2008年07月21日

F1ドイツグランプリ ネルピー初表彰台、マッサは3位

ネルソン・ピケJr.
 いやー、セーフティーカーが入ってピットがクローズする直前のナイスタイミングで給油&タイヤ交換するという絶妙な作戦でネルソン・ピケJr.(Jr.つけちゃだめらしいんですが)がなんと2位表彰台。勝負のあやがあったとはいえ、レース再スタート後は後ろにつけていたフェリペ・マッサを置き去りにして差を広げましたからね。立派。一時はもしかして優勝しちゃうんじゃ?とわくわくしながら見ていました。
 それにしてもマッサ、ドライブでミスはなかったのですが、ピットの作戦が「なんで最後ハードタイヤ?」。ブリジストンがライバルチームのエースドライバーを広告塔に起用してしまって、昔のような蜜月じゃなく、データーや情報をもらえなくなっちゃったんでは?タイヤのチョイスもライバルチームが有利なコンサバなチョイスが目立ちますし。レース終了後は同郷のピケの初表彰台をうれしそうに祝福してましたが…それはそれでいいのですが…勝負としてはだめじゃん。次のハンガリーもフェラーリは決して相性がいいわけじゃないんですよね?

ドイツは冷夏?
 それにしてもうらやましいのはドイツは冷夏なんですか?温度が予想通り上がらず、タイヤの温度管理が難しいことになっていた模様。今日の昼なんてうちの温度計は40度超えてて「まじかよ!」って思いました。画面に映りこんでいたビール&ソーセイジがおいしそう(酒は飲めない私でさえ)でした。

よろしければ人気ブログ投票おねがいします(こちら)


posted by Alex at 00:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103268807

この記事へのトラックバック