2012年02月07日

ティナ・ターナー 70歳のプラウド・メアリー

アメリカ人の魂に点火する歴史的ナンバー
 今夜、JSPORTSで放送されたフィギュアスケート全米選手権エキシビションを駆け足気味に追っかけ再生してたら、ジュニアのアイスダンスカップルがアイク&ティナ・ターナーの「プラウド・メアリー」All the Best - The Hits - ティナ・ターナーを使って演技を始めたのでそこはゆっくり見てしまいました。イントロが流れるだけで観客がわーっと盛り上がる、そんな曲なんですね「Proud Mary」って。オリジナルはCCRが1969年にヒットさせますが、アメリカ人の心に火をつけるのはなんといってもアイク&ティナ・ターナーの炎のパフォーマンスが強烈に印象的に残っているからなんでしょうね。ティナのモノローグとスローなティナの爆発的なボーカルとアイケッツと呼ばれるバックダンサーを従えた川を泳ぐことをイメージしたダンスはエド・サリバンショーなどで全米に放映され人々を熱狂させました[YouTube]。ちょうど洋楽を聴き始めた1984年に「愛の魔力/What's Love Got To Do With It」でティナ・ターナーが復活して彼女のアルバムをカセットテープで買って繰り返し聞いたものですが当時はYouTubeももちろんなく、「"プラウド・メアリー"のティナ・ターナーが復活」と言われてもその「プラウド・メアリー」を知るすべがなかったわけですが、今はYouTubeで見られるからいいですね。今のように光や映像による演出なしに、歌とサウンドとダンスだけでここまでのスペクタクルを見せるなんて素晴らしい。ティナ・ターナーとアイケッツのパフォーマンスはアメリカの歴史のひとつとして教科書に載っててもおかしくないです。最近では「glee」の中でメンバーのパフォーマンスがありましたしProud Mary (Glee Cast Version) - Single - Glee Cast[YouTube]、懐かしいところでは日本でも人気となった海外ドラマ、アーリー・マイ・LOVEでも主人公のアリーがアイケッツのメンバーになるのが夢だったというエピソードがあってティナ・ターナーのバックダンサーとして踊ったエピソードがありましたが、未だにアメリカ人に心に火をつけるナンバーなんだなと今日のエキシビションの放送を見ながら思いました。肝心の演技のほうはまだジュニアのダンサーということもあってか消化不良でしたでしょうか。やはりこの曲にはこの振付というお約束があるわけですからそれを取り入れてないとお客さんも不満なんじゃないですか?良い例えかどうかわかりませんが日本でいえばピンクレディーの「UFO」みたいなものでしょうか。

続きを読む
posted by Alex at 22:04| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする

ケリー・クラークソン、スーパーボウルでアメリカ国歌を斉唱

ニューアルバムも好調なケリー・クラークソン
 今年のスーパーボウルはラスト1分の大逆転劇に1秒間に最大1万回以上のつぶやきがツイッターに投稿されたとその熱狂ぶりが伝えられました。テレビ視聴率でなくツイート回数で語られるのが実に現代的ですね。ちなみに瞬間最大ツイートは昨年末に日本テレビで「天空の城ラピュタ」が放送された際に名場面「バルス」の瞬間に1秒間に2万回以上のツイートが投稿されて世界記録なんだそうです。ツイッターのサーバーを落としそうなほど日本人が世界で一番ツイッター好きみたいですよ。
 さてエンタメ系の話題ではハーフタイムショーのマドンナの素晴らしいパフォーマンス[YouTube]と共演者の中指に話題をすっかり奪われましたが、試合前にアメリカ国歌を斉唱したのはアメリカンアイドル初代優勝者のケリー・クラークソンでした[YouTube]。アメリカンアイドル出身者がスーパーボウルで国歌斉唱するのは2008年のジョーダン・スパークス、2009年のジェニファー・ハドソン、2010年のキャリー・アンダーウッドに続いて4人目。最近は一時の勢いがないというアメリカンアイドルですがこうして並べてみると番組10年の歴史がアメリカのエンターテイメント界に大きな影響を及ぼしていることがわかります。ケリー・クラークソンは一時所属レコード会社との対立が伝えられ、アメリカンアイドル出身者の出世頭としての順調な活躍に暗雲が垂れこめてきたと思われましたが、和解するると2009年に「My Life Would Suck Without You」[YouTube]All I Ever Wanted - ケリー・クラークソンの全米No.1ヒットで復活、昨年秋にリリースされたアルバム「Stronger」Stronger (Deluxe Version) - ケリー・クラークソンからも現在「Stronger (What Doesn't Kill You)」[YouTube]がヒット中、今回のスパーボウル登場でアルバムのセールスを伸ばしていくのではないでしょうか?現在29歳とボーカリストとして文字通り脂ののった時期を迎えるケリー・クラークソンの今後の活躍に期待したいですね。

posted by Alex at 17:48| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする

アメリカンアイドル S6 ブルック・ホワイト新曲

ジャック&ホワイト名義の第2弾
 デヴィッド・クックとデヴィッド・アーチュレッタのデヴィッド対決で盛り上がったシーズン7。このシーズンはほかにもタレントぞろいで再出発組のマイケル・ジョンズ、カーリー・スミッソンをはじめジェイソン・カストロやクリスティー・リー・クックなどがデビューを果たしました。ブロンドのベビーシッターとして登場したブルック・ホワイトも番組終了後デビューを飾ることができました。このシーズンからコンテスタンツがステージで楽器を使用することが許されたことでアドバンテージを得たひとりがキャロル・キング風にピアノを弾きながら歌うブルックでした。優等生キャラと思いきや、ジャッジから批判を浴びると鬼の形相で反論するなどエキセントリックな一面がシーズン6でいい味出していたのも終わってしまえば何もかも懐かしい。昨年からはイケメンシンガーソングライター、ジャック・マトランガと組んでJack&Whiteの名義で活動していますが彼らの第2弾ミニアルバム「Winter」がiTunesでリリースされましたWinter - EP - Jack and White。収録された「Night After Night」をYouTube[こちら]でチェックするとアメリカンアイドルの頃と変わらない甘酸っぱいフォーク調の世界で安心しました。
 彼女はもともとインディーズからのデビューでしたが、現在のリリース元June Baby Recordsは彼女とアメリカンアイドルのジャッジであるランディ・ジャクソンが共同で設立したレコード会社というのもおもしろいですね。

Jack and White公式サイト[こちら]

posted by Alex at 17:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカン・アイドル | 更新情報をチェックする