2008年07月07日

なんだこの試合は実写なの?

ウィンブルドン 男子シングル決勝
 書いてる時点でまだ決着がついていませんが、この試合を下敷きに映画の脚本を書いたら何本ぐらい書けるでしょう?6連覇を目指す史上最強プレイヤー目線、過去2年連続同一カードの決勝で負けた雪辱を晴らそうとする若いプレイヤー目線、心優しい平凡な女の子がテニスの王子様と結ばれるシンデレラストーリーとか、地球の裏側で行われている歴史的な戦いを見始めてしまったために眠れなかった日本のファン目線…まず手始めにウィル・ファレル主演で「俺達テニスプレイヤー」だな。
 5時間にも及ぼうかという試合見ながら、雨の中断も2回ありましたので、これまでに見てきたウィンブルドンの過去の大会に思いをはせて…そういえば初めてテニスの中継を見たときは実況アナの「回り込んだ」と「マンドリコワ」の区別もつかなかったなとか、ゼミの合宿で小豆島行ったときにみんなでナブラチロワ応援したなとか。
 それにしてもファミリーボックスのグウェン・ステファニーに誰か「帰ってもいいよ!」って言ってあげてよ。観客の中でひとりだけあからさまにつまらない顔しちゃって。「センターコートのファミリーボックスに座ってちょとセレブごっこしたかっただけなのに、こんな長い試合になりやがって!」というのがあからさますぎです。
 フェデラー応援してましたが、もうどっちが勝っても感動しそうです。


 
posted by Alex at 05:11| 大阪 | Comment(7) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
フェデラー残念でしたが、内容は良かったらしいですね。
っていうか、2セット終了後、うなだれと雨天と共に去ってしまっていまして、
眠くもありと。。。(恥
その後キングらしく盛り返していたんですね〜。
ということでなんだか今もって複雑なんですけど、
再放送に期待したいような、見たくないような(ご理解いただけるかと)
ナダルもコートに行く時のダッシュが可愛くていいんですけどね^^;。

他のいろいろな記録と見比べたらロジャーは遜色ないのだ、
まだまだチャンスはあるのだ!と言い聞かせていま〜す。
気候も暑くなってきました(笑。
全米まで放送契約どうしたらいいでしょう?
Posted by ルタ at 2008年07月07日 16:44
追加ですみません。

観客席を見るのも面白いですね。
あまり知っている人はいませんでしたけど、
いろいろ面白かったです。
ボールボーイ(ガール)が球拾うの忘れて
線審さんだかに注意されてましたね。
フェデラーがサーブの前に。なんかいやな予感がしたんだ〜^^;。
あ、でも正直、対戦前からナダル有利と思っていました(おいおい)

ながながすみません
Posted by ルタ at 2008年07月07日 16:51
ルタさん
こんにちは!
暑いんですねー。まだ7月なのに。
NHKの地上波でしか見ていなかったので、フェデラーの勝ち上がり方しか見てなかったんですよ。だから、対戦前の予想も何も…やっぱりフェデラーが勝つんだろうなって思ってたから、F1からテニスに切り替えた瞬間、びっくりしたんです。
だから雨が水を挿した後の、盛り返し方はすごかったなーと。特に第3セットの後半からタイブレークでほとんどナダルが勝てそうなときにナダルがサービスを打ち切れなくなったんですよ。その経験を生かして最後のファイナルセットは勝ちを意識してもサービスをがんがん打ってきた、あ、ナダルってこの試合でまた強くなったんだなと…若いっていいなて思いました。
フェデラーも後半は神様みたいなプレーいっぱい見せてくれましたよ!おかげで、今日、午前中は眠たくも元気いっぱいでした。午後はさすがに暑さと&眠さでぼろぼろでした。
Posted by Alex at 2008年07月07日 17:23
私は第3セット中の雨での中断以降からの観戦でしたが、私もフェデラーを応援していました。
でも対戦前から今年はナダルだろうなあとも思っていて。昨年のウィンブルドンの決勝のときから今年は厳しくなるだろうなとの予感はあったのですが、それに今年に入ってからの成績が追い討ちをかけていました。
決勝でのフェデラーはミスが多く終始後手後手に回ってしまっている感じの中、2セットオールに持ち込んだ時は本当に驚きと、凄い!本当に凄い!というので興奮状態でした。
ただ最終セットに入ってもやっぱり後手後手の印象というのは変わらず、一度ナダルにブレークされたら終わりだろうなというのも頭から打ち消そうとしてもずっと消えず。
一度しかブレークチャンスをものにできないというのはやはり苦しいですね。

試合後フェデラーは、悔しさが滲み出ているようでしたが、ナダルは心の底から嬉しそうで、微笑ましかったです。二人ともインタビューが素敵でした。

とにかく凄い試合でした。途中からでも生で見られてよかったという気持ちでいっぱいです。

> あ、ナダルってこの試合でまた強くなったんだなと…
本当に試合中ナダルの成長を見ているようでしたね。
Posted by ピーナッツ at 2008年07月07日 19:05
ピーナッツさん
こんばんは!
やっと時差ぼけがおさまりました。
フェデラーにしては珍しく表情にでてたほうかもしれませんね?できれば連覇して表情に出してほしかったかも。
もちろんナダルの優勝も素晴らしかったし…目撃者になれてよかったなと。私も思います。
Posted by Alex at 2008年07月08日 21:34
Alexさんこんにちは。
私テニスの方もかなりのファンでしてフェデラーは結構若い時から見ています。ジュニアの頃から才能の高さを周囲から高く評価されながらその割には初めてグランドスラムのタイトル(ウィンブルドン)までには予想より時間のかかった選手でした。ジュニアの頃より無駄の無いフォームからの流れのあるテニスには無限の才能が輝いていましたが、その頃の彼は自分の感情をコントロールすることがなかなか出来ず結構自滅する試合が多かったのです。今の彼とまるで想像できないでしょう? 感情を顕わにしてラケットを投げつけたりと結構マナーも悪かったのです。要するにまだ子供だったのでしょう。それがメンタルトレーニングを積み、一切感情を出さなくなります。今年のウィンブルドンではAlexさんの言われるように彼にしては感情を出していた方ですね・・・それだけ苦しかったのかも知れないですが。
テニスはメンタルのスポーツです。最後にはどれだけ自分を信じられるかに掛かってくるのだと思うほどです。彼は自分の弱点を一つずつ克服し、絶対的な王者にまで登り詰めました。初めてタイトルを手にした2003のグランドスラムは全部優勝者が違うんです。まさに戦国時代でした、其処から誰が抜け出してゆくかとてもワクワクした頃でも有りました。その頃のライバルは(今でも頑張っては居ますが)引退したり、かなり水をあけられてしまってます。ナダルはクレー以外のサーフェスでの優勝を今年はしなければならなかった年だと思っていたのでこのウィンブルドンのタイトルは又ナダルを成長される事でしょう。もう暫く二強の時代が続くのでしょうか?ジョコビッチたち東欧勢が強くなってますので、又誰が勝ってもおかしくない時代がやってきそうです。

テニスとスケート、私の中では密接な関係なんです。私が好きな選手(秘密)の試合が見たくて、有料スポーツチャンネルを取ったのがきっかけで2004のドルトムントを見たのです。それまでもスケートは好きでしたが2004のドルトムントからライブが始まりましたしね・・・。それから荒川選手と高橋選手にどっぷりと嵌ってしまったわけで・・・テニス好きじゃなければ、NHKのBSの数週間遅れのGPSしか見てなかったと思います。今でもテニスの事はずっと好きですよ・・・。また全米の頃になると寝不足になりそうで辛いです。
Posted by あーン at 2008年07月09日 11:27
あーンさん
こんばんは!
人に歴史ありですね。フェデラーにもそんな時代があったとは。信じられません。自分はテニスはそれこそウィンブルドンと全米の決勝ぐらいしか見ないので選手の顔と名前とプレイスタイルぐらいは一致するのですが戦績とかになるとだめで…特に若い選手は。
今年はオリンピックがあるんですよね!トッププロにはあまり魅力がないかもしれませんが、またいろいろな対戦カードが見られそうで楽しみです。
 自分は有料チャンネルのきっかけがスケートでそこからほかのスポーツ(以前はほとんど見なかったパリーグの試合、自転車競技とか…)見るようになりましたね。サッカーや野球経由でフィギュアスケート好きになったりする人もいるのかな?テニスが一番スケートとファン層がかぶるのかもしれませんね。
Posted by Alex at 2008年07月09日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック