2007年08月27日

フェリペ・マッサ、ポール・トゥ・ウィン@F1トルコGP


長かった夏休み
 3週間の夏休みだったF1、休み前のハンガリーGPでは応援してるフェリペ・マッサが13位に沈んでしまったために、ずっとくらーい気持ちでGP再開をただただ待ち焦がれていましたが、昨シーズン初優勝を飾ったトルコGPで見事優勝!ピットインの順番で一時的にトップを譲ったことはあったものの完勝と言っていいポール・トゥ・ウィンでした。マッサの勝ちパターンってこれしかないと、陰口叩かれようがなにしようが、うれしいです。
 おそらくマッサファン以外にはハミルトンのパンク以外、大きな波乱もなく、上位の順位変動がほとんどなかったレースは退屈きわまりなかったかもしれませんが、マッサファンとしてはチェッカーフラッグが振られるまでなにかトラブルが起きないだろうかとはらはらどきどきさせられる、楽しいレースでした!
森脇さん謝罪?!
 なんせハンガリーGPではCSの解説の森脇さんにマッサは「ドライバーとしての資質が問われる!」ぐらいボロカスな言われようで、悔しい思いをしただけに、今夜は生中継でスカパー!でマッサの勝利を見た後に、今回は森脇さんが解説した地上波まで見てしまいました。
 マッサ、予選トップだったというだけで、森脇さんには予選3番のチームメイトライコネンより燃料が軽かったと決め付けられていましたが(自分もちらっと疑いは残していたけれど…)、見事予想を裏切ってマッサのほうが燃料を積んでいたことが発覚。森脇さんもこのことについてはミスジャッジしてましたと非を認めてくれました。
大喜びマッサ!
 F1ドライバーって小さい頃から大人に混じってもまれてるような人が多いから、年齢以上にこましゃくれてたり、斜めに構えてたりするのに、子供がそのまま大きくなったようなマッサ。26歳でアロンソと同い年ですよ。信じられない。ヨーロッパGPでもレース後のアロンソの挑発にまんまとのって怒ったり。アロンソなんてマッサの反応が良すぎたために逆に肩透かしくらって、即効であやまったぐらい。子供に喧嘩売った大人みたいになってバツ悪すぎたんだろうな。アロンソ、チームメイトの新人ドライバーが簡単に挑発にはのってこないいいコちゃんだから余計に…ってな構図で笑わせてくれました。
 今日もレース終わって車降りてからのガッツポーズが10年前のスポーツ選手のガッツポーズかってぐらい、かっこ悪かったんだけど、ますます応援したくなってしまいました。
 見せ場はスカパー!解説ではまったく触れてくれなかったけど、ライコネンに追い上げられていた2回目のピットインの直前の周回を27秒台で回って勝利を確定させたところでしょうね。地上波では実況アナがちゃんと指摘してくれてよかった。これで勝負が決まって、ライコネンは戦意喪失してしまいました。
冷たい川井ちゃん暖かい小倉さん
 それにしても川井ちゃん冷たかったですね。ドライバーズポイント争いでハミルトンを追いかけるという意味では、フェラーリ内でポイントをリードしていたライコネンに勝たせるべきだったみたいな論調でした。確かに総合力でライコネンかもしれませんが、このトルコGP終了時点のポイントで今後はチームオーダーをはっきりさせるという噂が本当なら、ここからはマッサ中心のチーム作りということになるのではないでしょうか?最後はマッサの態度が最近でかくなってマスコミに不評なんて情報まで…それは聞きたくなかったよ、川井ちゃん。
 それに対して小倉さんは、マッサがサードドライバーで腐ってたときに励ましたエピソードなどを紹介しながら、ちょっと涙目でマッサに対してねぎらいのコメント。小倉さんはきっとマッサファンですね。小倉さんますます好きになりました。
 今宮さんなんてマッサ押しだったはずなのに、今期、成績あがらないととっとと見捨てて信頼ならない解説者です。
ポイント争い
ドライバーズ
1 L.ハミルトン 84
2 F.アロンソ 79
3 F.マッサ 69
4 K.ライッコネン 68

 本当は3強なのに無理やりに「4強」とフジが報道してると叩かれていたマッサが3位に浮上。正直、ここからフェラーリ勢がドライバーズポイントで逆転できるかというと、ハミルトンの安定感や、ハミルトンにアクシデントがあってもアロンソもいることを考えるとかなり苦しいポイント差。マッサは信号無視で黒旗失格となったカナダGPが響いております。むしろそのアロンソがマクラーレンチーム内で逆転できるかどうかに注目でしょうか。ハミルトン、今回はタイヤのトラブルがありながら、それでもポイント圏内に入ってくるあたり、新人ドライバー離れした化け物ですね。
コンストラクターズ
1 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス 148
2 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ 137
3 BMWザウバーF1チーム 77

 ハンガリーGPでマクラーレンの得点が無効となりましたので、こちらのほうの争いは楽しくなってきました。フェラーリがここからはチーム内をコントロールしてコンストラクターズ争いに集中できるのも強み。しかも次回は地元イタリアGP。こちらは最後の最後までもつれていくのではないでしょうか?もつれてほしいです。

日本GP、チケット余ってます
 番組内で一生懸命「残りわずかですが…」と前置きしておりましたが日本GPのチケット余ってるようです。高くて遠くて、自分にとっては天竺詣でに近いな。昨年も、ミハエル引退が発表されてから売り切れたぐらいですので(売れ出してからの勢いがすごかったですが)、F1人気そのものはジリ貧?鈴鹿ってプレミアも取れてしまいましたし。トヨタとしてはせっかく富士へF1を持ってこれた最初なので、最後は自社やグループ会社で残りチケットを買い上げて満員御礼にしてくれるだろうから、ファンが心配する必要もなさそうです。Yahoo!でも現時点では定価を下回ってますが、社員や下請け企業にチケット押し付けた時点でさらに安くなると予想。

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

ラベル:F1
posted by Alex at 00:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ポール・トゥ・ウィン
Excerpt: ケーシー、ポール・トゥ・ウインで7勝目!Photo_2. よっしゃ! と佐Tの声が聞こえてきそうなレースでしたね、. 一昨日のモトGP、チェコ・グランプリは。 これで、チャンピオンシップポイントも. ..
Weblog: ポケモン不思議ダンジョン攻略
Tracked: 2007-08-27 22:45