2010年02月03日

バーブラ・ストライサンドがダイアナ・ロスのパートを歌う新「We Are The World」

ハイチを救うために75名のスターが大終結
 都市部の直下型地震ということで神戸の震災を髣髴させるような未曾有の被害に襲われたハイチ。政治、経済、スポーツ、エンターテイメントなどさまざまなチャンネルを通じてハイチ復興のために世界中から援助の手が差し伸べられようとしていますが、アメリカではあの「We Are The World」の新録音バージョンが制作中であることがあきらかになりました。2月2日月曜日にはロスアンゼルスのスタジオに70名を超えるスターが集結し、録音が行われました。トニー・ベネット、バーブラ・ストライサンド、ブライアン・ウィルソン、ナタリー・コールといった大御所からセリーヌ・ディオン、P!NK、マイリー・サイラス、ジェニファー・ハドソンといった現在歌姫達に、Akon、カニエ・ウエスト、Black Eyed Peasといった25年前には現在の隆盛ぶりが予想できなかったラップ&ヒップホップのスター達も勢ぞろい、また、クラシッククロスオーバーのジョッシュ・グローバンまで参加しているというのですから、どんな風にそれぞれの持ち味を生かしてひとつの曲を完成させるのか興味津々です。「We Are The World」の作曲者で当時は中心的存在だった故マイケル・ジャクソンの妹ジャネット・ジャクソンは当日スタジオには行かなかったもののアトランタで別録音で参加することも決まってるのだとか。お披露目は2月12日にバンクーバーオリンピックのアメリカでのテレビ放送の中でということが決まっているので、現在急ピッチで制作が進んでいるのだと思います。アメリカンアイドル卒業組ではジェニファー・ハドソン以外にキャサリン・マクフィーも参加したということですが…さすがに大コーラスの中に埋もれてソロパートはないでしょうね。



バーブラがダイアナのパートを
 今回の報道を見るとなんと言ってもバーブラ・ストライサンドの参加が大きな目玉として報じられています。公開されたコーラス録音時の写真などでもとんでもないところに混じってがんばっていますが[こちら]、もちろんソロパートも用意されておりまして、なんとオリジナルではダイアナ・ロスが歌った部分だったそうです。なんていうか、制作サイドも話題づくりがうまいですね。バーブラは企画物だからとおざなりなレコーディングにはせずに何度もテイクを重ね、完璧なピッチで歌えるまでOKを出さなかったとか。ボーカルコーチにはパティ・オースティンがついていたという情報まで…想像するだけでゴージャスですね。一時代、確かに高いレベルでライバル関係にあったバーブラとダイアナを聞き比べるだけでも楽しみでございます。
 バーブラといえば、グラミー賞より豪華なメンバーが集まると言う噂のクライブ・デイビス主催のプレグラミー賞パーティーに今年は参加、クライブとの2ショットも披露しています[こちら]。

予習編
 オリジナルは25年前ですから、当時を知らない音楽ファンの方も多いとは思いますが「We Are The World」はどこかで聞かれたことがありますよね?特に昨年はマイケル・ジャクソンの休止で追悼コンサートでも歌われましたし、「We Are The World」のDVDも売り上げランキングの上位に突然登場し話題になりました。YouTubeにもPVバージョンが探せばありそうですね。
 このニュースを読んで久々に私も部屋どこかで埃をかぶってる5年前にかった20周年記念のDVDを探して今夜は当時を思い出してみたいなと思いました。


よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

Stars remake We Are The World for Haiti victims - Yahoo! News
posted by Alex at 11:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | evergreen (音楽全般) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック