2007年03月02日

bouceでダイアナ・ロス特集

タワーレコード無料情報誌「bounce」
 コメント欄(こちら)でタワサさんがすでに告知してくださっていますが、タワーレコード店頭で配布されている無料情報誌「bounce」3月号にダイアナ・ロス特集が掲載されています。私も火曜日にタワーレコードに久々に寄ったので何も知らずに「bounce」を持ち帰ったら、ダイアナの特集が掲載されていて飛び上がって喜んだところでした。映画「Dreamgirls」をもう1回見ておこうと梅田にでかけた時の発見だったことがすごい偶然のようにそのときは思ったのですが、そもそも「Dreamgirls」公開にあわせての特集ともいえますので偶然でもなんでもなっかったりしますが…。
 アメリカで最新アルバム「I Love You」が久々にチャートインしたり、テレビ露出が増えて3月にはアメリカンアイドルへも出演するとか、全米ツアー、イギリスツアーの予定も発表されてにわかに活気づくダイアナ周辺ですが、日本でもこの波にのってどん!とアルバムが売れてくれれば、来日公演も夢じゃないのかな?と期待しております。アルバム「I Love You」は久々にダイアナらしい優しさと愛に満ちたいい作品ですので、機会があればぜひ聞いてください!
「bounce」特集内容
 「LADY SOUL〜ブラック・ビューティ・ミュージック・ガイド」の著者である林剛さんが特集のメインとなるダイアナのヒストリーを書かれていますので、短い文章で彼女のキャリアのハイライトが伝わるようにうまく書かれています。70年代の記述ではダイアナのキャリアでいつも紹介される「176年から78年のスランプ」の話がでてきますが…今の尺度で考えると新作をそれこそ2-3年のインターバルでリリースしないスター達が多いわけですから、かわいい「スランプ」ですよねわーい(嬉しい顔)。それに80年代後半から訪れるチャート上ではいないことになってしまった長い長い期間を考えるとなおさらふらふら
 気になったのは、いろいろなライターの方で分担して書かれている欄外コラムの家族紹介で、ダイアナの最初の旦那様が富豪と紹介されていたところぐらいでしょうか。私の中では出会ったときは学校の教師でダイアナと結婚してからミュージックビジネスに乗り出した方だと記憶していたので「あれ?」と思いましたが、私の記憶違いかもしれません。
 おすすめ盤として紹介されていたアルバムはスプリームス(シュープリームス)時代の「Where Did Our Love Go(こちら)」 「Love Child(こちら)」 テンプテーションズと共演作品をまとめた「Joined Together(こちら)」、ソロになってからはファーストアルバム「Diana Ross(こちら試聴可)」 映画「ビリー・ホリデイ物語/Lady Sings The Blues(こちら試聴可)」のサウンドトラック 「Touch Me In The Morning(こちら)」 「Diana & Marvin(こちら試聴可)」 「The Boss(こちら試聴可)」 シックプロデュースの「Diana(こちら試聴可)」 「Silk Electric(こちら)」 「Eaten Alive(こちら)」 「永遠にイフ・ウイ・ホールド・オン・トゥギャザー/The Force Behind The Power(こちら)」 「Take Me Higher/思い出にかわるまで(こちら)」 「Every Day Is A New Day(こちら)」 でそれぞれ120字程度の紹介が書かれています。
 共演アーティストや影響を与えたり受けたりしたアーティストを紹介しする御馴染み「People Tree」ではデスチャ、ジャネット、マライアといった今の時代の女性シンガーからジャッキー・ウィルソン、レイ・チャールズなどR&Bの先人達、共演したロッド・スチュアート、フリオ・イグレシアスといったスーパースターまで、タワサさんがご指摘されているように強引なつながりの方々も含めて多彩に紹介されています。
 5ページにわたる特集ですので、お近くにTower Recordがある方は立ち寄られてみてはいかがでしょうか?毎月25日に最新号がでますので、なくならないうちになるべくお早めにどうぞ。
 まだ今月号の内容は反映されていませんがbounce.comで一部内容が後日紹介されるものと思われます。

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)



ダイアナ・ロス関連エントリー
American Idol seson6 =ちょいネタバレ= ダイアナ・ロスWeek終了
bouceでダイアナ・ロス特集
ダイアナ・ロス ニューアルバム「I Love You」ビルボード初登場32位
ダイアナ・ロス「I Love You」ようやくアメリカで発売/TV出演予定
アメリカンアイドル新シーズン 本日スタート/今シーズンのサプライズは?
ダイアナ・ロス、アメリカンアイドルシーズン6に登場!
ダイアナ・ロスと岩崎宏美 最新作のこじつけ共通点
ダイアナ・ロス「I Love You」発売 輸入盤/国内盤/スペシャルエディション/US盤 情報
ダイアナ・ロス ニューアルバム「I Love You」発売迫る 試聴/ジャケット写真
ダイアナ・ロス 全米オープンテニスに登場!
ダイアナ・ロス ニューアルバムはスティーブ・タイレルのプロデュース??
ダイアナ・ロス 10月4日にニューアルバムリリース ブライアン・メイが参加
posted by Alex at 12:35| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ダイアナ・ロス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出来れば今日の帰りにタワレコよってゲットしたいと思います。

…しかし、個人的にはファイバリットですけど、「イートゥン・アライブ」がお薦め品に上がるなんて…解説が書きやすかったのでしょうか?
Posted by Suzu at 2007年03月02日 18:40
こんばんは!
Suzuさん
やはり販促目的の本なので、「廃盤になってない」が大前提なのかもしれません。EMI時代のは例の来日未遂事件のときに一斉に再発してくれたので、入手しやすくなりましたよね。
Posted by Alex at 2007年03月02日 19:58
今晩は!

ばっちり拝見させていただきました!
こちらのblog効果でタワレコ各店でbounceがなくなる様が目に見えるようです(笑)。
この機会にヒップホップ・ソウル世代の若い方々や「ダイアナ・ロス=If We Hold On Together」な方々にももっと興味を持ってもらいたいですね。
最近、ここまで大きくダイアナ・ロスを取り上げた雑誌はないので本当に貴重かと思います。今月末にはなくなっちゃいますから「レア物」になる前にみなさん是非お持ち帰り下さい!
Posted by タワサ at 2007年03月03日 00:12
タワサさん
こんばんは!
再びコメントありがとうございます。
そうですね、bounceの読者である若い方々が少しでも興味を持って聞いてみよう!って思ってくれるとうれしいですね。
関西地区では出稿数の多いauのCMに「恋はあせらず」が使われてるので地上波をつけると必ずといっていいほどダイアナの声を聞くことができます。
Posted by Alex at 2007年03月03日 02:26
auのCMの「恋はあせらず」、そのまんま「モア・トゥデイ・ザン・イエスタデイ」に変えてもいいと思いません?負けないくらい春の香り、しますよね。

モータウン復帰後の4枚のアルバム、「ワーキン・オーバータイム」と「フォース・ビハインド・ザ・パワー」はそれなりに聴いたんですけど、「テイク・ミー〜」と「エブリ・デイ〜」になると当時は集中力がなくてあまり聴きこまずに終わってしまいました。
MP3に4枚落としたので、もう一度ちゃんと聴いてみようかなぁと思っています。
新たな発見があるかも…ですね。
Posted by Suzu at 2007年03月05日 20:55
こんにちは!
関東でもauのCMに使われているんですね。「モア・トゥデイ・ザン・イエスタデイ」たしかに今の季節にぴったりなアップ・トウ・デイトな元気がでるナンバーだと思います。
モータウン時代の4枚、ダイアナだけでなく音楽を聴くことから離れていた頃だったので私は4枚とも通して聞きこんだ記憶がないですね…最初の3枚はそれぞれツアーでも着てくれているのに駄目なファンだったかも。「Take Me Higher」はその中では聞いたほうかな。何曲かには思い入れがあったりします。
Posted by Alex at 2007年03月06日 22:22
お久しぶりでございます!

例のタワレコ「bounce」での特集といえば「耳で聴いたピープル・トゥリー」で
ルーサー・ヴァンドロスを取り上げてほしかったなぁ〜と思いました。
ルーサーはダイアナのファンでしたし、ダイアナのアルバムに参加した事もありますし、94年のカヴァー・アルバムでは("Endless Love"はともかく(爆))"Reflections"を歌ってましたしねぇ。

それにしてもダイアナ様は26日の誕生日で63歳・・・と、思えない若さですよねぇ〜(笑)。



Posted by タワサ at 2007年03月12日 14:53
こんにちは!
タワサさん
ルーサーというとアレサとの結びつきがよくクローズアップされますが、ルーサーはダイアナファンでもありましたからね。仕事での結びつきは少ないですが、ルーサーもダイアなの曲を歌ったり、ダイアナにプレゼントした曲は自分でもレコーディングしたりしましたからね。たしかにトゥリーに登場してもおかしくないですね。
他にはおお外でマドンナとかドナ・サマーとかも挙げて欲しかったななんて思ったりもしました。
Posted by Alex at 2007年03月13日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック