2007年08月30日

フィギュアスケート07-08シーズン開幕! JGPレークプラシッド大会

JGPレークプラシッド大会
[滑走順/結果サイト] [Official Site]
 スケートの暦でいうと7月1日に新しいシーズンはすでにはじまり、北米を中心に各地でローカル大会ははじまっていましたが、大きな大会としては今シーズン最初となる、ジュニアグランプリシリーズ(JGP)の開幕戦レークプラシッド大会が始まります。ジュニアの大会ではあっても賞金がでる立派な大会、またここで獲得したポイントがISUランキングにも反映されますし、全8試合の大会で上位者がさらに12月のジュニアグランプリファイナルで争うことになります。初戦からミライ・ナガス選手など注目のスケーターも登場しますので大変注目されます。
 毎日うだるような暑さが続いているので、なんだかスケートの試合がはじまるなんて違和感ありまくりですが、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして賑わうレークプラシッドは風光明媚なリゾート地、この時期にぴったりな開催場所ではないでしょうか。選手も少しは観光したりできるのかな?
 また冬季オリンピックが2回開催された場所で、冬季スポーツの盛んな場所、アイスダンスの名コーチ、デュポワさんがロシアから北米へきた時に最初に拠点にした場所でもあります。

日程
8月30日現在、発表されている暫定スケジュール/8月31日修正)
8月31日
14:45(日本時間9月1日03:45) - 15:50 ICE DANCING Compulsory Dance
16:15(日本時間9月1日05:15) - 19:00 MEN Short Program
19:15(日本時間9月1日08:15) - 21:00 PAIRS Short Program 

9月1日
12:30(日本時間9月2日01:30) - 14:00 ICE DANCING Original Dance
14:15(日本時間9月2日03:15) - 18:15 LADIES Short Program
18:45(日本時間9月2日07:45) - 21:40 MEN Free Skating

9月2日
11:30(日本時間9月3日00:30) - 13:10 ICE DANCING Free Dance
13:30(日本時間9月3日02:30) - 15:40 PAIRS Free Skating
15:45(日本時間9月3日04:45) - 20:00 LADIES Free Skating

注目の選手
女子シングル
[エントリー]
 なんといっても全米ジュニアチャンピオン、世界ジュニアで銀メダルを獲得したナガス・ミライ選手[バイオ]に注目です。彼女は今シーズンがJGP初参戦になります。ご存知のようにトリプルルッツまでの5種類のトリプルジャンプを難なく決めることができますし、スピンも得意、去年見せてくれた彼女の素直な滑りが、どう進化し、味付けられていくのか楽しみな今シーズンを占うことになるでしょう。
 ライバルは同じくアメリカ代表、全米ノービスのチャンピオン、アンジェラ・マクスウェル選手[バイオ]になるのでしょうか?1992年生まれでナガス選手よりひとつ年上の16歳、コーチはオリンピックでペアの金メダリスト、ナタリア・ミシュクテクノというのが私ぐらいの世代のファンの方には懐かしいのではないでしょうか?7月に開催されたスケートデトロイトの演技をホームビデオで収録したものがYouTube[こちら]にアップされてます。アメリカのジュニアの女子選手らしいきびきびした動きに、3回転3回転まで決めて、アメリカのこの世代の層の厚さにまたまた驚愕しました。ナガス選手が大きく崩れなければ、まだナガス選手のほうに分があるのではと思いますが、この年代の選手は1ヶ月、1週間、1日で驚くほど急激に伸びますので侮れない存在です。
 日本からは世界ジュニア代表だった村元小月選手と、関西では天才少女としてテレビでも紹介されたこともある松下未留紅選手が参加。昨季の全日本ジュニアでは3位と7位の実力者、ふたりとも表現力が高く評価されている選手ですので、活躍を期待したいです。

男子シングル
[エントリー]
 男子シングルは名前に聞き覚えがある選手がほとんどいませんが、地元アメリカ代表のオースティン・カナラカン選手は昨シーズンのJGPファイナリストで全米ジュニア3位の実力者。振り付けにはニコライ・モロゾフの名前があります。同じくアメリカ代表のArmin MAHBANOOZADEH選手(カタカナに直すのあきらめましたわーい(嬉しい顔))は全米ノービス1位の選手。地元の大会に出場させるということで女子も男子もアメリカは期待の選手を派遣してるようです。ドイツの15歳なのにプロフに183センチと書かれている男の子も気になるところですが…日本からは昨季全日本ジュニア6位の佐々木彰生選手が参加します。

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)




この記事へのコメント
お久しぶりです。
私もマクスウェル(こちらも多少アジア系だったでしょうか)に注目しています。
夏の間、一部で米と日のそれぞれのジュニアノービスの選手の
話題が続出(伝わってきた選手名が多いということもあって)
してましたが、
米国ではDeeDee・L.やカワムラといったアジア系を中心にした台頭が
続いていたようでしたが、
動画で観られた中ではマクスウェルが特にバランスもとれてるほうで
弱い点も少なさそうで強力そうに思ってました。

今季の世界ジュニアもまた米国勢の独占もあるかなと思ってますが
(今季の日本代表は、5種類跳べる選手が入りそうにも思ってて、
調子がよければ米国勢に対抗できるかなと思ってますが)。
日米対抗戦のジュニアも両国から誰が来るのかと常々考えてます。
Posted by 黒子 at 2007年08月30日 13:20
黒子さん
こんばんは!
バンクーバー以後の世代ではアメリカの女子シングルの巻き返しがすごいですね。日本も浅田選手がなんとなくバンクーバー以後も残ってくれるんじゃないかな?なんて甘い希望的観測があったりしますが、リンクの厳しい状況など…というかあまりにも安藤選手太田選手浅田姉妹澤田選手など凄い選手が固まりすぎてるのかな?日本だってジュニア/ノービスにいい選手いるんだろうけどお姉さんたちに注目どうしても集まりますもんね。中京大リンクや関大リンク、仙台のリンク再開などの効果でどーんと強い選手がでてきてくれるとうれしいです。
Posted by Alex at 2007年08月30日 20:46
こんにちわ。
マクスウェル選手の事は知りませんでしたので
今季、注目して見たいと思っています。
私が今一番注目してるのがナガス選手なのですが
好きなタイプの選手なんだけど、間違いなく
将来浅田選手を心中穏やかにさせなくなる存在って思うと
すご〜〜くフクザツです。
バンクーバー後は、クワン、リピンスキーの時のように
またアメリカ黄金時代がきそうな予感が・・・
Posted by ゆかこ at 2007年08月30日 22:34
ゆかこさん
こんばんは!
新しい選手、どんどんでてくるので、私は名前覚えるのも大変になってきました。演技と顔と名前が一致するのってやっぱり何度となくテレビで放送してからじゃないとですね。
日本が今黄金時代なんですよね、過ぎ去ってから昔はよかった!なんて思うのかな、今は実感なくても…浅田真央選手や安藤美姫選手は若いですから、ずっとトップに君臨しててほしいなって願っていますが。
Posted by Alex at 2007年08月31日 01:19
初めまして!

いつも楽しく拝読させていただいています。
マクスウェル選手ですが、お母様が日本人ですね。やっぱり強い、日本人の血(笑)もちろん、ミライ選手や日本人選手にも頑張って貰って、シーズンの開幕戦からアジアン旋風が吹き荒れることを願っています。この時代にフィギュアを楽しむことができて、本当に幸せですね!

これから毎週末、フィギュア三昧といきましょう!
Posted by アン at 2007年08月31日 11:43
アンさん
はじめまして!
マクスウェル選手のお母様は日本人ですか!?それはまたびっくりですね。本当にアジアン旋風…やはりアジア系は体が大きくなりすぎないのがいいのかな?
でも荒川選手や安藤選手のように長身でスタイルのいい日本人選手も増えてますよね。
いよいよシーズンインですね!(わくわく)
Posted by Alex at 2007年08月31日 17:44
こんちは,Alexさん

>ライバルは同じくアメリカ代表、全米ノービスのチャンピオン、アンジェラ・マクスウェル選手[バイオ]になるのでしょうか?

アンジェラ・マクスウェル選手は注目してみておきたいですね.ともかく身体能力が高そうです.全米のエキシビションでバックフリップを2度やっています.驚きですね.
http://youtube.com/watch?v=msz22BUkS0Y
オレンジレンジと浅田真央に会いたいそうです.
http://www.usfigureskating.org/AthleteBio.asp?id=38576

昨季の日本のジュニア女子は言い方悪いですが,谷間の世代といえるかもしれません.いよいよ昨季のノービスシードの西野さん,中村さん,松下さんが今季ジュニアに参戦してきますね.これまで西野さん,中村さんの後塵を拝していた感がありますが,松下さんにはがんばってほしいです.カナダで行われたSummer Skate 2007では3Lzを跳んだもののややジャンプ構成が弱いような気がしました.JGPSではどのような構成にするのか注目しておきたいと思います.
http://www.skatecanada-centralontario.com/Irma/html/jw3rs.html
Posted by TakeOne at 2007年08月31日 22:18
TakeOneさん
こんにちは!
松下選手は昨年の全日本ジュニアでもルッツはがんばっていましたがループとフリップはなかったのかな?今年はどこまでジャンプのレベルが上がっているか期待ですね。
マックスウェル選手、好きな映画が「Sacry Movies 3」っていうのが目が点かも。日本では最○絶叫計画のタイトルでDVD化されてるシリーズですから…いや、楽しい子っぽいですね。
Posted by Alex at 2007年08月31日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

冬季オリンピック フィギュアスケートのご紹介です!
Excerpt: 冬季オリンピックの華、フィギュアスケート。トリノオリンピックのフィギアスケートを収録。男女シングルのメダリストと日本人選手の戦いを完全収録。国際オリンピック委員会オフィシャルDVD トリノ2006オリ..
Weblog: フィギュアスケート 最新情報!!
Tracked: 2007-09-19 21:34