2011年01月26日

映画「バーレスク」、サントラ盤に未収録の曲は?

音楽とともに名シーンが甦るのになぜかサントラ未収録
先日は映画感想のエントリー[こちら]で劇中で印象的に使われていたAlphaville「Forever Young」をご紹介しましたが、この映画、劇中のショーやそれ以外のドラマのシーンでも音楽をうまく使っているのなぜかサントラはクリスティーナ・アギレラの曲ばかりで未収録のナンバーが多いこと多いこと。アギレラがまだウェートレスをしてるときにステージ上で主役争いを繰り広げたときに印象的に使われたマリリン・モンローの「Diamonds Are A Girl's Best Friend(Swing Cats Remix)」などはサントラに入ってないのが不思議なくらいです。そんなサントラ未収録の曲を気づいた範囲でご紹介しておきたいと思います!

Miranda Lambert 「Makin' Plans」
[YouTube] Amazon

「Diamonds Are A Girl's Best Friend」
(劇中のショーで宝石振り回してたショーでモンローのミックス版を使ってました)
[YouTube/Marilyn Monroe(Swing Cats Remix)] Amazon/試聴あり Diamonds Are A Girl's Best Friend (Swing Cats Mix) - As Heard in the film Burlesque - マリリン・モンロー
[YouTube/Marilyn Monroe オリジナル版]
[YoTube/Kylie Minogue版]

「Long John Blues」
(劇中の背の高い歯医者ネタのショー)
[YouTube/Bette Midler版]

Keri Hilson「Knock You Down」
[YouTube] Amazon/試聴あり In a Perfect World... (Bonus Track Version) - Keri Hilson

Madonna「Ray Of Light」
(このあたりもすでにアンセム扱いなんですね...遠い目)
[YouTube] Amazon/試聴あり Ray of Light - Ray of Light

Neon Trees「Animal」
[YouTube] Amazon

Alphaville「Forever Young」
[YouTube] Amazon First Harvest 1984-1992 - Alphaville

Donna Summer「Hot Stuff」
[YouTube] Amazon Hot Stuff (Single Version) - Endless Summer - Donna Summer's Greatest Hits

Modern English「I Melt With You」
[YouTube] The Best of Modern English - Life In the Gladhouse 1980-1984 - Modern English

Boston「More Than A Feeling(宇宙の彼方へ)」
[YouTube] Amazon/試聴あり 

posted by Alex at 00:27| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
携帯で
記事読ましていただきました。

バーレスク本当にスゴい
映画でした!!!

私もバーレスクのサントラ
買おうかな?
と思っていたんですが
収録されていない曲が
こんなにあるとは
知りませんでした!


映画の中で
クリスティーナアギレラが
初めて
舞台で歌う曲は収録されていますか?

もしよろしければ
教えて下さい




Posted by 豚也 at 2011年06月29日 22:14
豚也さん
こんばんは!
映画見た勢いで買ったら、サントラに収録されてないナンバーが多くて残念だったのですが、アギレラが歌った歌はちゃんと収録されているようです。最初は「タフ・ラバー/Tough Lover」じゃなかったかな?Amazonなどで試聴できるようですのでご確認ください。
映画素敵でしたよね。DVD欲しいな。



Posted by Alex at 2011年06月29日 23:08
おっさん仲間に「バーレスクいいぞ!」と言われて観に行きました。10年間ほど聴いていなかったアギレラは何だかやたら上手くなってるし(笑)、懐かしい(懐かしすぎる)曲も多く楽しめました。
久々に音楽映画を堪能しました。

で、やはりサントラ盤には未収録曲が多いので、探してここにたどり着いた次第です。
Keri HilsonとかNeonとか世代が違いすぎて、まるっきり分からなかったので助かりました。
ありがとうございます。


お礼に?おっさんの守備範囲から。(もうご存じでしょうが・・・)

●Etta James / Something's Got A Hold On Me
  冒頭でアリがジュークボックスをかけて歌う歌です。
  エタ・ジェイムズはアギレラが最もリスペクトしていたらしい歌手ですが、今年惜しくも亡くなりました。
  映画『キャディラックレコード』ではエタをビヨンセが演じています。
  下のTough Loverもエタです。

●Elmer Bernstein作曲 / Wagon Wheel Watusi
  アリがダンサーオーディションで踊った曲です。

●Etta James / Tough Lover
  言うまでもなく、アリがニッキの邪魔に抗してアカペラで歌い始めた曲です。

●Marlene Dietrich / Guy What Takes His Time
  アリがステージ上で最後にヌードになるお色気シーンの曲です。

●Nicole Scherzinger / Beautiful People
  アリのLAでの求職巡りシーンでちょっとかかり、ラストのキャスト/スタッフロールではニコールとアギレラのデュエットになります。

あと...、シェールのWelcome to Burlesqueの直後にバンドが演奏するのは、プレスリーのBlue Suede Shoesかなあ?? と思うんですが、自信ありません。

いずれもYou Tubeなどにアップされています。

ではでは。
Posted by いのしん at 2012年08月04日 22:17
いのしんさん
曲情報ありがとうございました。
久々にDVDで見返してみたいです!
Posted by Alex at 2012年08月14日 10:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック