2007年08月31日

ブライアン・オーサー、ユナ・キム選手レッスン中に負傷ほか

JGPレークプラシッド大会
 いつもの結果サイト[こちら]も準備され、いよいよシーズンインだなと気持ちが高まります。オフィシャルサイト[こちら]にはアメリカ選手中心ですが、バックステージ写真もアップされ始めました。前回のエントリー[こちら]で紹介していなかった、女子シングルのアメリカ3人目の代表、アレクセ・ギルズ選手についてるコーチがコロラドスプリングスのコーチだったので、もしかしてと調べてみるとNHK杯にもきたことがあるアイスダンサー、トッド・ギルズ選手の妹さん、日本だと太田由希奈選手がホームステイしていたお宅の娘さんと言えば通りがいいでしょうかわーい(嬉しい顔)。それがわかると急に応援したくなりました。トッド選手は先シーズン途中にパートナーが競技引退を発表してカップルが解散になってしまいましたが、その後の情報が聞こえてこないのが心配。クリストファー・ディーンが振り付けするプログラムを滑る貴重な存在だっただけに残念です。
 滑走順も発表され(ドローに参加するミライ・ナガス選手の写真もありますね)、日本の松下選手がなんと1番滑走、村元選手が13番滑走、アメリカのナガス選手が10番、ギルズ選手が19番、マクスウェル選手が24番となりました。男子の日本代表佐々木選手はなんと最終滑走の15番です。みなさんがんばってほしいです!

ブライアン・オーサーコーチレッスン中に負傷
IFS News Briefs[こちら]
 元世界チャンピオン、現在はユナ・キム選手のコーチ、ブライアン・オーサーさんがキム選手のレッスン中に転倒、腕を負傷していたそうです。腰の骨を手首に移植する手術をしたというのですからかなり大変なことに。写真を見ると笑顔ですが、がっちりサポーターを巻かれた腕が痛々しいですね。オーサーコーチはキム選手が出演する韓国のスターズオンアイスの振り付けをすることになっていてるそうです。

ジョアン・カーター選手プロ転向
IFS News Briefs[こちら]
 長年オーストラリア代表として活躍していたジョアン・カーター選手が、ヨーロッパを中心に公演を行っている「ホリデイオンアイス」と契約、プロ転向となり、すでにGPSのアサインから名前が消えているようです。彼女は長野オリンピックにも出場していたベテラン、世界選手権や四大陸選手権の常連でしたので寂しくなります。

プットナム/ワーツ組解散
IFS News Briefs[こちら]
 カナダのプットナム/ワーツ組が解散。彼らは昨日のテレビ朝日の特集でもでてきたハッケンサックのThe Ice Houseでピーター・チェルニシェフコーチのもと練習していましたが、プットナム選手は故郷のバンクーバーへ帰り、シングルの選手としてカナダ選手権を目指し、ワーツ選手はハッケンサックにとどまりコーチになるそうです。

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)






この記事へのコメント
たくさん新着情報があったのですね
(掲載ありがとうございます)。
ペアのP&Wはちょっと惜しい解散だと感じました。
去年の演技はなんとなくノスタルジックで
昔のペアを髣髴とさせるように個人的には思えてたんですが。

カーターもアマチュアをやめたんですね。
彼女は3Lz+3Loを五輪で予定していたとの
うわさを聞いていたのですが
(一度でもそれを実施する場面を見たかったです)。

Posted by 黒子 at 2007年08月31日 23:20
黒子さん
こんにちは!
スケーターが選手をやめるタイミングっていろいろありますね。カーター選手はオーストラリア選手権で優勝して、それでひとくぎりと考えたようです。南半球だから今が彼らにとってはシーズン中だったんですね。オーストラリアのスケート界はこの春に悲劇的な事件があったので、カーター選手の引退による寂しさは大きいのではないかと心配します。
Posted by Alex at 2007年09月01日 11:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53411771

この記事へのトラックバック