2012年03月22日

American Idol season11 Week7 #15 Semifinalists Girls Perform

アメリカンアイドル11 #15 セミファイナルガールズ
アメリカ初回放送2012年2月29日
日本初回放送2012年3月17日
全米視聴率 10.1パーセント

セミファイナルラウンド、女子は12名での戦い
 1名追加招集のあった男子の戦いに続いて女子は追加なし12名での戦い。ここから視聴者投票の5名が次のラウンドへ進出、さらに男女脱落者の中から3名がワイルドカードで進出となります。半分以上がここで振り落とされるのですから厳しい戦い。選曲は本人の自由ということなので、自分の魅力をアピールできる曲、視聴者の注意を惹くことができる曲を選ぶことが大事ですね。自分が好きな曲なんてだめだめな選曲をしてほしくないですね。

Chelsea Sorrell/チェルシー・ソレル23歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「Casanova Cowboy」Carrie Underwood [YouTube]Play On - Carrie Underwood
★★
 南部出身のチェルシー。紹介ビデオで銃を撃って見せたことは保守層をつかむには一番効果的だったかも。女性はカントリー枠からほかにも残っているのでがんばって差別化していかなければなりません。トップバッターということで緊張したのかな?カントリー独特のこぶしを回すことと音をはずさいないことで一生懸命でのびやかさや色っぽさに欠けていたように思えました。無難なでき。星2つで。ランディ「キャリー・アンダーウッドの曲を選んだのは正解とは言えない、自分らしさをアピールしなくては」、ジェニファー「あなたの声が大好きなのに今日は鼻にかけて歌っていて驚いた」、スティーブン「ここ一番で声を張れ」。男子と打って変わってジャッジがまともなこと言ってる。日本では連続放送ですが、アメリカでは一夜明けてからの翌日放送だったのでいろいろ前日の講評について耳に入ってきたのでしょうか?良いこと。チェルシーの次ラウンドへの進出は厳しくなったか?

Erika Van Pelt/エリカ・ヴァン・ペルト26歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「What About Love」Heat [YouTube]Heart: Greatest Hits - ハート
★★
 出張DJとウェディングシンガーをしてきたエリカ。ラスベガスの最後に見せたタトゥーは残念ですが隠せば問題なし。なんとなくハート歌うんだろうなと思ってみてたら本当にハートで笑ってしまった。力強くはあるんだけどところどころ音が取りづらそう。もしかしてちゃんと自分の声が聞こえてないのかもしれません。ステージが大きくなればなるほど致命傷だな。さらに力強く盛り上がらなければならないところも前半とあまり変わらなかった。これが精いっぱいかな。あまり伝わってくるものが無かった。アン・ウィルソンと比べてしまうからかな。星2つで。ジェニファー「少し物足りない気がした、もっとはじけて」、ランディ「抑えた感じが気に入った、アデルを彷彿させた」。

Jen Hirsh/ジェン・ハーッシュ25歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「One and Only」Adele [YouTube]21 - ADELE
★★★
 番組一押しのジェンはロス出身。ますますキャットを思い出しますね。ボーイフレンドもおじさんってますますキャットだな。「このステージで歌える思いを伝えたい」と前向きなコメント。でもアデルなの?アデルを勝手にルックスの自己評価が低いけどスターになりたい女の子のあこがれなんかに祭り上げないでもらえるかな(笑)。今シーズンのマイクは本当によくエコーがかかるマイクだな。これでは本当の声質や声量がわからない。やりたいことは分かってたし、全力で取り組んでるのもわかるけど、方向性が嫌い。ジェニファー「素晴らしいステージ」、スティーブン「終盤が不安定」、ランディ「歌唱力はトップクラス」。星3つで。ここでランディから「男性陣に対する俺たちの評価は甘かった」と反省の弁。高いギャラもらってるんだからちゃんとしてくれないと困るよね。

Brielle Von Hugel/ブリエル・ヴォン・ヒューゲル17歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「The Dock Of The Bay」[YouTube](Sittin' On) The Dock of the Bay - オーティス・レディング

 ハリウッドではお母さんのステージママが目立ってたブリエル。ニューヨーク出身だったんだ。学校ではチアとか絵にかいたようななんとかだな。彼女が最初の本選で選んだのは「The Dock Of The Bay」。なんで若さをアピールできるチャンスなのにこんな曲、しかもドレスがババ臭い。最初の音も怪しいし、歩き出すともっと不安定に。サビに入ってもまったく盛り上げられない失敗ステージだな。自分の何をアピールしたいのか伝わらない。星半分で。スティーブン「君のブルースにはセンスがある」、ジェニファー「魅力が前回だった、歌唱力では引けを取っても本当のパフォーマー」、ランディ「キーが低すぎたから不安だったが中盤以降良かった」。


Hallie Day/ハリー・デイ24歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「Feeling Good」Nina Simone [YouTube]Feeling Good The Best Of Nina Simone - Various Artists
★★★☆
 一度はあきらめた夢をご主人のサポートを得てもう一度追いかけるハリー。アメアイでは人気曲ですね「Feeling Good」。やっとプロを狙うレベルの歌手がでてきたな。ちゃんと歌えて個性を語れるレベル。それが多くの人に受け入れられるかどうかはここからがスタートライン。観客に握手しに行くのに体をかがめたら途端に音が怪しくなったな。やめたほうがいい。最後きっちり盛り上げた。星3つと半で。ジェニファー「美しいステージでスターみたい、しっかり立て直したのは見事」、スティーブン「声に懐かしさを感じる」、ランディ「目指してるアーティストはバンド系?トーチソング歌い?方向性が見えない」。ハリー「ソウルフルな歌手を目指してる」。最後の受け答えは大事なことだな。ランディが初めてちゃんと仕事してるの見た気がする。

Skylar Laine/スカイラー・レイン17歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「Stay With Me」Faces [YouTube] The Best of Faces: Good Boys When They're Asleep - Faces
★★★☆
 カントリー枠二人目のスカイラー。番組ではチェルシーよりもスカイラーをここまでプッシュしてきていました。ビデオもなかなか効果的ですね。カントリーマーケットに打って出ようとする女の子は気取ってちゃだめ、田舎育ちをアピールしなければ。予選では銃を持って狩猟することもアピールしてました。自分の大好きな曲ではじけると宣言したパフォーマンス。力入りすぎなんじゃってぐらいの全力でのパフォーマンスが気持ちいいですね。ステージ慣れしてないのか移動するときや握手するときに歌がシェイキーになるのはみんな同じですね。ただ最後の盛り上げのとこでも前半で頑張りすぎた分、そこからさらに力強く歌うことはできなかった。全体のバランスは無視して後先考えず走り切ったパフォーマンス。悪くないけど毎回だと飽きる。星3つ半。ランディ「今までにないステージ、ロッキン・カントリー・ガール」、ジェニファー「ティナ・ターナーがカントリーを歌ってる」、スティーブン「ピストルのように突き進め」。受け答えもかわいらしくてアメリカ受けしそうだな。一人目の当確っぽい。確かにゴリゴリのカントリーナンバーでない曲をアレンジして自分のものにしてきたところは評価できいるのかも。

Baylie Brown/ベイリー・ブラウン23歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「Amazed」Lonestar [YouTube]Simply the Hits - EP - Lonestar
★★
 カントリー枠の紹介ビデオは誰が一番田舎で一番泥臭い生活をしているか自慢になってきましたね。再挑戦組のベイリーは馬や牛、羊を抱える牧場の子。おじいちゃん子アピールもお年寄りを投票の電話口へ向かわせそう。ほかのふたりと違ってあえてバラードで大人っぽさを強調してきました。ゴージャスな雰囲気がでてますが肝心な歌が少しシェイキー?言葉も音もはっきりさせずあやふやにしてごまかしてるように聞こえました。その分、後半へのギアアップははっきりと感じ取れましたが。スティーブン「ベストの選曲ではないけど可愛らしかった」、ジェニファー「可愛いというより美しい、選曲が良くなかった、不安定だった、ここは戦いの場決めなきゃ」、ランディ「ピッチーで曲を自分のものにしてなかった」。自由に選曲できる時の選曲ミスは痛いね。自分の魅力をアピールできないと。綺麗なのでおまけして星2つ。

Hollie Cavanagh/ホリー・キャヴァナ18歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「Reflection」Christina Aguilera [YouTube] Christina Aguilera - Christina Aguilera
★★
 先週のモーメントオブトゥルース、その瞬間まで紹介されてこなかったホリー。しかしそこで紹介されたソロパフォーマンスはなかなか魅力てきでした。露出不足の不利な状況をこの1回のステージで跳ね返すことができるでしょうか。今シーズンは男女とも南部出身が多いような気がしますね。彼女はテキサス州出身。シーズン5の予選では歌っている参加者が多かった記憶があるアギレラの「Reflection」。びっくりするほどのばたばたしたスタートでびっくり。やはり緊張するんでしょうね。心の準備がないまま歌い始めたように聞こえました。中盤から持ち直したのは良かったですが。アギレラの曲って子供がのど自慢で曲ってイメージを持ってるの私だけ?ジェニファー「力を入れ過ぎてた」、ランディ「もっと自分を解き放って歌えると良かった」。お気に入りだけど厳しいな星2つで。

Haley Johnson/ヘイリー・ジョンセン22歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「Sweet Dreams」Eurythmics[YouTube]Eurythmics: Ultimate Collection (Remastered) - Eurythmics
★★★
 猫と暮らしてると紹介されるとポイントが上がりますね。大胆な選曲で「Sweet Dreams」ですが低音を効かせてなかなかのスタートと思ったら、やはり移動すると急に弱弱しくなってしまう。声を張り上げている時以外の表現が弱いな。ルックスとか好みだけど。無難にまとめなかったことを評価して星3つ。おまけしすぎか?ジェニファー「選曲が疑問、視聴者がどう判断するか?」、スティーブン「思いっきりの良いステージに心を奪われた」、ランディ「悪夢だった、音程が外れまくってた、ツメが甘い」。

Shannon Magrane/シャノン・マグレーン16歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「Go Light Your World」Kathy Troccoli[YouTube]
★★★☆
 だんだん名前とここまでの勝ち上がりぶりが結びつかない子達がでてくるな。シャノンのお父さんは覚えてた。最初にミスコンみたいなドレスで並んでたのは彼女だったのか。バラードを無難に歌ったけれど16歳に求められる表現がこれだとは思わない。後半も器用に盛り上げたなという感想。星3つと半で。性格は素敵そう。ランディ「将来が楽しみ、若いのに貫録がある」、ジェニファー「経験なのか天性の才能なのかわからないけど人を引き付ける魅力がある」、スティーブン「ゴスペルっぽい」。


Jessica Sanchez/ジェシカ・サンチェス16歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「Love You I Do」Dreamgirls Soundtracks [YouTube]Dreamgirls (Music from the Motion Picture) - Various Artists
★★☆
 この子は個人的には悪目立ち組だな。ラスベガスラウンドでのど自慢アラシっぽさが前面にでていて魅力を感じなかった。声帯を痛めてしまったと言うサンチェス。紹介ビデオで気づいたんだけど、男子のビデオから持たされてる自分撮りのビデオカメラ、おそらくタイアップ商品なんでしょうね。ラスベガスであんなに力強かった声はどこへ行ったのかと心配になるくらいの不安定なスタート。盛り上げは作るんですが、歌の節回しから顔の表情からボディアクションから何もかもが古臭い。16歳の女の子がやることではないよな。最後の歌い上げだけでスタオベ?この路線でプロになるならペンペコちゃん以上じゃないと。ランディ「ずば抜けた才能の持ち主」、ジェニファー「体を使ったアクセントのつけ方が良かった」。星2つと半。ジャッジの評価が褒め殺しに終わらなければよいのですが。

Elise Testone/エリーズ・テストン28歳[YouTube]
#15 Semifinalists Girls Perform
「One and Only」Adele [YouTube]21 - ADELE
★★★★★
 一番苦手なセミファイナリスト来た。何もかもが疲れ切っていて見ていてこちらまで生きる希望を奪われる感じ。本日ふたりめのアデル、しかもジェンと同じ曲。ピアノの弾き語りで来ましたが、驚いたことに悪くない。あらー、喰わず嫌いはダメですね。これぐらい不幸が顔からにじみ出ていて、疲れ切った女性ボーカリストが歌うと、この曲の味がこんなに引き出されるとは素晴らしい。星5つだな。今後も応援できるかどうかは別にして今夜一番のパフォーマンス。同じ曲を無難に歌ったジェンには赤信号か。スティーブン「原曲の素晴らしさを見事に表現した」、ジェン「誰よりも個性的、歌唱力も抜群」、ランディ「視聴者に君の魅力が伝わることを祈る」。今シーズンは彼女が隠し玉かもしれない。優勝候補。サンチェスの子供っぽいパフォーマンスの後だとなおさら光るな。

ジャッジのオシメン発表
ランディ「女性/ジェシカ、シャノン、ジェン、エリカ、スカイラー」
「男性/フィリップ、ジョシュア、デアンドレ、コルトン、ヒージュン」
ジェニファー「女性/ジェシカ、ホリー、スカイラー、ジェン」
「男性/デアンドレ、ジョシュア、フィリップ」
スティーブン「女性/エリーズ、ジェシカ、ホリー、エリカ、ハリー」
「男性/ジョシュア、デアンドレ、アダム、フィリップ」

 女性部門はジャッジの意見と自分の評価とが割れてしまったので採点に自信がないな。お気に入りの子の点数を甘くつけた自覚があるし。それでも当落予想いってみましょう。
 ジャッジの男性オシメンは結果を知ってる上で、おかしな投票結果ではなかったと肯定するためのアリバイ作りかもしれないから眉唾で分析せねば。平気でヒージュンって言えるランディが怖い。

実力者ゾーン
エリーズ・テストン★★★★★
シャノン・マグレーン★★★☆
スカイラー・レイン★★★☆
ハリー・デイ★★★☆
==安全圏==
人気投票ゾーン
ジェン・ハーッシュ★★★
ヘイリー・ジョンセン★★★
ジェシカ・サンチェス★★☆
==混戦ライン==
どんでん返しゾーン
チェルシー・ソレル★★
エリカ・ヴァン・ペルト★★
ホリー・キャヴァナ★★
ベイリー・ブラウン★★
ブリエル・ヴォン・ヒューゲル☆

 みなさんの予想はどうなりましたでしょうか?そして予想は当たったのかな?早く結果発表エピソード見なければ。



posted by Alex at 00:28| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
今年は女子は似たようなブロンド美女が多くて、
誰が誰だか見分けが未だにつきません(笑)
男子と違い、ルックスは可愛い子が多いのに
歌がピンとこなかったかも。。。

スカイラーはアリソンをもっと田舎っぺにした感じに見えました。
あーいう「田舎の元気娘」はアメリカ好きそうですね。

私はジェニファーの推しメンと結構近いです。
ジェンをシャノンに、デアンドレをクレイトンに替えるといい感じです。
それにしてもデアンドレはジャッジ3人とも推しメンですが、
あんな気持ち悪いファルセット野郎の何がいいのかわかりません。
珍しいキャラってだけなんじゃ?(ボロクソ書きました、すみません(汗)
Posted by JoyJoy at 2012年03月22日 10:52
JoyJoyさん
こんばんは。
デアンドレほんとがっかり(笑)。
女子は予想とかなり違った結果になって驚きました。
ジェシカ・サンチェスは苦手なタイプなので困ったなと。
エリーズも予選でほとんど露出がなかったので、今回だけたまたま曲とはまったのかもしれないし、この先を見てみないとわからないですね。
スカイラーがかなりいい線まで残りそうなのは理解できます。
Posted by Alex at 2012年03月22日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック