2006年10月29日

スケートアメリカ 地上波テレビ放送を見て その2(女子フリー)

 昨夜の放送とは違って今日はテレ朝の名物アナウンサー角澤さんではありませんでした。どちらかというと角澤さんはサッカーのイメージが強いからフィギュアスケートの実況では暑苦しいかもしれませんね。しかし・・・サラ・マイヤー選手カット・・・浅田真央選手にフリーで勝ったことに対するお仕置きでしょうか。ここまで煽っておいてテレビ朝日的に無名な選手に負けたという事実は隠蔽したかったのかもしれません。
 でも、テレビ朝日を見られるエリアの方は幸せ、次戦のスケートカナダ以後は関西エリアでは放送がありませんもうやだ〜(悲しい顔)。1週遅れのCS待ちになります。

さらに続く





キーラ・コルピ フィンランド
 もともと、コンスタントにいつもジャンプが決まるタイプではなくて、調子がいいときにはまるとすごいというスケーターなので、今日の演技は可も無く不可も無くいつもどおりといったかんじ。ご存知のようにフィンランドはシンクロナイズドスケーティング王国なので、どの選手もやはり影響を受けてシンクロスケーターのようなスケーティングをしますが、コルピ選手もフィンランドのスケーターらしいどっしりとした安定感ある滑りですね。

ミラ・リャン カナダ
 以前は女子シングルは5種類のトリプル跳ぶのが精一杯、スケーティングの質の追求は後回しって選手も少なくなかったですが、今はすべりが悪い選手ってあまり見なくなりましたね。この選手も本当に元気よく滑ります。噂にあったとおりこの選手も3回転3回転にトライしてきていますね。やはりこれからは3回転3回転は上位を狙うためには必須要素になってくるのかもしれません。

浅田真央 日本
 練習では本当に軽々とトリプルアクセル成功させていましたね。3回転3回転も本当に簡単に…しかし、本番でまさかの失敗でした。しかし、キャンベルではトリプルアクセルが失敗した後は、表情も曇って動きの切れもなくなっていましたが、今回は笑顔こそ見られませんでしたが、最後まであきらめずに滑りきっていて、スピンなどは今日の演技のほうが良かったように思いました。荒川さんは「トリプルアクセル失敗の後、他で取り返そうと頭で考えちゃったんじゃないか」と指摘してましたが…荒川さんはいつもそうでしたよねわーい(嬉しい顔)、と懐かしく思い出して遠い目。浅田選手は特に調子が悪いわけではなさそうなので、心配する必要はないと思います。日が悪かったぐらいで、次に進めばいいのではないでしょうか。

エミリー・ヒューズ アメリカ
 キャンベルから同じ失敗が続いていますね。フリップとルッツでトウをつきそこなうミスですが佐藤さんの解説によると「トウをつくときに頭の中では回転がはじまってしまってる」のだそうです。あー、こう言ってもらえるとわかりやすいですね。「工夫があります」「ミスは許されません」ばっかり言ってる人とは大違いですふらふら
 曲はすごく彼女にあってますね。出だしの振り付けなどをみるとこちらがウィルソン振り付けで、SPがマーク・ミッチェルのようですが、どうでしょうか。

キミー・マイズナー アメリカ
 SPはモロゾフでしたが、フリーは彼女が慣れ親しんでるローリー・ニコルの振り付け。やはりこちらのほうが彼女にあってるし、ローリーもマイズナーの得意な動きがわかった上で振付けてるのでがちゃがちゃしたところが目立たなくて、振り付け師との相性って大事だな思いました。SPで失敗した3回転ルッツ3回転トウループを最初に成功させてノーミスの演技。その3回転3回転は佐藤さんが指摘されたとおり、厳しいコーラーならグレードダウンされるかもというぎりぎりの回転でしたが、地元ですし、ちゃんと認定されて高得点を獲得しました。もちろんジャンプでミスしないのも大事なことですが、SPのときも思いましたが、スケーティングが昨シーズンに比べてグレードアップされているのが見ていて「よくなったな」と感じるところでした。
 一晩でちゃんと立て直してくるのがさすが世界チャンピオンですね。

安藤美姫 日本
 終わってからじわっと、良かったねと思えるような素晴らしい演技でしたね。SPに続いて振り付けのモロゾフとの相性のよさがでてます。リーアン・ミラーにしてもデヴィッド・ウィルソンにしても安藤選手の内面を引き出そうという意図があったと思うんですけど表現の目標は彼女自身でみつけなさいといった難しいものを求めてすぎて、安藤選手にはまだそこまで表現と向き合える準備ができてなかったために彼女のとまどいばかりがでてしまいました。モロゾフの振り付けは、こういう型で滑りなさいという目標をしっかり示して、安藤選手もただそれに向かって努力するといったスタイルの振り付けで、それが彼女にはあってましたね。プログラムで悩まなくて良い分、ジャンプにも集中できたのではないでしょうか。
 SPのときに少し気になった浅田選手とのスケーティングの差ですが、今日も解説の佐藤さんは指摘されていましたが佐藤さんがおっしゃるとおり「今日はこれでいい、これからの課題にすればいい」にも納得しました。安藤選手は本人が言っているように「ジャンプを決める」これが彼女の魅力を一番引き出すことにつながるとフリーの演技を見て思いました。

浅田舞選手
 白鳥の衣装が今回は間に合ったので新しい衣装で登場。実況アナウンサーが「世界のトップの選手にひけをとらない雰囲気を持つ」と紹介してのが言い得てるなと思いましたが、雰囲気は本当にトップスケーターなんですよね。でもあくまでも雰囲気であって足元を見ると上位の中では弱さが目立ちました。スタートは大きなすべりでいいなと思ったのですが、ジャンプで失敗した後は、せっかくの長い足がもったいな萎縮した以前の小さな滑りに戻ってしまって全体的にスピードがありませんでした。昔、ドイツにマリーナ・キールマン選手という選手がいたのですが、彼女もスケーティングではせっかくの長い足が使え切れてない小さな滑りをよく指摘されていたので重なって見えました。舞選手の場合は上半身ではエレガントさと雄大さの両方を兼ね備えた動きをしているだけに、余計にもったいないです。キャンベルではそのあたりかなり改善できてると思えたのですが、緊張すると昔の癖がでてしまうのでしょうか。
 アメリカのトレーニングの成果はちゃんと現れてきていて、彼女はコンビネーションジャンプでセカンドジャンプにトウループをつけるときに、足が氷から離れる前に体の回転がはじまってしまって、グレードダウンされることが多かったのですが、今回はきれいにトウループのコンビネーションができるようになっていて、特にダブルアクセルからのコンビネーションはアクセルの着地がぎりぎりで、以前ならこういうとき、俗に言うトウアクセルというジャンプになってしまったものですが、今日はトウループに収めていたのに進歩を感じました。
 今シーズン中に世界で成果を出せるレベルまではまだ達してないのかもしれませんが、先シーズンの世界のトップを目指すのはあきらめてしまったのかな?といったイメージは刷新、アスリートして上を目指す姿が見られたのは良かったです。

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

スケートアメリカ関連エントリー
スケートアメリカ 女子フリー 安藤美姫選手優勝
スケートアメリカ 地上波テレビ放送を見て(男子フリー/女子SP)
スケートアメリカ 男子フリー 織田信成選手優勝
スケートアメリカ 女子SP 安藤選手大健闘
スケートアメリカ 男子SP 織田信成選手PB更新で首位
スケートアメリカ (スケジュール/参加選手/期待)

 
この記事へのコメント
関西エリア地上波放送なしですか…
悲しいお知らせですね。
見てると何かと文句も言いたくなりますが、
放送されるだけ幸せだったのでしょうか。
少し反省しました。
Posted by でびかば at 2006年10月29日 23:14
こんばんわ。
やっと女子フリーも見終わりました。
真央ちゃんの演技を見ながら辛くなり、
泣きそうになってしまいました。
でも有香ちゃんが言ってたとおり、
「追われる者の大変さを経験し、
そこからどんな練習を積んでいくか」
との言葉と、インタビューに答える真央ちゃんの顔が
思ったよりは元気そうだったのに安心し、
少し楽な気持ちになりました。
いつもながら大変詳しい解説有難うございます。
私も真央ちゃんのスパイラルは好きです!
本当に姿勢がすっと伸びて、綺麗なスパイラルですよね。
今シーズンはますます磨きがかかったなあ〜と思います。

今回は残念でしたが、早くも次の試合を期待してしまいます。
何とかファイナルに向けて気持ちを切り替えて頑張って欲しいです(^^)
Posted by ゆかこ at 2006年10月29日 23:53
Alexさんのレビュー毎回楽しみにしてます。今回の大会を通して見て、プロトコルなどを見た感想は今までとはジャッジのGOEの加点の基準が明らかに変わったと感じました。

これは真央さんには逆風かなと感じました。ジャッジが加点を出しやすい傾向だと他選手との差別化があまり点数にでないですら。SPでもスピンやスパイラルでレベルの取りこぼしがあったんですが、他の選手のプログラムと比べて密度が別格に感じまた。しかしエレメンツごとに見ると加点で大きく差があるかというとそうでもないんですよね。新採点で悩まされた荒川さんとだぶって見えました。

Posted by かずのこ at 2006年10月30日 00:20
先ほど、女子トップ3のみ見れたのですが、ショートに続き、美姫ちゃんは滑る前から「絶対やってやる」と言う意気込みが表情から感じられ、「絶対に失敗はしない」と言う決意のもと、その通りに滑ったと言う感じで、間違いなく会心の演技だったと思います。真央ちゃんは、やはりまだ新しいプログラムに慣れてない所もあるのだと思います。今後に期待です。

スケカナ以降は、地上波での放送は関東地区のみっぽいんですよね。大輔君が出るのに、我が地元では男子のフリーの放送すらないようで、がっかりです。もちろんニュースなどで情報は出てくるとは思いますが。岡山は数少ない常設リンクのある県で、大輔君の後輩の町田君もジュニアで頑張っているのに、いまいちフィギュアの番組をしないんですよね、、、。最近BS放送をつけたので、そちらで大輔君の演技は見れると思いますが、関東地区のみと言ってもシングルは地上波で取り扱われるでしょうから、BSもおそらく全く同じでしょうし、大輔君は間違いなく放送されるでしょうし、ランビ、ジョニー君もされるとは思いますが、他のメンバーは厳しいでしょうね。BSと地上波が全く同じ内容なら、サイズも普通ですし、ダビングもしやすい地上波の方が良いんですよね。
Posted by おじゃる丸 at 2006年10月30日 01:11
こんにちは。
浅田真央選手にとっては、苦いスタートになってしまったかなぁとも、思いましたがSPは本当に素晴らしい作品になっていただけに、FPも来月の長野までには、きっちり修正してくれるだろうし、日本に帰ってくれば、山田先生もいらっしゃるから・・とポジティブに考えてます。

安藤美姫選手、本当におめでとう、努力は裏切らない、って言葉がぴったりくる演技でした。今朝少しだけ流れたEX、スケーティングも綺麗でこれをプログラムのなかでも実践できる位、完成度を上げていったら、考えただけでワクワクしてしまいます。

一番哀しかった事は、サラのフリーが放送カットされてしまった事です。。
トップ6の中で、何故??
地上波は大人の事情があって仕方がないと諦めても、何の為にBS放送権も持ってるの?
Posted by ぴんくぴっく at 2006年10月30日 11:17
気が付くと番組終了…あれ、サラ・マイヤーは? フリー3位なんですよね。ちょっとあんまりですよ。
アメリカ大会は、上位3選手の長所短所が良くわかる、おもしろい大会でしたね。

安藤選手は演技も体も衣装もメイクも(…もうちょっと薄くてもいい)イキオイがありましたね。昨シーズンまでちょっと微妙だったスパイラルは、上品になりましたね。うまく言えないんですが、プログラムを信じてる!がんばってきた自分を信じてる!って思いが伝わってきました。ただSP&FPとも振付が(激しさ加減とか)似てるような、少しイメージを変えてもいいのではないでしょうか。

真央選手は、あの素晴らしいSPだけでも大満足。FPは残念でしたが、現役選手の中で抜きんでた才能の持ち主であることは証明されたように思いました。これから経験を積むことによって、プルシェンコ選手のような存在になるのかな?期待しすぎ?

マイズナー選手のくじけない精神力もさすが、たまたま運良く世界タイトルもらったんじゃないのよ…ってのがわかりました、ごめんなさい。
Posted by ニルギリ at 2006年10月30日 11:42
織田君も美姫ちゃんもよかったですね。

特に美姫ちゃんには、演技だけでなく精神面での成長も感じました。改めて、昨シーズンの彼女がどれほど追い込まれていたか、苦しんでいたか、ということもわかりましたが…

今後の滑り込みで期待大ですね。フリーのラストでは「どうだ!やったぞ」って感じの手の動きで(笑)気持ちが伝わってきました。今後は、指先までなめらかに表現できるようになると…というのは贅沢でしょうか?

しかし、日本人選手のレベルの高さ、スゴイですね。個人的にはベテランの村主さんを応援しているので、これだけ若手が活躍すると世界選手権の代表3枠が楽しみな反面、少々心配も…?3-3チャレンジなんてことあるんでしょうか?
Posted by クン at 2006年10月30日 12:35
でびかばさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
一応、朝日放送のHPからご要望のメールを出しておきました。ひとりひとりの声は小さくても、多くの意見があれば、時間がずれても放送してくれるかなとすこーしだけ期待しています。

ゆかこさん
こんにちは!
浅田真央選手、今回はびっくりしましたね。世界ジュニアに続いてサイボーグでないことを証明してしまいました。NHK杯では村主選手、中野選手という国内のライバルとの対決ということで、また別の種類のプレッシャーもかかりそうですが、こうしていろいろ経験してバンクーバーオリンピックまでどんどん強くなっていってほしいですね。天才天才と騒がれるあまり、あまりにも世間の期待が早い結果を求めすぎてるかな?と最近思います。

かずのこさん
こんにちは!
まだプロトコルをじっくりは見ていませんが、GOE加点がでやすい傾向はあるかもしれません。ワールドフィギュアスケートの平松純子先生のコメントでもそのようなことをおっしゃていました。
それにしてもSPであんなのレベルの取りこぼしがあるのにあれだけの高得点の浅田真央選手には驚かされますね。まだまだたっぷり点数の伸びシロがのこってるってことですよね。すごいな。

おじゃる丸さん
こんばんは!
せっかくキー局が放映権をとっても地方局で放送がないと、スケートファンの拡大にはマイナスですよね。私が思ってるよりBSデジタルの普及率が高いってことなのかな?それと今回の放送選手を見てると編集方針に一貫性がないというかいい演技を選手がしても放送されない可能性があるというのも残念ですね。

ぴんくぴっくさん
こんにちは!
コメントありがとうございます
NHK杯、今までだと地元で調整しやすい…ですが、逆に時差調整が必要なんですね。
ファイナルに出場となれば
NHK(長野)→ファイナル(ロシア)→全日本(名古屋)
と拠点であるアメリカでゆっくり調整することが不可能になるので、その間、名古屋で練習場所を確保できるのかも心配です。
山田コーチとの関係はまだつづいているのでしょうか?報道から察するにどうも関係は解消されているように思うのですが。
EXご覧になられたんですね…安藤選手もまだまだのびしろが残っていますし、結果がでてくるとさらに練習にも気合が入るのではないかと思いますので彼女の成長は本当に楽しみですね。怪我だけはなければいいなと祈っています。

ニルギリさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
>>SP&FPとも振付が(激しさ加減とか)似てるような、少しイメージを変えてもいいのではないでしょうか。
そうですね…、できればちがうイメージのものを用意できれば理想ですが、まずは同じ傾向のものを用意しておいて、表現で迷いをなくすという作戦もありかなと思います。今シーズンはジャンプを安定させて、ステップやスピンでのレベルをしっかり取れるようになった上で、将来的に表現の幅が広がっていけばいいのではないでしょうか。表現の引き出しをたくさんもっている選手ではないので、エキシビションなどで幅を広げる努力をしていって、将来的にそれらを投入という展望を勝手に想像しております。

クンさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
>>…というのは贅沢でしょうか?
選手の成長を期待するのはぜんぜん悪いことではないと思います。ただ、結果に対して「期待してたのに」とか「裏切られた」と言う反応をするのは・・・ついついしちゃいますけど控えめにすればいいのではないでしょうか(なんだか、自分に対する戒めですね)。
日本の選手では浅田真央選手、安藤選手、澤田亜紀選手あたりはかなりの確率で3−3を決めてきてますし、浅田舞選手も挑戦しているという情報を聞きますから、全日本はすごいことになりそうですね。ただやはり世界選手権の代表枠をかけた全日本のあの緊張感はまた特別ですから、その状況を何度も経験している村主選手にも3−3のような目に見えやすいものではなくても若い選手と比べるとアドバンテージを持っていると思いますよ。本当に今から楽しみですね。
Posted by Alex at 2006年10月30日 14:49
安藤さんの復活に、近所のおばちゃんのような気分で感動してしまいました。私は技術的なことは分かりませんが、彼女の表情を見て本当によかったと思いました。
Alexさんのレビューで、今シーズンも勉強させていただきます。楽しみにしています。
Posted by シロートファン at 2006年10月30日 20:34
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます。
スケートアメリカよかったですね。
(会場のガラガラぶりがもったいない)
マイヤーのFPの放送が無かった件ですが、
「菊次郎の夏」を使っていますよね。
著作権とか関係あるのでしょうか。
ご存知でしたら教えてください。
Posted by まるなす at 2006年10月31日 09:43
シロートファンさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
私が書いてることもいちファンの感想に過ぎませんのでみなさんといろいろあれこれいいながら今シーズンも楽しんでいければと思っています。これからもよろしくお願いします。

まるなすさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
たしかに映像ソフト化する際には音楽の著作権の問題がネックになるというのはよく聞きますが…テレビの放映でそれが問題になったというのはあまり聞きません。今回の事情はわかりませんが、作曲者はちがいますが同じ北野映画の座頭一のサントラを使っていた昨シーズンまでの織田選手は問題なくオンエアされていましたね。サラ・マイヤーは当然東京ワールドでも同じ演技を披露すると思いますがそのときも同じように放送できないとなれば著作権の関係かもしれませんが・・・それはないような気がするのですが。
Posted by Alex at 2006年10月31日 12:02
お返事ありがとうございます。
マイヤー選手の演技が放送されず、かなり残念で、納得が出来なかったのでお聞きしてしまいました。
これからも、読ませていただきます。

Posted by まるなす at 2006年10月31日 17:40
Alexさん、お久しぶりです!
ちょくちょくチェックはしてたのですが、シーズン到来で嬉しくなって久々に出てきました。
真央ちゃんのスケーティングについての解説ありがとうございます! 真央ちゃんのスケーティングの良さが、具体的によくわかってすっきり!しました。今シーズンもお世話になります!
Posted by ないと at 2006年10月31日 23:38
こんにちは!
まるなすさん
私もマイヤー選手のフリー見たかったですね。できも良かったようなのでとても残念です。マイヤー選手は次はロシア大会ですね。そのときはちゃんと放送してほしいものです。

こんにちは!
ないとさん
今回のSPでは特に浅田選手のスケーティングのよさが光ってましたね。でききの悪かったフリーでもスケーティングを評価するSSだけが7点台というのも納得です。これでコンスタントに演技をまとめてこられるようになると8点台もそう遠くないように感じました。
Posted by Alex at 2006年11月01日 10:28
こんにちは。
本田コーチの記事が、朝日新聞に載ってました、素敵な内容でしたので、未見でしたら、是非!!
本田君の最後の一言にドライアイ気味の目もうるうるです・・高橋君は幸福な選手ですね。

浅田選手は、てっきり、海外ではラファエル、日本では山田先生の体制だと思っていました。以前の荒川さんのように。
特に、今季はNHK杯と東京ワールドと全日本を含めると3大会、国内があるので、そういった意味で・・違うのであれば、時差と共に環境面で不安ですね。

次はカナダ、ジェフが欠場なのは残念ですが、ある意味一番の楽しみだった村主さんのズーリン作品に、恩田選手にランビにヨンナに・・HD空けないと、大変です。
Posted by ぴんくぴっぐ at 2006年11月01日 16:12
○ぴんくぴっぐさんが上の書き込みで紹介してくださった本田さんの記事は、WEBでも読むことができました。嬉しくなる内容でした。
http://www.asahi.com/sports/spo/TKY200611010176.html


○真央ちゃんの今年のスケジュールで気になるのが、年末にかけて結構過密になっていることなんですね。

今年の真央ちゃん…NHK(長野)→ファイナル(ロシア)→全日本(名古屋)→各種ショーなど

去年の安藤さん…ロシア杯→NHK杯(大阪)→1週おいてGPファイナル(東京)→全日本(東京)5週間で4試合でしたが、この間って基本的には日本で練習してたんでしたっけ?今年の真央ちゃんのスケジュールって、妙にこのときに似てるように思うんです。

今年の安藤さんって、偶然かもしれませんがスケジュール的に調整しやすい感じなんですね。その点でも恵まれたかなぁと思っています。

もうひとつ気になるのが、真央ちゃんの現在の日本側受け入れの責任者が、はっきりしているのかどうかということで、この辺も去年の安藤さんのケースの反省点が生きていないように思うんです。

偶然なのか誰かの意図がはたらいているのか、モロゾフさんを含んだトライアングルって、その辺がうまく機能しているように思うんですけど(荒川さんと久美子先生、安藤さんと門奈先生、高橋君と本田さん)。気のせいかな。
Posted by 長野のK嬢 at 2006年11月01日 22:40
ぴんくぴっぐさん
長野のK嬢さん
記事の情報&リンクありがとうございました。しっかり読ませていただきました。
スケートカナダももちろん楽しみですがSOI大阪も発表されましたね…値段表とにらめっこしながたいくとしたらこの席かななどと考えています。近い席ももちろん素敵ですけど、全景が見渡せる位置の席もそんなに悪くないですよ(貧乏人のひがみでなく)。

安藤選手も先シーズンは一応キャロル・ハイスのもとで練習しながら国内では男性のほうの樋口コーチが見るという体制だったですよね…結局GPFからずっとジェンキンスコーチが日本に滞在して最後は年末年始の大変なときにデビッド・ウィルソンまで呼んで…クリスマスは家で家族と過ごすのが一般的な外国人がよくぞここまで安藤選手におつきあいいただいて心の中で感謝しておりました。荒川さんのときはどの外国人コーチもさすがにクリスマスにばっちりかさなる全日本はスルーされてたから。そういうのもあって荒川さんは久美子コーチプラス外人コーチという組み合わせに到達したんだと思います。(そのほかにも、恩田さんのシィナールやダンスのリニチクは全日本来てくれてたんですよね。正直、全日本選手権、昔のように年明けのほうが選手もスケジュールが楽なんじゃないのかな?と言ってみる)
Posted by Alex at 2006年11月02日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スケートアメリカ*女子FP
Excerpt: 民放、2時間枠での放送。やたらめったらCMが入る。一人滑ってはCM・・。あ??あ、
Weblog: まりりん&すけーと
Tracked: 2006-10-29 22:32

スケートアメリカ女子フリー・地上波放送を見て
Excerpt:  ま、まさかマイヤー選手がカットされるとは… 昨日カットされた選手を放送したことは評価しますが 日本人2選手のSPをダイジェストを含めて2度も流す時間があったら マイヤー選手を放送できるでしょう。 フ..
Weblog: go!rock!!skate!!!
Tracked: 2006-10-29 22:50

スケートアメリカ 女子シングル フリー
Excerpt: 地上波放送にて観戦。真央ちゃんのまさかのミスの連発は残念だったけど、今回に関して...
Weblog: Giorni Cantabili
Tracked: 2006-10-30 00:04

【多事「氷」論】 GPS第1戦 スケートアメリカ 総評
Excerpt: 僕は、感動しました。 もちろん、安藤美姫選手の「優勝」・・・・・・・・・・・・・
Weblog: キス&クライは、もういらない。 No more kiss and cry!
Tracked: 2006-10-30 13:20

スケートアメリカ・女子フリー・安藤美姫
Excerpt: スケートアメリカ女子フリーも終わりました。 本当に大変な2日間でした????(^^;) まずは美姫ちゃん、シニアでのグランプリシリーズ初優勝に 心から拍手を送りたいと思います。 世界ジュニ..
Weblog: 女子高校生に捧げるお弁当
Tracked: 2006-10-30 14:46

スケートアメリカ・・・安藤選手優勝!!なFS観戦記っ!(o^_')b
Excerpt: テニスのおにぃ??さま曰く・・・・ まさに、サバイバルっ!だそうです(^^;; で
Weblog: Dotaの(o^_’b ぐっじょぶ
Tracked: 2006-10-30 22:02