2005年12月23日

全日本選手権 第1日目 ベテラン選手もがんばれ!-一騎打ちと言わないで-

一騎打ちと言わないで
 いよいよフィギュアスケート全日本開幕ですが、世間が大注目の女子シングルは明日から、今日は男子シングルのショートプログラムとアイスダンスのコンパルソリーダンスが行なわれます。高橋大輔選手、織田信成選手の大活躍でオリンピック争いは男子も激しいということが認知されてだしましたが、あまりにも「一騎打ち」ということが強調されすぎているのが残念。確かにオリンピックの代表争いはポイント的に高橋、織田の二人の選手に絞られたかもしれません。しかし、優勝争いとなると他にも狙える選手がいます。昨年の全日本では織田選手は3位、高橋選手は表彰台に立つことすらできなかったのですから、他の選手だって狙ってきているはずです。
日本での試合は最後
 今シーズンでの引退を発表している本田武史選手。インタビューで「日本ではこれが最後の試合」と「日本では」というのを強調してるのは本人がまだオリンピックをあきらめていないのでしょう。長年日本の第1人者として日本男子を引っ張り、長野、ソルトレークシティの2回のオリンピックで男子2枠の出場権を獲得できたのは彼の活躍があったからこそ、そのソルトレークでは4位と大健闘。次のオリンピックではメダル争いに確実にからんでいくだろうと多くのファンが期待していましたが、とにかくこの4年間怪我に苦しみました。私は本田選手の熱心なファンであったことはありませんが、それでもいい演技には感動し拍手を惜しみませんでした。最後の全日本選手権ぜひ、ここに本田武史あり!を見たいです。

購入する!
COLORS
フィギュアスケート男子シングルフォトブック

amazon.co.jpで購入する(こちら)

インタビュー・ストーリー収録選手
氷の支配者 エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)
ピュアなアーティスト ジェフリー・バトル(カナダ)
さわやかなそよ風 ジョニー・ウィアー(アメリカ)
真のパフォーマー ステファン・ランビエール(スイス)
パワーと品格 ブライアン・ジュベール(フランス)
華麗なるエネルギー エヴァン・ライサチェック(アメリカ)
天性のエンタテイナー エマニュエル・サンデュー(カナダ)
氷上の情熱 高橋大輔
若き戦士 織田信成
よみがえる輝き 本田武史
2006年2月3日発売
定価1900円+税
B5判オールカラー112ページ

まだまだいい選手がいます
 ベテラン勢では、中庭健介選手。昨年の全日本で2位になりながら、その後の国際大会で怪我のために振るわず、世界選手権の代表を逃し、また結果ワールドランキングがグランプリシリーズ出場条件を満たさなかったため、今シーズンはグランプリシリーズ出場もできないという不運が続きました。彼の武器は新ルールではどんどんとやる選手が減ってしまった4回転にこだわってがんばってるところ。そして、プログラムは安藤選手や織田選手と同じデヴィッド・ウィルソンが彼の個性に合わせて作っていて、オリジナリティが発揮されています。
 昨年のショートプログラムで思わぬ大健闘をみせた小塚崇彦選手。彼は今シーズンジュニアのグランプリシリーズに参加してまして、ジュニアのグランプリファイナルで優勝。実は昨年まではジュニアの中ではむしろ織田選手より、期待されてた逸材なんです。
 最後に、もうひとり個人的に名前を挙げたいのが、本田選手と同様に今シーズン最後とがんばっている小川貴夫選手もファンの間では人気がある選手なので、健闘が期待されています。地上波では男子シングルの放送はありませんが、スカパー!ではかなり時間をとって放送されるようですので、ぜひ、話題のふたり以外の選手にもテレビの前で応援していただきたいです。
アイスダンス
 そして一般的認知度がさらに下がるアイスダンスですが、今シーズンはぜひ注目していただきたい。オリンピックに代表を送ることができるんです。長野オリンピック以来ですが、長野が地元枠であったことを考えると、1988年のカルガリー以来、世界と戦えるカップルが日本から出場できる。本当にうれしいことです。この秋、ウィーンで行なわれた最終予選でオリンピック枠を獲得した木戸渡辺組。順当にいけば彼らが全日本で優勝してオリンピック代表決定になるとは思いますが、試合はなにがあるかわかりません。ライバルの都築渡辺組の健闘も楽しみです。リンクしていただいたhiroさんのブログで木戸渡辺組のインタビューが紹介されています(こちら)ので、ぜひ、一度読んでください。長い間苦労した、というか苦労できる才能をもった人たちだけあって受け答えもとても人間味が溢れていたインタビューですので、アイスダンスを知らない人にも楽しめると思います。
選手の数だけドラマが
 このほかにもここでは紹介しきれない選手がいっぱいいます。選手一人ひとりにドラマがあるスポーツですし、チームスポーツや対戦スポーツと違ってどの選手も曲がなっている間は、リンクに立っているのはひとり(一組)、誰もがその時間、主役になれるのがフィギュアスケートの良さです。人気選手を応援するのももちろんいいのですが、あなただけのお気に入りの選手を探してみるともっと楽しめるのではないでしょうか。
 今年はテレビの前でですが、わくわくしながら楽しみたいと思います。
関連リンク
本田武史コーチ誕生・・・Welcome to Osaka
織田信成選手 おめでとう!世界選手権4位 (またザヤックルールに泣いた)
織田信成選手 暫定2位 カルガリー世界選手権男子SP終了
四大陸選手権3日目 織田信成選手優勝
関西大学 高橋大輔選手 織田信成選手 壮行会に揃って出席
高橋大輔選手 「2月14日は何の日?」
フィギュアスケートオリンピック代表 新春テレビ出演その2 高橋大輔選手
「全日本選手権 男子SP 織田信成首位発進」
全日本選手権エントリーと結果(日本スケート連盟のサイト)
フィギュアスケート by "Excited & Delighted!!"
「渡辺心・木戸章之組 インタビュー 」

niftyフィギュアスケート特集「本田武史、最後のNHK杯 」
今週のフィギュアスケート放送予定
フィギュアスケートニュース
「本田武史くん 10年間日本男子をけん引 有終の美を」


この記事へのコメント
Alexさんのブログで基礎知識をしっかり頭に入れさせていただいたので、
今日のフジテレビ739での生放送を楽しむことが出来ます。
あ〜〜、CATVにオプション料金払ってって良かった!
Posted by senchan at 2005年12月23日 11:04
全日本選手権で男子のショートプログラムから見ることができるのはたぶん初じゃないかと思います。今日はとても楽しみです。
Posted by Alex at 2005年12月23日 13:35
いろいろ心の中で葛藤した結果ネットやニュースで結果を見ないようにして夜の放送に備えようと思います。
Posted by Alex at 2005年12月23日 15:51
トラバありがとうございます。本当に男子選手もたくさんいますね☆こんなに楽しみなフィギュア界、生まれて初めてです。。
Posted by at 2005年12月23日 17:17
TBありがとうございました。
男子フィギュア界の方も詳しく紹介されています。本田・織田・高橋あたりしか知らないド素人の僕なので、他にも良い選手いることを知り、勉強になりました。
明日以降も楽しみですね♪
Posted by dragon at 2005年12月24日 01:02
男子、やはり接戦ですね。今夜のフリーが再び見逃せません。
Posted by Alex at 2005年12月24日 06:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10956632

この記事へのトラックバック