2008年05月11日

フェリペ・マッサ、3年連続でトルコGP優勝!


川井ちゃんの言葉に涙目
 マクラーレンが3ストップと作戦を変えてきたので一時はトップをハミルトンに譲りましたが、終わってみれば得意のサーキットということで安定した速さを発揮したフェリペ・マッサが優勝。これでトルコGPは3年連続の優勝になりました。ただ1回目のピットストップの後、積載燃料に差があったとはいえ、あっさりとハミルトンに前を譲ってしまったことがチームメートのライコネンが2位に入るチャンスをつぶしてしまったので、フェラーリチームから見れば、もう少しがんばれよということになるかもしれません。川井ちゃんが指摘していたようにライコネンもチャンピオンになった後、今シーズン、ややコンサバな走りに落ち着いてしまったのも事実なんですが。そしてここまでマッサにとりわけ厳しかった川井ちゃんがようやくマッサの実力を認めるコメントをしてくれたのがうれしくて、テレビ中継見ながら涙がこぼれそうになりました。レース後のインタビューでは今回の3ストップはマクラーレンのマシンがタイヤに厳しい、昨年はこのサーキットでパンクもしているということで、ブリジストン側からマクラーレンに要請があっての苦渋の選択だったことをハミルトンが明かしました。しかし、今回はこれが功を奏した形。タイヤには厳しくてもしっかりとした早さを持っていることが証明しましたので今後のレースではライバルとして要注意です。しかも次回はマッサにとっては苦手なモナコ、そして昨年信号無視で失格になったカナダと続きますが、なんとかこの勢いでがんばってほしいです。




記録は更新したものの…
 F1ではブラジル人ドライバーを応援しているわけですが、今回、鉄人パトレーゼを抜いてF1出走数で記録を作ったバリチェロですが、14位と完走はしたものの、またもやポイントを稼げず、お祝いのレースでしたがいいところなしでした。本人は300戦を目指すと豪語していますが、このままでは来シーズンどころか、今シーズン途中での肩たたきも心配されます。また新人のピケJr.もなかなか結果が出せず、チームメートの元王者アロンソということもあり、余計に彼のふがいなさが目立ってしまう形。マッサが今シーズンも活躍していけるめどがたったとの次週からはバリチェロ、ピケJr.もし応援していきたいと思います。
 マッサのおかげで明るい気持ちで新しい1週間を迎えることができます!!

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

posted by Alex at 23:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96404151

この記事へのトラックバック