2012年02月07日

アメリカンアイドル S6 ブルック・ホワイト新曲

ジャック&ホワイト名義の第2弾
 デヴィッド・クックとデヴィッド・アーチュレッタのデヴィッド対決で盛り上がったシーズン7。このシーズンはほかにもタレントぞろいで再出発組のマイケル・ジョンズ、カーリー・スミッソンをはじめジェイソン・カストロやクリスティー・リー・クックなどがデビューを果たしました。ブロンドのベビーシッターとして登場したブルック・ホワイトも番組終了後デビューを飾ることができました。このシーズンからコンテスタンツがステージで楽器を使用することが許されたことでアドバンテージを得たひとりがキャロル・キング風にピアノを弾きながら歌うブルックでした。優等生キャラと思いきや、ジャッジから批判を浴びると鬼の形相で反論するなどエキセントリックな一面がシーズン6でいい味出していたのも終わってしまえば何もかも懐かしい。昨年からはイケメンシンガーソングライター、ジャック・マトランガと組んでJack&Whiteの名義で活動していますが彼らの第2弾ミニアルバム「Winter」がiTunesでリリースされましたWinter - EP - Jack and White。収録された「Night After Night」をYouTube[こちら]でチェックするとアメリカンアイドルの頃と変わらない甘酸っぱいフォーク調の世界で安心しました。
 彼女はもともとインディーズからのデビューでしたが、現在のリリース元June Baby Recordsは彼女とアメリカンアイドルのジャッジであるランディ・ジャクソンが共同で設立したレコード会社というのもおもしろいですね。

Jack and White公式サイト[こちら]

posted by Alex at 17:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック