2006年09月24日

岩崎宏美「つばさ」をテレビ初披露・・・感想など

 昨日オンエアされた「あなたが主役 音楽のある街で」を見ました。岩崎宏美さんの歌は事前情報通り「聖母たちのララバイ」と「つばさ」の2曲でした。広島交響楽団との共演ということで、やはり先日京都での今日とフィルハーモニー合奏団との共演を鑑賞したときのことを髣髴させましたが、オーケストラの人数が多く、会場も京都の会場の3倍以上の大きさ観客の収容人数があったでしょうか。NHKの公開収録ということで満員のお客さんで埋め尽くされていました。岩崎宏美さんは京都の公演で第2部で着ていたのと同じドレスでした。京都で観客席でみたときは会場の黄系の照明のせいもありましたが、白だと思っていましたが、テレビで見るとわりとしっかりベージュ系?クリーム系の色がでていて、遠くの席から見ていたときの印象より細かく凝ったデザインのドレスでゴージャスでした。


 テレビを見ていて宏美さんの尋常でない緊張感が伝わってきて、テレビの前で歌を楽しむどころかはらはらしながら見守る保護者のような気持ち・・・まるでスケートの試合で応戦してる選手の演技を見ているときのような緊張と興奮がこみあげてくるような気持ちになりました。京都の公演では「オーケストラと共演してるときは、自分がオーケストラの人たちから試されてるような気持ちになって緊張する(でも今日は指揮者の井村氏と旧知なので楽しくできた)」と語っていた宏美さん。この発言は京都公演の数日前の収録となったこの番組での広島交響楽団との共演では緊張したということがあってのコメントだったんだなと、テレビをみながら思いました。
 1曲目はすっかり彼女の名刺代わりとなっている「聖母たちのララバイ」。テレビサイズの1コーラスバージョンでしたが、オーケストラとの共演と言うことでテンポをぐっと落とした演奏なので、いつも以上に力の入った熱唱型の「マドララ」になったのではないでしょうか。一時期、喉の状態もあったのか心境の変化があったのか、もっとさらっと歌う「マドララ」の時期がありましたが、先日の京都といい、今回のテレビ放送といい、「多くの方(ファンだけでなく一般の観客/視聴者を含めて)が岩崎宏美の『聖母たちのララバイ』に持ってるイメージ」に応えるような、ある意味、サービス精神あふれる歌い方にまた戻しているのかなと…思いました。司会者の方が「25年」とおっしゃっていましたが、この曲を25年(正確には来年で25年)も歌ってきているわけですから、どんな歌い方をしようが、もしどこかで自分の意図してないようなほころびが歌の中ででてしまっても、もうこの歌は「岩崎宏美の歌」という自信にあふれた様子だと思っていましたが、歌い終わった後の、一仕事終えたあとの安堵感あふれる笑顔を見たときに…彼女のいつも以上の緊張感をかんじてしまい、ここからファンとしてはらはらどきどきする展開となってしまいました。
 なにしろ、この後は大舞台では初披露となる歌、しかも自分のバンドではなくて、オーケストラとの共演、そして、会場も岩崎宏美のコンサートに来ているファンではなくて、NHKが公募した一般の聴衆…こんな厳しい条件もなかなかそろわないのではないでしょうか。そしてなにより曲が本田美奈子さんの「つばさ」。今週いよいよリリースされるカバーアルバム「Dear Friends V」の制作にあたり、ファンサイトでリクエストを募ったところ、本田美奈子さんのファンの方からの投票も含めて、圧倒的な1位となって岩崎宏美バージョンがレコーディングされることになったというナンバー。本田美奈子さんのファンのみなさんも、本田美奈子さんの意志を、そして大事な曲を誰かに受け継いで欲しいという気持ちを持ちながらも、一方で宏美さんがどのようにこの曲を解釈して表現するかにある意味厳しい目を向けているかもしれないという状況だと思うのです。「歌いたいんですね…一度ちょっと休んでたことがあったので余計に歌いたいんです」「彼女も私と同じで本当に歌いたかった人なので、彼女の歌を私が受け継いでというか、歌い継ぐことはできるので」そう司会者の方のインタビューに応えてから「つばさ」の演奏が始まりました。
 最初の歌いだし、すごく大事に大事に言葉を慎重に音へのせてきたもので、大きく音をはずしたり途中で歌詞をとちっちゃったりするんじゃないかと思う気持ちが強くなってはらはらどきどき度が急激に上昇、歌を楽しむ余裕はありませんでした。しかしさすがプロ、何度もファルセットにいきそうなところもぐいっと引き戻して逃げずに正面からぶつかる歌で最後まで無事に歌い終えました。最後にオーケストラへ一礼して、指揮者の方と両手で握手するときには深々と頭を下げて、一仕事を終えたという安堵感、そして緊張感から開放された安心感が伝わってきました。歌に厳しい人なので楽屋に引き上げてから、反省されるようなこともあったかもしれませんが、この日の体調でできるすべてをぶつけるような歌唱で、またまた元気をもらいました。宏美さんが、これから歌い続けていくなかで、この歌の表現もどんどん変っていくことだと思いますが、この日の「つばさ」を私は忘れることはないでしょう。

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

岩崎宏美「Dera Friends V」
「つばさ」をはじめ「卒業写真」「元気をだして」などを収録
Dear Friends III
Dear Friends III岩崎宏美 バリー・マニロウ 大江千里

テイチクエンタテインメント 2006-09-27
売り上げランキング : 362

おすすめ平均 star
starDear Friends V
star期待大の選曲に注目です!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本田美奈子「LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~」
「つばさ」を収録したベスト盤
LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)
LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)(DVD付)本田美奈子

おすすめ平均
stars分岐点
stars素直に元気を与えてくれる素晴らしいアルバムです
stars本田美奈子さん入門バイブル〜歌の旅路の足跡〜
stars本田美奈子がいっぱい
stars大切な宝物になりそうです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オムニバス「名曲発掘 ! ジュエル・バラッズ」
本田美奈子「つばさ」岩崎宏美「そばにおいて」など
女性シンガーの隠れた名曲を集めたバラード集
名曲発掘 ! ジュエル・バラッズ
名曲発掘 ! ジュエル・バラッズオムニバス 中島みゆき 今井美樹

ポニーキャニオン 2005-10-19
売り上げランキング : 1781

おすすめ平均 star
starアーティストへの敬意を感じます
star選曲がすばらしい
star何度も聴きたくなる曲が多い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この番組の感想を書かれているブログ
Giorni Cantabili 岩崎宏美さんの「つばさ」 TV初披露
関連リンク
岩崎宏美オフィシャルサイト
岩崎宏美のオリジナルアルバム22枚一挙CD復刻
放送・ゲスト予定 〜あなたが主役 = 音楽のある街で =
広島交響楽団情報
関連エントリー
岩崎宏美「あなたが主役 音楽のある街で」本日オンエア
中島みゆき最新アルバムに岩崎宏美へ提供した曲を収録
岩崎宏美と京フィル「秋色ロマンコンサート」感想など
BMGジャパンの担当者がバリー・マニロウと岩崎宏美共演の経緯を語る(ORICONの記事から)
岩崎宏美、バリー・マニロウのショーへのゲスト出演日決まる
岩崎宏美 「Sincerely/Teache Me Tonight」をステージで初披露
岩崎宏美「DearFriends V」収録曲発表 バリー・マニロウとのデュエットも収録
岩崎宏美 バリー・マニロウとデュエット!
夢やぶれて IDreamed A Dream 岩崎宏美
本田美奈子.さん追悼番組
夜のヒットスタジオ/小柳ルミ子/中島みゆき/山口百恵/桜田淳子/岩崎宏美
本田美奈子.さん追悼番組 ナレーションは岩崎宏美
夜明けの天使たち 岩崎宏美
25周年、30周年
posted by Alex at 13:39| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私にはさすがにキャリアの豊富な宏美さんだけにオーケストラをバックに大きな会場でも堂々とした歌いっぷりだなぁ、と思えたのですが、宏美さんも緊張しておられたのですね。京都の時は自分より一回り年下で旧知の間柄の指揮者だったので少し気が楽だったのでしょうが、この時は世界のマエストロ、コバケンさんとの共演でしたからね。緊張するのも無理はないでしょう。コバケンさんというと熱い演奏のイメージが強いのですが、この日はあまり宏美さんを煽り立てるようなこともなく、しっとりと歌う宏美さんに寄り添うような優しい伴奏でしたね。
宏美さんの歌も緊張を感じさせない、気持ちが声に乗った素晴らしいものでした。私はわからなかったのですが「聖母たちのララバイ」の方もテンポが遅めだったんですね。秋の日の夕方に贅沢な一時を過ごせました。
Posted by sergei at 2006年09月24日 18:20
私もなぜか緊張しながらテレビを見ていました。(でも録画なのにね)
マドララはオーケストラをバックにして唄うと何時ものコンサートで聞くマドララとは物に感じますね。
「つばさ」は美奈子さんの跡を継ぐのではなく宏美さんの世界で歌っている感じがしてGoodでした。
この歌の聞かせどころの40秒の引き伸ばし(ごめんなさい、なんと表現したら良いのかわからないので)を無理せず10秒ぐらいに編曲してますよね、これにより岩崎宏美の世界で唄っているな〜、と感じましたね。
いよいよ
今週発売されるDFVが楽しみになってきました。
Posted by 新鮮太郎 at 2006年09月24日 19:00
こんばんわ。
Alexさんの情熱コメント、心して読ませて頂きました!
やはり皆さん、緊張の「つばさ」だったんですね。私もかなり…
録画を見る度に、どんどん体に浸透する感じです。
また、いつもと違う雰囲気の「聖母たちのララバイ」は熱唱でしたね。
これもすごく◎です!!ただ、ワン・コーラスとちょっとだけ?って勿体ないです…
「Dear Friends V」発売を目前に、この秋…ヘビーローテーションになる事を確信しました♪
今も昨日の歌声が部屋中に響き渡っています
Posted by ミルミル at 2006年09月24日 22:30
こんばんは
暴走気味のエントリーにコメントくださってありがとうございます。

sergeiさん
>>この時は世界のマエストロ、コバケンさんとの共演でしたからね。緊張するのも無理はないでしょう。
私はクラッシク詳しくないので恥ずかしながらコバケンさんに詳しくないのですが、演奏終了後の岩崎さんの経緯のあらわし方が尋常ではなかったので、偉い人なんだろーなぐらいにしか見ていませんでしたから、それはますます緊張したんだろうなと思いました。
「聖母たちのララバイ」はとくにテレビバージョンのときは時間の都合もあると思うのですがさらにテンポが上がることが多いのです。

新鮮太郎さん
>>私もなぜか緊張しながらテレビを見ていました。(でも録画なのにね)
私もなんて無駄な緊張してるんだろうと思うぐらいテレビの前で固唾を呑んで見守っておりました。最後の声を伸ばすところ(本田さんのファンの方はロングトーンとよく呼んでいます)も、若い頃の声に自信があったころは勝負した(へんな言い方ですね・・・)かもしれませんが、今の宏美さんにあった表現方法だったと思います。もしあそこで本田さんと同じような歌い方を期待した方がいらしゃったらがっかりされたかもしれませんが。

ミルミルさん
>>情熱コメント、心して読ませて頂きました!
大変お恥ずかしいです。でも緊張してみてたのが私だけでなくてなんだかほっとしました。
京都公演で聞いたときに卒業写真もすごくよかったので、これもDearFriendsでは良美さんとの姉妹デュエットを聞くのを楽しみにしています。
Posted by Alex at 2006年09月25日 01:55
http://www3.point.ne.jp/~usu/hiromidear.html
↑こちらに『Dear Friends III』の作品解説が出ているのですが、「例のロングトーンの部分がここではセミロングなので」とありますので広島での歌唱と同じような感じに歌っているのでしょうね。どちらが長いかストップウォッチで計りながら聴くのはあまりにも悲しいですから、宏美さんなりの表現で歌ってくれればいいと思います。

小林研一郎さんは世界で活躍する最高の日本人指揮者の一人といっていいと思います。音楽の普及活動への意欲からポップス歌手やアマチュア音楽家との共演にも積極的なのでしょう。今回の共演は宏美さんにとってまた新たな勲章であると同時に、コバケンさんにとっても忘れ難い思い出になったのではないでしょうか。「本田美奈子」の名が世界のマエストロの心にも深く刻み込まれたに違いないことを思うととてもうれしいです。その意味でも宏美さんに感謝しなくてはいけませんね。
Posted by sergei at 2006年09月25日 21:25
sergeiさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
今日あたり出荷のお知らせくるんじゃないかなとメールチェック何度もしてますが(爆)、今日はこないみたいですね。明日の発売日に発送のようです。
ロングトーンの部分はやはり本田美奈子さんのファンの方は一番気にしていらっしゃったんじゃないかな?と思ってましたが、岩崎さんの現在の喉の調子や、本田さんとは歌唱法もちがうので、同じことはできないだろうなと思っていましたので、そのあたり一番心配していました。またこれをきっかけに本田美奈子さんのファンが岩崎さんの歌を聞いてもらえたらなと思います。
Posted by Alex at 2006年09月26日 17:00
たった今、はいだしょうこさんが、TV大阪で「つばさ」歌ってます。
http://www.tv-tokyo.co.jp/bansan/
Posted by ギムリン at 2009年11月14日 22:45
ギムリンさん
こんばんは!
歌のお姉さんでしたか。
調べてみないとわかりませんでした。
そして・・・間に合いませんでした。
Posted by Alex at 2009年11月14日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

岩崎宏美さんの「つばさ」 TV初披露
Excerpt: 今日NHKBS2で放送の「あなたが主役 音楽のある街で」にゲスト出演した岩崎宏美...
Weblog: Giorni Cantabili
Tracked: 2006-09-24 18:24