2012年03月26日

American Idol season11 Week8 #18 Top 13 Results

アメリカンアイドル11 #18 Top13 結果発表
アメリカ初回放送2012年3月8日
日本初回放送2012年3月26日
全米視聴率 10.2パーセント

視聴者投票の男女最下位からジャッジが脱落者を決定
 まったくシステムを理解していませんでした。てっきり下位二人が脱落すると思っていたら、男女それぞれの最下位を発表した上でジャッジが最終的にどちらか二人を脱落させるとライアン・シークレストから紹介されました。
 前日のパフォーマンスではシャノン、エリーズあたりが失敗したなと感じさせたのと、ひとりでのど自慢やってるジェシカ以外は一長一短だったように思えたので、今回の投票はどちらかと言えば人気投票的要素が強くてそれぞれのコンテスタンツが持ってるファンベースを知ることができるのかな?という目線で観たいと思います。今回、無難にこなしたのにボトムに入るひとたちは持ってる基礎票が少ないということで、素晴らしいパフォーマンスを繰り出さない限りはボトムに入るもしくは脱落の危機が毎週訪れるということになりそうです。

グループパフォーマンス
 まずは13人全員でスティービー・ワンダーの「As」を披露[YouTube]。難しい歌なんだろうけど酷いでき、リレーでつなぐときに女性陣がことごとく歌いだしのリズムをはずしてるのがある意味すごい。これでまさかリップシンクってことないですよね?こういうグループパフォーマンス、最近は「glee」のせいで視聴者の目も肥えてしまって、短いリハーサル時間で付け焼刃的にやるのにもう無理があるのかもしれません。「glee」っていうより、昔懐かしいレッツゴーヤングのサンデーズののりに近いと思って優しい目で見てあげるべきなのかもしれませんね。オリジナルのスティービー・ワンダー[YouTube]ベスト・コレクション - スティーヴィー ワンダーや、ジョージ・マイケルのカバー[YouTube]As - Reflections - A Retrospectiveはさすがにお金獲れるだけの作品に仕上がってますね。特にジョージのカバーが収録されたベストアルバムはよく聞いたし、街のあちらこちらで流れていたので強く印象に残っています。


続きを読む
posted by Alex at 19:36| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする