2005年12月05日

NHK杯終了 織田信成選手優勝 =追記=

「男子フリー 採点ミスで順位入れ替え(詳細)誤審は初めてではない」はこちら


 楽しかったNHK杯も終了しました。遠くから来てくれた選手、地元のプレッシャーに打ち勝った日本の選手、ほんとうにお疲れ様でした。最終日は男子シングルで応援していた織田信成選手が女子シングルの中野ゆかり選手に続いて優勝しました。2年前の全日本選手権を長野まで見にいったときにはじめて彼の演技を見た頃に比べると、驚異的な上達をしていて、まさかこんなに早くシニアの国際舞台で活躍できるなんて想像しませんでした。オリンピック代表も夢ではなくなってきたような気がします。
 NHKのサンデースポーツのインタビューでも答えていましたが、2年前ぐらいまでは、今では彼のトレードマークにもなってる柔軟性を生かしたスピンも、不得意だったんだそうです。新しい採点方式でスピンも重要な加点要素になったのを機会に本人が努力を重ねて体をやわらかくしたそうです。当時は前屈で地面に手がつかなかったそうです(スタジオで実演してくれてましたが20センチぐらいはなれた位置のポーズをして昔はこれくらいでしたとやってました)。それ以外にも多くの努力、練習を重ねたんだと思いますが、去年、大阪で全日本ジュニア選手権があったときに観戦友達に誘っていただいたので見に行ったときにその変身ぶりに驚きました。ショートプログラムではスーパーマリオブラザースをテーマにしたコミカルな演技をしていたのですが、試合の演技で実際に演技をやって場内の笑いを取るのは難しいことなんですが、彼はそのキャラクターのよさもあって、彼がなにか動くたび、場内のあちこちでくすくすとう笑いが起きて、最後のジャンプを失敗したときでさえそれがまるで演出だったかのごとく、普通だったら観客席から「あー」といったため息が漏れてしまうところがなぜか爆笑を誘っていました。2日目のフリーは今年も使っている座頭一の曲に乗ってほとんどノーミスの演技をみせ、演技終了後うれしくて氷の上ではねまくりまして、さらに好印象。ダークホース的な存在だったのに優勝して世界ジュニア代表に選ばれ、なんとその世界ジュニアでも優勝してしまうという快挙を達成。シンデレラストーリーはまだまだ続いてシニアになってはじめて参加したグランプリシリーズの第1戦で表彰台、そして第2戦のNHK杯では優勝とまさにシンデレラストーリーを駆け上がってる最中なのです。
 実力的には同じ大学の1年先輩の高橋大輔選手のほうがリードしてますが、高橋選手にくらべて演技に波がなくある程度の得点が常に計算できるのが織田選手のよさ。サンデースポーツでは最後に全日本では4回転を成功させたいと抱負を語っていて、もし本当に4回転が成功すれば、高橋選手との差はさらにつまって、逆転でオリンピック代表の切符を手にできるかもしれません。
 織田信長の末裔という話題性だけでなく、実力がありとても素敵なキャラクターの持ち主なのでぜひみなさんも暖かい目で応援してあげてください。織田選手の次の試合は次週に東京で行なわれるグランプリファイナルになります。

 スケートに関してはniftyのフィギュアスケート特集の記事が記者さんの愛情があり写真が素敵なので一番だと思います(こちら)。毎日新聞も表面だけでないつっこんだ特集もあったりするのでチェックしてみてくださいね(こちら)。

 niftyの特集ページを担当してるチームで制作された「公式応援ブック」も内容が充実してますので、日本男子選手に興味がある方はチェックしてみてくださいね。織田選手と高橋選手が表紙です。



=追記=
 6日付で更新されたniftyの記事「NHK杯男子シングル 織田信成優勝!」(こちら)はさすがにプロらしい視点で気づかなかったことを紹介してくれています。演技が終ってすぐに、ジャンプの反省をして自然にランディングポーズの再確認をする織田信成選手は、また驚くような進歩・変身をしてさらに世界の上を狙える選手になるだろうと確信しました。記事を読んでてキスクラでの号泣をふたたび思い出しました、昨シーズンの世界ジュニア選手権、そして先日のスケートカナダと、素晴らしい演技をしてかわいらしくガッツポーズをみせて喜んでたとおもったらジャッジから高得点をだされると毎回これでもかというほどの号泣。男が人前で泣くなんてひいてしまう・・・なんていう人もいるでしょうが、私は毎回テレビの前でもらい泣きしています。一生懸命やったことが高い評価を受けることの喜び、それを全身で表してもいいじゃないですか。オリンピック代表選考の試合はあと2試合、先行する高橋選手も素晴らしい選手ですし、織田選手よりレベルの高い位置にいるのは確かだと思いますが、逆境でさらにこの選手は伸びる、そんな期待をさせてしまう選手です。がんばれ!

購入する!
COLORS
フィギュアスケート男子シングルフォトブック

amazon.co.jpで購入する(こちら)

インタビュー・ストーリー収録選手
氷の支配者 エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)
ピュアなアーティスト ジェフリー・バトル(カナダ)
さわやかなそよ風 ジョニー・ウィアー(アメリカ)
真のパフォーマー ステファン・ランビエール(スイス)
パワーと品格 ブライアン・ジュベール(フランス)
華麗なるエネルギー エヴァン・ライサチェック(アメリカ)
天性のエンタテイナー エマニュエル・サンデュー(カナダ)
氷上の情熱 高橋大輔
若き戦士 織田信成
よみがえる輝き 本田武史
2006年2月3日発売
定価1900円+税
B5判オールカラー112ページ

関連記事
織田信成選手 おめでとう!世界選手権4位 (またザヤックルールに泣いた)
織田信成選手 暫定2位 カルガリー世界選手権男子SP終了
四大陸選手権3日目 織田信成選手優勝
四大陸選手権スタート 織田信成選手SP暫定1位
関西大学 高橋大輔選手 織田信成選手 壮行会に揃って出席
「採点ミスで順位入れ替え(詳細) 高橋大輔優勝 織田信成2位」
「全日本選手権 男子SP 織田信成首位発進」
「織田信成選手、公式練習でも好調 グランプリファイナル」
フィギュアスケートオリンピック代表 新春テレビ出演その2 高橋大輔選手

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

男子も逆転!織田信成がV
Excerpt: フィギュアスケートNHK杯男子は織田信成(18=関大)がショ-トプログラム2位からの逆転で優勝を果たした。 ショ-トプログラム1位の高橋大輔はプレッシャーからかミスを連発し、3位に終わった。 織田..
Weblog: まっくのまっくりスポーツ日記
Tracked: 2005-12-05 09:18

男女アベック優勝は嬉しい誤算?
Excerpt: ★●●●●●●7問中1問目 問題:「織田が逆転V、高橋3位??NHK杯フィギュア最終日」(サンスポ.com 051204)、「フィギュアGP・NHK杯 跳んだ中野初V」朝日新聞051204朝刊21..
Weblog: 町人思案橋 (時事と常識戯問7問/平日)
Tracked: 2005-12-05 09:30

織田フィギア男子NHK杯優勝
Excerpt: 織田信長の子孫である織田信成がNHK杯に出場し 初出場ながら見事に優勝しオリンピックに近づいた
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-12-05 12:41

織田信成が逆転初優勝(NHK杯フィギュアスケート男子)
Excerpt: 「織田信成が逆転初優勝(NHK杯フィギュアスケート男子)」に関連するブログ記事か...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/sports
Tracked: 2005-12-05 22:58

信長もビックリ!信成フィギアの世界で桶狭間!いよいよ天下取りへ!
Excerpt: 織田 号泣逆転V 信成は、ひと目をはばからず号泣した。 表示された得点を、驚きの様子で見ていた信成の表情が崩れた。 「ミスがあったから、表彰台はダメだと思っていた」 シニア参戦一年目でGPシリ..
Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2005-12-06 18:52

織田信成選手、公式練習でも好調 グランプリファイナル
Excerpt: 注目度急上昇中 seesaaのブログはデフォルトでアクセス解析がついてまして、どのキーワードで検索してこのブログにたどりついたかチェックできるのですが、ここのところ連日上位にきてるのは「織田信成」な..
Weblog: blog EVERGREEN
Tracked: 2005-12-14 04:21