2010年06月04日

「SEX AND THE CITY 2」見ました

ニューヨークから飛び出したのにパワーダウン?
 「SEX AND THE CITY 2」、前作に続いて公開早々見てきました。梅田でプレミア上映があったせいか、郊外のシネコンは初日からガラガラ、地上波でも放送された(関西エリアでは絶賛再放送中?)ドラマで多くのファンが親しみのある吹替え版のほうがメインで、字幕版は裏スケジュールのせいもあるかもしれません。好きな席で周りを気にせず見られたので楽ちんではあったのですが、時勢とは言えやたら「SEX AND THE CITY」とは相容れない不況ネタもでてくるし、更年期障害ネタはなかなか男性では理解できないところもあり、周りを気にするほど声を出して笑えるところが少なかった。前作はドラマの延長線上かつさらに映画ならではの制作費をふんだんに使ってニューヨークのセレブ生活を映像でこれでもかと見せてくれたあたりも見所だったわけですが、2ではニューヨークのシーンが中盤以降ほとんどなかったこともあってそのあたりも残念。世界に飛び出しながらもニューヨークでなく砂漠を選んだあたりは制作費の節約かな?なんて不況ネタは実は自虐ネタなのかもと思えたりして。サラのやつれ具合見てると私生活では子育てをがんばりながら、子供を作らず二人の人生を楽しむ夫婦生活を送る女性を演じることは無理かなと…、3ができるとしたらキャリーもいよいよ妊娠&子育てかなーなんて思いながら帰ってきました。
 ただし、前半の結婚式シーンだけは見所たっぷり、これぞ「SEX AND THE CITY」これぞ「映画」というゴージャスな展開に、目、耳、心をすっかり奪われてしまいました。これから見る方はできればこの先のネタバレを見ずに「えー」と劇場で驚いて欲しいですね。このブログをHP時代から見てくださっているような歌姫マニアはここだけ見るためでもお金払えるはず。
 前作はドラマの世界観を分かってなくても楽しめる娯楽作に仕上がっていたのに対して、2はある程度ドラマを見てきたファンが楽しめる小ネタを散りばめた分、興行的には厳しいでしょうか?

SEX AND THE CITY 2 サントラ
CD(全17曲) Amazon
iTunes(全18曲) Sex and the City 2



で、この先ネタばれあり。見に行く予定の方は絶対読まないほうが幸せなので読まないでください。



続きを読む
posted by Alex at 22:36| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする