2011年02月20日

岩崎宏美 大阪ビルボードライブ

人気のライブハウスツアー初観賞
 最近、足を運ぶことが多いビルボードライブ大阪で岩崎宏美さんのステージを楽しんできました。毎年、恒例のライブハウスツアーは、普段は大きなコンサートホールでしか見られない宏美さんのステージを身近に感じる距離で見ることができることがあって大人気。4公演ともソールドアウトの告知通り、ビルボード大阪でこんなにお客さんが入っているのを見るのははじめてというぐらい客席はぎっしりでした。人気公演な上に、予約開始になった頃、ちょうど体調を崩していたので、行くことができるかなと躊躇して席を押さえるのが遅かったので入場順の整理番号が遅くなってしまったため、宏美さんの姿を見るのは死角が多い席になったのは残念でした。ほかの公演ではこんなとこにお客さん入れてたっけ?という場所でよい経験といえばそうなんですけど、何も宏美さんの公演でこの席?と残念でした。でも、宏美さんの歌がはじまってしまえば、彼女の美しい歌声にすぐひきこまれてしまい、ピアノの青柳さん、ギターの古川さんの素晴らしい演奏とともにショーを堪能。あっという間の時間を夢見心地で過ごすことができました。姫路公演にむりやり引っ張り出した友達に今回も同伴していただいたのですが、友達も大満足だったようです。「シアワセノカケラ」のときは隣で小声で歌ってたし(苦笑)。
 MCでもおっしゃっていましたが、青柳さんはあの戦場カメラマンさんとのコラボレーション、古川さんはASKAのコンサートツアーでお忙しいとのこともあってか、3人で全国のコンサートホールを廻るおなじみの共演によるアコースティックライブがこの秋&冬はなかったので、人気プレイヤーである青柳誠さん、古川昌義さんとの息の合った熟練のパフォーマンスを見られるライブハウスツアーは貴重なチャンスです。今週は21日22日はブルーノート名古屋、26日27日は東京六本木STB139にて同じパッケージのショーがあります。まだ公演によっては席があるようですので、ぜひ会場へお問い合わせの上、足をお運びくださいませ。そういえば、宏美さんは3月の二葉百合子さんの引退コンサートへ行かれるとおっしゃってました。

 しばらく書いてなかったライブレポを久々に書いてみました。とりとめなく長文なのでお好きな方だけ。


ステージごとに変わるセットリスト
 宏美さんのファンの間では有名ですが、例えば大阪で1日2公演2日間で4公演となるショーはセットリストがすべて違います。キーになる数曲以外は毎回入れ替えますので、ツワモノとなると全公演制覇されたりするそうです。それだけこの3人でのレパートリーが多い証明ですね。
 私が行った2日目の前半の部ではこの秋のツアーで聞いてから宏美さんの歌声でも大好きになった「愛燦燦」でスタート、Life+のツアーを髣髴させるような歌いだしでの「ロマンス」と続いて宏美さんのご挨拶。そして古川さんのギターだけで「春おぼろ」、青柳さんのピアノだけでの「秋桜」と続く構成は秀逸でした。「春おぼろ」はアルバム「許さない」でセルフカバーしたバージョンよりもさらに渋いアレンジでより詩の世界観を追求したような宏美さんの歌声にしびれました。「秋桜」は宏美さんが心酔するさだまさしさんのペンによるナンバーですけど、発売時期もこの2曲は近くて山口百恵の「秋桜」が大ヒットした直後に「春おぼろ」がリリースされていまして、宏美ファン的には関連づけて語られたりもしますよね。大阪も昨日から少し暖かくなってきたので季節的には「春おぼろ」がうれしかったかな。
 ライブでは初めて聞いた「五番街のマリーへ」のあと、作曲をした都倉俊一さんとの逸話を披露してくださいました。都倉先生はスター誕生の審査員ということもあって、いろんな場面で宏美さんのことを話すときも「宏美ちゃん」なんて言ってとても親しそうにされていたので意外だったのですが、宏美さんは都倉俊一さんの提供曲を歌う機会に恵まれなかったのだとか。山口百恵さんやピンクレディーなどスター誕生出身者にヒット曲を数多く書かれているので宏美さんもアルバムの中なら書き下ろしがあったんじゃないかなと漠然と思っていたので、言われてみればという事実です。それでもDear Friendsシリーズの中でこの「五番街のマリーへ」を歌ったら、先生に会った際に「僕の曲を歌ってくれてるんだって」と喜んでいただけたんだそうです。そういえばこのシリーズのきっかけとなった1曲「あなたの心に」も都倉俊一さんの作曲されたナンバーでしたね。
 次は宝くじコンサートでも使った楽器「一五一会」を抱えての弾き語りで「ただ、愛のためにだけ」。最初は「すみれ色の涙」1曲だったレパートリーもずいぶんと増えてきましたね。宝くじコンサートでは「上を向いて歩こう」も披露してくれましたし、Life+のときににはビートルズのナンバーをやってくれたおぼろげな記憶が(最近、記憶力がひどく低下して困ったものです)。この曲での力強い古川さんのギターに圧倒されてしまった。すごい!それに煽られるかのように宏美さんも力強く愛を歌ってらっしゃいました。Dear Friends Wに入ってた「飾りじゃないのよ涙」を思い出すようなギターでしたね。この日のマイフェイバリットはこのナンバーだったかもしれません。
 そして宏美さんのショーでは定番「手紙」、今現在の宏美さんの穏やかな日常を垣間見るような素敵な歌詞ですね。そして35周年ツアーでハイライトとなった「虹 Singer」、レコード大賞での歌唱もまだ記憶に新しいですが、ピアノとアコースティックギターだけでもこんなに豊かな演奏になるのかと驚かされながら、そしてやはり歌声に心酔しきっていました。宏美さんに18歳の若い昔の歌謡曲好きのファンの方からファンレターが送られてきたそうで、「2番の歌詞にでてくる『先に行った友達の』というのは山口さんや桜田さんですか?」と書かれてたんだとか。こういうこと長いファンだと逆に気を使って聞けないじゃないですか。ナイスな質問ですよね。宏美さんはそんな具体的なことは思わずに、雪村いづみさんの美空ひばりさんや江利チエミさんへの思いについて考えながら歌っていたんだそうですよ。そのファンメールで新しい「気づき」があったかもしれませんね。歌がまた変わっていくかも。楽しみです。
 そして「虹」からMCをはさまずにはじまる流れは35周年ツアーと同じ「シアワセノカケラ」。宏美さんのライブで今は一番楽しみな歌。年齢ごと季節ごと、その日その日の気分や体調で表情を変えるようになってからの岩崎宏美さんの歌声を一番反映したナンバーじゃないでしょうか。この曲は聞くたびに違う曲?と感じるほど新鮮で、岩崎宏美さんのその時の心を映し出す泉のようになっているように思えてなりません。姫路で涙声で歌った「シアワセノカケラ」、宇都宮や大阪のNHKホールでの力強いアリアのように響いた「シアワセノカケラ」、ファンへのありがとうの気持ちに満ちた「シアワセノカケラ」は東京フォーラム、それらを聞けたことは私の一生の宝物になるんだろうな、そんなことを思いながら聞いていました。
 次がマドンナで終わりかなと思ったら、ショーの最後は「思秋期」でした。この曲でのピアノの響きは素敵ですよ、いつも。かなり入り込んで聞いていたので記憶が飛んじゃってるぐらい、歌の世界に入ってしまっていました。気が付いてたら終わってたような。呆然とする中、宏美さんたちはステージを降りられました。アンコールは「ARIGATO」か「上を向いて歩こう」かな?なんて予想してたらやっぱり歌わないわけにはいきませんね「聖母たちのララバイ」で。この曲でまた古川さんのギターが大好きになりました。音が迫ってくるのが目に見えるような響きなんです。ガガガガガガガガガって。宏美さんの歌声とともに圧倒されてしまいました。
 「ARIGATO」が会場に流れてきて終焉。素敵な土曜日の午後をすごすことができました。ありがとう。そういえば開演前には「ピンクと呪文」が流れておりました。

posted by Alex at 11:31| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Alexさん、初めまして。
いつもブログ等、楽しみに拝読しています。

私は昨日後半の分に行きました。
ラストは聖母たちの〜で、アンコールがARIGATO。
他は、卒業写真 五番街のマリーへ 春おぼろ 青春の影 万華鏡 ファンタジー
You gotta friend(with一五一会) 虹 〜Singer シアワセノカケラ
 でした。

中でも聖母たちの〜は圧巻でした。
コンサートなどでも何回も聴いてきたはずなのに、
昨日のはいままでで一番心に残るものとなりました。
宏美さんからの聴衆一人一人に対する大きくて深くて篤い「愛」が、
ひしひしと伝わってくるような…
ライブハウス、クセになってしまいそうです(笑)。
Posted by シカ at 2011年02月20日 13:19
シカさん
こんにちは!
はじめまして。
同じ日でも予想以上に曲の入れ替えがあるんですね。それもどちらが当たり外れというのがなくて、どっちもききたかった!と思わせるバランスはさすが。ファンタジーなんてどんなアレンジで聴けるのかな...これは足しげく通わねば!来年が楽しみです。
聖母たちのララバイいいですよねー。リリースされたころの歌声も好きですけど、今、ステージで聞ける聖母たちのララバイは心ふるわされるものがありますね。言葉に嘘がまったく感じられないそんな歌唱です。
Posted by Alex at 2011年02月21日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック