2006年12月15日

GPF 男子シングル 技術点戦力分析(SP)

グランプリシリーズ ショートプログラム TES(技術点)内訳
TES Jump Jump1 Jump2 Jump3 Spin Spin1 Spin2 Spin3 Step Step1 Step2
ジュベール 41.60 27.60 13.40 6.10 8.10 9.10 2.40 3.50 3.20 4.90 2.90 2.00
41.50 23.60 12.60 5.50 5.50 10.70 3.30 3.40 4.00 7.20 3.60 3.60
織田信成 44.60 27.20 12.00 5.90 9.30 10.30 3.50 2.80 4.00 7.10 3.50 3.60
45.40 27.40 11.80 7.30 8.30 11.20 3.70 3.70 3.80 6.80 3.40 3.40
高橋大輔 41.70 24.80 10.90 7.20 6.70 8.90 3.40 2.50 3.00 8.00 3.90 4.10
46.14 27.80 10.90 7.40 9.50 9.24 3.20 2.24 3.80 9.10 3.90 5.20
ライサチェック 35.90 19.00 8.60 5.50 4.90 9.70 3.30 2.40 4.00 7.20 3.60 3.60
34.00 17.90 10.20 0.20 7.50 8.90 2.30 3.10 3.50 7.20 3.60 3.60
プレオベール 41.40 24.60 10.10 6.00 8.50 9.80 3.00 3.20 3.60 7.00 3.60 3.40
39.28 23.40 9.90 5.60 7.90 9.48 2.88 3.10 3.50 6.40 3.30 3.10
ウィアー 40.58 24.80 10.40 5.70 8.70 9.78 3.50 3.40 2.88 6.00 2.50 3.50
39.40 24.00 11.00 5.30 7.70 9.30 2.40 3.50 3.40 6.10 2.50 3.60

Jump1:コンビネーションジャンプ/Jump2:単独ジャンプ/Jump3:トリプルアクセル
Spin1:足換えスピン/Spin2:ジャンプスピン/Spin3:コンビネーションスピン

ジャンプでもアドバンテージ、高橋選手
 表を作ってから反省ですが縦と横を変えればこんなに文字を小さくしなくてもすみましたね。読みにくくて申し訳ありません。
 女子シングルの点数比較に比べると男子シングルはそれぞれの選手の個性が得点の取り方にでています。ちゃんと集計する前は漠然とジャンプはブライアン・ジュベール選手、スピンは織田信成選手、ステップは高橋大輔選手が点数を稼いでいるのではないかと予想していましたが、スピン、ステップはそれぞれさすがという結果でしたが、ジャンプでも高橋選手が健闘、4回転を成功させたジュベール選手を僅差ながら上回っていました。
 唯一4回転のコンビネーションを決めたジュベール選手ですが、単独ジャンプをルッツでなくてフリップにしているので基礎点で0.5点取りこぼしているのと、トリプルアクセルのできばえによる加点で高橋選手と1.40の差がついてこの結果になりました。しかし、ジャンプの新採点では4回転ジャンプがその難しさに対して基礎点が低いのではという指摘もこの結果を見るとうなづけますし、旧採点時代に同様の構成で高橋選手とジュベール選手が対決していれば、こういう結果にはなっていなかったと思います。
 現地入りしてから、公式練習で高橋選手は4回転のコンビネーションを練習しているというレポートも新聞やFSUで書かれているので調子がよければSPでトライしてくる可能性があります。成功させれば高橋選手はSPで他の選手を大きくリードして楽な位置でフリーが滑れますね。
スピンは織田選手
 スピンに関してはファイナルに出場する選手はみなレベル4をそろえる構成で用意してきてレベル3以上を確実に取ってきていますので、できばえによる加点部分の争いになってきていますし、トラブルがあってレベルを取りこぼすと大きなビハインドになってしまいますので、ジャンプだけでなくスピンでも細心の注意が必要となります。そんな中で、出場したグランプリシリーズ2試合両方で10点を超える得点を稼いだ織田選手の安定感はさすが。スピンを強化しているジュベール選手も確実に得点を稼いでいます。高橋選手は参加選手中、一番スピンの要素の得点が低いという結果になっていますので、ワールドまでにここが強化されればさらに得点を上積みすることができます。
ステップはやはり高橋選手
 ステップでは高橋大輔選手のNHK杯でのレベル4認定が光ります。得点的には他の選手を大きく上回っていて、さすがにステップを得意としていますね。そして意外にもライサチェック選手がこの要素で健闘しています。彼は2試合ともジャンプで失敗してしまっているので、SPのTESは伸び悩んでいますが、ジャンプが決まってくるとやはり怖い存在です。
 
よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

ワールド・フィギュアスケート No.25
4403310389
2006グランプリシリーズレポート
スケートアメリカ/スケートカナダ/カップ・オブ・チャイナ
織田信成・高橋大輔・浅田真央
イゴール・シュピルバンドほか
チャンピオン・オンズ・アイス・ジャパンツアー
Amazon


Amazonで詳しく見る


グランプリファイナル関連エントリー
GPF 男子シングル 技術点戦力分析(SP)
GPF 女子シングル 技術点戦力分析(SP)
フィギュアスケート グランプリファイナル(日程/参加選手/期待)
フィギュアスケート グランプリファイナル&全日本選手権 地上波 テレビ放送予定


この記事へのコメント
女子に引き続き男子のデータまで作っていただき、
本当にありがとうございます!
私は未だに採点の事がわからないヒト、なんで
本当に助かります。
大ちゃんは4回転のコンボにトライしてるのですか、
NHK杯の疲れを心配してましたが杞憂ですね。
時差対策も美姫ちゃんと一緒にロシアで調整してるから、
問題なさそうですし。
後はスピンの完成度を高めれば、ジュベールも怖くない!?(^^;)
地元のファイナリストがいない中、やはりジュベールへの声援がダントツでしょうから、
一番の不安と言えばやはりメンタル部分かしら〜〜〜
Posted by ゆかこ at 2006年12月15日 15:24
ジュベールのクワドジャンプの基礎点は、もうちょっと高くてもいいですよね。
ジャンプは決まれば大きいですが、リスクも大きいので、織田選手がジャンプを決め、スピンで全てレベル4をもらえれば、クワド無しでも、かなりいけるのでは?とも思えます。
数字上では高橋選手ですが、カナダと日本とではデキに差がありますからね。こちらをはじめ、ブログに書込をされる多くの高橋ファンは(私も含め)全く楽観してないのがおもしろいですよね。NHKがまぐれでないことを信じたい…でも…っていう気持ちがひしひしと伝わってきます。
それとも織田、高橋両選手は、ワールド代表争いでは一歩リードしてるので、ここで大技(織田のクワド、高橋のクワドコンボ)にチャレンジしてみるのもいいのかな?

これから大事な大会が続きます。考えはじめると夜も眠れません(ウソ)。いえ、動悸が激しくなります(ホント)
Posted by ニルギリ at 2006年12月15日 18:39
↑SPの分析なのに、私も早とちりですね。大会前で、どうかしてるのかもしれません。
Posted by ニルギリ at 2006年12月15日 19:31
ゆかこさん
こんばんは!
NHK杯組はNHK杯の良い流れをもってGPFへ臨めるんじゃないかなと期待しています。むしろ連戦の最後となる全日本が心配。みなさん若いですから大丈夫ですよね???(と言い聞かせています)。

ニルギリさん
こんばんは!
本田さんのエントリーで書き忘れましたけど、高橋選手はスケートカナダの後にスケート靴を新しくして、そしたらジャンプの調子が絶好調になったらしいです。スケカナまでの不安定さは靴の問題で、NHK杯のほうが実力どおりなんじゃないかな?と勝手に楽観視しております。
Posted by Alex at 2006年12月15日 20:15
こんにちは、
今朝早く起きて結果をみたら、男子のSPにライサチェック選手の名前がない...。え〜っ、負傷で急遽棄権って。

USFSAに記事をみつけました。前日と当日朝の練習(4回転&3A)で酷く転倒して腰を強打したようです。相当腫れていてジャンプのランディングで激痛が走るため、直前のwarm-upで無理と判断して棄権した模様。怪我の程度はここ数日の状態をみないとはっきりしないそうですが、1〜6週間かかる見込み。長引くような怪我でなければいいのですが。全米に間に合うよう祈りたいと思います。http://www.usfsa.org/event_story.asp?id=37002

これ以上どの選手にも怪我がありませんように...。
Posted by Surrey at 2006年12月16日 07:23
Surreyさん
こんばんは!
昨夜、スコア待ちしてるときにFSUに棄権の第一報がでたときは本当にびっくりしました。直後の高橋選手に影響がなければという心配をそのときしましたが、ライサチェック選手の様態も心配ですね。せっかくロシアまではるばる行ったのに本人は悔しいのではないでしょうか。
本日、ジョニー・ウィアー選手もフリー棄権も発表されてしまって、本当に残念。男子は残りの4人の選手、ぜひがんばって大会を盛り上げてほしいです。
Posted by Alex at 2006年12月16日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

グランプリファイナルまで秒読み!決戦は金曜日
Excerpt: さていよいよ、今夜からグランプリファイナルが開幕します! 皆さん、待ちに待ってらっしゃった事でしょう。 勿論、私もその一人です。 毎週末、グランプリシリーズの事しか頭になく 試合がなかった先週..
Weblog: 女子高校生に捧げるお弁当
Tracked: 2006-12-15 15:25

ライサ棄権
Excerpt: 昨夜(というか今朝早朝)、ずーっとオンラインリザルトを追っかけていました。 男子SPの途中で、あれ?あれれれ?(@_@。……ライサがいない?! そしてリザルトが上がって見ると、ライサのところに「W..
Weblog: 川柳つれづれblog
Tracked: 2006-12-16 09:26