2010年01月20日

今週はヨーロッパ選手権(ユーロ)

エントリー/滑走順/結果[こちら]
伝統のヨーロッパ選手権
 フィギュアスケートはヨーロッパで発祥したスポーツということもあり、世界選手権より長い歴史を誇るのが伝統のヨーロッパ選手権、ユーロ、すでに昨日より開幕しております。目前に控えたオリンピックのメダルの行方を占うという意味でも重要な大会、女子シングル勢こそやや四大陸勢(アジア&北米)の後塵を拝していますが、男子シングル、ペア、アイスダンスなどにはオリンピックのメダル候補を多数擁しておりますので楽しみです。
 男子シングルでは今シーズン競技復帰したエフゲニー・プルシェンコ選手、ステファン・ランビエール選手に、手術のあとこれが競技復帰となるブライアン・ジュベール選手、昨年の覇者トマシュ・ベルネル選手、そして若手で勢いのあるセルゲイ・ボロノフ選手がいよいよ一同に介して直接対決というだけでもわくわくしますね。
 アイスダンスは残念ながらデロベル&ションフェルダー組は今大会回避でオリンピックぶっつけ本番となりますが、ドムニナ&シャバリン組がいよいよ登場、怪我が心配されたファイエラ&スカリ組も無事出場します。
 ペアは先ほどロシア選手権を制した川口悠子選手率いる川口&スミルノフ組にライバルのムホルトワ&トランコフ組がナショナルのリベンジを狙います。そしてチャンピオンのサフチェンコ&ショルコヴィー組はもちろん優勝候補。
 女子シングルはここ数シーズン、ヨーロッパの覇権を握ってきた感のあるフィンランド勢に、今シーズン勢いのあるロシア勢が挑みます。さらにコストナー選手やセベスチャン選手、マイヤー選手などの復活にも期待がかかります。
 また、今大会をオリンピックの最終選考会と位置づけてる国もあり、フランス、フィンランド、ロシア、スウェーデンなどは国内のライバル対決も注目されています。

スケジュール
1月19日火曜日
13:30-17:00(日本時間19日20:30-) アイスダンス コンパルソリー
19:20-23:00(日本時間20日2:20-) ペア SP

1月20日水曜日
11:00-13:40(日本時間20日18:00-) 男子シングル SP (前半)
14:30-17:10(日本時間20日21:30-) 男子シングル SP (後半)
19:00-19:40(日本時間21日2:00-) ペア フリー (暫定13位-16位)
20:30-22:40(日本時間21日3:30-) ペア フリー (暫定1位-12位)

1月21日木曜日
13:00-17:00(日本時間21日20:00-) アイスダンス オリジナルダンス
18:45-19:30(日本時間22日1:45-) 男子シングル フリー (暫定16位-20位)
20:15-22:40(日本時間22日3:15-) 男子シングル フリー (暫定1位-15位)

1月22日金曜日
10:00-12:55(日本時間22日17:00-) 女子シングル SP (前半)
13:45-16:35(日本時間22日20:45-) 女子シングル SP (後半)
18:40-19:15(日本時間23日1:40-) アイスダンス フリーダンス (暫定13位-16位)
20:00-21:50(日本時間23日3:00-) アイスダンス フリーダンス (暫定1位-12位)

1月23日土曜日
13:30-14:10(日本時間23日20:30-) 女子シングル フリー (暫定17位-20位)
15:00-17:20(日本時間23日22:00-) 女子シングル フリー (暫定1位-16位)

1月24日日曜日
15:00-17:00(日本時間24日22:00-) エキシビション

男女シングルフリーはJSPORTSにて生中継されます。






アイスダンスコンパルソリー
1 Oksana DOMNINA & Maxim SHABALIN RUS 42.78 TES21.56 PCS21.22
2 Jana KHOKHLOVA & Sergei NOVITSKI RUS 37.87 TES18.80 PCS19.07
3 Federica FAIELLA & Massimo SCALI ITA 37.47 TES18.08 PCS19.39
4 Sinead KERR & John KERR GBR 36.76 TES18.16 PCS18.60
5 Nathalie PECHALAT & Fabian BOURZAT FRA 36.36 TES17.64 PCS18.72
6 Anna CAPPELLINI & Luca LANOTTE ITA 35.93 TES17.94 PCS17.99
 抽選で選ばれたタンゴロマンチカで競われたコンパルソリーダンス。ということはオリンピックはゴールデンワルツになるのでしょうか?
 ドムニナ&シャバリン組が国際大会復帰を首位で飾りました。fライエラ&スカリ組はコンパルソリーでホフロワ&ノビツキー組を上回りたかったのではないかと思いますが2位以下は僅差ですので、オリジナルダンス以降、わずかなミスで順位が大きく変動してきそうです。


ペア
1 Aliona SAVCHENKO & Robin SZOLKOWY GER 74.12 TES40.92 PCS33.20
2 Yuko KAVAGUTI & Alexander SMIRNOV RUS 73.92 TES31.44 PCS32.48
3 Maria MUKHORTOVA & Maxim TRANKOV RUS 73.54 TES31.02 PCS32.52
4 Tatiana VOLOSOZHAR & Stanislav MOROZOV UKR 67.60 TES39.24 PCS28.36
5 Vera BAZAROVA & Yuri LARIONOV RUS 55.84 TES30.96 PCS24.88
6 Nicole DELLA MONICA & Yannick KOCON ITA 52.64 TES30.92 PCS22.72
 上位はどの組もノーミスの素晴らしい演技でハイスコアが並びました。1位のドイツ組は写真を見ると今シーズン話題になっていた白塗りメイクをやめてきたんですね。特にロシア国内のライバル同士である川口&スミルノフ組とムホルトワ&トランコフ組が僅差で争っているところに緊張感を感じさせますね。


よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)




この記事へのコメント
Alexさん、こんにちは!

ユーロのスコアもインフレ気味で、
各国の気合がひしひしと伝わってきます。

プルシェンコ選手のPCSが微妙に抑えられている感じですが、あの選曲であのプログラム内容、あの滑走順ならあんな感じなのかな?という点数ですね。
例のヴァイオリンの音色にジャッジもプルシェンコファン以外のスケートファンの方も少し辟易しているんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?

ランビエル選手のSP…いいなあ。
是非、神演技でこのプログラムを見てみたいです。

ポンセロ選手が一番のヒットでした。
彼にはフリーでも良い演技をしてもらって表彰台に立って欲しいと思います。

フリーは生放送ですね・・・最終グループだけでも6人で見たい気がします。
20人でフリーって見る前から物足りない気にさせられますよね。

川口選手&スミルノフ選手、おめでとう!
Posted by さざんか at 2010年01月21日 11:59
さざんかさん
こんばんは!
ヨーロッパも本気の点数の出し方ですね。
男子では4回転成功させた選手にはもっと!と思ってきていただけにすっきりした思いも…。
プルシェンコ選手はランキングが低いこともあって、滑走順が早かった影響もあったのかな〜?と失敗があったランビエール選手はそれでもPCS伸びたのはやはりプログラム構成などでおもしろく作ってあるのかと、今夜演技見るの楽しみだったり、怪我から復帰のジュベール選手にも一安心しました。
まだ演技見られてないのに点数だけでわくわくさせられてしまいました。

川口選手やりましたね!ついに大きなタイトルを獲得しました!スミルノフ選手もおめでとう。
Posted by Alex at 2010年01月21日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック