2011年07月30日

ドナ・サマー with デヴィッド・フォスター 「Last Dance」

残念ながら来日告知は無しだけど
 デヴィッド・フォスターがゆかりのアーティストとともにスペシャルショーを展開する「デヴィッド・フォスター&フレンズ」。この秋にはその第2弾が日本にも上陸、東京フォーラムAで10月19日と20日の2日間、公演が行われます。フォスターと共演するゲストはフィリップ・ベイリー、マイケル・ボルトン、ラッセル・ワトソン、そして日本でも人気のシャリースと豪華メンバーではありますが、アメリカ版の第2弾のメンバーはフィリップ・ベイリー単独でなくアースウィンド&ファイアーとしてだったり、ボルトンとともにシールが出演して二人が共演してたり、ナタリー・コールも日本版は日本では出演者の告知には無く、さらにトリを飾ったのがドナ・サマーだと知ってしまうと、少々、残念かな。しかし、日本がこんな時期ですし、来てくれる方々に感謝するべきなのかもしれません。もし、ドナ・サマーが来日してくれたなら絶対東京まで行きますけど、今のところ来日アナウンスは無し。オフィシャルページ[こちら]の「andmore/近日発表」に期待をかけてチケット買うにはリスク高過ぎだな。

「Last Dance」
 ドナ・サマーとフォスターの接点ってそんなに思い浮かばないんですけど、映画の主題歌でブルース・ロバーツとデュエットした「Whenever There Is Love」がフォスターがらみでしたっけ?その曲もアメリカ版では歌われてないようです。ショーのラストを飾るのがラストソングの定番「Last Dance」[YouTube]。ドナ様、御年62歳ですよ。全盛期の突き抜けるような高音こそないものの、伸びのある中低音のパワフルなこと。健在ぶりに涙がでてきてしまいました。豪華バンドを従えるフォスターのバンマスぶりもさすがの貫録ですし、観客の熱狂っぷりもいいですね。早速、DVD付のスペシャルCD予約してしまいました。もしドナ・サマー来なかったら、日本ではシャリースがその便利屋ぶりを発揮して「Last Dance」歌うのかな?


posted by Alex at 04:20| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思わず笑みがこぼれちゃうような映像ですよね。こんな錚々たる顔ぶれ(ナタリーとかもいるし)の中でトリをドナ様がとっちゃうってのも嬉しいですし。キャリアから言えば当然ですけど、どうにもドナって色んな意味で冷遇されてる感じが拭えないので。

…しかしおかしいなぁ、このCD&DVD、この間中古で売ってたんですよ。裏も返して曲目とか出演者とかもチェックしたのにドナ様に反応しなかったなんて。焼きが回ってる…。
Posted by Suzu at 2011年07月31日 09:19
Suzuさん
こんばんは。
もう中古が出回ってるんですね。早い。
アマゾンさんから届いたのでDVDみようとしたらブルーレイ(涙)。ちょうどブルーレイ欲しかったからプレイヤー買おうかな。
ドナ・サマーがミュージックシーンに与えた影響って少なくないんですけどね。R&B/ソウル/ブラックミュージックの枠からは評価されないポジションってのも大きいと思いますね。アレサを頂点としてしておきたいその筋の人たちには目を伏せときたい実績ってあるじゃないですか。
Posted by Alex at 2011年08月04日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217426269

この記事へのトラックバック