2008年08月01日

American Idol S6 ファイナリスト メリンダ インディーレーベルと契約

Melinda Doolittle signs with Hi Fi Recordings American Idol
S6 ファイナル3 メリンダ・ドゥーリトル
 シーズン6、地方オーディションからバックコーラスで鍛えた喉でスケールの大きな歌声を披露、本選が始まった時点では優勝候補ナンバー1の呼び声も高かったメリンダ・ドゥーリトル。
 しかし、優勝したジョーダン・スパークスがメジャーレーベルからデビューし、着実にヒット曲を手にし、スーパーボウルでアメリカ国歌を歌うなど華やかな活躍を見せる一方で、アイスクリームのキャンペンーンシンガーとして全米各地を回わる地道な仕事をこなしているメリンダ、この二人にオーディション番組の明暗を見せられる思いでしたが、そのメリンダ・ドゥーリトルがようやく所属レーベルが決まり秋にデビューアルバムがリリースされることになりました。おめでとう!



 Hi Fi Recordingsというあまり耳なじみないインディーレーベルのようですが、記事によると現在あのトッド・ラングレンが在籍(こちらも秋にアルバムリリース予定)しているのだとか。
 オーディションに参加する前から友達だったというシーズン5ファイナリストのマンディーサのデビューアルバムはサウンドは現代的ながらも基本はゴスペル作品だったり、同じシーズン6のファイナリスト、クリス・スライがCCM系のレーベルからアルバムをリリースしたりしていますが、番組出演時から敬虔なクリスチャンであることを前面に打ち出していたメリンダがどんな作品をリリースするのか興味があります。番組で歌った「My Funny Valentine」や「Home」が強く印象に残ってますので大人のポップアルバムだったら食指が伸びるかもしれません。

「My Funny Valentine」はiTunesストア[こちら/Melinda Doolittle - My Funny Valentine - Single - My Funny Valentine]で試聴できます。
「Home」[YouTube]

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)

posted by Alex at 23:38| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デビューが決まって本当によかったですね。
メリンダを見ているとグラディス・ナイトを思い出したりするので、80年代後半のグラディスみたいなアーバン・ポップ路線だったら嬉しいんですけど。
Posted by Suzu at 2008年08月02日 11:30
Suzuさん
こんばんは!
本当にようやくといった感じです。次のシーズンから続々デビューする中でというのは話題性などで厳しいと思うのですが、ぜひ質で勝負して欲しいです。
ちょうど「HOME」の後のサイモンがコメントで「ヤンググラディスナイト!」と絶賛してますね。
Posted by Alex at 2008年08月02日 21:26
デビュー本当によかったですね。AIS6では、ジョーダンもよかったけど、このメリンダと、フィル・ステイシーが好きでした。特にメリンダは 確かポーラに「あなたの声は歌う喜びに溢れている」とか言われて?、私もそれは感じました。
 最近閃いたのですが、クリスマスの時期に、AI出場者を集めて、ノキアシアター何かで盛大に、クリスマスコンサートしたらいいのにナ と思いました。Joyful Joyful とかみんなで歌ったら楽しいのにな・・その他メドレー盛り沢山で。それぞれに(上位者になりますが)ピッタリの曲をソロで歌ったりと。Joyful・・の出だしはメリンダかなぁ 何て勝手に思ったりしています。 私の好きなDavid Archuleta は 0 Holy Night かな なんて。
なにはともあれ メリンダ おめでとうございます!!ですね。


Posted by Marsha at 2008年08月03日 12:37
Marshaさん
こんばんは!
昔、AI関連アーティストでクリスマスアルバムリリースしたことがあったような…自分が見てない頃でAmazonか何かで見かけただけですが。
敬虔なクリスチャンのコンテスタンツが少なくないので、「クリスマス」にうまくイメージが重なるってのもあるかもしれません。
いっそうのことアーチー単独でクリスマスアルバム!ってここはメリンダのエントリーでした。ごめんなさい。
Posted by Alex at 2008年08月03日 23:06
AIS7の ノキアシアターであったフィナーレが 最後残酷な瞬間はありましたが、どのシーンを取っても素晴らしかったので、 いろんな懐かしいコンテスタンツが出て、賑やかで楽しい事はないかなと思って上記のこと考えたりしました。大人数を動かし演出するのって大変なのでしょうね。
 
Posted by Marsha at 2008年08月03日 23:55
Marshaさん
アメリカンアイドル、こんなに盛り上がったのに視聴率的には曲がり角にきているので、今後いろいろな演出やトクベツ番組もあるかもしれませんね。
クリスマスの時期なんて次のシーズンの告知含めてでいいチャンスですし。
ナイジェルがどうやらAIのプロデューサーからはずれたようなので、来シーズンかは大きく演出も変わってくるかもしれません。
Posted by Alex at 2008年08月09日 18:46
はじめまして!
AIに夢中になってこのサイトにたどり着きました。感動的なシーズン7のファイナルの後
しばらくはVTRばかり見ていました。
シーズン6はリアルタイムで見られなかったのですがメリンダが最高!TOP3なんて見なくてよかった!きっと家中ボコボコにしてたでしょうから・・
だいたい審査員が絶賛する候補者は優勝できないのか。
メリンダあの楽しそうに目を輝かせて歌う姿
を又見てみたいです。彼女が玄人好みの曲を歌うのはきっと子供の頃R&Bを聞いて育ったからじゃないかしら。アーチュレッタも新しい曲苦手でしたものね。
おめでとう!メリンダ♪ アーチュレッタとメリンダだけかな。魂揺さぶられたのは・・
D・クックも好きだけど。
Posted by dodo at 2008年10月10日 12:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104016575

この記事へのトラックバック