2012年04月10日

岩崎宏美ファン必聴 きだまさしとTake It All Japan 「大変なンすからもォ。」

さ〇まさしまさしさんのファンの方はネタバレ含まれますので読まないで!
 今朝のスポーツ新聞などでも報道されますが、さ〇まさしさんの40周年記念で本日発売されましたきだまさしとTake It All Japan 「大変なンすからもォ。」。さだまさしさんとは無関連の商品(笑)ですのでさだまさしファンの方は内容は買ってご確認下さいね。ネタバレを含みますのでこの先は読まないでくださいね。
 岩崎宏美さんファンの方には大切な連絡事項がありますのでこの先を読むか、読まずに即買うかどちらかお願いします。そしてさだまさしさん作詞作曲の「いのちの理由」、CD買うのはもちろんですが、地元のラジオ局や有線へのリクエスト、CD店に行ったら目立つ場所に目立つように置きなおすとかいろいろしましょう。お友達にテレビ局のお知り合いがいましたら、いい曲なのでぜひ番組で紹介するようにプッシュしてください。お願いします。

青春スター同士の名曲を収録
 「無名の大型新人デビュー」のキャッチフレーズでCD-BOOKというメディアでリリースされたきだまさしとTake It All Japanの 「大変なンすからもォ。」。お昼休みそして夜、何軒か本屋をまわってゲットしました。小さな本屋はないですね。千里中央の田村書店、セルシー側ではなくて北側の2階になってる大きいお店のほうで探してもらったら3冊入荷してたのでそのうち1冊をゲット。
 CDの内容はラジオ番組形式であのオールナイ〇ニッポンのパロディ。テーマ曲まで!その番組の中で1曲目に流れる葉山洋三&干雲丹子の懐かしいヒット曲「海といつまでも」。葉山洋三さん主演映画の主題歌ですが、干雲丹子さんも歌がうまい。まるで岩崎宏美さんみたいですね(笑)。二人でかけあいするセリフまであって、とっても楽しい曲です。オールディーズ調の曲を歌う岩崎さん...じゃなかった雲丹子さんも素敵。とってもかわいい曲なのでなぜか岩崎宏美さんファンは必聴ですよ。デュエット相手がなんせ若旦那シリーズで一世を風靡した超大物の葉山雄三さんですし。青春スター同士のデュエット、とても素敵でした。葉山さんもまだまだお元気で今年は宏美さんのステージで長くギター弾いてたばびちゃんさんとツアー回ってられますね。明日がお誕生日で75歳なんて信じられないぐらいお元気でお若い。
 他にも大ヒットドラマの中で使われたきだささし「北の方から」やチャンンジーズ「幕下の女の子」のライブバージョンなどが収録されています。6月には完全版がリリースされてDVDがおまけでつくようですが...干雲丹子さんは登場するのかな?まさか(笑)。

岩崎宏美さんのオールディーズ調デュエットナンバーと言えば
 ところで岩崎宏美さんのオールディーズ調のデュエットナンバーと言えば、聖母たちのララバイが大ヒットした直後レコーディングされた「My Darling」。デュエット相手は当時の担当ディレクターで飯田久彦さん。飯田久彦さんといえば「ルイジアナ・ママ」の大ヒットを持つ歌手ですが、早くに制作に転身され、その後、ピンクレディーを大ブレイクさせたことはみなさんもご存じのことでしょう。飯田久彦さんをひさびさにレコーディングブースへひっぱりだしたのが宏美さんでした。今夜(4月10日)の歌謡コンサートに飯田久彦さんが出演されるようですが、歌われるのかな?
 この「My Darling」、宏美さん自身によるかわい詞も素敵なのですが、作曲したのは竹内まりやさん。当時は結婚されて休業中、時々、堀ちえみさんや河合奈保子さんなどアイドルを中心に作曲をされていましたね(まりやさんのコンサートでは子供を寝かしつけた後やっていたとMCでおっしゃってました)。オールディーズ調というのも竹内まりやさんなら納得だな。山下達郎さんとまりやさんがデュエットしてもおかしくない曲、そうしたらウィスキーとかワインとかお酒のCMに合いそうだなと妄想しながら聞いたりしています。
posted by Alex at 18:51| 大阪 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「タモリ3」へのオマージュもあるのかな?
なんて思ったり。
Posted by nob at 2012年04月10日 19:06
nobさん
こんばんは!
「タモリ3」は知らなかったので調べてみましたが、企画的には同じ路線ですね。自分は世代的にスネークマンショーを思い出したりしました。
Posted by Alex at 2012年04月11日 03:25
買って来ましたよ〜。昭和の日ということで、'70-80年代の深夜放送のDJの味がしみる〜。
まさか、浅日放送がヤンリクの後番組ミューパラを縮小して、
適当ナイトにっぽんをネットするとは思いませんでしたが(汗)。

きだま「き」しさん、昔は文化村放送でSAY YOUNGを担当していたような気がしますが、
今は何曜日で「バター・ツイスト・サンド」をジングルにしているのでしょうか(笑)。

雲丹子さん、確か演歌はこぶしが回らず不得意と言われていたと思ったんですけど、
♪浜の男はぁよ〜、クラゲが嫌イィ〜〜ン↑のところ頑張ってましたニャー。

40周年記念の時には、是非シンガーソングやく○、北京原▲、車にポPーを従えて、
ヤンタン・レッツ・シング・トゥゲザーのコーナーを復刻してもらいたいものです。
掛け声はもちろん、「てぃ!」で(爆)。
Posted by ギムリン at 2012年04月29日 21:15
ギムリンさん
おはよいうございます。
たまにはこういう楽しいものもいいですね。
ニャーは本当にかわいかった。
Love Letterみたいなリラックスしたアルバム、また作らないかな?
Posted by Alex at 2012年05月01日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック