリスGP
7月20日 第10戦 ドイツGP
8月3日 第11戦 ハンガリーGP
8月24日 第12戦 ヨーロッパGP(バレンシア)
9月7日 第13戦 イタリアGP
9月14日 第14戦 ベルギーGP
9月28日 第15戦 シンガポールGP
10月12日 第16戦 中国GP
10月19日 第17戦 日本GP
11月2日 最終戦 ブラジルGP

続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 21:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

11月のスカパー! (スポーツ編)

テレ朝チャンネルのスケート放送予定が一部変更になっています。詳しくは[こちら]でご確認ください。
フィギュアスケート
 テレ朝チャンネルで、地上波のテレビ朝日の1週遅れですがGPSが放送されます。地上波と同じ内容と思われますが、私の住んでいるエリアでは地上波の放送がスケートアメリカ以外ないので1週遅れでもありがたいです。
 Gaora!ではプロスケーター中心のアイスショーが、今は昨シーズンの分を再放送しています。年明けごろから今シーズンのものが放送されますが、そちらでは荒川静香さんが出演する予定のIce Warsやマイケル・ボルトン・トリビュートオンアイスが含まれるはずです。
 JSPORTSでは昨シーズンの欧州選手権全米選手権などの再放送があります。
[11月 フィギュアスケート スカパー!放送一覧はこちら]

世界バレー
 本日から開催される、バレーボールの世界選手権。スカパー!では専用チャンネルが無料開放。日本戦や決勝戦は地上波に優先権があるので地上波が終わった後の録画放送となりますが、地上波では放送されない日本戦以外の第2ラウンドの28試合と決勝ラウンドの日本戦決勝戦以外の9試合が生放送される予定です。
[スカパー10周年記念「2006世界バレー」放送予定はこちら]

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)




続きを読む
posted by Alex at 16:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

ありがとう!ミハエル・シューマッハ

最速を証明して引退…
 F1グランプリ最終戦ブラジルGP。予選のトラブルで10番グリッドからのスタート、1週目でロズベルグがクラッシュしてパーツが散乱しセーフティカーが入った時点で6位まで追い上げていたミハエル・シューマッハ。ルノーのフジケラを抜いた直後にリアタイヤがパンクしてまさかのスローダウン。ここでミハエルのレースは終わったかと覚悟を決め、生中継を見るのをやめようかと思いましたが。ピットまで自力で戻るとタイヤを交換して最後尾から再スタート。ここから怒涛の追い上げを見せて、ファステストラップを連発、最後は4位まで追い上げて、ラストラン、有終の美を飾ったと言わせていただきましょう。
 最後の最後に長年のライバル、そして来シーズンからミハエルに変わってフェラーリのシートに座るライコネンとの激しいバトルがあって、第1コーナーでしびれるサイドバイサイドを見せてライコネンをパスしたときには、夜中であることを忘れて画面の前で奇声を上げそうになりました。ブラジルのスタンドも地響きのようなどよめきが起こり、本日最高の盛り上がりとなりました。その後も、ミハエルはファステストを出し、最終的に全セクターでのファステストをたたき出してコース上では最速を証明してレースを終えました。最後、チャンピオンシップは取れませんでしたが、最後の最後まで前だけを見て走り続けるミハエルのおかげでレースが楽しめました。今シーズン1番楽しいレースだったかもしれません。
 そして佐藤琢磨の健闘もすばらしかったです。コース上ではフェラーリの2台に続いて3番目のペースでは走れていたのではないでしょうか。10位は今シーズン、スーパーアグリにとってもちろん最高位ですし、来シーズンに期待が膨らみます。
 ミハエル引退、まだ実感がないですが、来シーズンはじまってみてミハエルがいない寂しさを感じるんでしょうね。
 今日の録画は永久保存版です。 
ラベル:F1
posted by Alex at 04:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

F1ブラジルグランプリ予選 M.シューマッハまさかの・・・

Q2でコースレコードを出しながら
 鈴鹿のことは記憶から消去して、ミハエル・シューマッハのラストランとなる今シーズン最終選ブラジルGPの土曜日フリー走行と予選をテレビで生観戦。予選は真夜中ですが…同じような時差のスケートアメリカは現地の夕方ですので、もっと時差がきついんですよね、次週。
 さてフリー走行、予選のQ1、Q2とフェラーリ勢は絶好調だったんですが、Q3が始まったとたんに、シューマッハの車がスローダウン。なんとかピットまで自力で戻ってクルーが応急措置を試みましたが、結局Q3は記録を残すことができませんでした。Q2ではコースレコードまでだしていたのに、鈴鹿の悪夢が甦ってしまいました。レース本番ではなく予選だったことがまだ救いですが、ミハエル優勝でアロンソノーポイントにかぎって逆転でのチャンピオンの可能性が残されていましたが、これは厳しくなってしまいました。
 予選1位はミハエルの同僚、地元ブラジルのマッサ。2番手には来年からフェラーリのシートに座るライコネン、3位は毎回予選好調のトヨタのトゥルーリでした。ミハエルはエンジン交換しなければならないかどうかがポイントになってきました。エンジン交換すれば10グリッド降格のペナルティとなるだけに、なんとか10番グリッドでスタートできるようにフェラーリのクルー達にがんばってほしいです。
 それにしても引退間際の2つのグランプリで相次いでコースレコードを出したミハエル・シューマッハ。本当に引退するの?撤回してもファンとしてはぜんぜんかまわないんですが。

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

ラベル:F1
posted by Alex at 03:06| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

F1 日本GP公式予選 ミハエル・シューマッハの1分28秒954にしびれた

ブリヂストンタイヤの意地
 週の初めからずっと週末のお天気をきにしていたのは、もちろんミハエル・シューマッハの鈴鹿ラストランを勝利で飾って欲しいと願うがためわーい(嬉しい顔)。雨がふってはブリヂストンタイヤ不利が目に見えてましたから。金曜日の公式予選は路面がぬれていて大変心配しましたが、その後天気が回復し、土曜日の公式予選は青空!ブリヂストンタイヤ勢は地元と言うことでかなりアグレッシブなタイヤチョイスだという川井ちゃんの事前予想通り、予選では1-4位をブリヂストン勢が占めて、シューマッハの個人技に救われた中国GPのふがいないタイヤメーカーのイメージを一掃することに成功しました。
続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 01:38| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

F1日本GP 鈴鹿ラストラン スタート

金曜日フリー走行からCSで生放送
 地元GPということで、今シーズン初めて金曜日のフリー走行からCSで生放送されていました。いま再放送中ですが、私は昼間の分もしっかり録画しました。金曜日はサードドライバーも走行できるということで、いつも名前だけしか聞かない人たちが走ってるところが見られてF1マニアの方は楽しみにしていたのではないでしょうか。ベッテル、噂にたがわずすごかったですね。19歳なのに…S字全開で走り抜けていってました、しかもヘルメットぬいだらもっと幼く見える童顔。びっくりですね。
 午前の部は川井ちゃん&土屋さんのコンビのみの実況と言うことでゲラゲラ笑いながらかつ興味ぶかくビデオ見させていただきました。夜のF1GPニュースにしても、鈴鹿20年、これがラストかもしれないってことで、思い出話になると、みんな泣いちゃうんじゃないの?ってなぐらい感情が高ぶっているのが伝わってきました。
 結局フリーでは路面がウェット状態ということもあって、週末は晴れが予想されていますので、セットアップもタイヤテスともできなかったとあって、ドライバーの腕馴らし、顔見世だけで終わってしまいましたが、中継見てびっくりしたんですが、フリー走行からお客さんがいっぱい!中国GPなんて予選でもがら空きだったのに…こんなに愛されてる鈴鹿GPがなくなるなんて。今大会の観客動員は15万人以上と予想されていて、チケットはソールドアウト、チケットはもちろん、当日の駐車券や近鉄の指定席まですべてオークションでプレミアがついて高額で取引されてるようです。フィギュアスケートがメジャーになってきたとはいえ、スケールが違いますね。
続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 20:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

ミハエル・シューマッハの個人技に酔った一戦

ブリヂストンタイヤの課題が残ったF1中国GP
 順位が審議中で確定してませんし、地上波見る方もいらっしゃると思うのでネタバレはこのエントリーの後半で。
 フジテレビアナウンサー&解説陣は予選からスポンサーであるブリヂストンタイヤを意識してウェットコンディションでのブリヂストンタイヤの役立たずぶりを必死で「これがドライへ向かっていく局面ではブリヂストンにアドバンテージがある」と擁護しておりましたが、本日決勝戦にて、路面がどんどん乾いていく局面においても大きなアドバンテージはありませんでした。唯一、川井ちゃんだけが最後に苦言を呈してましたが、レース後に解説の熊倉氏がそれでもブリヂストンを擁護してたのには軽くめまいを覚えました。むしろ予想外にミシュラン勢が路面が乾いていくなかも耐久性を発揮してほとんどイーブンで、ブリヂストン社はミハエル・シューマッハの個人技がなければこの大会を台無しにした戦犯として社名に大きな傷をつけることになったのではないでしょうが。フルウェットでブリヂストンのタイヤがまったくミシュランに歯が立たず、乾いていく局面でも大きなアドバンテージがないと分かった現段階では、このあと、日本GP、ブラジルGPと雨の可能性がある2戦が続くだけに今後に不安を残しました。 
 日本GPまで短い時間ですが、優勝争いをしているドライバーとチームにタイヤを供給しているメーカーとしてまだプライドが残ってるのであれば対策をして欲しいと思います。正直、今週末の結果でブリヂストンというタイヤメーカーに幻滅しました。ミハエルの花道を泥を塗るのが日本のメーカーだったということにだけはなって欲しくありません。

(この先は順位ネタバレあり)

続きを読む
ラベル:F1
posted by Alex at 17:25| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(12) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

ブリヂストンタイヤに水をさされたF1中国GP

ハンガリーGPの失敗を生かせなかったブリヂストンタイヤの怠慢
 ウェットコンディションではミシュランタイヤのほうに大きなアドバンテージがあるレンジの幅が大きいことがF1ハンガリーGPでわかっていながら、ブリヂストンタイヤはここまで何の対策もせず、結局、ウェットコンディションで行なわれたF1中国GPの予選ではタイヤメイカーの力の差がそのまま結果に現れてしまうという最悪の結果となってしまいました。
 予選Q1で落ちたのはすべてブリヂストンユーザー。しかもQ2でチャンピオン争いをするミハエル・シューマッハがあやうく脱落してしまいそうになる非常事態。せっかく白熱してきたGP争いがブリジストンタイヤの信じられない怠慢劇で水を差された形です。来年からタイヤが1社供給になることになって、驕りがでたのか?開発費をケチったのか?結局、ブリヂストン勢で最終予選まで残ったのはなんとシューマッハひとりというありえない結果にF1ファンのブリジストンタイヤへの怒りはしばらく収まりそうもありません。
 これで決勝が再びウェットコンディションだとすると、ブリヂストン1社のモーターレースへの冒涜行為のせいで今シーズンのF1すべてが台無しになってしまうことになります。明日は天気が回復するようですので路面が乾くことを願っています。技術力と誠実さをもった日本のメーカーの誇りはいったいどこへいったのでしょうか。皆さんの車がもしブリヂストンのタイヤはいてたら雨の日はお気をつけあそばせ!ふらふら

 ルノー陣営がチームラジオで「イージーな勝利、かわいそうな年寄りは6位」って笑いながら言ってるの聞いて悲しくなってしまった(発言主はおわかりだと思いますが)。

予選結果
1アロンソ ルノー/ミシュラン
2フィジケラ ルノー/ミシュラン
3バリチェロ ホンダ/ミシュラン
4バトン ホンダ/ミシュラン 
5ライコネン マクラーレン/ミシュラン
6M.シューマッハ フェラーリ/ブリヂストン
3位4位は同タイムのため、記録更新順

F1中国GPでのブリヂストンのふがいない結果を伝えているブログ
F1好きで悪いか 中国GP予選
にこらすの徒然なるままに・・・part2 2006F1 Rd_16 中国GP 公式予選結果
SUPER AGURI F1を応援するブログ 中国GP予選結果
saiの気まぐれ日記 ★ChinaGP -Saturday, Qualifying
FRUITS PARADISE:中国GPミハエルピンチ!
天候はルノーの味方(F1第16戦中国GP予選)|インテリスタの憂鬱・・・
Jun_Kado's Diary 中国GP予選
中国GP - 予選 ルノーが1-2、Honda勢は同タイムで3-4 ここ掘れわんわん
F1ブログ F1 中国GP 予選結果
Challenging Spirit F1 中国グランプリ 予選
釣れない☆の豚ヤバすぎます

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

ラベル:F1
posted by Alex at 16:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(12) | スポーツ | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

10月のスカパー! スポーツ編 フィギュアスケート&F1

フィギュアスケートの目玉はキャンベル国際
 すでにお知らせの通り、浅田真央選手、織田信成選手、安藤美姫選手など人気選手の参加が功を奏してかJSPORT Plusで生中継されます。JSPORTSはお高いのでほかに見るべき番組ないかなーとチェックしてみると、JSPORTS2で今年の四大陸選手権の再放送があります。未見の方はチェックですね。あとはフィギュアスケートではないですが、JSPORTS2で9月に幕張で開催されたダンスの世界選手権が放送されます。JSPORTS以外ではGaora!でプロスケートのシリーズを再放送しています。無料開放デイの第1日曜日には「サラ・ヒューズ&フレンズ」が放送されます。
続きを読む
posted by Alex at 17:37| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | スポーツ | 更新情報をチェックする