2012年03月20日

American Idol season11 Week7 #14 Semifinalists Boys Perform

アメリカンアイドル11 #14 セミファイナルボーイズ
アメリカ初回放送2012年2月28日
日本初回放送2012年3月17日
全米視聴率 9.4パーセント

男性12名ぷらす1名で争われるセミファイナルラウンド
 前回選ばれた12名の男性セミファイナリストと急遽呼び戻された1名、合計13名で争うセミファイナル。観客を入れたステージに立ちバンドの生演奏によりそれぞれが1曲ずつパフォーマンスを行います。ジャッジによる講評を経て、番組終了後に電話とインターネットによる投票が行われ上位5名が決勝ラウンドへ進出となります。そして男女のベスト5とは別にジャッジがワイルドカード3名を選び13名が次のラウンドへ進出、さらに12名に絞られるとファイナリストですね(間違っていたので訂正しました)。
 今週は好きな曲を選べるということで、自分の実力を一番発揮できるナンバーを選ぶことが最も重要になりそうですね。
 はたしてみなさんが応援してるコンテスタンツは期待通りのパフォーマンスをしてくれるでしょうか?
 そして呼び戻されたのは誰か?リッチーであって欲しい(笑)。
 では早速感想へ。あなたの好きな人が酷評されててもあくまでも個人の感想ですので洒落だと思って読み流してください。

Reed Grimm/リード・グリム26歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「Moves Like Jagger」Maroon 5 [YouTube]Moves Like Jagger (feat. Christina Aguilera) - Single - Maroon 5
★★
 異端児ぶりを強調したキャラ作りをしてますが、変わり者を強調するほどの特別な才能があるとは感じられないグリム。動きの気持ち悪さはぞっとするほどの歌のうまさ声の良さがなきゃ気持ち悪いだけ、無理やり挿入されたパーカッションもわざわざ入れるほどうまいかな?ツアーメンバーには番組のバックアップでにぎやかし的に残るのかもしれないけど。ランディ「ジャズ風のアレンジが効果的」ジェニファー「みんなが知ってる曲でよくアピールできてる」スティーブン「ステップも良かった」。番組の期待には応えてたということで星2つで今シーズンはスタート。ここまでの露出が半端ないので安全圏だとは思いますが。

Adam Brock/アダム・ブロック27歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「Think」Aretha Franklin [YouTube]Respect - The Very Best of Aretha Franklin - Aretha Franklin
★ 
 セミファイナリストに残った自信からでしょうか、もともと過剰すぎる自意識が爆発してうざさに拍車がかかってきたアダム。「アレサ・フランクリンが俺の中で目覚める」なんて暴言吐いたのかと思ったら日本版が勝手に「Large Black Woman」にアレサ・フランクリンって字幕つけたんですね。さて、お手並み拝見。がなり声でシャウトすればソウルだとでも?声質がぜんぜんよくないしアレサ・フランクリンの印象が強いこの曲を歌うには声が細い。ブルーアイドソウルと呼ばれる「プロのシンガー」はジョー・コッカーにしても、マイケル・マクドナルドにしても、ポール・ヤングにしても、ポール・キャラックにしても神様からもらった特別な声の持ち主ばかり。結婚式で酔っぱらいがやる余興レベルで歌手を極めたいとか無謀すぎ。スティーブン「真底気に入った」、ジェニファー「視聴者にインパクトを残せた」、ランディ「いいステージだった」。自分たちが選んできたんだから駄目だとは言えない罠。お情けで星1個。この人が最後まで勝ち残るようならアメリカンアイドル終了のフラグ。ダニー・ゴーキーがプロとしてはまったく通用しなかったことを投票する前にアメリカの視聴者は思い出して欲しいですね。

Deandre Brackensick/デアンドレ・ブラケンシック17歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「Reasons」Earth Wimd & Fire [YouTube]

 高校生のデアンドレ。ルックスでは今シーズンぴかいちかな。確かにハイトーンが売りなんだろうけど、天下のフィリップ・ベリーのハイトーンと張り合わなきゃいけない「Reasons」は選曲ミス。原曲にハイトーンのイメージが無い曲をボーカルアレンジしてこそ光ると思うのだけど。弱弱しさ、声の細さが際立ってしまって残念。見せ場のロングトーンだけ妙に浮いてて余計に変でした。歌がしっかり歌えてないのに観客の握手に応える余裕はないでしょ。期待してただけにがっかりだな。ジェニファー「大歓声が送られるのもわかる」、スティーブン「自分の持ち味にあう曲を選んだ」、ランディ「すぐにでもプロで通用する」。甘すぎる評価はコンテスタンツのためには思えないのだが。星1つが続きますがルックスでとりあえずは勝ち上がりそう。

Colton Dixson/コルトン・ディクソン20歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「Decode」Paramore [YouTube]Decode - Single - Paramore
★☆
 前シーズンから大きく取り上げてきたコルトン、本選の序盤ではかなりのアドバンテージですね。アドバンテージがあるうちにいろいろな挑戦をしておきたいところです。オリジナルの女性ボーカル/ギターサウンドを男性ボーカル/ピアノ弾き語りでスタートしたところにひと捻り効いていましたが、盛り上がる所での声の細さは聞くに堪えない。かなり声にエコーかけてもらってるのにこれでは。ランディ「この番組初のインディー系ロッカーの登場」、ジェニファー「弾き語りの部分が良かった」、スティーブン「新鮮でアーティスト性がある」。星1個と半分。露出が多いから勝ち上がるかな。

Jeremy Rosado/ジェレミー・ロサド19歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「Gravity」Sara Bareilles [YouTube]Careful Confessions - Sara Bareilles
★☆
 女性の歌を男性が歌うことでひとひねりしてくるコンテスタンツが続きますね。アダム、コルトン、ジェレミーと3人目。ルックス的にティーンの女の子たちの票を集められるタイプではないので、歌を完璧に決めないと厳しいですがどうでしょうか?彼の声質やスタイルを生かせるレンジの歌では無かったですね。それにしても今年はみんな魔法のマイク設定、エコーのかかり方が以前のアメリカンアイドルに比べて半端なく、逆に鼻につくほど。人前でのパフォーマンスに慣れてない感じがしましたので、勝ち上がることができて、慣れてきたら持ち味を出してほしいな。スティーブン「美しかった、ベストな選曲」、ジェニファー「特別な声を持ってるひとり」、ランディ「繊細な表現力にやられた」。ジャッジは高額なギャラをもらってるんだからちゃんとコンテスタンツのためになるアドバイスしなきゃ。勘違いしたたま脱落したり、勝ち残ってデビューしてもかわいそうだ。今は全員褒めててもジャッジがワイルドカード選ぶときには誰かを落とすんだから。星1個と半分。

Aaron Marcellus/アーロン・マーセラス27歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「Never Can Say Goo-bye」The Jackson 5 [YouTube]The Very Best of Michael Jackson With the Jackson 5 - Jackson 5 & Michael Jackson 
★★★☆
 ここまで時々画面には出てきてたものの強い印象が残っていないアーロン。ビデオ紹介がもしかしたら最後の彼のパーソナリティを紹介するチャンスになるかも。若きマイケル・ジャクソンが切なく歌い上げた「Never Can Say Goo-bye」を普通にうまく歌うアーロン。この流れだとアダムみたいに悪目立ちした者勝ちになりかねないから、普通にうまいとかえって不利なのか?と心配になってしまう。ジャッジ3人は初のスタオベ。ランディ「歌唱力抜群、終盤のアレンジも素晴らしい」、ジェニファー「あなたには特別な何かがある」、スティーブン「見事なステージだった」。ルックスも含めて心配だけど期待を込めて星3つと半分。


Chase Likens/チェイス・ライケンズ20歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「Stormy Warning」Hunter Hayes [YouTube]
★★★
 ここまでほとんど露出なくセミファイナルに勝ち残ったチェイス。番組構成的には脱落要員かな?と心配なところですが、今シーズン男子唯一のカントリー枠からの登場となりました。紹介ビデオも愛馬を世話していたりとカントリーファンが安心して応援できるキャラクター。イケメンかどうかは評価が分かれても整った顔立ちをしているますし、パフォーマンスさえ良ければ票を集めそう。無難にしっかりしたパフォーマンス。握手に気を取られてカメラにアピールできてないのが残念かな。ずっと視線がステージ前の観客でうつむいてしまってる。投票してくれるのはテレビの前の視聴者なんだから常にカメラは意識できてないとね。スティーブン「ブランドン・フレイザーに似てる」これは最初に思った。でも今のブレンダンが微妙な感じになってるからこれを指摘されたのは有利じゃないな。ジェニファー「顔も歌もいい!」。これまでの紹介が少なかったのは不安要素ですが、星3つで。最後、ライアン・シークレストと並んだときに顔がでっかく見えてしまったのはかわいそう。身長がまったく違うから別生物なんだけどね。

Creighton Fraker/クレイトン・フレイカー28歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「True Colors」Cyndi Lauper [YouTube]True Colors - Cyndi Lauper
★★★
 リードとちがってこちらは本物の異端者、クレイトン。隠しても隠しても溢れ出るクィアー感。そして選んだのは「True Colors」ときたもんだ。「個性を恥じる必要はない」というビデオのコメントからパフォーマンスへの流れは完璧な自己演出ができてましたね。ミック・ハックネルあたりと比較されたいのかな?って感じは伝わってきましたが、残念ながら歌声にその才能があるかは微妙。しかし、歌詞と彼のキャラクター、感情、生い立ちなどがシンクロして見る者の心になんらかの働きをもたらすパフォーマンスだったことは確か。ただそれはこれまでの無難な参加者と違って悪いほうの感情を生み出すリスクもあるわけですが。紹介ビデオに招き猫もでてきたし、グループパフォーマンスでの無難な路線からは戻してきたことを評価して星3つ。ジェニファー「みんなのレベルが高いので視聴者が選択に困る見事なステージ」、スティーブン「極上のステージ」、ランディ「今シーズンはレベルは高い、勝ち残るにはほかの要素も重要になってくるが歌唱力はぴかいち」。

Phillip Phillips/フィリップ・フィリップス21 [YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「In The Air Tonight」Phil Collins [YouTube]...Hits - Phil Collins
★★★★
 ここまでのラウンドを見る限り、個人的に応援したいフィリップ・フィリップス。選曲はみんなが誰でも知ってるわけではないけど誰もしらない曲でもないといういい線をついてきました。これまでのギターを掻き鳴らして畳み掛けるように激しく歌い上げる路線を変えてきたのも挑戦的でいいですね。ただギターを抱えてアレンジバージョンで歌う路線はS7の超絶ヘアメイク・デヴィッドとかぶってるところが吉と出るか凶と出るか。ジェニファー「予選が終わって一番話題になったのがあなたでずば抜けた才能があることを今夜も証明した」、スティーブン「個性的な声は曲は選ぶものだけどなんでも歌いこなす」、ランディ「メロディーはアレンジしないほうが良かった」。ランディここで初仕事ですか?ケチつけてアドバイスするならここまでにもっとやる仕事があったと思うけど。奮発し星4つで。

Eben Franckewitz/エーベン・フランコウィッツ15歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「Set Fire To The Rain」Adele [YouTube]21 - ADELE

 デヴィッド・アーチュレッタみたいなずば抜けた才能があるわけではないのに、潰しが効かない世界に15歳の子供をひっぱってこようとするのもどんなもんなのかな?とセミファイナル進出を大いに疑問を感じたエーベン。魅力が無いとは思わないけど素直に歌ってるだけで歌手になる素質はまったく感じない。ボーカルが不安定になってるところで観客に握手いったりステージ慣れしてなくて挙動不審な所を見ると、のど自慢アラシではないみたいだからこれからのノビシロは残されているのかもしれないけど場違いだな。この段階でアデル選んでくるのもあなたは本当にやりたい音楽があるの?って思う。ランディ「15歳なのに信じられないくらい落ち着いてた、中盤フラット気味の音があったが最後は決めた」、ジェニファー「中盤で音程がおかしくなった、声援の中で声を失わないためには慣れるしかない」、スティーブン「声はすばらしかったけどピッチー、ブルースを聞くようにしなきゃ」。歌下手だってはっきり言わなきゃだめだよ。星は1個あげられないので半分で。

Heejun Han/ヒージュン・ハン22歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「Angel」Robbie Williams [YouTube]In and Out of Consciousness - Greatest Hits 1990 - 2010 - ロビー・ウィリアムス

 なんかすっかり人気者になってるヒージュン。ビデオから気持ち悪くてだめ。相変わらず居心地悪い高いトーンで歌う「Angel」。英語の発音が明らかにおかしいのにここまでジャッジが指摘してこないのもおかしい。ラテン系の子たちはこれまでそれでボロカスに言われてきたのに。盛り上げの所も余分な破裂音が同時にいっぱいでてるんですけど。星1個半で。ジェニファー「今まで歌ってきた曲のほうがあってた」ってこれまであの曲しか歌ってきてないし。少しでもネガティブなこと言われると顔に出すのもなんだかね。スティーブン「この曲じゃお前の良さは伝わらない」。どんどん顔が険しくなってきた。ランディは何言ってるかわけわからない。態度悪いなやっぱり★1つに。デヴィッド・アーチュレッタが「Angel」を歌ったのと同じ番組かなこれ?ブログに汚い言葉並べてしまったからアーチーの「With You」[YouTube]聞いて浄化しなきゃ。

Joshua Ledet/ジョシュア・レデット19歳[YouTube]
#14 Semifinalists Boys
「You Pulled Me Through」Jennifer Hudson [YouTube]Jennifer Hudson - Jennifer Hudson
★★★★★
 ちょっと顔がジョニー・マティス風かな?年取ってからの(笑)。粗削りなところもあるけど、原石としての輝き方では他を圧倒しいる。これで10代の若々しさがあったら最強だけど優勝候補ですね。最後のハイトーンでもデアンドレなんかとは全く別物。マネートーン、お金を稼げる歌だ。ジャッジまたまたスタオベ。男子の中ではこの子が別次元じゃないですか?でもこの番組はシーズンの序盤戦を走らされる人は負けるシステムなんですよね。そこがつらいけど、期待を込めて星5つ!ランディ「ジャッジやってて真底良かったと思えた」、ジェニファー「あまりのすばらしさに言葉もでない」、スティーブン「君のような逸材を求めてた」。個人的につらい時期に聞いていたジェニファー・ハドソンのデビューアルバムに入っていたせいかもしれませんが、ジョシュアの歌って英語であっても歌詞が視覚的に浮かんできたんですよ。良かった。

Jermaine Jones/ジャーメイン・ジョーンズ25歳[YouTube]
「Dance With My Father」Luther Vandross [YouTube]
★★★★☆
 脱落組から復活したのは低音組のひとりジェーメイン。リッチーでないのは残念だけど、このチャンスを生かして欲しいですね。プレッシャーのかかる場面でのパフォーマンスではないかと思いますが、スタートこそ少し不安定だったものの、この子もちゃんとマネートーン持ってる。歌う曲を選ぶタイプではあるけどこういう人が番組にいてくれることで、人気があるだけ、キャラクターが良いだけで勝ち残る人の歌のダメさが際立つからずっといてほしい存在だな。素敵パフォーマンスでジャッジ3度目のスタオベかな?星4つと半で。ランディ「際立った個性を証明してくれた」、ジェニファー「あなたの歌声を全米に届けられて良かった」、スティーブン「美しい声だ」。ドラマの作り方としては制作チームの勝利だな。

 最後の編集分、前は直前のドレスリハーサルからの映像が使われていましたが、いつの間にか本番の編集になってたんですね。

 この中から投票で残れるのは6名ですか。厳しいな。もう結果エピソードも放送になってますが自分勝手な予想を一応最後に。みなさんのお気に入りは期待通りでしたか?

実力者ゾーン
ジョシュア・レデット★★★★★
ジャーメイン・ジョーンズ★★★★☆
フィリップ・フィリップス★★★★
==安全圏==
人気投票ゾーン
アーロン・マーセラス★★★☆
チェイス・ライケンズ★★★
クレイトン・フレイカー★★★
リード・グリム★★
コルトン・ディクソン★☆
==混戦ライン==
脱落ゾーン
ジェレミー・ロサド★☆
アダム・ブロック★
デアンドレ・ブラケンシック★
ヒージュン・ハン★
エーベン・フランコウィッツ☆

 デアンドレやアダム、コルトンは人気投票的に合格してしまうんじゃないかと恐れていましたが、後半にレベルが高い人たちが出てきてくれて当落ライン上なんじゃないかな?これでヒージュンがTOP5に入ったらシステムに問題ありますね(笑)。ワイルドカードは男女で3名しかないし、毎シーズン謎の選出してきてあてにできないので、お気に入りのジョシュア、ジャーメイン、フィリップにはストレートでTOP5に残って欲しいです。
posted by Alex at 18:53| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Alexさん、こんにちは!
男性陣の点数が辛くて笑いました(笑)。
私も色々がっかりした二時間でした。
ジョシュアはアフリカ系で久々に出てきた実力者なので応援してます。
できるだけ長く残って欲しいでね〜。
Posted by sou at 2012年03月21日 17:14
souさん
こんばんは!
がっかり多かったですよ。
デアンドレ、予選見せなかったのはひどかっらからかなと(笑)。ルックス枠でしたね。
去年からの露出で投票ではそこそこ残りそうなコルトンもだったら実力が伴ってないとねとか。
応援したかったジェレミーの失敗も。
がっかりだらけですが、ジョシュアいてくれて救われました。
Posted by Alex at 2012年03月22日 00:43
こんにちは!
辛口コメント楽しませていただいています!

男子は私もがっかりです。
華のある人がいないと思います。
アーロン絶賛されていましたが、確かに上手いけどあの歌は何百回も歌ってます、
という手垢がついた感じに聞こえました。
コルトンもよく見たらイケメンなのに、あの髪形は何とかならんか・・・とか。
フィリップもいつもギターかき鳴らす感じでちょっと飽きてきました。なんか地味だし。
S8のマットを思い出しました。
ジョシュア・フィリップ・クレイトンに残って欲しいですが、華がないなぁ・・・
Posted by JoyJoy at 2012年03月22日 10:15
JoyJoyさん
こんばんは!
ジャッジが甘すぎる夜でしたね。
クレイトンは個性が立ちすぎてたかな?いきなり半分に絞るような選考では好き嫌いが分かれそうな個性的な人は振りですね。以前のよううに少しずつ振り落とすシステムに戻してほしい。
Posted by Alex at 2012年03月22日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック