2012年03月14日

American Idol season11 Week6 #13 Final Judgement Part 2

アメリカンアイドル11 #13 ファイナルジャッジメント(2)
アメリカ初回放送2012年2月23日
日本初回放送2012年3月11日
全米視聴率 9.3パーセント

いよいよセミファイナリスト勢揃い
 前回の放送で14名のセミファイナリストが決まりましたが24ある枠のうち残りは10。個人的には応援したいと思っていた参加者が次々と脱落してこのままでは今シーズンの視聴も早々に脱落しそうだなと先行きが暗くなってしまいました。後半にびっくりするような番組の隠し玉は登場するのでしょうか?してほしいという期待を込めてスタート。
 それにしてもジャッジ3人が参加者を前に合否をもったえぶって発表する方式。これはサイモンとポーラ、ランディのオリジナルジャッジのメンバーで確率した方式であって、それをスティーブンやジェニファーといった新参者が入ってきて同じことをやっているのではパロディにしか見えないしどきどきもはらはらもない。前回はアダムを泣かせたところでクリフハンガーとなりましたが、視聴者のほとんどが「どうせこいつはTOP24入りだろ」と分かってて猿芝居を見てる状況はいかがなものかと。

Adam Brock/アダム・ブロック27歳[YouTube]
 結果発表が持ち越しとないていたアダム。泣き方も暑苦しくて気持ち悪い。合格した後の良いパパ押し、つかれる。

Jeremy Rosado/ジェレミー・ロサド19歳[YouTube]
#13 Final Judgement Part 2「I Know You Won't」Carrie UnderwoodCarnival Ride - Carrie Underwood
 ハリウッドラウンドから頭角を現してきたジェレミー。ルックスと歌の実力のギャップと言う意味ではヒージュンよりおもしろい存在だと思います。最終審査でもキャリー・アンダーウッドを歌いジャッジを唸らせます。TOP24入り。人柄の良さも抜群。

Shannon Magrane/シャノン・マグレーン16歳[YouTube]
#13 Final Judgement Part 2「The Trouble With Love Is」Kelly ClarksonThe Trouble With Love Is - Love Actually (The Original Soundtrack)
 ここまで印象が薄かったシャノンですが、最終審査のケリー・クラークソンは16歳とは思えない堂々とした歌いっぷりで、ここまで女性でプッシュしたいセミファイナリストが誕生してなかっただけに期待させます。見事TOP24入り。

Scott Dangerfield/スコット・デンジャーフィールド23歳[YouTube]
#13 Final Judgement Part 2「Folsom Prison Blues」Johnny CashFolsom Prison Blues - Johnny Cash
 ラスベガスラウンドの悪そうなエルヴィスチームでようやく紹介されたスコット。再挑戦組だったんですね。最終審査のジョニー・キャッシュもそつなくキメて悪くはないと思いました。不合格。

Skylar Laine/スカイラー・レイン17歳[YouTube]
#13 Final Judgement Part 2「Fancy」Reba McEntire
 同じカントリー枠ではチェルシーが合格してることで厳しくなったのではと冷静な判断をするスカイラー。ただ、アメリカンアイドルでここのところ成功してるのがみなカントリーシンガーだということを考えれば絶望するほどではありません。最終審査を見るとこてこてのカントリーの節回しでポップ展開が難しいかなと思わせる分、チェルシーよりも支持層が広がりに不安がありますがTOP24入り。

Hallie Day/ハリー・デイ24歳
Chase Likens/チェイス・ライケンズ20歳
Aaron Marcellus/アーロン・マーセラス27歳
[YouTube]
 この段階まできた合格者にこの編集の扱いは酷いんでないの?3人のTOP24入りがあっさり紹介されました。

Deandre Brackensick/デアンドレ・ブラケンシック17歳[YouTube]
#13 Final Judgement Part 2「This Woman's Work」Kate BushThe Sensual World - Kate Bush
#13 Final Judgement Part 2「This Woman's Work」MaxwellNow - Maxwell
 ラスベガスで彗星のごとく登場したデアンドレも前シーズンから再挑戦組。最終審査でもケイト・ブッシュをマックスウェルがカバーした「This Woman's Work」と彼にぴったりな選曲でジャッジから好評化。TOP24入りを決めます。ボーカルスタイルに個性があるのでぜひ勝ち残り続けてほしいな。

Jermaine Jones/ジャーメイン・ジョーンズ25歳[YouTube]
「I Believe in You and Me」The Four TopsLost and Found: Lost Without You (1963-1970) - フォー・トップス
「I Believe in You and Me」Whitney HoustonGreatest Hits (Remastered) - ホイットニー・ヒューストン
 低音コンビのひとりジャーメイン。リッチーがすでに脱落したいので応援したいところですが、最終審査のできが悪かった。フォートップスがオリジナルとは言え、ホイットニーの綺麗な高い声での歌唱が印象に強烈なこの曲を選んだのは間違いではなかったでしょうか?残念ながら涙のお別れ。せつないですね。

Ariel Sprague/アリエル・スプレイグ16歳
Shelby Tweten/シェルビー・トゥイーテン17歳
Hollie Cavanagh/ホリー・キャヴァナ18歳
#13 Final Judgement Part 2「Change」Carrie UnderwoodPlay On - Carrie Underwood
[YouTube]
 いよいよ女性の残り枠は1。残された3名が一緒にジャッジの前へ向かいます。この中のホリーはここまでまったく紹介されずに来た参加者。個人的にはこの中でアリエルのラスヴェガスのパフォーマンスが印象に残っているので残って欲しいですが、ルックス的に一番厳しいかな。年齢も一番若く未熟さを指摘されるかも。ここで挿入された初めてのホリーのグループパフォーマンス。この子もおもしろいなもっと見たいと思ったら最終審査の映像も紹介。キャリー・アンダーウッドを歌ったソロはうまいけど凡庸だった。合格したのはホリー。アリエルはお父さんを見るとアジア系だったのかな?個性的なので再挑戦して欲しい。

David Leathers, Jr./デヴィッド・レザーズ・Jr17歳
「I Want You Back」Jackson 5
Eben Franckewitz/エーベン・フランコウィッツ15歳
「You Are So Beautiful」Joe Cocker
[YouTube]
 男性参加者で最後に残されたのは予選からずっと一緒のデヴィッドとエーベン。デヴィッドは最終審査でキラーコンテンツもってきましたね。幼いころのマイケルが歌った「帰って欲しいの/I Want You Back」。はまり曲だけど17歳という年齢でルックスの幼さにさらにマイケルのイメージも重なってさらに幼く見えてしまうリスクも。逆にエーベンは大人っぽい「You Are So Beautiful」。優等生的なパフォーマンス。アメリカンアイドルの本選に出るということは本当に人生を変えてしまうような出来事。15歳の子供だということを考えると慎重になって欲しいですね。よっぽどの「発掘すべき理由」が無い限りいたずらに番組でフィーチャーしてしまうことは避けて欲しいところ。エーベンにはたとえばデヴィッド・アーチュレッタのような絶対的な才能は感じない。この年齢の期間のみに放つ限定的な魅力ではないでしょうか?TOP24入りしたのはエーヴェンでした。

 最後はアメリカンアイドル恒例、セミファイナリストを変ダンスで紹介して終了。

 ところが男性は急遽ひとり脱落者をひとり呼び戻すことに。合格者の中で不祥事でもありましたか?戻ってくるのはDavid Leathers, Jr./デヴィッド・レザーズ・Jr、Jermaine Jones/ジャーメイン・ジョーンズ、Richie Law/リッチー・ロウ、ジョニー・キーサーのうちのひとりってジョニーは早々と脱落してたのになぜここでわざわざ候補に?しかも発表は次回...リッチーだといいな(笑)。

セミファイナリスト TOP24
Jen Hirsh/ジェン・ハーッシュ25歳
Haley Johnson/ヘイリー・ジョンセン22歳
Elise Testone/エリーズ・テストン28歳
Erika Van Pelt/エリカ・ヴァン・ペルト26歳
Baylie Brown/ベイリー・ブラウン23歳
Chelsea Sorrell/チェルシー・ソレル23歳
Jessica Sanchez/ジェシカ・サンチェス16歳
Brielle Von Hugel/ブリエル・ヴォン・ヒューゲル17歳
Shannon Magrane/シャノン・マグレーン16歳
Skylar Laine/スカイラー・レイン17歳
Hallie Day/ハリー・デイ24歳
Hollie Cavanagh/ホリー・キャヴァナー18歳


Creighton Fraker/クレイトン・フレイカー28歳
Joshua Ledet/ジョシュア・レデット19歳
Reed Grimm/リード・グリム26歳
Heejun Han/ヒージュン・ハン22歳
Phillip Phillips/フィリップ・フィリップス21歳
Colton Dixson/コルトン・ディクソン20歳
Adam Brock/アダム・ブロック27歳
Jeremy Rosado/ジェレミー・ロサド19歳
Chase Likens/チェイス・ライケンズ20歳
Aaron Marcellus/アーロン・マーセラス27歳
Deandre Brackensick/デアンドレ・ブラケンシック17歳
Eben Franckewitz/エーベン・フランコウィッツ15歳

?????????

 女子はベイリー、チェルシー、ブリエル、男子はジョシュア、フィリップ、ジェレミー、デアンドレあたりを中心に応援しながら今後は見て行こうかなと思います。

posted by Alex at 19:51| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
アダム・ブロック、私もS8のダニー思い出してちょっとウザくて嫌でしたw
アメリカ人好きなんですね、こういう感じの人w

ジャーメインですが、男性枠がラス1なのに候補者2人残して1人呼び出しって、
最初からOUTって言ってるようなものですよね。
女性陣はラス1発表で3人呼び出してたのに。
だからカムバック枠はこいつか??と邪推してしまいます。
でも私は嫌いではないタイプなので戻ってきてもいいかな。
この人落とすんだったらヒージュンがなんで残るのかがわからんわw
アジア枠なんでしょうけど、何回見ても2流の韓流アイドルが洋楽歌っているように見えてしゃーない。
あのメガネはレンズ入ってるのか、とか変なところが気になります。
上手くなっていくんでしょうかねぇ。体質的に無理な気がするんですが。

私はジョシュアとフィリップが「お気に」になりそうです。
女性陣でもひとりいるんですが、まだ顔と名前が一致しませんw
Posted by JoyJoy at 2012年03月16日 17:52
JoyJoyさん
こんばんは!
アダム・ブロックは胡散臭い(笑)。実力がそんなでもないのに自己評価が高そうなところもダニー・ゴーキーとかぶります。
まだまだ私も名前が憶えられていませんが今週末を乗り切ればまた一気に減りそうなのでがんばって番組についていきたいと思います。
Posted by Alex at 2012年03月16日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック