2009年07月25日

フェリペ・マッサ アクシデントで負傷

予選、走行中に異物と接触で意識失う?
 ハンガリーGP、いつものように予選をスカパー!の生中継で観戦。応援しているマッサがQ2でQ3進出安全圏のタイムを出した直後に肝を冷やすトラブルが発生してしまいました。映像はタイヤブロックに突っ込んだマッサのマシンとブレーキ痕。映像ではマッサがまったく動かず、ブルーシートが持ち込まれるなど最悪が予想される状況に。通常のメディカルカーだけなけでなくドクターカーまで出動し、時間になってもQ3はスタートしませんでした。しばらくして車載カメラでの映像が紹介されると、コースを外れる前にすでにマッサ自身がステアリングを操作する意志が見られないような状況、走行中に意識を失うなどのトラブルがあったように見えました。その後、最初は鳥が激突したという第一報があり、その後、映像を見直してみると鳥ではなくほかのマシンが落としたと思われるなんらかの部品がマッサのヘルメットに激突し、バイザーが壊れているのが見て取れました。直前に走ったブラウンGPのピットがあわただしかったので彼らに疑いがかかっていたのかもしれません。
 マッサの状況がわからないままQ3の再開が告げられましたが、スタートする直前にマッサが無事であることと、ヘリコプターで搬送されるさい、台車に寝かされながらも、手が動いているところが見えて一安心。楽しみに観戦しているスポーツでは今一番応援してる選手なので、涙がじんわりでてしまいました。やはり私達の世代だと、あのアイルトン・セナの悲劇もはっきりと覚えているので…あのときは深夜地上波でディレイ放送で見ていましたが、途中から生中継に切り替えられ、寮でこっそり見ていたのですが、思わず、ほかの友達を夜中に起こしてしまいました。あれからしばらくF1見なくなったんですよね。セナを応援していた頃以上の熱さでF1を再びTV観戦するようになったのもミハエル・シューマッハとそしてフェリペ・マッサのおかげなんです、ミハエルが引退した今はもうマッサにいつまでもがんばってもらいたいです!
 今日はいろいろトラブルがある日だったようで、明日の上位グリッドが決まる再開されたQ3ではラスト1分でLG社提供によるタイム表示がすべて消えてしまうトラブル。タイムがすべての競技でこのトラブルはないですよね?2度とこのようなことがないようにLG社には改善を求めたいです。ドライバー達もすっかり困惑していましたが、アロンソが大活躍して、みんなから自己申告のタイムを聞いて回ったりしておりました。バックアップがあったようで、結局そのアロンソが久々のポールポジションで明日の決勝に臨みます。
 とにかくマッサが無事でよかった!後遺症なく、来月のヨーロッパGPで元気な姿を見せてほしいですね。

posted by Alex at 22:48| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久し振りです!
久々にF1の記事だったので、コメント致します。
とにかく本当にパニックでした。
何が起きたのか…と泣きながら混乱しつつ、状況把握に努めました。
とにかく無事だったので何よりです。
そしてバレンシアでは戻ってきた彼を迎えたいです!
フェルナンドのポールも嬉しい〜。
Posted by 雪花 at 2009年07月26日 08:48
雪花さん
おはようございます!
今シーズン、フェラーリが不調ということもあり、F1のエントリーは書いていませんでしたが、前戦で表彰台に立ち、いよいよ今シーズン初優勝か!と思った矢先でしたので、本当に驚かされました。
頭蓋(ずがい)骨を損傷とやはり大きな怪我を負ったようで詳細はまた今日発表されるようですが、まずは命が無事でよかったです。

Posted by Alex at 2009年07月26日 10:01
お久しぶりです。Alexさんマッサファンだったのですね。それに、セナのファン。私も、セナにはかなり思い入れがありますので、ブログを読んでて、またずっと大切にしているセナビデオに手が出てしまいました。あのイモラでのビデオが最後のセナのF1でのビデオになってしまい、それだけは今もまだ封印しています。この競技にアクシデントは付き物だとしても、やはりファンとしては、2度と、セナの二の舞だけはないようにして欲しいですよね。
Posted by ぷ at 2009年07月28日 14:49
ぷさん
こんばんは!
私は遅れてきたF1ファンっていうのかな、本当にセナの活躍を見ていたのは最後の数シーズンだけなんですけど、それでもセナの走りに毎回魅了されたことを鮮明に覚えています。
あのシーズンはリアクティブサスペンションがでてきて…セナがシーズン中盤でいきなりのチーム乗り換えがあって…といろいろと思い出しちゃいますね。今シーズンは新レギュレーションの上に、テストが大幅に制限されてしまっているので、こういった事故がおきたのかなと思わされたり。現在FIAが進めるチームの予算削減がドライバーの安全を脅かすものにならないことを祈るばかりです。
Posted by Alex at 2009年07月28日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124261827

この記事へのトラックバック