2010年05月15日

20年ぶりのベリンダ・カーライル

ビルボードライブ大阪
 特に忙しいわけでなくても、急に予定入れるとなんとなくタイトな感じで週末まできちゃいますね。週の初めに飛び込みで行ってきたのは、実は来日してました、ベリンダ・カーライル。2年前にも日本でコンサートやってたようなんですけど、個人的には1988年の大阪フェスティバルホール以来22年ぶりの生ベリンダ。しかも私の初コンサート体験がベリンダ・カーライルでしたので、感慨深いってもんではなかった。1曲1曲、感涙しつつかみしめながらめいっぱい楽しんできました。行く前は実はあまり期待してなかったんですよ。彼女はフランスに移住して久しく、2007年にはフレンチポップを集めたアルバムをリリースしていたり、1958年生まれですから彼女も51歳(岩崎宏美と同じ年なんだと初認識)、しかも箱がビルボードライブとくればかなり落ち着いた大人のステージでもしかしたらスタンダードナンバーとか歌ってたりしてなんて危惧もありまして。しかし、「Runaway Horses」にはじまって終わってみればあの頃の懐かしいナンバーのオンパレード、ベリンダもぴたっとしたカットソーにスリムなパンツスと初めてみたフェスティバルホールのときとほぼ同じようなファッションが似合うスタイルを維持してますし、なにより声がまだまだがんがん出る。箱のサイズもフェスとは比べようもないですけど、それでも全力投球でおしゃべりも楽しく、ちょっときどった感じでお仕事です臭ぷんぷんだった1988年とは違って、1曲1曲でオーディエンスとのやりとりを本人も楽しみながら、最後は2回のアンコールの大サービスでした。

セットリスト
Runaway Horses
I Get Weak
Circle In The Sand
Bonnie et Clyde
La Luna
Summer Rain
Vision Of You
Emotional Highway
Mad About You
Big Scary Animal
Vacation
Live Your Life Be Free
Leave a Light On
Our Lips Are Sealed

Heaven Is A Place On Erarth

Ne Me Quitte Pas

続きを読む
posted by Alex at 09:13| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | evergreen (女性ボーカル) | 更新情報をチェックする