2010年08月18日

ドナ・サマー新曲はブルース・ロバーツとタッグ

61歳にして衰えず精力的な活動
 2008年に久々の新作となるアルバム「Crayons」を引っさげて、アメリカンアイドルシーズンフィナーレなど人気テレビ番組を中心に数々のメディアに登場し、ビルボードアルバムチャートでは17位を記録、アルバムから3曲がダンスチャートの首位を飾るなど、華麗なる復活を印象付けたドナ・サマー。御年61歳となるこの夏、新曲「To Paris With Love」(YouTubeは[こちら])をリリースし話題となっています。カイリー・ミノーグを髣髴させると言うと、元祖ディスコクィーンに対してて失礼でしょうか?無機質なリズムトラックが実にドナらしいダンスチューンとなっております。9月にはダンスナンバー中心のアルバムとなんとスタンダードアルバムの2枚のレコーディングをスタートさせたいと息巻いてるドナ・サマーの今後の活動に注目したいですね。

ブルース・ロバーツとのタッグ
 さてこの「To Paris With Love」の作曲者としてクレジットされているのはなんとブルース・ロバーツ。日本ではAORファンを中心に人気のあるアーティストでAORのガイド本などで取り上げられる機会少なくないブルース・ロバーツはソングライターとしてもバーブラ・ストライサンド、ローラ・ブラニガン、ポインターシスターズ、ディオンヌ・ワーウィック、シェールなどに曲を提供していて歌姫ファンにもお馴染み。特にドナ・サマーとは縁が深く、バーブラ・ストライサンドとのデュエットで全米ナンバー1となった「No More Tears」のほかに映画「The Daylight」のサウンドトラックではドナ・サマーとブルース自身のデュエットで主題歌「Whenever There Is Love」を歌っていました。2005年にアルバムではフォローされなかったドナ・サマーに「I Got Your Love」を提供しダンスチャートの4位に送りこんでいますが、今回の「To Paris With Love」とプロデューサーも同じですので、そのときのセッションのアウトトラックの可能性もあります(たしか当時アルバム1枚まるまる没になったという噂があったような…)。

Donna Summer Goes “To Paris With Love” On New Single

posted by Alex at 11:01| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何とも安心感のある組み合わせですね。

どうせだったらナイト&デイでもソング&ダンスでもいいんですけど、2枚組にしてくれたらいいなぁと思います(もちろん実現すればですけど…)。
Posted by Suzu at 2010年08月18日 15:05
本当に業界人全体の状況が厳しいのでビッグネームでも新作がリリースしにくい状況なのが残念。せひ、ドナはリリースまでこぎつけて欲しいですね。ダイアナなんてオリジナルアルバムとなるとかれこれ10年リリースされてませんか?
Posted by Alex at 2010年08月18日 21:33
Donna Summer 新曲出したんですね
youtube聴きましたけど、ちとビミョーかなあ 
最後の るい・るい・るいびとーんは可愛かった

没になった I'm A Rainbowは5年ぐらい前に発売になって今でもたまにiPodで聞いてます
Posted by chanpara at 2010年08月27日 01:12
chanparaさん
こんばんは!
I'm A Rainbowってもっと前にリリースされてませんでしたっけ?なんだか最近、何年前のできごとかごっちゃになってきてしまいました。ジョルジオ・モロダーとドナ・サマーの相性ってやっぱり特別でしたね。
Posted by Alex at 2010年09月07日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159806202

この記事へのトラックバック