2011年03月03日

時のほとりで シャーリーン(&スティービー・ワンダー)

シャーリーンという歌手を覚えていますか?
 80年代に洋楽に耳を傾けた者ならロマンティックでメロウなメロディーを持つ「愛はかげろうのように/I've Never Been To Me」を懐かしく思い出される方は多いのではないでしょうか?それ以後も、テレビ番組のBGMなどで使われたり、テレビドラマ「ヤヌスの鏡」の主題歌として椎名恵が「ラヴ・イズ・オール~愛を聴かせて」[YouTube]というタイトルでカバーしヒットさせたり、90年代にはドラッグクィーン達のロードムービーとして話題をさらった「プリシラ」でも劇中ステージのシーンで印象的に使われていたりしたので、YouTube[こちら]などをチェックされてみれば、「聞き覚えがある!」とおっしゃる方が少なくないはずです。
 その「愛はかげろうのように/I've Never Been To Me」を歌っていたのが白人の女性シンガー、シャーリン。なぜ「白人」とわざわざ書く必要があったかというと「愛はかげろうのように」はアフロアメリカンの名門レーベルモータウンからのリリースだったからなのです。1977年に一度リリースされながらまったく売れず、80年代に入ってラジオ局から火がついて再びリリースされ1982年5月22日付ビルボードチャートで3位まで上昇する大ヒット曲となった逸話も大変話題となりました。ヒットチャートやラジオ局のエアプレイ枠が利権まみれとなってしまった昨今のミュージックシーンにはない「いい話」ではございますが、シャーリーンは残念ながらヒットが続かず、「一発屋」として語り継がれることとなってしまいました。
 幸か不幸か美しくて柔和な歌声に類似性のあるカーペンターズのカレンやオリビア・ニュートンジョンが日本でも絶大な人気を誇っていたことから、彼女たちのヒット曲と混同されている方もいらっしゃるかもしれません。84年ぐらいから洋楽を真剣に聞き出したのでこの曲については後追いとなってしまう私も、最初に「愛はかげろうのように」を聞いた時、オリビアのベストに入ってるんじゃないか?なんて探してみたことがあります。しかし、今回ご紹介するのはその「愛はかげろうのように」ではなく、「ネット上であまりレビューなども見かけることないCDで、かつ自分もあまり聞いた記憶がないものを聞いてみよう!企画」第2弾として、「愛はかげろう」大ヒット直後の1982年秋にリリースされたアルバム「時のほとりで/Used To Be」を取り上げてみます。

続きを読む
posted by Alex at 16:55| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする

I'm In Love/Pointer Sisters

あまり聞いてないCDを聞いてみようシリーズ第1弾
 第2弾があるかどうか謎ですが、増えすぎてこれから一生音楽聞き続けても全部聞くことはできないんじゃないかという我が家のCDの山の整理に着手...結局、これも聞きたい!これも聞きたいで作業が中断してばかりなのですが、そんな中からネット上であまりレビューなども見かけることないCDで、かつ自分もあまり聞いた記憶がないものを聞いてみよう!という企画の第1弾でございます。
 その第1弾はここ数年で旧作の再CDリリースが続くポインターシターズ。彼女たちがリチャード・ペリーの指揮の下、大ヒットを連発したPlanet/RCA時代の9枚のアルバムのうち、今月リリースされる「Contact」で1-7枚目までが比較的入手しやすくなっている状況ですが、あえてのPlanet/RCA時代最後のアルバム「Serious Slammin'」。日本に比べてCDへの移行が遅れていたアメリカでもようやくCD時代に突入した1988年りりース、Planet倒産後でしたのでRCAからのリリースですが、そのRCAも大手の中では経営不振が深刻でBMGグループの傘下になろうとしていた頃ではなかったかと思います。そんなこともあって、十分なサポートも得られなかったのかアルバムチャートでは100位に入らない惨敗。前作「Hot Together」も大ヒットしたという印象は残っていませんがそれでもビルボードで最高位48位という記録が残っていますから彼女たちもがっかりしたでしょうね。結局、リチャード・ペリーとの蜜月時代はここで終了し、彼女達は心機一転まさかのMotownへ移籍することになります。
 ここまで書くと、当時も熱心にこのアルバムをプッシュしていたかのようですが、実はこのCDを90年代後半になって中古屋で発掘するまでは私も聞いたことがありませんでした。Planet時代のポインターシスターズをリアルタイムでちゃんと聞いていたのは「Break Out」と「Contact」の結局2枚だけだになるでしょうか。当時はインターネットもまだありませんから、アメリカンTOP40にランクインしてこないと、新作がリリースされたことすら伝わってこない、そんな時代でした。

続きを読む
posted by Alex at 00:10| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする