2011年03月06日

Right Rhythm The Pointer Sisters

モータウン移籍第1弾「Right Rhythm」
 「ネット上であまりレビューなども見かけることないCDで、かつ自分もあまり聞いた記憶がないもの」も無事第3弾。先日の「Serious Slammin'」の流れでポインターシスターズ再登場でございます。いろいろCD棚から候補も出してきて聞いてみたのですが、聞かなかったCDには聞かなかった理由があるわけで、それをあらためて聞こうとするとどこか無理があったりして、ポインターシスターズのアルバムはベースでは彼女たちのことが好きであるにもかかわらず、たまたまなんらかの事情で聞かなかっただけなので、今回ご紹介する「Right Rhythm」は聞いてみたらはまった。さっそくiPhoneのiPodにも登録してヘビロテで聞かなければという感じです。
 Planetの契約を引き継ぐ形で彼女たちのアルバムをリリースしてきたRCAからまさかのモータウンへ移籍、同時に長年にわたり彼女たちのレコーディングをコントロールしてきたリチャード・ペリーから離れました。まさかのモータウンというのは古くはボニー・ポインター件で両者の間に禍根を残していたことや、ポップ/ロック的なサウンドでクロスオーバー的な人気を博してきた彼女たちが今さらブラックミュージック専門レーベル?と思うところもあるからです。移籍が成立する1989年の1年前に創業者のベリー・ゴディーJr.はオーナーシップを手放して、実質的にはMCAレコード傘下の一つのレーベルとして以前のモータウンレコードとはまったく別の組織になっていたと考えればかつてのわだかまりも水に流せたのかな?そして、モータウンの社長に元MCAブラックミュージック担当のジェリー・バズビーが就任していたことが、ポインターシスターズにとって、移籍先決定の大きな要因になったかもしれません。バズビーは1984年大手MCAレコードが弱かったブラックミュージック部門の責任者となるとパティ・ラベル、ステファニー・ミルズ、グラディス・ナイトといった大物を呼び寄せ見事復活させ、シーナ・イーストンとベイビー・フェイスを引き合わせて大ヒットをもたらしたり、ジョディ・ワトリー、ニューエディション、ボビー・ブラウンの売り出しに成功するなど、一気にMCAをブラックミュージックのカテゴリーでナンバー1に押し上げた凄腕。そんな手腕にポインターシスターズも期待が大きかったに違いありません。この先は想像ですが、ビバリーヒルズコップのサントラなどでポインターシスターズとバズビーの間にはすでに何らかのコネクションはあったかもしれませんね。
 もちろん、リアルタイムで動向を注視していたわけではなく、完全に後追い。当時はポインターシスターズのCDがストックされているショップなど皆無の田舎に住んでいて、インターネットもなく彼女たちの新作がリリースされていることすら知りませんでした。2000年ごろかな、中古店めぐりをしながらめぐりあったっきり、またまた埃をかぶらせていたCDを今回再発掘いたしました。

続きを読む
posted by Alex at 16:56| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする