2006年12月13日

GPF 女子シングル 技術点戦力分析(SP)

グランプリシリーズ ショートプログラム TES(技術点)内訳
TES Jump Jump1 Jump2 Jump3 Spin Spin1 Spin2 Spin3 SpSq Step
安藤
美姫
38.70 21.40 11.20 5.70 4.50 8.80 2.20 3.30 3.30 4.60 3.90
36.70 20.40 11.40 5.50 3.50 8.90 1.80 3.30 3.80 4.60 2.80
セベス
チェン
27.70 13.10 8.50 0.70 3.90 9.40 2.60 2.80 4.00 3.10 2.10
29.80 15.10 5.30 6.10 3.70 8.80 2.50 2.60 3.70 3.30 2.60
浅田
真央
39.40 23.00 11.70 7.00 4.30 8.90 1.90 3.50 3.50 3.70 3.80
40.30 21.20 11.30 5.60 4.30 10.70 3.10 3.50 4.10 4.80 3.60
キム 37.84 20.60 10.30 6.60 3.70 9.94 3.20 3.20 3.54 4.00 3.30
37.70 22.20 10.90 7.00 4.30 9.90 3.20 3.20 3.50 3.60 2.00
村主
章枝
30.84 16.70 7.50 5.90 3.30 7.24 2.20 2.24 2.80 3.60 3.30
33.20 16.50 7.90 5.30 3.30 8.80 1.80 3.30 3.70 4.20 3.70
マイヤー 32.80 17.10 7.90 5.70 3.50 9.20 2.20 3.00 4.00 4.20 2.30
25.88 11.98 7.90 0.78 3.30 8.10 2.20 2.40 3.50 2.40 3.40

Jump1:コンビネーションジャンプ/Jump2:単独ジャンプ/Jump3:ダブルアクセル
Spin1:レイバックスピン/Spin2:ジャンプスピン/Spin3:コンビネーションスピン
SpSq:スパイラルシークエンス

技術点では浅田真央選手が他を圧倒
 細かい分析はしていませんが、今週末のグランプリファイナルの予想を楽しむのに参考に作ってみました。
 技術点のトータルを示すTESでは浅田真央選手のNHK杯のスコアが40点台と頭ひとつ抜けています。彼女の恐ろしいところはNHK杯のこのスコアですら、ルッツで減点がされているところ。スケートアメリカとNHK杯の各要素の良い方のスコアを合算して理論上のマックス得点を机上で計算すると42点まででる可能性があります。2位安藤選手、3位キム選手はそこが違っていて、彼女達はほぼマックスの点数を各試合でたたき出していて、同様に理論上のマックス得点を計算してみても40点を超えないですから、目に見えるポイント差以上に浅田選手と他の選手と差が大きいということでしょう。
 そのほかではスパイラルシークエンスとステップシークエンスの安藤選手、スピンでのキム選手の健闘が光りますし、村主選手が1試合目のスケートカナダから2試合目のNHK杯までにジャンプ以外の要素のスコアを大幅に伸ばしている点も注目です。
 女子シングルSPの場合、PCSのファクターが×0.8になるので、技術点の1ポイント差は男子の1ポイント差より大きいといえますので、技術点の差を芸術点でひっくり返すのはかなり難しいところもポイントです。


よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

ワールド・フィギュアスケート No.25
4403310389
2006グランプリシリーズレポート
スケートアメリカ/スケートカナダ/カップ・オブ・チャイナ
織田信成・高橋大輔・浅田真央
イゴール・シュピルバンドほか
チャンピオン・オンズ・アイス・ジャパンツアー
Amazon


Amazonで詳しく見る


グランプリファイナル関連エントリー
GPF 男子シングル 技術点戦力分析(SP)
GPF 女子シングル 技術点戦力分析(SP)
フィギュアスケート グランプリファイナル(日程/参加選手/期待)
フィギュアスケート グランプリファイナル&全日本選手権 地上波 テレビ放送予定


この記事へのコメント
こうして整理していただくと、やっぱり浅田さんダントツなんですね。

力を出し切れば浅田さんの勝ちなんでしょうけど、月並みですが運命の女神様って、気まぐれですものね。誰が微笑ませられるのか、本当に楽しみです。
Posted by Suzu at 2006年12月13日 23:25
Suzuさん
こんばんは!
SPに関してはプログラムもいいですし、ノーミスの演技を実施すれば浅田選手が他の選手より一歩リードしていると思います。ただしフリーはようやくNHK杯で演技をまとめてきたところなので、ここまで安定した演技を披露した安藤選手の力も侮れないかなと思います。
時間があればフリーのほうもブログに掲載します。素人にはHTMLで段組するのってエクセルなどのように簡単にいかないので、数字をまとめるよりエントリーの形にするのに思った以上にかかってしまいました。
Posted by Alex at 2006年12月14日 00:29
すっごくわかりやすいです!ありがとうございます。
新採点法ちんぷんかんぷんで、苦手だったんですが、こうして比べて並べてもらえるとすごく実感です。
ファイナルますます楽しみです。

Posted by peco at 2006年12月14日 22:33
こんにちは!
pecoさん
ファイナルいよいよはじまりますね。
私も楽しみです!!
私は旧採点のほうが好きなのですが、こうして要素別に点数がわかるのは新採点の良さですね。
Posted by Alex at 2006年12月15日 13:50
こんにちは。はじめまして。
詳しい説明ありがとうございます。
やっぱり真央ちゃん強いけど、意外とヨナちゃんとか安藤さんも点出してるんですね。そういうところに驚きました。
いよいよ始まりますが、どうなるか楽しみです。
リンク登録しておきます。
Posted by Yuki☆ at 2006年12月15日 14:55
携帯から発信してるので、情報が重複したら申し訳ありません。
村主さん、サラ、ジュリアの乗ったバスが渋滞に巻き込まれ、普段なら30分で着くところが、2時間かかり、競技開始15分前に着くという、信じられないようなアクシデントに巻き込まれたようです。
当然アップする時間もなく、村主さんは2アクセルが1アクセルに。
その後のストレートラインステップでも、精彩を欠いたようです。
今まで彼女は何度も奇跡を起こしてきましたよね、今回もフリーでの彼女の神通力を信じたいです!
Posted by ゆかこ at 2006年12月16日 13:22
ゆかこさん
こんばんは!
情報ありがとうございます。
昨夜も開始時間が女子シングルが遅れたのですが、そんな事情があったんですね。
そのバスから渋滞に巻き込まれたってことは事故でもあったんでしょうか?
運営側ももう少し時間を遅らせるなどの配慮がほしかったですね。
フリーでは素晴らしい演技を見せてくれると期待しています。
Posted by Alex at 2006年12月16日 18:54
Yuki☆さん
こんばんは!
いよいよはじまりましたね。
安藤選手、キム選手、浅田選手は3人とも好調なようなので、テレビ観戦が楽しみです!
Posted by Alex at 2006年12月16日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

浅田真央 フィギュアスケート世界歴代最高点をとる!
Excerpt: 浅田真央フィギュアスケ鐔哀髪薺擦瞭芦茲?YouTubeでご紹介 q成長していく浅田真央を応援
Weblog: 浅田真央 フィギュアスケート YouTube 動画 画像
Tracked: 2006-12-14 16:13

グランプリファイナル 順位希望
Excerpt: いよいよ今週末に迫ったグランプリファイナル。あまり予想とかするのは好きではないの...
Weblog: Giorni Cantabili
Tracked: 2006-12-14 21:58