2007年11月09日

Heroes #6 第6話 分身/Better Halves

スーパードラマTV HEROESサイト[こちら]

#6 分身/Better Halves
今週のヒーロー達
ピーター・ペトレリ&アイザック・メンデス
 アイザックの絵を完成させるペトレリ。そこへヒロから電話が入り、未来のヒロからのメッセージをピーターは「チアリーダーを救い、世界を救え」と伝える。黒い影に襲われるチアリーダーを助けるためには場所や時間などの情報が少なすぎる。アイザックが書いた絵を並べるとコミックのように組み合わさっていることを発見するピーター。欠けたコマの部分はシモーヌが売るために持っていってしまっていた。

モヒンダー・スレシュ
 特殊能力者だと主張するピーターと地下鉄で別れ、父チャンドラーのニューヨークの部屋へ戻るモヒンダー。失望してインドへ帰る決意をする。父チャンドラーのよき隣人だったと自己紹介し、モヒンダーに協力していたイーデンは帰らないよう説得するが、モヒンダーは父の遺灰を持ってインドへ駆ることに。最後は小悪魔の表情を見せ「あなたは戻ってくる、またね」といいモヒンダーにキス。「本気よ、私」とモヒンダーにはささやくが、直後にミスター・ベネットに連絡し、モヒンダーの説得に失敗してインドへ帰国したことを報告するのだった。そしてその足でアイザックの部屋へ向かうのだった。

クレア・ベネット
 実の両親に会いたがっていたクレアのために、養父ミスター・ベネットが連絡を取り家で会うことになる。自分の特殊能力が両親の遺伝の影響なのか気になるクレアは養父母が席をはずしたときに、「何か知っとくべきことある?体のことで」と切り出すが、実の両親は糖尿病などの病歴を説明するだけで、特殊能力につながる話はでなかった。帰った後で、養母から幼い頃に染色体に以上がありMr.ベネットが実の両親を探そうとしていたことを聞かされるクレア。Mr.ベネットはその時、家の外で実の両親と意味ありげな言葉を交わしていた。「あれでよかったのかな?」、なぜか二人は顔を曇らせていた。

ヒロ・ナカムラ
 再び安藤君と合流したヒロはラスベガスの駐車場からアイザックの家へ電話する。ピーターが電話に出で未来のヒロからの「チアリーダーを救い、世界を救え!」のメッセージを受け取る。未来のヒロが刀を背負っていたことにまんざらでもないヒロ。ニューヨークへ行けば爆発に巻き込まれることになると心配する安藤君に対して、自分達がニューヨークへ着けば救うことができる、俺達ふたりの英雄のたびだと士気を鼓舞する。しかし、二人の行く手を阻む1台の車が、それは前日、ポーカーでいかさまをした相手で二人を痛めつけ砂漠へ捨てた男達だった。男達は、いかさまで自分達も美味しい想いをさせろと秘密の賭博場へ連れて行かれる。ポーカーがはじまり、時間をとめてカードを揃えるヒロ、安藤君はストレートフラッシュの手札をみていきなり1000ドルを投入、驚いたヒロはその場で倒れてしまうが、片付けを手伝った安藤君はいかさまを仕掛けようとしている相手がテーブルの下で銃口をこちらへ向けているのを見てしまい、身の危険を感じる。ヒロを連れて一旦トイレへ逃げ込むふたり。そのとき、トイレの外の様子が一変する。女が入ってきた様子で、激しい乱闘の音と、その後、男達の阿鼻叫喚が響き渡る。ヒロは時間を止めようとするが間に合わず、助けられなかったことでひどく落ち込む。安藤君は「ヒーローはみな居場所を探して旅をするものだ、時空間を操る力をこれから磨くんだ」とヒロを励ます。

ニキ・サンダース&DL・ホーキンス
 脱獄した夫DLを追って警察が見張るニキと息子マイカが住むラスベガスの家。暗闇から表れたのはDLだった。DLはリンダーマンから200万ドルを盗む計画はあったが家族のことを考えて中止、しかし、それを知った誰かが先回りし、仲間を殺し、金を奪ったとし無実を主張。直後に200万ドルのマネーロンダリングを女から依頼された男がいて、その男に翌日情報を聞きにいくとニキを説得。一晩、家ですごすことになる。翌朝、ベッドを抜け出していたとDLに指摘されたニキだが、彼女にはその記憶がない。再び別人格が活動したと気づいたニキ。ニキの手引きで家に張り込んでいる警察の目を逃れて、マネーロンダリングの男がいる場所へ向かう、そこには引き裂かれ惨殺された男達が。ヒロや安藤君がポーカーをしていた相手だったのだ。現場を見たニキは殺され方が、ガレージで殺された取り立て屋と同じことであったことで混乱し、DLに事実を話す。DLは自分とニキをはめようとしているとニキの言うことを信じない。警察に通報しようとするニキに対してDLは自分達で真犯人を探すしかないと譲らない。DLはマイカに母ニキを守るよう頼むがその時に、彼に秘密の能力があることを匂わす、するとマイカも母ニキに秘密があると話す。鏡の前でついに別人格ジェシカと対面する。ジェシカからすべてを聞かされ、もし本当のことをDLに話してしまえばDLはマイカを連れてニキのもとに去るだろうとニキはジェシカに脅される。ニキの指示通り自宅の通気孔から金を取り出すが、それをDLに見つかってしまう。真犯人がニキだと理解し裏切られたと感じたDLが「マイカを連れて行く、金もな」と告げたのをきっかけに、ニキにジェシカの人格が現れ取っ組み合いになる。物質を貫通する能力で応戦するDLだが、ジェシカの圧倒的なぱわーにおされ気味だった。しかし、部屋へ入ったマイカにジェシカが気を取られている時に、DLの拳がジェシカの皮膚を貫通して内臓にめり込む。その場に倒れこむニキ/ジェシカを背に、泣き叫ぶマイカを抱えてDLはその場から逃げる。





 ここまで怒涛の展開だったHeroesですが、本格的にDLがキャラクターに加わる一方で、1話から見てなかった人のために状況説明やそれぞれの能力を再確認するシーンなども多く、「中休み」的なエピソードとなりました。
 ここまで謎だったDLが警察に捕まった件の全容が分かった部分がこのエピソードの骨子で、そこにニキの二重人格がからんでいた結末はよくできたからくりだったと思います。DLとMr.ベネットと組んでいた男もどうやら別人?のようですし、最初から組まれている謎としてはMr.ベネットとその謎の男の正体、そしてサイラーと呼ばれる人物がいったい誰なのか?ここまでに登場してきた人物なのかそれとも全く新しい別のキャラクターなのかといったところに絞られてきました。
 チャンドラーの隣人だと名乗っているイーデンがMr.ベネットと組んでいたのはやっぱりなと思ったところですが、彼らが単なる「悪」でないというどんでん返しを期待したいところ、最初があまりにもテンポが良すぎたこともあって、つじつまあわせに時間を取られてテンポが今後どんどん落ちていかないことを願っています。
 ネイサンがお休みだったのは残念、マットは2度と出てこなくてもいいよ!…とキャラクターに好き嫌いがでてきだしましたが、皆様はいかがでしょうか?

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)



関連エントリー
Heroes #6 第6話 分身/Better Halves
Heroes #5 第5話 ヒロ/Hiros
Heroes #4 第4話 遭遇/Collision
Heroes #3 第3話 大いなる跳躍/One Giant Leap
Heroes #2 第2話 振り返るな!/Don't Look Back 先行放
Heroes #1 第1話 創世記/Genesis 先行放送
10月のスカパー! 海外ドラマ編
posted by Alex at 01:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | HEROES(海外ドラマ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65383037

この記事へのトラックバック

染色体
Excerpt: 染色体での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
Weblog: 一語で検索
Tracked: 2007-11-09 07:49