2006年10月16日

キャンベルカップ(日米対抗フィギュアスケート) 速報

(TBSの放送をお待ちの方にはネタばれになります)
放送延長になってます
予約録画の方は再放送を録画することをおすすめします

私のは夜中にテレビ見ながらライブ更新した内容ですので朝読むと雑ですね。
メモがわりですので。 それでも読む方は続きを読むから…

すでにDotaさんと美輪さんがブログにきちっとまとめていらっしゃいます.
Dotaの(o^_’b ぐっじょぶ キャンベル国際結果はっ!o(^^o)(o^^)o川柳つれづれblog キャンベル国際生放送(JsportsPlus)




男子

ジョニー・ウィアー選手
SP
3A 3Lz3T 3F
4回転はいれずにノーミス
振り付けはマリーナ・アニシナ
曲は3年前のシーズンに武田選手がフリーの後半で使ってた曲
TES42.20+PCS36.41=78.61

中庭健介選手
SP
4T転倒 3A転倒 3Fハンドダウン
誕生日でしたが調子が悪かったようです
スピンでも足変えのときにバランスを崩しました
TES29.50+PCS31.58-2.00= 59.08

高橋大輔選手
LP
3F 1A 3Lz2T 3F3T 3Lz Lp踏み切り前に転倒 2Sすっぽ抜け 3Lp転倒
うーん、厳しかったです、緊張したんでしょうか
やはりPIWの豊橋公演からの移動で疲れが残ったのでしょうか
-2=116.52

スコット・スミス選手
LP
3A2T 2S(4Sの予定すっぽ抜け) 3A 3Lp 3Lz 3F(両足かも?) 3T3T 3S
4回転が抜けてしまったものの転倒がなかったのでクリーンな演技
アメリカ人にしては表現が淡白かなと思いました
67.20+65.66=132.86

織田信成選手
LP
3A3T2Lp 3Lp 3Lz2T 2A3T 3S 3F 3Lz 2A
ブロック大会で失敗したルッツは完璧でしたが
トリプルアクセル2度目は抜いてきました
表情は最初から最後まで硬いままで緊張MAXだったのでは
ストレートラインステップでは明らかにわかるエラーが2箇所でてしまいました
かなり難しいステップなので今後の課題ですね
クリーンに滑りきりましたが盛り上がりに欠けた印象になってしまいました
79.06+72.32=151.38
PB更新ですがこの大会のスコアは公式記録として残らないのではないかと思います

エヴァン・ライサチェック選手
LP
3Lz3T 3A 3Lp 3S 3A転倒 3F3T 3Lz 2A
昨シーズンと同じカルメンいつものライサチェック選手のできでした
最初の3Aとコンビネーションジャンプの2つ目のジャンプは少しづつ回転が足りていない気がしますが、グレードダウンするほどではなさそうです
織田選手とは対照的なわかりやすいプログラム、わかりやすい表現でした
ザヤックルール適用で2回目のルッツは0点ですね
66.04+73.50-1.00=138.54

USA 350.01
Japan 327.08

アメリカチームが勝ちました

女子シングル
浅田舞選手
LP
3Lz 3F 3Lp 3T 3F2T 3Sお手つき 2A
白鳥の湖
コンビネーションジャンプが1つしかはいりませんでしたがミスは最小限できれいな演技でした
トウループジャンプのくせはかなり矯正されてこれでダウングレードをとられる可能性は少なくなるのではないでしょうか
TES51.93+PCS51.34=103.25

エミリー・ヒューズ選手
LP
2A 3F2T 3Lz2T 3S 1F 3T Lzタイミングが合わず踏み切れず
曲は「シルビア」という曲だそうです
曲名は知りませんでしたが伊藤みどりさんが金メダルを取った1989年のパリ世界選手権の放送でTBSが番組テーマ曲につかっていたので、懐かしく思いました
あいかわらずジャンプのランディングが強くて少々軸が曲がっても降りるのがすごいです
曲は力強くて後半盛り上がるので彼女にあっていました
TES45.96+PCS52.66=98.62

安藤美姫選手
SP
3Lz2Lp 3F 2A
シェラザード
久々に会心のできでした
激しい動きのあるプログラムでかなり滑り込んで仕上がっているなと感じました
TES35.17+PCS28.40=63.57

サーシャ・コーエン選手
SP
3Lz2t 1F 2A]
トリノオリンピックと同じダークアイズ
少しふっくらして髪も長くてずいぶん女性らしくなりました
TES31.27+PCS30.28=61.55

浅田真央選手
LP
2A転倒 2A2T 3F3Lp 2A 3F 3Lp2Lp2Lp 3Lz
まだまだ調整中、プログラムも滑り込めてないのかなと感じました
最初の3Aはステップからの3Aという難しいチャレンジなんですがフリーでこれをやる意味があったでしょうか
もしかしてSPでステップからのジャンプで3Aを入れるつもりかもしれません
アメリカで強化したはずのトリプルサルコウとトリプルトウループが入りませんでした
どちらかが入れば2Aをはぶいてさらに得点アップが狙えるのですが
TES60.35+PCS56.01-1.00=115.36

キミー・マイスナー選手
LP
3Lz3T 1A(3Aを狙ってました) 3F3T転倒 3S 3Lp 1Lz 2A2T2Lp
ウォームアップではトリプルアクセルを決めてました
滑り出しの動きはよかったので調子はいいと思ったのですが
彼女にしては珍しくミスが続出してしまいました
TES52.27+PCS57.59-1.00=108.86

Japan 282.20
USA 269.03

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

関連リンク
TBS「ISU06-07シーズン開幕戦 日米対抗フィギュア2006」
U_S_ Figure Skating
@niftySports@niftyフィギュアスケート特集

関連エントリー
キャンベル(日米対抗フィギュアスケート)テレビ観戦
今夜は眠れない。フィギュアスケートキャンベルカップ(日米対抗)/選手紹介・期待
フィギュアスケート キャンベル国際(日米対抗) 地上波TBS系でも放送
フィギュアスケート近畿ブロック大会観戦 織田選手の進化
フィギュアスケート 今シーズンの試合スケジュール
浅田真央選手 モロゾフ振り付けは誤報、ノクターンはNo.2 OP.9-2、PIW豊橋キャンセル
浅田真央選手 今シーズンは大人の選曲で勝負
キャンベル国際フィギュアスケート JSPORTSPLUSで生中継決定
今シーズンのキャンベルは国別対抗戦!
この記事へのコメント
速報、ありがとうございました。

日本はショーもたくさんあるし、テレビでもたくさん放送があってうらやましいです。静香さんがプロになって、ちょっと寂しい今季ですが、盛り上がってきましたね。美姫ちゃんの調子が良さそうで、すごく楽しみです。
Posted by みどり at 2006年10月16日 05:16
さすがご自身がスケートされるだけあり、
詳しい解説ですね。
今夜のいい予習になりました。ありがとうございます(^^)

真央ちゃん、ステップからのアクセルって
男子選手でもまずいないですよね、
成功すれば本当に凄いですが・・・・・
美姫ちゃんのシェエラザード、楽しみですね〜〜〜
会心の出来だったんですね、やはり練習は嘘をつきませんね。
公式ではないかもしれませんが、
いいスタートをきれたことに間違いはなさそうですね。
Posted by ゆかこ at 2006年10月16日 08:53
女子は日本が優勝したというニュースを見たのですが、早速詳細な演技構成を載せて下さいましてありがとうございます。

真央ちゃんはステップからの3Aなんてやるよりトウループかサルコーを演技に組み込むことが先だと思いますね。

3Lp2Lp2Lpとかも去年と同じですし、あんまりジャンプ構成が凝り固まるのも審判に対する心象が良くない気もするのですが・・・。
Posted by マッサ at 2006年10月16日 09:13
深夜、放送を楽しみましたが、録画に失敗していました(苦笑)。頭の中のどこかは寝てたみたいですね。

みどりさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
女子は安藤選手、男子は織田選手がかなり仕上げてきているなと感じました。ふたりとも2週間後のスケートアメリカまでこの状態がキープできればいいのですが。

ゆかこさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
スケート、もうずいぶんと滑ってないので。そう書いていただけるとお恥ずかしいです。見ながらのメモですので、今夜のTBSの放送が終わったらちゃんと何人かの選手については感想を書きたいと思います。
Posted by Alex at 2006年10月16日 09:15
マッサさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
TBSの放送が終わったらもう少し感想を書こうと思いますが、浅田選手は新採点を意識しすぎて、彼女本来の良さが失われてるようなきがしてなりません。だからといってスピンなどでは回転数不足やふらつきなどで彼女の予定しているレベルも取りこぼしているようななんだか中途半端な印象。
最初のアクセル2回が両方3Aならザヤックルールにひっかかってくるので、3Aは最初の1回のみで2つ目は2A3Tの予定なのかもしれませんね。3Aを2回入れるなら、後半のフリップがサルコかトウループに変更する必要があります。
Posted by Alex at 2006年10月16日 09:48
はじめまして・・昨年のGPSシリーズの頃からずーと楽しみに読んでいました。初めて書き込みします。とっても解りやすく説明されていてまた選手への温かい思いやりが感じられてAlexさんのコメントを読むのがとっても楽しみでした。織田選手素晴らしい出来ではないですか?私は近畿ブロック大会は生で観てきましたが、その時も良い出来の方ではと思ったのですが更に改善する所はきちっと直してきてさすがだなぁと思いました。織田選手にはAlexさんチョット辛口なのでは?好きな選手にはもっと高いところをと望むのかな(笑)じつは私は高橋選手のファンなのですが、彼の演技を観るのは楽しみであるのですがその反面今日は大丈夫だろうか?とドキドキしながら毎回観ています。今回の出来はかなりショックですがでも何回も観たくなってしまいます。ジャンプミスの所は目をつぶって観ています。Alexさんが織田選手の演技の時は気が気ではないようなコメントされていましたが織田選手でもーと思いました。
高橋選手の演技はとても好きなのですが、でも高い所(world)に登るのは織田選手だなぁと以前から思っていましたよ。
高橋選手のプログラムはどうでしょうか?近畿ブロック大会の神埼選手のオペラ座の怪人がとても素晴らしかったので・・・音楽の使い方などは神崎選手の方が自然な感じで素敵だったような気がしました。でも高橋選手のレイバックスピンのとろがとても綺麗で素敵でした。彼のレイバックスピンとても好きなので・・・
初めてなのに長々と失礼しました。今シーズンの織田選手とっても楽しみですね。
Posted by アーん at 2006年10月16日 11:12
私も録画に失敗していて、TBSの放送は今夜だったかもしれませんがそれは予約してないので、
きちんと見られるのは明日以降(J-SPORTSが編集して2時間以内に収めてくれ…ますよねきっと)
になりそうですが、

2chをあとからちょっとだけ見たりしたのですが。
> やはりPIWの豊橋公演からの移動で疲れが残ったのでしょうか
これは是非ともそうであってほしいと思います。
そうでなかったら全日本とかで危険ですし…今年の代表選考は一発勝負になってしまいましたから。3月にメダル候補になれる力のある人ですし、代表枠2名にはメダル圏内の方々に入って欲しいと思ってしまいます。。

ミキティwですが、公式練習の様子をTBSで観た方が、3+3が回転不足気味とおっしゃってるのを見つけたので、
どうなるかと思ってましたが、最初から3+2だったようですね。3+3をきちんと認定されるようにするのは
おそらく本人も当面の課題だと思ってそうなのですが、スケートアメリカまでに何とかなるでしょうか? 
しかし、3+3なしでTES35点というのも、前年度のスルツカヤや荒川並みの点数ですよね…
GPSでも同じくらいもらえるとはあまり思えないのですが
この大会全般的に採点基準が厳しくないのかと思ったり コーエンもパンクがあって31点ですしね…
浅田姉妹ですが、トウアクセルはどうなんでしょうね。姉のほうは、この前のブロック大会で、
「悪くなってはいない」という声も「また元に戻ってる」という声もあったのですが。
妹ですが、2A+2Tは、3A+2Tでもなく2A+3Tでもないんでしょうか?? 
2A+3Tをやろうとしてたのか最初から+2Tのつもりだったのか、誰が見ても見きわめがたい実施だったのかと思ってます…はっきり「3Tがトウアクセルだった」と書いてる方もまだ見てないので。

マイスナー、3Aは2シーズン前はチート気味でしたが、ウォームアップではどうだったんでしょう
新ルールで入れてくるくらいだから認定させる自信があるんでしょうね。
PCSも浅田妹より少し高めですし、世界一になってもバーンアウトせず練習してるようですね。
しかしバットンも誰も踏み切り終わる前の回転しはじめを指摘しないのですが、
1/4回転を超えての不足でないという判断でDGされないのかもしれませんが、
PCSでの減点も大してされないままでよいのでしょうか。
Posted by 黒子 at 2006年10月16日 12:43
Alexさんこんにちは。会場から戻ってきて、一息ついたところです。
いつも楽しみに拝読しておりますので、コメントを拝見して、私の素人目の感想とAlexさんの感想が同じ所を見つけると、なんだかうれしいです。

男子は事情があり見れなかったのですが、女子については、実況なしで演技が見れて集中して楽しめました。幸せです。
素人目でも安藤選手と舞選手の安定感は練習の時から伝わってきて、見る前から安心して楽しめたように思えます。

特に安藤選手のストレートラインステップの印象がしばらくたった今も残っています。会場でも、手拍子が鳴るという曲調ではなかったのですけど、凝った振り付けの箇所に途中何度か歓声があがり、反応がよかったです。
私には分からないのですが、難易度としてはどうだったのでしょうか?
フリーも早くみたいです。

真央選手は、実は演技を見るのはこれが初めてだったので、前に比べてどうかわからないのです。ただ失敗も色々あったようですが、失敗してても『軽々やっているのよ〜』的オーラがあり、すごいな〜と感動して帰ってきたので、コメントを拝見して、『えー、本当はもっとすごいの〜!?』と今すごく驚いています。
ジャンプ以外の各要素の構成は昨シーズンと比べてどれくらい変えてきているのでしょうか?
今日は肩慣らしでしょうし、再来週の本番で、うわさの笑顔をみたいです。

しつこくなってしまうと申し訳ありませんので、もう終わりにしますが、最後に一つだけ、、、
ダウンタウンのすぐそばにアリーナがあったのですけれど、車で5分くらいのダウンタウンの真ん中にホテルが密集していました。きっと選手の皆様もあの中の一つで休んだのだと思いますが、昨晩は夜遅くまで、路上でロック(?)のお祭りみたいな事をやっていて、花火なども上がり、夜遅くまで本当にうるさくて、全く休めませんでした。
選手の皆さんが、いつ現地入りされているのかは分かりませんが、調子が出なかった方は、もしかしたら、昨日全く眠れなかったのかもしれません。
あれで眠れる人は、そうとうな人です。

米国で中継を見てても、得点の意味、背景を理解できませんので、Alexさんの記事をこれからも参考にさせていただき、色々教えていただけたら、ありがたいです。よろしくお願いいたします。
Posted by やすこ at 2006年10月16日 13:26
こんにちは!先ほど仕事から帰ってきました。あーくたびれた。
本当に夜中だということを忘れて、熱狂してしまいました。ものすごく見ごたえありましたね!とてもシーズン始めの、それもお祭りイベント大会とは思えませんでした(^-^)。
今回は美姫ちゃんと舞ちゃんが光ってましたね。これはGPSや全日本がますます楽しみになってきました。大ちゃん健ちゃんは、ちょっと疲れが出ちゃったかな?でもこのプログラムとってもいい構成だと思うので、ぜひとも滑り込んでものにしていってほしいです。信くん真央ちゃんも、この時期この段階でここまで滑れるのってすごい!ただまだプログラムが体になじんでないという感じがしました。さらなる進化を望みたいところです。
アメリカ勢、ライサとサーシャは昨年のプロなので、やや物足りなかったです。サーシャの引退の噂は本当なのでしょうか?うーん心配。スコット・スミス選手、まったくのノーマークだったので、こんなに滑れるとはびっくりです。でもどうしても、質的には見劣りしちゃいますね。ジョニーくんはやっぱり美しい!キミーちゃんエミリちゃんも持ち味が出ていたと思いますが、ややミスが目立ったかな。ジャンプの確実性が出たら本当に怖い存在ですよね、二人とも。
とにかく2時間半があっという間でした。これだけいい放送を見てしまうと、ますます今夜のTBSが心配になってしまいます(笑)。
ではでは、また夜に!
Posted by 美輪@brownycat at 2006年10月16日 14:14
こんばんは!
TBSの放送も終わりましたね。
アーんさん
コメントありがとうございます。
>>織田選手にはAlexさんチョット辛口なのでは?好きな選手にはもっと高いところをと望むのかな(笑)
苦笑。かもしれませんね。いいところいっぱい書いているつもりなんですが、織田ファンが暴走してるよとかって読んでる人に思われるのが恥ずかしいのかも(謎)。
高橋選手のオペラ座の怪人は曲のカットが細かすぎるかなって感じました。モロゾフならではってのもありましたがエレメンツの流れを優先して後から曲のカットをしたのではないかなとこれも予想されますが、オペラ座の怪人を滑ってるという印象があまりないかも。でも、仮面っぽいマイムとかはいったステップは雰囲気がたっぷりでててやはり素敵だなと思いました。神崎選手のオペラ座はすごくシンプルでしたよね。これからいろいろな大会で繰り返し見ていくと新しい発見がありそうなプロかもしれませんね。振り付けが細かいので。

黒子さん
コメントありがとうございます。
予約失敗ですかお互い明日の再放送はきっちり押さえましょうね。
真央選手の2A-2Tは謎が残りますね。全体のザヤックを考えたときに2A-3Tというキム選手やマイズナー選手が入れているコンボいれるのがしっくりきますが…先ほどもTBSでみると3A狙ったのが踏み切れなくて2Aに押さえたようにみえたので、後半のジャンプの構成を少しかえたのかもしれません。スケアメでははっきりするのではないでしょうか。安藤選手のストレートラインステップのよかったところは目だったエラーがなく決められたものをきっちり踏み切ろうとしてたのがよかったですね。DOIのときのナンバーでのステップは上半身だけは派手にうごいていたけど足元はシンプルだったじゃないですか。それにくらべてやはり試合用ということで難しい片足でのステップも入れてきっちりできればレベル3ぐらいは取れそうですが…まだ踏み切れてないですね難しいターンだとターンの部分で小さく跳んでるかんじなんですねこれだとせっかく難しいターンを入れてもやったことにならないんですよ。高橋選手のように氷をなめるようなターンができればいいのですが。
 ウォームアップのマイスナー選手の3Aは2シーズン前の全米で認定された3Aに比べればかなりよかったですよ。録画失敗して、TBSではその部分カットだったんで記憶の中ですが1/4以内の回転不足で収まっていると思いました。
 JSPORTS再放送で再度確認できればいいのですが。

やすこさん
コメントありがとうございます。
現地観戦、本当にうらやましいです。
安藤選手のステップ、黒子さんのところでも書きましたが、少しフォローすると、進行方向に対して体の向きが前に向いたり後ろに向いたりかわるじゃないですか。そのときに片足に乗ったまま向きを変えるときにスリー、ブラケット、カウンター、ロッカー、ツイズルといったターンの種類があるんですが、レベル2以上をとるためにはこの中の3種類、レベル4をとるためには4種類がステップ全体に入れなければならないんです。安藤選手クラスのステップの構成はもちろんレベル4を狙って4種類以上は入れてるとおもうのですが、構成上いれていてもしっかり正しいエッジでできていなければやったということが認定されないんです。機会があったときにはそれぞれどんな動きなのかご紹介したいですが(一つ一つの動きがわかってもツイズル以外は組み合わせて使われるとビデオを何回も何回もみないと判別できないんですが)、たとえば安藤選手のストレートラインステップの最初トウでちょんちょんちょんと小走りしたあと片足にのってぐりっと体の向きを変えてるじゃないですか、これは(右足フォアインの)ブラケットターンなんですね。ターンする瞬間までエッジが氷についてるか、ブラケットの場合はターンした後にすぐに決められたエッジ(この場合は右足のバックイン)にのれてるかどうかなどをコーラーはスロー再生などを見ながら確認して、何種類のターンが入ってるか、またターン以外にも両足をつかって向きを変えるステップがあるのですがこれもレベルによって何種類必要というのが決まってまして、それでレベルを判定してるんですね。ですから会場で見てもテレビで見ててもそれを即座にレベルいくつと性格に判定するのは不可能(直感的に2かな3かなというのはわかったとしても)。ただし判定でわかりやすいのがありまして上体の適度な動きはレベル2以上では必修、レベル4をとるためには激しく動かさなければならないことになっています。今回の安藤選手のステップシークエンスは上体はしっかり動けていたのでステップやターンが要素を満たしていれば十分レベル4は狙える上体じゃないかなと見ました。しかし、細かく見ると難しいターンでエッジが氷から離れて跳んでしまったりしているようなところがあるので…レベル3じゃないかなと思ってみておりました。(詳細ってすでに発表になっているんでしたっけ?)
(長文かつわかりにくくなってすいません)
>>ロック(?)のお祭りみたいな事をやっていて
別のイベントと重なっていたのですね。選日本から移動した選手は時差の問題もありますし、睡眠しなければいけない時間に障害があるのが一番困りますね。影響がなかったのならいいですが・・・心配をよそに遊びに出て楽しんでるような選手はいないですよね??

美輪さん
コメントありがとうございます。
シーズン最初から真夜中の観戦・・・この先長いですよねまたまた。体調に気をつけながらできるだけ見ていきましょうね。
TBSの放送、思った以上に内容はしっかりしてて、選手は全部放送してくれましたし、あとはウォームアップも少しうつしてくれればベストだったんですが。
Posted by Alex at 2006年10月17日 00:39
こんばんはっ!

Dotaのサイトをご紹介くださりありがとうございますm(__)m

シーズンはじめのお試し大会と言うことを差し引いてもなかなか楽しめる大会でした(^^)

浅田真央選手についてはDotaもちょっと危惧していた感じなので・・・なんですが、改めてみてみると、まぁ浅田真央選手なら修正できちゃうかもしれないなぁ〜と・・・後、必要なのはやっぱり明るさですよねっ!(^^)

Dotaもいきなりの真夜中観戦・・・体調が持つか心配です(^^;;
Alexさんも頑張ってください(^^;;

Posted by Dota at 2006年10月17日 01:17
Alexさん

詳しく解説して頂いて、本当にありがとうございました。

私は安藤選手の演技が元々好きだったのですけれど、オリンピックの演技はNBCでは編集カットされていたので見れませんでした。ですからジャンプはともかく、彼女の他の要素の評価を数字で見て、ひどくショックを受けていました。
それに加え、今期はまずジャンプから、と何度も何度も本人のコメントがネットニュースで流れていたので、昨日は本当にスピンやステップ、体から立ちのぼるオーラに感激したのです。

特にステップはキレとスピードが最後に向けてぐんと伸び、他の選手と差を感じたので、難易度について、ついAlexさんを頼ってしまいました。
こんなに詳しく教えていただけて、さらに感激しています。
ストレートラインステップは特に、ちんぷんかんぷんだったので、本当に助かります。

詳しい方は、もちろん新採点採用前も、細かい所も含めて、観戦を楽しんでいらしたのだと思いますが、私などは、曲、衣装、雰囲気なども含めて、良し悪しを見ていたので、数字化には、新しい観戦の楽しみを与えてもらって、張り切っています。

他の選手の演技も見返すほど、色々思う所がありますが、コンディションは、時差や、日本との気温や湿度の差を考えると、これから皆さん上げてくることと思いますし、きっと再来週には、それぞれの選手がさらに集中してくるのだと思うと本当に楽しみです。

ありがとうございました。
またお邪魔させてください。
Posted by やすこ at 2006年10月17日 03:21
Alexさま、大変詳しい解説ありがとうございました。
本気で解説席に座って欲しいほどです(^^;)

>レベル4をとるためには4種類がステップ全体に入れなければならないんです

知りませんでした(@@)
やっぱスケートは奥が深いですね!!
美姫ちゃんは体がかなりシェイプアップされた感じで、
キレが戻ってきたな〜〜という印象です。
ここ数シーズンは、スケートを「やらされてる」って感じがしてたのですが、
昨日の彼女の映像を見ると、顔つきが全然違っていて、
「自分からやってやろう、こなしてやろう」
という意気込みを感じる事ができました。
頼もしい限りです。フリーが本当に楽しみになりました。

大ちゃんは野武士のような風貌をすっきりさせてきましたね(^^;)
彼は顔立ちが濃いのですから、無精ひげは似合わないと思います。
今後もずっとすっきりして欲しい!
・・・にしても、素晴らしいスケーティング!
氷の音なんてしないんじゃないか?と思うほどです。
上半身の動きもいっそう良くなったし、
GPSでいい演技が見れるといいな〜と思います(^^)
Posted by ゆかこ at 2006年10月17日 10:53
ごめんなさん。
昨夜安藤選手の最初のターンをブラケットって説明してますけどロッカーターンですね。書いてる内容はロッカーターンの説明になってますけどなんでブラケットって書いてしまったんでしょうか…申し訳ありません。

やすこさん
たしかにひとつひとつの技を数値化したことによって細かいところまで興味がでてくるのは新採点のよいところだと思います。
>>曲、衣装、雰囲気なども含めて、良し悪しを見ていたので
今でも、やはり楽しいのはこちらですよね。私も最後に録画を繰り返しみてしまうのはこれらがすきかという要素が大きいですよね。

ゆかこさん
高橋選手、髭はともかく自慢の髪も短くしていたのには驚きました、誰かから言われたのでしょうか?ステップの動きは本当に彼ならではの良さがいっぱいありましたよね。GPSでSPを見るのも楽しみです。
Posted by Alex at 2006年10月17日 12:21
Dotaさん
こんにちは!
昨年のキャンベルも女子選手の仕上がりが早くて男子はもっとぐだぐだでしたよね。それを考えるとオリンピックシーズンでもないのに、みんなプログラムもかなりかんせいしていて(ライサとコーエンは旧プロなので除外ですが)、充実していましたね。
女子は今シーズンから浅田真央選手が上がってくる(キム選手もですが)という危機感が上の世代にはあるのかなとおもいました。刺激しあってどんどんレベルが上がっていくと見てるほうは楽しみですね。
Posted by Alex at 2006年10月17日 12:25
失敗テープでしたが、一応ゆうべ
ざっとだけ眺めました。時間も足りずざっとだけでしたが。

>DOIのときのナンバーでのステップは上半身だけは派手にうごいていたけど足元はシンプルだったじゃないですか。

そうでしたね、数年前とかのLV1に該当しそうなステップでしたね。
前年度もLV2程度でしたから、3〜4を狙おうとしてるのなら驚異的です
(ゆうべそこまではよく注意して見なかった…プロトコルもUSFSAの結果にはないみたいで)。
特に、うまくできてなくてもLV3っていうのがポイントです。
LVが1〜3→1〜4と変更になった前年度、女子で、スパイラルでない素のステップで、
LV4をゲットした人はいなかったように思います。男子も世界で2名しか覚えがないです…
ステップのLVも大会毎にISUに申告義務があると思いますが、
女子で、スパイラルでないステップでLV4をやる予定と申告した人はこの1年でいなかったのかも
しれないとまで思い始めてました…
Posted by 黒子 at 2006年10月17日 13:29
大会も番組もとても良い出来で、存分に楽しむことができました。

海外では、大会にはお客がなかなか入らない、ということを承知してはいたけれど、広大な会場なのにお客さんの入りが多少寂しく、この顔ぶれで日本でやったら大アリーナでもあふれかえるほど人が入るのに、と思いながら見ていました。来年は日本で開催してくれないかな(笑)。

まぁ米国サイドは日本とアメリカの放映権料でペイできると思うけれど、結局アメリカチームがペア、アイスダンスも含めれば1勝3敗という結果になって、来年もこの形でキャンベルカップが開催できるか、はなはだ心もとなく思っているところです…(笑)。大会、選手の滑り自体は良かっただけに。

私はふだん、フィギュアスケートの番組もイベントもひとりで見るのですが、昨日はめずらしく家族も一緒に見てまして、よほど面白かったのか番組の最後まで見てくれました。

家族の素朴な驚きが面白くて、アメリカチームの控え室の人数がどんどん増えてきたのを不思議がったり(アメリカはペアやアイスダンスの選手もいて、その人たちはカナダと団体戦をしたんだヨとシステムを説明)、アメリカチームのコリアン・アメリカンのナオミ・ナリ・ナムちゃんに興味を示したり、チャイコフスキーやリムスキー・コルサコフや「黒い瞳」など、ロシア選手が出ていないのにロシアの曲が多かったことを面白がったり、プチ世界の旅の気分になったようです。

アメリカ人も日本人も「海外」を身近に感じる機会が少ないので、選手も指導者もプログラムもボーダレスに飛び交っているフィギュアスケートの世界は(今回、モロゾフ、アルトゥニアンのふたりも完全に日本側スタッフとして加わっていたと思われますし)、そういう現代社会を身近にする格好のツールになりうるんだ、と改めて思いました。
Posted by 長野のK嬢 at 2006年10月17日 21:43
みなさんこんにちは
シーズンはじめのエキシビションマッチだというのに本番さながらの盛り上がりでしたね。
黒子さん
コメントありがとうございます。
トップ選手のほとんどはみなレベル4を狙った構成で組んでるとは思うんですよね。でもエラーがでたり、正確なエッジが使えてなかったり、レベル認定で「すばやく」みたいに客観的な評価がしにくい項目があったりでステップは特にレベル認定が厳しかったですね。安藤選手のステップ、レベル3ぐらいは取れてそうと書いてはみたものの、足元を繰り返し見るとまだまだ認定が厳しいターンがありますね。でも割くシーズンに比べれば本人の意識が違うというのは伝わってきてますので、シーズンがすすんでいくにしたがってステップにも余裕ができて、上達するといいですね。

長野のK嬢さん
 こんにちは!
私もこんなに海外旅行がポピュラーになる前に育った世代ですので、スケートの試合で海外の地名を聞いたり国の名前を知ったりしたことも多いです。地理は子供のころから好きで地図帳をずっとみてるのが好きな子供でしたので、昔のTBSの世界選手権の番組だと毎回開催地の名所紹介みたいなものが冒頭にあってそれも楽しみにしていたのを覚えています(今ならそんなことするぐらいなら選手うつせ!とかっていいそうですが、最近は海外中継が珍しくないので観光地案内をわざわざしたりしませんよね)。パリに初めて行ったときは伊藤選手が世界チャンピオンになった会場も見に行きました(外からですが)。公園というか花壇にうまったような半地下の構造で外から見ると本当にここなの?なんてちょっと拍子抜けしました。
Posted by Alex at 2006年10月18日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キャンベル国際生放送(JsportsPlus)
Excerpt: さあ、いよいよ始まりました!キャンベル国際、JsportsPlus生放送です!o(^-^)o 本日夜のTBSが初見のみなさま、この先はネタバレになってしまいますので、念のため。 *放送時間延長..
Weblog: 川柳つれづれblog
Tracked: 2006-10-16 04:57

キャンベル国際結果はっ!o(^^o)(o^^)o
Excerpt: 起きながら見てるし・・・・(^^;; なっ・・・きゃ、キャンベル国際でございます
Weblog: Dotaの(o^_’b ぐっじょぶ
Tracked: 2006-10-16 21:05

キャンベルカップ 地上波放送を見て
Excerpt: キャンベルカップの地上波放送、男女シングルについては全選手を放送してくれてまずは...
Weblog: Giorni Cantabili
Tracked: 2006-10-17 00:46

「日米対抗フィギュア」楽しめました!
Excerpt: 日米対抗フィギュア(キャンベルカップ)が終了しました。大会・番組ともにいい内容で大満足でした。多くの選手の演技は、初戦としてはかなりいい内容だったと思います。特に今回自己ベストを更新した織田信成・浅田..
Weblog: 荒川静香最新情報ブログ
Tracked: 2006-10-17 04:48

キャンベル国際
Excerpt: テレビ観戦はしてたのですが、連日の疲れからブログまで手が回りませんでした。しかし
Weblog: まりりん&すけーと
Tracked: 2006-10-17 15:31

TBS キャンベル放送について
Excerpt: キャンベルのTBS版放送見ました。 ジャパンオープンを思い出させる試合形式でどうなるの? って思ったけど。 やっぱ、同じものを感じました。 スケートって、団体戦にする意味がわか..
Weblog: 女子2人嫁入り前日記
Tracked: 2006-10-17 22:04


Excerpt: F2F2、F-2、F2(エフツー又はエフに)* フォーミュラ2(Formula 2) - 自動車レースのカテゴリーの1つ。 F-2 (支援戦闘機) - 航空自衛隊の支援戦闘機(攻撃機)。 F-2 (テ..
Weblog: いま流行のTV番組を集めました
Tracked: 2007-09-05 10:07